研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

18 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2019  国際労働力移動の空間―フローから見た地域間移動と域内移動  単著   
ACADEMIA, Social Sciences  , 南山大学  , 第18号  , 2020/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  A New Space Emerges: Intraregional and International Mobility in the ASEAN Region and Japan  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 第34巻/第2号  , pp. 145-162  , 2019/10/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  東アジアにおける労働力移動ータイにおける経済発展と移民パターンに関する考察  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 第33巻第2号  , pp.195-207  , 2018/10/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  日本の外国人労働者はどこで働いているのか  単著   
日本都市学会年報  , 日本都市学会  , Vol.51  , pp.385-392  , 2018/05/31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  日本の外国人労働者再考:地域ブロックから見た外国人労働者とASEAN  単著   
南山経済研究  , 南山大学経済学会  , 第32巻、第2号  , pp.91-108  , 2017/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Migration and Remittances: Review of Intraregional and International Mobility in the ASEAN Region and Japan  単著   
ACADEMIA, Social Sciences   , Nanzan University  , no.13  , pp.117-127  , 2017/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Foreing Workers and Remittances in Japan after the Global Financial Crisis  単著   
アカデミア(社会科学編)  , 南山大学  , 第10号  , pp.93-101  , 2016/01   

概要(Abstract) The global financial crisis and resultant recession after 2008 affected foreign workers in Japan, especially Brazilians of Japanese descent. The magnitude of the impact on this group of the population has raised issues about whether Japanese policies and programs for foreign workers are working appropriately. This study re-examines the status of foreign residents and workers in Japan, focusing especially on the trend characterized by the accumulation of workers such as Brazilians of Japanese descent. By using primary data, we examine their remittances to Brazil to explore how the economic recession has affected foreign workers from an international perspective. We suggest that foreign residents have become polarized into two groups: one group has been forced to return to their home countries because of unemployment, while the other has continued to obtain full-time jobs because of their skills and ability to adjust to Japanese society. 

備考(Remarks)  

2012  経済危機と日本における外国人労働者の送金活動に関する考察  単著   
星城大学研究紀要  , 星城大学  , no.12  , pp.35-44  , 2012/02   

概要(Abstract) 2008年以後の経済危機が日本の外国人労働者にもたらした影響を,彼らによる送出し国への送金活動から考察した。送金金額が大きく減少したのはブラジルへの送金のみであり,日系ブラジル人を「定住者」として受け入れている日本の外国人労働者政策の矛盾を指摘した。 

備考(Remarks)  

2009  ブッシュ政権下における米国の移民政策  単著   
星城大学研究紀要  , 星城大学  , no.7  , pp.59-72  , 2009/03   

概要(Abstract) ブッシュ政権下で検討されていた移民政策が頓挫した経緯を追い、オバマ政権に引き継がれた移民政策の課題を整理したうえで、経済危機後の米国を取り巻く労働力移動に変化があるかどうか、検討した。 

備考(Remarks)  

2008  米国移民政策からみる日本の外国人労働者問題への一考察― brain circulation(頭脳循環)からwin-win circulation(ウィンウィン循環)へ―  単著   
地域学研究  , 日本地域学会  , Vo.37/no.4  , pp.1031-1047  , 2008/03   

概要(Abstract) 米国を中心に,現代の国際労働力移動の新しい局面として捉えられ始めている頭脳循環という現象を分析した後,そのような中で移民がもたらす経済厚生上のインパクトについて,受入れ国・送出し国双方にとって望ましいものにするための政策を,おもに日本を含む東アジア地域での労働力移動に関して考察した。

 

備考(Remarks)  査読付き論文 

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]