研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

19 件中 1 - 10 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2014  安全保障とは何か(シリーズ日本の安全保障第1巻)  共著   
岩波書店  , その他  , 306p.  , 2014/10/28   

概要(Abstract) 日本の安全保障を取り巻く諸問題を広く扱う全8巻シリーズの第1巻で、「第7章不可視化される国連」(199-222p.)を寄稿し、日本の平和・安全保障を巡る諸言説の中で国連がどのように扱われてきたのかについて論じた。 

備考(Remarks)  

2013  平和を考えるための100冊+α  共著   
法律文化社  , A5  , pp.146-149  , 2014/01   

概要(Abstract) 日本平和学会創立40周年事業の一つとして編集された書評集であり、ジョン・ロールズほか著『人権について』(みすず書房、1998年)を紹介した。 

備考(Remarks)  

2011  平和構築・入門  共編著   
有斐閣  , その他  , 254  , 20111210   

概要(Abstract) 国際紛争や内戦の原因やそれに対する国際社会の関与の仕方、特に平和構築に関わる課題についてまとめた概説書。共編者であると同時に、「第4章 軍事力と平和維持」および「終章 平和構築を学ぶということ」を執筆した。 

備考(Remarks)  

2010  国際社会と法:国際法・国際人権法・国際経済法  共著   
有斐閣  , A5  , 312  , 2010/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 担当箇所は「第3章 国際法における国家」(43-62頁)と「第7章 武力紛争と国際法」(123-140頁)。 

2009  国連が創る秩序:領域管理と国際組織法  単著   
東京大学出版会  , A5  , 304  , 2010/01   

概要(Abstract) 冷戦終結以降,地域紛争の勃発とその複雑化により世界が大きく揺らぐなか,国連は国際秩序を再構築できるのかという点に大きな関心があつまった。本書は、紛争解決能力を欠く国家の限界が露呈したことに代わり,国連が平和維持・平和構築に直接乗り出す活動としての「領域管理」に焦点を当て,歴史的先例の分析も踏まえ、これが国際組織法上、いかなる意義と限界を有しているか検討した。 

備考(Remarks) 南山学会出版助成を得て出版したもの。 

2008  EUのガヴァナンスと政策形成  共著   
慶應義塾大学出版会  , A5  , 267  , 2009/02   

概要(Abstract) 執筆担当部分は第9章「コソヴォ独立と国連・EU−介入による国家創設?−」(211−226頁) 

備考(Remarks) 田中俊郎、庄司克宏ほか13名による共著。 

2008  国境なき国際政治(日本の国際政治学第2巻)  共著   
有斐閣  , A5  , 276  , 2009/01   

概要(Abstract) 執筆担当部分は第7章「領域管理と国際秩序−「新信託統治」が問いかけること」(177-195頁)。 

備考(Remarks) 大芝亮、古城佳子、石田淳ほか12名との共著。 

2007  Asia-Pacific Geopolitics: Hegemony vs. Human Security  共著   
Edward Elgar Publishing  , A5  , 2007/11   

概要(Abstract) 執筆担当部分はChapter 10 “The Role of the United Nations in the Twenty-first Century”(pp.163-174)。 

備考(Remarks) Joseph A. Camilleri, Michael T. Siegelほか11名との共著。 

2006  International Administration of Crisis Areas: Nine National Approaches  共著   
Helsinki: KDG Research and Publications  , A5  , 263  , 2006/12   

概要(Abstract) 執筆担当部分は“Characteristics of International Administration in Crisis Areas: Japan’s Participation in UNTAC, UNMIK and UNTAET"(pp.149-159)。 

備考(Remarks) Outi Korhonenほか11名との共著。 

2006  平和政策  共編著   
有斐閣  , A5  , 370  , 2006/10   

概要(Abstract) 執筆担当部分は、第3章「国際法と国際組織の役割」(pp.55-74)と終章(pp.355-359)。 

備考(Remarks) 大芝亮、藤原帰一との共編。執筆者は全部で15名。 

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]