研究者詳細

著書
分割表示 >>   全件表示

8 件中 1 - 8 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2019  Pairwise Multiple Comparisons: Theory and Computation (SpringerBriefs in Statistics) (English Edition)  共著   
Springer  , その他  , 102p.  , 2019/09/30   

概要(Abstract) This book focuses on all-pairwise multiple comparisons of means in multi-sample models, introducing closed testing procedures based on maximum absolute values of some two-sample t-test statistics and on F-test statistics in homoscedastic multi-sample models. It shows that (1) the multi-step procedures are more powerful than single-step procedures and the Ryan/Einot–Gabriel/Welsh tests, and (2) the confidence regions induced by the multi-step procedures are equivalent to simultaneous confidence intervals. Next, it describes the multi-step test procedure in heteroscedastic multi-sample models, which is superior to the single-step Games–Howell procedure. In the context of simple ordered restrictions of means, the authors also discuss closed testing procedures based on maximum values of two-sample one-sided t-test statistics and based on Bartholomew's statistics. Furthermore, the book presents distribution-free procedures and describes simulation studies performed under the null hypothesis and some alternative hypotheses. Although single-step multiple comparison procedures are generally used, the closed testing procedures described are more powerful than the single-step procedures. In order to execute the multiple comparison procedures, the upper 100α percentiles of the complicated distributions are required. Classical integral formulas such as Simpson's rule and the Gaussian rule have been used for the calculation of the integral transform that appears in statistical calculations. However, these formulas are not effective for the complicated distribution. As such, the authors introduce the sinc method, which is optimal in terms of accuracy and computational cost. 

備考(Remarks) 著者:
Taka-aki Shiraishi, Hiroshi Sugiura, Shin-ichi Matsuda 

2018  多重比較法の理論と数値計算  共著   
共立出版株式会社  , A5  , 312  , 2018/04/15   

概要(Abstract) 本書では,テューキー・クレーマー法,ダネット法,ゲイムス・ハウエル法などのよく知られた多重比較法について紹介し,これらの手法を優越する多重比較法について述べ,その優越性の数学的証明を与えている。いくつかの(金融)商品価格の変動の違いを解析することが可能な分散の多重比較法についても記述している。薬の増量や毒性物質の暴露量の増加により母平均に順序制約を入れることができることが多い。一般に,順序制約のあるモデルで考案された統計手法は,順序制約のないモデルで考案された統計手法を大きく優越する。平均に順序制約のある統計モデルでの多重比較法についても詳細に論述している。さらに,手法のデータ解析例もいれられている。最後の章に多重比較法を実行するために必要な統計量の分布の上側100αパーセント点を求める精度のよい数値計算法を述べている。付録に,これらの上側100αパーセント点を計算するC言語によるソースプログラムを(著者のwebsiteから)入手する方法が書かれている。多重比較法を学習する者や実務家はこれらのソースプログラムを活用することができる。 

備考(Remarks)  

2012  工学のための基礎数学  共著   
オーム社  , B5  , 174  , 2012/08/23   

概要(Abstract) 工学系の大学1年生のための,「リメディアル科目」,「導入科目」といった位置づけで設けられている講義用の教科書.ベクトルと行列、複素数、三角関数・指数関数、微分積分の基本的事項などをわかりやすく解説している. 

備考(Remarks)  

2011  数値計算の基礎と応用 新訂版 (新情報教育ライブラリ M-11)  単著   
サイエンス社  , B5  , 197  , 2009/12   

概要(Abstract) 1997年に出版した著書No.1の全面改訂版.代表的なアルゴリズムについて,C言語によるプログラムを付した. 

備考(Remarks)  

2007  常微分方程式の数値解法I  共訳   
シュプリンガー・ジャパン  , B5  , 507  , 2007/12   

概要(Abstract) E.Hairer, G.WannerとS. P. Nersettの"Solving Ordinary Differential Equations I"(Springer)の日本語訳.第1章「古典的数学理論」,第2章「ルンゲ-クッタ法と補外法」,第3章「多段解法と一般線形法」からなる.第1章は,常微分方程式とその数値解法に関する基礎的な数学を紹介する.第2章,第3章では,非スティッフ方程式に対する代表的な解法とその解析を行う.第2章は,ルンゲ-クッタ法を詳しく論じ,精度向上の代表的な手法として補外法を扱う.第3章では各種多段法を論じ,さらにルンゲ-クッタ法と多段法を統合する「一般線形法」について紹介する. 

備考(Remarks) 第3章「多段解法と一般線形法」pp.343-454を担当. 

2005  数値計算のわざ  共著   
共立出版  , B5  , 171  , 2006/02   

概要(Abstract)  代表的な数値計算法におけるアルゴリズム導出の原理,実装のための技法について詳しく述べる.研究者,専門家あるいはそれを目指す人々のための専門書として構成されている. 

備考(Remarks) 著者:二宮 市三、吉田 年雄、長谷川 武光、秦野 やす世、杉浦 洋、桜井 鉄也,細田洋介.5,8章を分担執筆.. 

2003  数値計算のつぼ  共著   
共立出版  , A5  , 171  , 2004/01   

概要(Abstract) 「つぼ」は漢方医学の用語で人体の急所,転じて諸芸の勘所を意味する.本書は,数値計算のいろいろな場面にひそんでいる「つぼ」を紹介し,その効能を明らかにするものである. 

備考(Remarks) 共著者:二宮市三,吉田年雄,長谷川武光,秦野やす世,櫻井鉄也,担当部分:第5章と第8章. 

1997  数値計算の基礎と応用-数値解析学への入門ー(新情報教育ライブラリM-11)  単著  0820084 
サイエンス社  , A5  , 188  , 1997/11   

概要(Abstract) 理工系大学生を対象として書かれた数値計算の解説書.計算機による数値計算の仕組みから始まり,関数近似,数値積分,線形方程式,行列の固有値問題,非線形方程式,常微分方程式,偏微分方程式の各分野における計算法とその理論について解説. 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]