研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
久世 表士 ( クゼ ヒョウジ , KUZE Hyouji )
所属
Organization
法務研究科法務専攻(専門職学位課程)
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

民事実務(民事事件を主に扱っている弁護士ですので、専攻分野というものは特にありません。)
(民事・商事法)

社会活動
Community services

2012年3月~2014年3月 名古屋家庭裁判所調停委員
2012年より国土交通省中部整備局国営木曽三川公園運営維持管理業務有識者委員会委員

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (4)
著書数 books (3)
学術論文数 articles (1)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
名古屋大学法学部法律学科 1980年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
未設定    未設定 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  金融取引を中心とする企業法務 

概要(Abstract) * 

短期研究  債権法改正と要件事実 

概要(Abstract) 債権法改正により債務不履行責任,賃貸借契約等の規範に改正があるので,要件事実がどのように変わるか研究する。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
1997  新・現代損学賠償法講座3 製造物責任・専門家責任  共著   
日本評論社  , 未設定  , 1997/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1994  製造物責任法総覧  共著   
商事法務研究会  , 未設定  , 1994/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 担当部分:「第6章 機械」単著、「第8章 食品」共著など 

1990  「破産管財人始末記」『弁護始末記(21)』  単著   
大蔵省印刷局  , 未設定  , 1990/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
1988  交通事故賠償の諸問題(3)−企業損害について=判例を中心に=  単著   
時の法令  , 大蔵省印刷局,法令普及会  , 1349号  , pp.63-76  , 1989/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2018  教育内容・方法の工夫 

事前に設問を記載したレジュメや資料等の教材を作成してシラバスに掲載して受講者に予習を求め,講義では質疑応答により双方向の講義を行い,講義終了後には必要に応じて復習に活用するための解説をシラバスに掲載する方法をとった。また,授業評価の内容を踏まえて講義方法を改善するように努めた。  

 
2017  教育内容・方法の工夫 

事前に設問を記載したレジュメや資料等の教材を作成してシラバスに掲載して受講者に予習を求め,講義では質疑応答により双方向の講義を行い,講義終了後には必要に応じて復習に活用するための解説をシラバスに掲載する方法をとった。また,授業評価の内容を踏まえて講義方法を改善するするように努めた。 

 
2016  教育内容・方法の工夫 

事前に設問を記載したレジュメや資料等の教材を作成してシラバスに掲載して受講者に予習を求め,講義では質疑応答により双方向の講義を行い,講義終了後には必要に応じて復習に活用するための解説をシラバスに掲載する方法をとった。また,授業評価の内容を踏まえて講義方法を改善するするように努めた。  

 
2015  教育内容・方法の工夫 

事前に設問を記載したレジュメや資料等の教材を作成してシラバスに掲載して受講者に予習を求め,講義では質疑応答により双方向の講義を行い,講義終了後には必要に応じて復習に活用するための解説をシラバスに掲載する方法をとった。また,授業評価の内容を踏まえて講義方法を改善するするように努めた。  

 
2014  教育内容・方法の工夫 

事前に設問を記載したレジュメや資料等の教材を作成してシラバスに掲載して受講者に予習を求め,講義では質疑応答により双方向の講義を行い,講義終了後には必要に応じて復習に活用するための解説をシラバスに掲載する方法をとった。また,授業評価の内容を踏まえて講義方法を改善するするように努めた。  

 
詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
詳細表示

2019/05/14 更新