研究者詳細

著書
分割表示 >>   全件表示

11 件中 1 - 11 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2013  帝国の思考―日本「帝国」と台湾原住民―  単著  ISBN978-4-903426-83-9 
有志舎  , A5  , 274p.  , 2014/03/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  帝国の視線−博覧会と異文化表象−  単著  ISBN4-642-03757-8 
吉川弘文館  , A5  , 225  , 2003/11   

概要(Abstract) 1903年に大阪で開催された第五回内国勧業博覧会に焦点をあて、そこから「文化」と政治が絡み合った国民国家形成期に、「異文化」展示が果たした役割を、「文化」の交流・葛藤という観点から考察した。具体的には植民地パビリオン台湾館とパビリオン学術人類館の展示にあらわれた征服地や人種の概念から、国民意識と一体となった帝国意識が社会意識として浮上していく様相を、社会史的手法と思想史的手法を交差させるという分析手法により考察した。なお本著は、博士学位論文に大幅に加筆修正を加え、刊行したものである。 

備考(Remarks)  

2013  제국의 시선:박람회와 이문화 표상  単著  ISBN978-89-285-0562-3 
Minsokwon Company(Soul)  , 未設定  , 230p.  , 2014/03/10   

概要(Abstract) 拙著『帝国の視線』(吉川弘文館、2003年)の韓国語版
(訳者:Choe, Seok-yeong、Kwon, Hyeok-hui)
 

備考(Remarks)  

2012  愛知県史 資料編24 政治・行政1  共著   
愛知県  , その他  , 979p.  , 2013/03   

概要(Abstract) 愛知県の県史編纂事業の一環として発行された著作。本巻は、主に1871年の廃藩置県から1888年の市制・町村制の公布前までの、愛知県の政治・行政に関する資料を幅広く収録した。共同執筆により担当部分を厳密に抽出することは困難だが、松田は主に、第九章「移民政策と県民」に関する資料選定、及び当該テーマに関する解説の執筆を行った。  

備考(Remarks)  

2012  博物館資料の再生-自明性への問いとコレクションの文化資源化-  単著   
岩田書院  , A5  , 275p.  , 2013/03   

概要(Abstract) 明治大学博物館・南山大学博物館編による著書。松田は第Ⅱ部「博物館資料の境界」に論文「人間の「展示」と植民地表象」を単著として執筆した(pp.120-149)。なお同論文は『南山大学人類学博物館オープンリサーチセンター研究報告 第1輯』(南山大学人類学博物館、2011年)に掲載されたものに若干の修正を加えて、再録したものである。 

備考(Remarks)  

2011  ことばと国家のインターフェイス  共著  ISBN978-4-87534-443-8 C3036 
行路社  , A5  , 373p.  , 2012/3/31   

概要(Abstract) 加藤隆浩編による全17章の著書。松田は第3章「「原始芸術」言説と台湾原住民―「始まり」の語りと植民地主義―」を単独で執筆した(P.55-73)。 

備考(Remarks)  

2008  愛知県史 資料編25 政治・行政2 近代2  共著   
愛知県  , 未設定  , 2009/03   

概要(Abstract) 愛知県の県史編纂事業の一環として発行された著作。本巻は、主に1890年の府県制公布から1905年の日露戦争終結までの、愛知県における広義の政治・行政の実態を示す資料を幅広く収録した。共同執筆により担当部分を厳密に抽出することは困難だが、松田は主に、第10章「戦争の紀念・記憶化という政治」に関する資料選定・校正、及び当該テーマに関する解説の執筆を行った。 

備考(Remarks)  

2007  新編 安城市史4 通史編現代  共著   
安城市  , A5  , 783  , 2008/03   

概要(Abstract) 愛知県安城市の市史編纂事業の一環として発行された著作。本巻は、1945年8月から現在までの、現在の安城市域にかかわる様々な出来事を、10の分野に分けて、それぞれの分野ごとに通史的に記述した。全783頁の内、松田は、第1章「戦後安城の風景」を担当し、敗戦直後から安城市市政施行(1952年)までの時期の、安城地域の政治や文化、生活の状況に関して執筆を行った(13頁から66頁まで、54頁分を担当)。 

備考(Remarks)  

2006  新編 安城市史 8 資料編現代  共著   
安城市  , A5  , 718  , 2006/06   

概要(Abstract) 愛知県安城市の市史編纂事業の一環として発行された著作。本巻は、1945年8月から2005年度までの、現在の安城市域にかかわる資料を、幅広く収録した。全718頁の内、松田は、第II部「市民生活の諸相」第1章「政治と市民生活」に関する資料選定・校正、及び当該テーマに関する解説の執筆を行った(192頁から308頁まで、117頁分を担当)。 

備考(Remarks)  

2005  愛知県史 資料編27 政治・行政4 近代4  共著   
愛知県  , A5  , 1008  , 2006/03   

概要(Abstract) 愛知県の県史編纂事業の一環として発行された著作。本巻は、1931年9月の満州事変勃発から、1945年のアジア太平洋戦争終結期に至るまでの、愛知県における広義の政治・行政の実態を示す資料を幅広く収録した。共同執筆により担当部分を厳密に抽出することは困難だが、主に第1章第3節、第4章、第6章第6節に関する資料選定・校正、及び当該テーマに関する解説の執筆を行った。 

備考(Remarks)  

2003  愛知県史 資料編26 政治・行政3 近代3   共著   
愛知県  , A5  , 973  , 2004/03   

概要(Abstract) 愛知県の県史編纂事業の一環として発行された著作。本巻は、主に日露戦争以降、満州事変までの時期の、愛知県の政治・行政に関連する資料を収録しているが、行政の対応や政党の動きを表す資料だけにとどまらず、「県民」や県民の生活の場としての「地域」の対応を表す資料など幅広く収録するとともに、大部の解説を付けたことに特徴がある。共同執筆により担当部分を厳密に抽出することは困難だが、主に「都市行政」、「国家的行事」、「皇室行事」、「官制運動」に関する資料選定・校正、及び当該テーマに関する解説の執筆を行った。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]