研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

68 件中 31 - 40 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
1998  Formalization and Parsing of Mathematical Expressions for Mathematical Computation  共著   
数式処理  , 日本数式処理学会  , 6/3  , pp.2-29  , 1998/05   

概要(Abstract) 自然な数式を表現するための言語とその処理系を提案した.数式の文法規則は,使われる分野(数学,物理,化学,電気工学,機械工学など)により少しずつ異なる.その差異を吸収するために,文法規則の知識ベースとそれを参照するパーザーからなる処理系を設計した. 

備考(Remarks) 著者:Yanjie Zhao, Tetsuya Sakurai, Hiroshi Sugiura, & Tatsuo Torii.共同研究につき本人担当分抽出不可能. 

1998  A front-end tool for mathematical computation and education in a network environment  共著   
Proceedings of the Third Asian Technology Conference in Mathematics (ATCM'98) August 24-28, 1998, Tsukuba, Japan  , Springer  , pp. 197–205  , 1998   

概要(Abstract) In this paper, we discuss what is required for a computer program to assist in the process of mathematical thinking, writing, computing, and the exchange of results and algorithms. A front-end tool for mathematical computation and education is proposed. This front-end tool is developed in JAVA, and can be run over a network using a Web browser. Common notations are used in the whole process of computing. Users can browse a document including mathematical expressions, and manipulate these expressions. Moreover, this tool is useful in mathematical education and network-based communication of mathematical expressions.  

備考(Remarks) 著者:T. Sakurai, Y. Zhao, H. Sugiura and T. Torii 

1997  多項式剰余列の安定な拡張算法  共著   
日本応用数理学会論文誌  , 日本応用数理学会  , 7/3  , pp.227-255  , 1997/09   

概要(Abstract) 多項式の拡張剰余列の生成は,最大公約因子を求める問題,有理補間,連分数展開,Pade近似などに広い応用をもつ.生成法として古くからEuclid互除法が知られているが,数値的にはきわめて不安定で一般的な使用には耐えない.本論文では,剰余列の計算を部分終結式という行列式計算に帰着させ,この行列式計算をGivens回転による三角行列化を用いて計算する.これにより全ての拡張剰余列の要素をきわめて安定に計算することに成功した. 

備考(Remarks) 著者:大迫 尚行,杉浦 洋,鳥居 達生.共同研究につき本人担当分抽出不可能. 

1997  Rooted Tree Analysis of the Order Conditions of ROW-Type Scheme for Stochastic Differential Equations  共著   
BIT  , Kluwer  , 37/1  , pp.43-66  , 1997/03   

概要(Abstract) 確率微分方程式の初期値問題に対する有力な方法として,いくつかのROW型公式が提案されている.しかし,その一般的構成法の理論的な基礎である次数条件の確定は未解決問題であった.我々は,次数条件が4種の辺と2色の頂点を持つ木と1対1対応することを証明した.これにより与えられた次数に対し,全ての次数条件を列挙することを可能とした. 

備考(Remarks) 著者:Yoshio Komori, Taketomo Mitsui and Hiroshi Sugiura.共同研究につき本人担当分抽出不可能. 

1997  Givens 回転による多項式剰余列の拡張算法  共著   
情報処理学会論文誌  , 情報処理学会  , 38/01  , pp.158-160  , 1997/01   

概要(Abstract) 多項式剰余列は,基本的な多項式演算の手段であり,広い応用をもつが,生成法として古くから知られているEuclid互除法は,数値的にはきわめて不安定で一般的な使用には耐えない.本論文では,剰余列の計算を部分終結式という行列式計算に帰着させ,この行列式計算をGivens回転による三角行列化を用いて安定に計算することにより,非常に安定なアルゴリズムの構成に成功した. 

備考(Remarks) 著者:大迫 尚行,杉浦 洋,鳥居 達生.共同研究につき本人担当分抽出不可能. 

1996  線型連立系に対する積型反復解法の加速多項式の評価  共著   
日本応用数理学会論文誌  , 日本応用数理学会  , 6/4  , pp.405-425  , 1996/12   

概要(Abstract) 大規模線形方程式の反復解法として,GPBi-CG法を取り上げ,その収束特性を数値実験により明らかにした.GPBi-CG法は理論的には陰的に組み込まれたBi-CG法を加速多項式により加速する.数値実験により,加速多項式にはBi-CG法を安定化するという効果のあることが分かった.本来丸め誤差の影響を受けやすいGPBi-CG法が安定に収束するという謎の解明の鍵となる,重要な知見を得た. 

備考(Remarks) 著者:阿部邦美,張紹良,三井斌友,杉浦洋.共同研究につき本人担当分抽出不可能. 

1996  自然な数学表記のためのユーザインターフェース  共著   
日本応用数理学会論文誌  , 日本応用数理学会  , 6/1  , 147-157  , 1996/03   

概要(Abstract) 数式における記号の配置はその意味と関係する幾何的な構造をもっている.そのような構造を完全には表現する数式のデータ構造と,それを入力するためのエディタ(ユーザインタフェース)を提案する. 

備考(Remarks) 著者:櫻井 鉄也、趙燕結、鳥居 達生、杉浦 洋.共同研究につき本人担当分抽出不可能. 

1996  A Methodology of Parsing Mathematical Notation for Mathematical Computation  共著   
Proceedings of the 1996 International Symposium on Symbolic and Algebraic Computaation: ISSAC '96  , ACM New York  , pp. 292-300  , 1996   

概要(Abstract) Mathematical notation has not been parsed effectively up to the present. In order to use Mathematical notation on computer directly, and thus to develop many potential applications and to determine if common mathematical notation can be parsed by computer, we inquire into the omission mechanism of parentheses and operators, study the extension mechanism of mathematical notation, and establish a methodology to translate a two-dimensional mathematical expression into a textual functional meaning representation. This methodology is a combination of different formalization methods denoted by a defined box language, various context-sensitive grammars written in a defined metalanguage, and knowledge-based parsers. 

備考(Remarks) Authors: Yanjie Zhao, Tetsuya Sakurai, Hiroshi Sugiura 

1995  A Series of Collocation Runge-Kutta Methods  共著   
Numerical Analysis of Ordinary Differential Equations and Its Applications  , World Scientific  , pp.15-28  , 1995/12   

概要(Abstract) 新しい補間型陰的 Runge-Kutta 公式の系列を提案した.さらに,これらの公式のA安定性を証明した.これは,等間隔標本点に基づくs 段 s 次補間型陰的 Runge-Kutta 公式とs 段 2s 次 Gauss 公式を繋ぐ次数が1次ずつ上がる公式系列である. 

備考(Remarks) 著者:T. Mitsui and H. Sugiura.共同研究につき本人担当分抽出不可能. 

1995  3,4,5,6 dimensional good lattice points formulae  単著   
Advances in Numerical Mathematics  , Kinokuniya  , pp.181-195  , 1995/10   

概要(Abstract) GLP法は,高次元の数値積分則として有力視されている.我々は,GLP公式設計のための2つの方法を提案し,それらにより,3, 4, 5, 6次元積分のための新しい高精度GLP公式を構成した. 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [NEXT>>]