研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
赤壁 弘康 ( アカカベ ヒロヤス , AKAKABE Hiroyasu )
所属
Organization
経営学部経営学科
職名
Academic Title
教授
個人または研究室WebページURL
URL
http://www.nanzan-u.ac.jp/~akakabe/
専攻分野
Area of specialization

金融工学、ファイナンス、観光経済学、応用ミクロ経済学

学会活動
Academic societies

日本リアルオプション学会会員(2011-)
日本経営財務研究学会西日本幹事(2011/09-2013/09)
日本経営財務研究学会学会誌『経営財務研究』編集委員(2008/09-2010/09)
日本観光学会会員(2003-)
日本ファイナンス学会会員(1993-)
日本数学会会員(1989-)
日本経営財務研究学会会員(1987-)
日本オペレーションズ・リサーチ学会会員(1986-)
日本経済学会会員(1984-)

社会活動
Community services

公認会計士試験試験委員(金融庁 公認会計士・監査審査会2009/12-2012/11)
名古屋ビジネスインキュベータ運営委員会審査部会委員(2009/05-2012/04)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (45)
著書数 books (5)
学術論文数 articles (40)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
大阪府立大学経済学部経済学科 1982年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
大阪府立大学大学院経済学研究科理論経済学 博士後期課程  1987年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(経済学)  『数理ファイナンスの理論構造に関する研究と応用』  大阪大学大学院  2000年12月 
修士 修士  『貨幣経済理論序説』  大阪府立大学大学院  1984年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  金融工学(ファイナンス) 

概要(Abstract) ファイナンス理論の数理的構造に関する研究、新しいデリバティブの開発と評価に関する研究 

長期研究  観光経済学 

概要(Abstract) 観光資源の開発・利用、ホスピタリティ・ビジネスにおける事業者の意思決定に関する研究 

短期研究  観光資源評価におけるファイナンスの応用 

概要(Abstract) ファイナンス理論を応用した地域社会に価値ある観光資源を創造する手法に関する研究 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2010  Lecture Notes in Operations Research, Vol.12, Operations Research and Its Application  共著   
World Publishing Corp.  , B5  , 534p.  , 2010/08   

概要(Abstract) "Valuation of Derivative on Asset with Network Price Externality Effects," pp.68-74 担当
The present paper focuses on pricing the plain vanilla option when the price of underlying asset is discribed by the stochastic Verhulst-Gomperts Equation with network externality effects in a complete market. The method is based on the change of measure, Girsanov theorem and martingale valuation technique. The application to an exchange option is made attempt and the valuation formula for this option like the Black-Scholes one is derived. A simple relation similar to the put-call parity between the exchange call option and the put option is provided. Our results will be useful to analyze the price evolution at a sudden rise or crash of the stock market. 

備考(Remarks) The Ninth International Symposium on Operations Research and Its Applications(ISORA' 10)報告論文
田畑吉雄ビジネス研究科教授と共著。
査読付き 

2001  日本経営財務研究学会編『経営財務戦略の解明』  共著   
中央経済社  , B5  , 213p.  , 2001/04   

概要(Abstract) 第2章「ロシア型幾何平均インデックスオプションの評価と複製戦略」pp.19-53担当 

備考(Remarks) レフェリー査読付き学会誌 

1999  日本経営財務研究学会編『経営財務情報の経済分析』  共著   
中央経済社  , B5  , 213p.  , 1999/10   

概要(Abstract) 第3章「数理Finance論の離散時間モデルにおける無限期間状態価格アプローチの設定と分析---有界適合過程、Lebsgueの優越収束定理およびBlackwellの不動点定理によるMarkov制御の応用---」pp.51-82担当 

備考(Remarks) レフェリー査読付き学会誌 

1998  日本経営財務研究学会編『コーポレート・ファイナンスの理論と実証』  共著   
中央経済社  , B5  , 213p.  , 1998/09   

概要(Abstract) 第6章「連続時間設定における無裁定証券価格理論の基本的フレームワーク---状態価格、同値martingale測度とGirsanovの定理---」pp.135-181担当 

備考(Remarks) レフェリー査読付き学会誌 

1994  新経営財務論講義  共著   
中央経済社  , B5  , 304p.  , 1994/04   

概要(Abstract) 第14章「資本市場における資本資産評価の理論」(pp.215-231)担当執筆
共同執筆者:後藤幸男、常本良治、福田司文、西村慶一、稲岡潔、秋山正明、田渕進、馬場大治、鳥邊晋司、小谷恵子、陣川公平、赤壁弘康、富田英孝、瀬見博 

備考(Remarks) 後藤幸男・田渕進 編 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  リアルオプション・アプローチによる不確実性下の新規参入観光事業者意思決定―確率的Verhulst/Gompertz方程式を満たす将来の貨幣的満足をもとに―  共著   
『日本観光学会誌』  , 日本観光学会  , 56  , 1-16  , 2015/12   

概要(Abstract) 本研究は、観光ビジネスあるいはホスピタリティ・ビジネスに新規に乗り出そうとする事業者の不 確実性下のビジネス意思決定(参入タイミングとプロモーション切り替えタイミング)を、伝統的なDCF法を再帰的かつ自律的に定義される事業者の将来の貨幣的満足(=習慣形成型期待効用)によって拡張し、これを用いたリアルオプション・アプローチの観点から考察するものである。 

備考(Remarks) レフェリー査読付き。田畑吉雄大阪大学名誉教授、竹澤直哉南山大学教授と共著。 

2014  Optimal Maintenance Policy for Fixed Operating Time Horizon  共著   
Scientiae Mathematicae Japonicae  , International Society for Mathematical Sciences  , 77/3  , 427-436  , 2014/12   

概要(Abstract) We consider an optimal stopping problem for the 0peration of system that deteriorates with age and fails stochastically until the fixed time limit in advance. When the system fails unexpectedly, we choose one of two actions, repair or stop. The optimal stopping time which minimizes the total expected cost is derived by means of a simple mathematical model and dynamic programming technique. Some numerical examples are presented to illustrate our results in detail when the failure and the repair distributions are given specifically. 

備考(Remarks) 田畑吉雄大阪大学名誉教授と共著
レフェリー査読付き学会誌
2014年度パッヘ研究奨励金I-A-2成果物 

2013  確率的Verhulst-Gompertz過程のもとでの変動型行使価格をもつアジアオプション  共著   
グローバル経営学会論文集  , グローバル経営学会  , 2号  , 9-16  , 2014/03   

概要(Abstract) Asian options provide the holder a payoff that depends on the average price of the underlying asset for some period. Averaging of the underlying asset prices will reduce the price of an Asian option compared with a vanilla option. This paper is concerned with the formula for the floating-strike Asian option when the underlying asset is described by the stochastic Verhulst-Gompertz price process in a complete market. The problem is formulated into the optimal stopping problem with free boundary by the method of change of measure, Girsanov theorem, and martingale valuation technique. The optimal stopping time is presented by the solution of a partial differential equation with free boundary. Our results will be useful to hedge the sudden price rise or crash of stock and commodity markets. 

備考(Remarks) 田畑吉雄大阪大学名誉教授と共著。レフェリー査読付き学会誌採択論文。2013年度パッヘI-A-2成果物。 

2013  When to Stop the System with Fixed Operating Time Limits  共著   
Proceedings of Global Engineering  , Global Institution of Science and Technology  , 6pp  , 2013/10   

概要(Abstract) This paper is concerned with an optimal stopping problem for a system that deteriorates with age and fails stochastically until the fixed time limit in advance. When the system fails, it is repaired with some costs, or stopped with opportunity cost. The optimal stopping time which minimizes the total expected cost is derived by means of a simple model. Some numerical examples are presented to illustrate the model. 

備考(Remarks) ISBN:978-1-922069-32-0
報告論文査読付き、田畑吉雄大阪大学名誉教授との共著 

2011  Option Pricing and Hedging under Stochastic Verhulst-Gompertz Equation  共著   
Scientiae Mathematicae Japonicae  , International Society for Mathematical Sciences  , 77/2&3  , pp.239-250  , 2011/12   

概要(Abstract) Emphasis is placed on the valuation of plain vanilla option when the price process of underlying asset is described by the stochastic Verhulst-Gompertz Equation with network externality effects in a complete market. The method is based on the change of measure, Girsanov theorem and martingale valuation technique. 

備考(Remarks) 田畑吉雄ビジネス研究科教授と共著。レフェリー査読付き 

2010  観光消費の波及効果に関する確率的動学モデルと観光政策立案のアルゴリズム  単著   
日本観光学会誌  , 日本観光学会  , 51  , pp.1-15  , 2010/11   

概要(Abstract) 本稿は,観光消費の波及効果モデルとして,単純で解釈の自由度と操作性が高いロジスティック方程式を提案する.第2節では,(確定的)ロジスティック方程式とその応用に関する先行研究を紹介する.第3節では,ロジスティック方程式の説明力を見るために,現実の観測データによる実証研究の一端を紹介する.さらに,データ分析のために必要となる離散化とカオスの問題を紹介する.第4節が本研究の中心である確率的ロジスティック方程式による観光消費普及モデルの提案である.確率的ロジスティック方程式と,ファイナンスで頻繁に利用されるBlack-Scholes-Merton価格モデルとの関連性・対比にも言及する.長期的に持続可能な観光需要を維持することは観光地・施設にとってきわめて重要な政策課題となる.このような政策課題を克服するためのアルゴリズムも,モデルの提案とあわせて提示する. 

備考(Remarks) レフェリー査読付学会誌、2008年度パッヘ研究奨励金I-A-1の研究助成成果物 

2010  価格がネットワーク外部性の影響を受ける資産/商品に対するデリバティブの評価,ヘッジと複製戦略について  共著   
現代ファイナンス  , 日本ファイナンス学会  , 28  , 17‐43  , 2010/09   

概要(Abstract) 本稿は,価格がネットワーク外部性の影響を受けるような資産(あるいは商品)に対してデリバティブが書かれた場合,Harrison/Pliscaを嚆矢とする従来のデリバティブ評価法(マルチンゲール評価法)がどの程度有効であるのかを検証しようと試みるものである.このために,価格がネットワーク外部性の影響を受ける資産/商品の価格モデルを確率的Verhulst/Gompertzモデルによって定式化し,その確率的性質を明らかにする.次に,価格が確率的Verhulst/Gompertzモデルに従う原資産とBlack/Scholes/Merton価格モデルに従う原資産を交換する,交換オプションをマルチンゲール評価法を用いて厳密に導出することを試みる.前者をエネルギースポット価格,後者をエネルギー商社の株価とすれば,このような交換オプションはエネルギー価格の高騰をヘッジしたいエネルギー需要者にとってメリットがあると思われる.したがって,その適正な価格が求められるということを示すのは応用の観点からも重要である.この目的のために,価格がそれぞれBlack/Scholes/Merton価格モデルと確率的Verhulst/Gompertzモデルに従う原資産の割引かれた価格過程を同時にマルチンゲールにする確率測度の具体的な構成法を明らかにする.次に,この確率測度の下で,マルチンゲール評価法を用いて上記の交換オプションを厳密に評価する.併せて,ヨーロッパ型バニラ・コールの評価公式にも触れる. 

備考(Remarks) レフェリー査読付学会誌、田畑吉雄ビジネス研究科教授と共著 

2009  遊園地・テーマパークの生残り策としてみた減損処理と収益性に対するリアル・オプション効果—サンリオ「ピューロランド・ハーモニーランド」の事例を参考として—  単著   
日本観光学会誌  , 日本観光学会  , 50  , pp.38-53  , 2009/09   

概要(Abstract) 遊園地・テーマパークに対する減損会計の早期適用事例としては,近畿日本鉄道(志摩スペイン村)およびサンリオ(ピューロランド(東京/多摩),ハーモニーランド(大分/日出町))をあげることができる.本稿では,サンリオの事例を中心として,減損会計が遊園地・テーマパークをはじめとするレジャー施設経営企業の収益性等に及ぼす効果・影響を理論モデル分析(リアル・オプション分析)によって明らかにする. 

備考(Remarks) レフェリー査読付学会誌、2008年度パッヘ研究奨励金I-A-1の研究助成成果物 

2006  生産設備に対するウェイティング・オプション効果と限界資本コスト  単著   
現代ファイナンス  , 日本ファイナンス学会  , 21  , pp.81-99  , 2007/03   

概要(Abstract) それが生み出す収益に物理的な上限が存在する生産設備が持つウェイティング・オプション効果を数学モデルを用いて議論し、ウェイティング・オプション効果が当該設備の限界資本コストに及ぼす効果をシミュレーションによって明らかにした。 

備考(Remarks) レフェリー査読付き学会誌 

2006  産業観光とその振興政策-産業観光資源拡充のための呼び水としての補助金政策は効果があるか?-  単著   
日本観光学会誌  , 日本観光学会  , 47  , pp.9-21  , 2006/06   

概要(Abstract) 現在の産業観光振興政策は産官連携によるネットワーク作り、コーディネート中心となっているが、産業観光施設の抜本的拡充を目指す場合、補助金支給(税額控除)等の公的資金投入による梃子入れが考えられよう。しかし、補助金の支給は果たして実効性を伴うであろうか。本論文は、この問題にアプローチするための理論モデルを提示し、「呼び水」としての補助金交付による産業観光振興策の効果を分析する。 

備考(Remarks) レフェリー査読付学会誌 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2009  『エコノミックオーガニゼーション』  翻訳  共訳 
晃洋書房  , 399p.  , 2010/02   

概要(Abstract) O.E.ウィリアムソン 2009年度ノーベル経済学賞受賞
《訳者》井上薫、中田善啓、井尻昭夫、安室憲一、赤壁弘康
第3章「階層的組織の内部構造と最適企業規模」(pp.37-63)担当翻訳 

備考(Remarks) O.E.ウィリアムソン著、井上薫、中田善啓監訳 初版第2刷 

2009  価格がネットワーク外部性の影響を受ける資産/商品に対するデリバティブの評価,ヘッジと複製戦略について  ワーキングペーパー  共著 
南山経営研究センターWorking Paper Series  , 南山経営研究センター  , No.0902  , 22  , 2010/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 田畑吉雄南山大学大学院ビジネス研究科教授と共著
日本ファイナンス学会『現代ファイナンス』に掲載済み 

2009  観光諸費の波及効果に関する確率的動学モデルと具体的政策提言のための実践的アルゴリズム  ワーキングペーパー  単著 
南山経営研究センターWorking Paper Series  , 南山経営研究センター  , No.0901  , 17  , 2009/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 日本観光学会『日本観光学会誌』に掲載決定 

2007  鳥取・島根地方の遺跡観光資源の視察調査報告  ワークングペーパー  共著 
南山経営研究センターWorking Paper Series  , 南山経営研究センター  , 0701  , 25  , 2007/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南山大学経営学部准教授 南川和充・神戸学院大学経営学部教授 石川修一と共著 

2006  学科長が語る南山の現在  講演会講演集  共著 
南山大学  , pp.197-221  , 2007/03   

概要(Abstract) 「あなたもリスクに無関心ではいられない時代―資産運用とファイナンスを学ぶ意味―」南山大学連続講演会講演集第10回担当 

備考(Remarks) ISBN978-4-9903051-1-6 

2006  遊園地・テーマパークの生き残り策としてみた会計的手法?サンリオピューロランド・ハーモニーランドの事例  ワーキングペーパー  共著 
南山経営研究センター  , 0602  , 16  , 2006/06   

概要(Abstract) http://www.nanzan-u.ac.jp/MCENTER/wp/wp0602.pdf 

備考(Remarks) 南山大学経営学部 長谷川高則、斎藤孝一と共著
加筆修正のうえ『南山経営研究』に掲載済み 

2006  特定類型の生産設備に対するウェイティング・オプション効果と限界資本コスト  ワーキングペーパー  単著 
南山経営研究センターワーキングペーパー  , 南山経営研究センター  , 0601  , 16  , 2006/04   

概要(Abstract) http://www.nanzan-u.ac.jp/MCENTER/wp/wp0601.pdf 

備考(Remarks) 加筆修正のうえ日本ファイナンス学会『現代ファイナンス』に掲載済み 

2005  泊食分離の経済分析---ホスピタリティ・マーケティングの観点から---  ワーキングペーパー  共著 
南山経営研究センターワーキングペーパー  , 南山経営研究センター  , 0505  , 13  , 2005/06   

概要(Abstract) 日本観光学会第91回全国大会報告をまとめたもの
加筆修正のうえ日本観光学会『日本観光学会誌』に掲載済み

http://www.nanzan-u.ac.jp/MCENTER/wp/wp0505.pdf 

備考(Remarks) 南川和充南山大学経営学部助教授と共著 

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2014  日本観光学会第1回学会賞 論文賞  観光消費の波及効果に関する確率的動学モデルと観光政策立案のアルゴリズム  2014年11月22日 
日本観光学会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2015  リアルオプション・アプローチによる不確実性下の新規参入観光事業者意思決定―確率的Verhulst/Gompertz方程式を満たす将来の貨幣的満足をもとに―」  共同  2016/01/09 
観光経済経営研究会  , 奈良県立大学   

概要(Abstract) 『日本観光学会誌』に掲載可となった論文の公刊前報告。 

備考(Remarks) 田畑吉雄大阪大学名誉教授、竹澤直哉何座大学経営学部教授との共同報告 

2014  リアルオプション・アプローチによる不確実性下の観光事業者意思決定―確率的Verhulst/Gompertz方程式を満たす貨幣的満足をもとに―  共同  2015/02/27 
愛知大学ワークショップ  , 愛知大学(日本観光学会中部支部共催)   

概要(Abstract) 田畑吉雄大阪大学名誉教授、竹澤直哉南山大学教授との共同報告 

備考(Remarks)  

2013  リアルオプション・アプローチによる不確実性会の事業者意思決定(改訂版)―習慣形成型効用と確率的Verhulst-Gompertz方程式を用いて―  共同  2014/03/29 
日本経営財務研究学会西日本部会  , 日本経営財務研究学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 田畑吉雄大阪大学名誉教授との共同報告
予定討論者:岸本一男筑波大学教授
(於)名古屋大学経済学物2回第一会議室 

2013  リアルオプションアプローチによる不確実性下の事業者意思決定―習慣形成型期待効用と確率的Verhulst-Gompertz方程式を用いて―  共同  2013/10/06 
日本経営財務研究学会第37回全国大会  , 日本経営財務研究学会   

概要(Abstract) コメンテーター:久保俊郎亜細亜大学教授 

備考(Remarks) (於:兵庫県立大学)
田畑吉雄大阪大学名誉教授との共同報告 

2013  When to Stop the System with Fixed Operating Time Limit  共同  2013/10/03 
Global Engineering, Science and Technology Conference  , Global Institute of Science and Technology  , Proceedings of Global Engineering, Science and Technology COnference 3-4 October 2013  , Global Institute of Science and Technology  , ISBN:978-1-922069-32-0  , 6pp   

概要(Abstract) This paper is concerned with an optimal stopping problem for a system that deteriorates with age and fails stochastically until the fixed time limit in advance. When the system fails, it is repaired with some costs, or stopped with opportunity cost. The optimal stopping time which minimizes the total expected cost is derived by means of a simple model. Some numerical examples are presented to illustrate the model. 

備考(Remarks) 田畑吉雄大阪大学名誉教授との共同報告、査読付き 

2013  不確実性下の観光ビジネス意思決定モデル―習慣形成型期待効用とリアルオプションの観点から―  共同  2013/06/22 
日本観光学会第103回全国大会  , 日本観光学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 愛知大学名古屋キャンパスにて
田畑吉雄大阪大学名誉教授と共同発表 

2010  Valuation of Derivative on Asset with Network Price Externality Effects   共同  2010/08/19-23  
ISORA 2010 in China.  , ISORA   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 田畑吉雄南山大学大学院ビジネス研究科教授と共同報告 

2010  PRICE-QUALITY COMPETITION AND INCENTIVE FOR UNBUNDLING OF HOTEL ACCOMMODATION AND MEAL PACKAGES IN THE TOURISM INDUSTRY  共同  2010/07/12-15  
4th Biennial Conference of the Academy of World Business, Marketing and Management Development  , The University of Oulu Business School, Finland    

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南川和充南山大学教授、大北健一香川大学大学院准教授との共同報告 

2010  価格にネットワーク外部効果の影響を受ける資産/商品に対するデリバティブの評価、ヘッジと複製戦略について  共同  2010/04/24 
日本経営財務研究学会 西日本部会  , 日本経営財務研究学会(名古屋市立大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 田畑吉雄南山大学大学院ビジネス研究科教授との共同尾報告 

2009  遺跡を観光資源として活用するために---ヘリテージ・ツーリズム研究の観点から―  共同  2009/10/10  
日本観光学会第99回全国大会  , 日本観光学会(神戸夙川学院大学)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 石川修一神戸学院大学教授、南川和充南山大学准教授と共同報告  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2014  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  ネットワーク外部性を考慮した観光消費の波及効果モデルとファイナンスへの応用 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  ネットワーク外部性を考慮した観光消費の波及効果モデルとファイナンスへの応用 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  ネットワーク外部性を考慮した観光消費の波及効果モデルとファイナンスへの応用 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2011  科学研究費補助金  ネットワーク外部性を考慮した観光消費の波及効果モデルの構築 
赤壁弘康(代表者)  日本学術振興会  330万 

研究内容(Research Content) 基盤研究C 

備考(Remarks) 課題番号 23530552
共同研究者
南川和充(南山大学経営学部教授)
大北健一(香川大学大学院地域マネジメント研究科准教授) 

2008  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-1  証券化金融商品の光と影−金融工学的手法による価格形成メカニズムの解明− 
田畑吉雄     

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks) 共同研究者:竹澤直哉、赤壁弘康 

2007  科学研究費補助金  ホスピタリティの観点からの遺跡保存・活用に関する研究 
石川修一  日本学術振興会  117万 

研究内容(Research Content) 基盤研究(C) 

備考(Remarks) 研究代表者:石川修一神戸学院大学教授 他共同研究者:南川和充南山大学准教授 

2006  神戸学院大学研究助成C  観光資源の価値創造に関する研究−埋蔵遺跡評価を対象に− 
石川修一  神戸学院大学   

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks) 石川修一(神戸学院大学経営学部教授:研究代表者),角村正博(同経済学部教授),南川和充(南山大学経営学部助教授),赤壁弘康 

2004  科学研究費補助金  不完全情報下の金融資産評価に関する理論的および実証的研究 
澤木勝茂  日本学術振興会  360万 

研究内容(Research Content) 萌芽研究 

備考(Remarks) 共同研究者:徳永俊史、國田寛、岩城秀樹、竹澤直哉、赤壁弘康 

2004  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  観光資源評価へのファイナンス理論の応用 
     

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2015  学位審査、研究指導(大学院)  

【学位審査】
ビジネス研究科経営学専攻(博士前期)主査1件
社会科学研究科経営学専攻(博士前期)主査1件

【研究指導】
ビジネス研究科経営学専攻(博士後期)副指導2件
社会科学研究科経営学専攻(博士前期)副指導1件
 

2015 
2014  学位審査(課程修士) 南山大学大学院ビジネス研究科 

経営学専攻博士前期課程:副査 

2014 
2014  教育実践 

担当講義各科目の受講者には、講義資料(PDFファイル、パワーポイント・ファイル)をWEB(2012年度まで)あるいはWebClass(2012年度以降)上からダウンロードして利用できるようにしている。演習科目を含めすべての学部科目については、WebClassを利用して情報提供している。また、情報提供の目的で、各週の授業内容の要約をログとして記録し、やむを得ず欠席した受講者をはじめとした受講生全員へのサービスとしている。WebClassのメッセージ添付ファイル機能を利用して、卒業論文の下書き添削指導にも活用し、作成ファイルの保管・管理を実施している。 

2006~現在に至る 
2013  学位審査(課程博士) 南山大学大学院ビジネス研究科 

副査 

2013 
2012  学位審査(課程博士) 南山大学大学院ビジネス研究科 

主査 

2012 
2012  学位審査(課程修士) 南山大学大学院ビジネス研究科 

指導教員2件 

2012 
2011  学位審査(課程博士) 南山大学大学院ビジネス研究科 

副査 

2011 
2011  学位審査(課程修士) 南山大学大学院ビジネス研究科 

指導教員・主査1件、副査1件 

2011 
2009  学位審査(論文博士) 南山大学大学院ビジネス研究科 

主査1
副査1 

2009 
2009  学位審査(課程修士) 南山大学大学院ビジネス研究科 

指導教員・主査1
 

2009 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2015  研究会報告  2016/01/09~2016/01/10 

活動内容等(Content of Activities) 観光経済経営研究会(於:奈良県立大学地域交流センター)研究報告 

2014  社会的活動  2013/10/01 ~ 2014/01/31 

活動内容等(Content of Activities) 科学研究費助成事業 平成26年度 第一段階(書面)審査委員(観光学)
https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/01_seido/03_shinsa/shinsa_meibo/first_26_mei.html#D-03 

2013  社会的活動  ~2014/01/31 

活動内容等(Content of Activities) 兵庫県立大学環境人間学部教員選考委員会委員 

2013  研究会報告  2013.09.21 

活動内容等(Content of Activities) 南山経営研究センターワークショップ「観光・街づくり・交通」 「東北地方の観光の現状―世界遺産効果と震災復興の観点からの視察報告―」 

2012  研究会報告  2013.01.13 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学経営研究センターワークショップ「観光経済経営研究会」
不確実な販売動学モデルに基づく企業の広告活動に関する最適戦略(修正版)(中山傑南山大学ビジネス研究科博士前期課程2年生と共同報告) 

2012  学会司会  2012/03/24 

活動内容等(Content of Activities) 日本経営財務研究学会2012年度西日本部会(於:名古屋学院大学白鳥学舎) 

2012  研究会報告  2012.09.22 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学経営研究センターワークショップ「観光経済経営研究会」
不確実な販売動学モデルに基づく企業の最適マーケティング戦略―市場参入のタイミングと広告戦略のスイッチ・タイミングについて―(中山傑南山大学ビジネス研究科離せ前期課程2年生と共同報告) 

2012  社会的活動  2011/12/10-2012/11/30 

活動内容等(Content of Activities) 平成24年度公認会計士試験試験委員 

2011  研究会報告  2011/10/22 

活動内容等(Content of Activities) 観光経済経営研究会第2回研究発表会(南山大学)
【研究報告】「習慣形成型期待効用にもとづいた観光ビジネスの参入意思決定―リアルオプションの観点からのアプローチ―」(田畑吉雄ビジネス研究科教授との共同報告) 

2011  学会司会  2011/10/08 

活動内容等(Content of Activities) 日本経営財務研究学会第35回全国大会(大阪市立大学)
第1日午前第3会場「資本資産評価と市場効率性」司会 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2007 
詳細表示

2017/03/21 更新