研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
早川 徳香 ( ハヤカワ ノリカ , HAYAKAWA Norika )
所属
Organization
人文学部心理人間学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

児童・思春期精神医学

学会活動
Academic societies

1999年4月−現在に至る  日本精神神経学会会員
1999年5月ー現在に至る  日本心身医学会会員
2000年12月ー現在に至る 日本児童青年精神医学会会員
2003年2月ー現在に至る 日本精神病理学会会員
2004年7月ー現在に至る 日本思春期青年期精神医学会会員

社会活動
Community services

特記すべき事項なし

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (17)
著書数 books (0)
学術論文数 articles (17)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
愛知医科大学医学部 1997年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
名古屋大学大学院医学系研究科健康社会医学 博士課程  2013年02月  修了 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 医学博士  The postpartum depressive state in relation to perceived rearing: a prospective cohort study.  名古屋大学大学院  2013年02月28日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  産業現場における自閉症スペクトラムに関する疫学調査 

概要(Abstract) 一般就労している勤労者の自閉症スペクトラム傾向の高さとQoL、職場ストレス等の関連性を疫学的に検討する。 

長期研究  自閉症スペクトラムと摂食障害との関連性に関する前向きコホート研究 

概要(Abstract) 摂食障害の好発年齢にある大学生を対象に、前向きコホート研究を行い、自閉症スペクトラムとの関連性を検討する。 

短期研究  教職課程履修大学生による軽度発達障がい児童に対する学習支援 

概要(Abstract) 1)教職課程を履修する大学生による発達障がい児童に対し、個別学習支援を行い、児の自尊感情や行動等に生ずる効果を検討する。
2)支援する大学生の発達障がい理解における変化を検討する。
3)母親に対してピアサポートを実施し、母親に生ずる心理的変化を検討する。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  臨床児童青年精神医学ハンドブック  共著   
西村書店  , 未設定  , 8  , 2016/11/07   

概要(Abstract) 「性障害」pp. 319-326 

備考(Remarks)  

2016  心の発達支援シリーズ第2巻 幼稚園・保育園児 集団生活で気になる子どもを支える  共著   
明石書店  , A5  , 11p.  , 2016/03/30   

概要(Abstract) 発達障害児童の
5、反抗的で指示に従えない
6、ルールが守れない
問題視される行動に関して、
問題行動の背景要因や周囲の有効な働きかけなどについてを事例を提示しながら概説した。 

備考(Remarks) 「反抗的で支持に従えない」「ルールを守れない」  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  食を病むひと —神経性大食症における他者配慮とまなざしのコントロール—  単著   
アカデミア人文 · 自然科学編  , 南山大学  , 第13号  , pp. 163-171  , 2017/02   

概要(Abstract) 目的:他者配慮性、他者のまなざしのコントロール、また回復について神経性大食症における精神病理を考察する。
方法:神経性大食症の女性3症例を提示する。
結果:第1症例では摂食障害自体が統合失調症の隠れ蓑として防衛的に機能していた。第2症例は、自身の外見に対する他者のまなざしに過敏であったが、パートナーに見捨てられないという体験を通して過食嘔吐が改善した。第3症例では批判的な他者のまなざしに呼応した緊張感の高まりが過食嘔吐とアルコール乱用を誘発したが、周囲の継続的な支持や自らの語りなどを通じて摂食行動異常は軽快した。
結論:神経性大食症では周囲に対する鋭敏なセンサーとそのまなざしに対する躁的な先手打ちを特徴とした。しかし、彼らの両義的な他者配慮性が外部から肯定的に受け取られること、また、病にまつわる言語環境が適当なタイミングで整うことにより、摂食障害が回復に向かう可能性のあることが示唆された。
 

備考(Remarks)  

2016  大学生ボランティアグループによる学童期の軽度発達障がい児に対する学習支援② -母親と児童の自尊感情の関連について-  共著   
アカデミア人文・自然科学編  , 南山大学  , 第13号  , pp. 229-239  , 2017/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Is high job control a risk factor for poor quality of life in workers with high autism spectrum tendency? A cross-sectional survey at a factory in Japan  共著   
Jornal of Ocupational Health  , the Japan Society of Occupational Health  , 57/5  , 419-426  , 2015/09   

概要(Abstract) Objectives: To examine the effect of autism spectrum (AS) tendency and psychosocial job characteristics on health-related quality of life (HRQOL) among factory workers.
Methods: A questionnaire survey was conducted on 376 Japanese factory employees from the same company (response rate: 83.6%) in 2010. Psychosocial job characteristics, including job demand, job control, and social support, were evaluated using the Job Content Questionnaire (JCQ). AS tendency was assessed using the Autism-Spectrum Quotient (AQ), and HRQOL was obtained using the Medical Outcomes Study Short-Form General Health Survey (SF-8). Associations were investigated using multiple logistic regression analysis adjusted for confounders.
Results: In multivariate analysis, AQ was positively (odds ratio [OR]: 3.94; 95% confidence interval [CI]: 1.70-9.73) and social support in the workplace was inversely (OR: 0.25; 95% CI: 0.10-0.57) associated with poor mental HRQOL. No significant interaction was observed between AQ and JCQ sub-items. Only social support was inversely associated with poor physical HRQOL (middle social support, OR: 0.45; 95% CI: 0.21-0.94), and a significant interaction between AQ and job control was observed (p=0.02), suggesting that high job control was associated with poor physical HRQOL among workers with high AQ, whereas low job control tended to be associated with poor physical HRQOL among others.
Conclusions: Our results suggest that AS tendency has a negative effect on workers’ HRQOL and social support is a primary factor in maintaining HRQOL. Moreover, a structured work environment can maintain physical HRQOL in workers with high AS tendency since higher job control will be stressful.
 

備考(Remarks) Norika Hayakawa1), Takashi Okada2), Kenji Nomura3), Tsukimi Tsukada4), Mieko Nakamura5)
1) Faculty of Policy Studies, Nanzan University, Seto, Japan
2) Department of Psychiatry, Nagoya University Graduate School of Medicine, Nagoya, Japan
3) Nagoya University Center for Developmental Clinical Psychology and Psychiatry, Nagoya, Japan
4) Department of Nursing, School of Health Sciences, Nagoya University Graduate School of Medicine, Nagoya, Japan
5) Department of Community Health and Preventive Medicine, Hamamatsu University School of Medicine, Hamamatsu, Japan

IF 1.634 (2012) 

2015  大学生ボランティアグループによる学童期の軽度発達障がい児に対する学習支援  共著   
アカデミア  , 南山大学  , 10  , pp. 185-193  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Relationship between social support during pregnancy and postpartum depressive state: a prospective cohort study  共著   
SCIENTIFIC REPORTS  , 5/10520  , doi: 10.1038/srep10520  , 29 May 2015   

概要(Abstract) Although the association between social support and postpartum depression has been previously investigated, its causal relationship remains unclear. Therefore, we examined prospectively whether social support during pregnancy affected postpartum depression. Social support and depressive symptoms were assessed by Japanese version of Social Support Questionnaire (J-SSQ) and Edinburgh Postnatal Depression Scale (EPDS), among 877 pregnant women in early pregnancy and at one month postpartum. First, J-SSQ was standardized among peripartum women. The J-SSQ was found to have a two-factor structure, with Number and Satisfaction subscales, by exploratory and confirmatory factor analyses. Analysis of covariance was performed to examine how EPDS and J-SSQ scores during pregnancy affected the EPDS score at postpartum. Significant associations were found between postpartum EPDS score and both EPDS and total scores on the Number subscales during pregnancy (β = 0.488 and -0.054, ps < 0.001). Specifically, this negative correlation was stronger in depressive than non-depressive groups. Meanwhile, total score on Satisfaction subscales was not significantly associated with postpartum EPDS score. These results suggest that having a larger number of supportive persons during pregnancy helps protect against postpartum depression, and that this effect is greater in depressive than non-depressive pregnant women. This finding is expected to be vitally important in preventive interventions. 

備考(Remarks)  

2014  小学生を対象にした学習支援グループ『キッズゼミ』に参加した母親への心理的援助について  共著   
アカデミア  , 南山大学  , 第7号  , 171-180  , 2014/01   

概要(Abstract) 【背景】発達障がい児を育てる母親は、定型発達児とは違った育てにくさを感じ、大きなストレスを抱える事が明らかにされている。
【目的】参加児童の母親を対象としたピア・サポートグループ(『ママゼミ』)を実施し、①『キッズゼミ』及び『ママゼミ』に、母親は何を求めているのか、②母親のピア・サポートグループが療育に及ぼす効果、の二点について考察する。そして、母親の心理的支援という視点から、ピア・サポートグループのファシリテーターとして今後の望ましい活動の方向性について検討する。
【対象と方法】軽度発達障がい小学生4名の保護者を対象に、児童に対しては教職課程を履修している大学生による個別学習支援に随伴する形式でピア・サポートグループを実施した。
【結果】具体的なテーマに関する情報交換を通じて、母親同士がピアとして支え合う事が可能であった。また、母親に療育に対するポジティヴな感情を引き起こし、母親に生じるこうした変化が、直接的・間接的に子どもに影響を及ぼすと推察された。さらに、子どもの変化は母親にフィードバックされ、母子相互作用が展開した。
【結論】ピア・サポートの運営上、母親同士の交流を主眼にしたフリートークを基本にするのではなく、学習支援についての情報交換のような現実的な内容をグループ活動の基盤に据える事が肝要であった。また、子どもの前向きな姿を目にすることが、母親の自己肯定感につながることが示唆され、子どもの個別学習支援グループと母親のピア・サポートグループを同時に運営していくことは効果的であった。 

備考(Remarks)  

2013  自閉症スペクトラム障害における聴覚障害  共著   
健康医療科学研究  , 愛知淑徳大学  , 第3号  , pp. 1-7  , 2013/05   

概要(Abstract) 自閉症スペクトラム障害(ASD)は様々なタイプの感覚過敏反応をもつ。本研究では、聴覚過敏の病理を明らかにするべく、患者の具体的な訴えや手記を提示する。次に、生理学的検査や放射線・MRIなどの臨床検査も渉猟する。聴覚受容の生理学研究において、中間潜時反応、頭頂部緩反応が、聴覚過敏の病態解明に今後有益となる可能性について指摘した。画像検査において、中枢性聴覚pathwayの異常はいまだ報告されていない。ASD児童での両側の上側頭溝の灰白質が小さくなっているとの報告があり、今後の調査の進展が待たれるところである。 

備考(Remarks)  

2012  自閉症スペクトラムの学生に対する支援について-支援に対するレスポンスの違いに関する一考察-  共著   
アカデミア人文・自然科学編  , 南山大学  , 第5号  , pp. 281-287  , 2013/01/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  The Postpartum Depressive State in Relation to Perceived Rearing: A Prospective Cohort Study(博士論文)  共著   
PLOS ONE  , DOI: 10.1371/journal.pone.005  , 2012/11/21   

概要(Abstract) Background

The relationship between perceived rearing and the postpartum depressive state remains unclear. We aimed to examine whether perceived rearing is a risk factor for postpartum depression as measured by the Edinburgh Postnatal Depression Scale (EPDS), and whether the score of perceived rearing is affected by depressive mood (the state dependency of perceived rearing).

Methods

Pregnant women (n = 448, mean age 31.8±4.2 years) completed the EPDS as a measure of depressive state in early pregnancy (T1), late pregnancy (around 36 weeks), and at 1 month postpartum (T2), and the Parental Bonding Instrument (PBI) at T1 as a measure of perceived rearing. Changes in the EPDS and the PBI scores from T1 to T2 were compared between the non depressive (ND) group and the postpartum depressive (PD) group.

Results

There were no significant differences in any PBI category for perceived rearing between the ND and PD groups at T1. EPDS scores did not change significantly from T1 to T2 in the ND group but increased significantly in the PD group. The PBI maternal care score increased significantly in the ND group (p<0.01), while decreasing in the PD group (p<0.05). Additionally, in both the ND and PD groups, significant negative correlation was observed regarding change in the EPDS and PBI maternal care scores from T1 to T2 (r = −0.28, p = 0.013).

Conclusions

The present study suggests that perceived rearing is not a strong risk factor for postpartum depression as measured by the EPDS. Furthermore, the results indicated the state dependency of the PBI maternal care score.
 

備考(Remarks)  

2012  放射線被害を恐れて抑うつなどの症状を呈した小学生男子の心理面の理解  共著   
アカデミア人文自然科学編  , 95-102  , 2012/06   

概要(Abstract) 東日本大震災の3か月後、福島県沿岸部で心理相談を受けた内容についての報告。放射線被害への過敏さを示した小学5年生男児について、発災から発症までの経緯を中心に記載し、症状形成に至ったメカニズムについて考察を行った。考察では、震災のために理想化されていた対象が機能しなくなった結果、児童の自己対象体験が大きく障害されたことを中心に論じた。この傷つきから回復するきっかけに、安定した自己を提示することができた県外からのボランティアスタッフのかかわりが功を奏した点についても指摘した。最後に放射線被害を忌避する日本の現状についても、事例と同様の視点から考察を加えた。 

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2014  笠原嘉臨床論集「全体の科学」のために 笠原嘉著  書評  単著 
児童青年精神医学とその近接領域  , 日本児童青年精神医学会  , 第55巻/第4号  , 2  , 2014/08/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  児童青年精神医学大事典  翻訳  共訳 
西村書店  , 2012/06/01   

概要(Abstract) チック障害の総論、各論(病態・治療法・薬理など)。 

備考(Remarks)  

2010  性同一性障害−−児童期・青年期の問題と理解  翻訳  共訳 
みすず書房  , 2010/06   

概要(Abstract) K. ZuckerとS. Bradleyによる児童期・青年期における性同一性障害に関する性心理および心理社会的視点からの概説書( Gender Identity Disorder and Psychosexual Problems in Children and Adolescents, Guilford Press,NY,1995)の翻訳。 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2010  第48回全国大学保健管理研究集会 優秀演題賞  自閉症スペクトラムの学生に対する支援 〜ピア・サポートグループと学内支援体制〜  2010年10月21日 
全国大学保健管理協会 

備考(Remarks) 要旨:自閉症スペクトラムの特性から、大学での生活および学習面に困難を抱え、さらに自己評価の低下を示す者は少なくない。自尊心の向上に着目した学習支援ピア・サポートグループを組織し、1) ピア・サポート介入の短期的影響を検討し、2) 他の高等教育機関でも汎用可能なピア・サポートグループのモデル化を試みた。
 自閉症スペクトラムの特性は生活全般に影響を及ぼす。したがって、学生の支援ニーズに応じるには、学内支援体制の構築が必要であった。本報告のピア・サポートグループは修学達成を第一目標としている。ピア・サポートグループにおいて、サポートを受けることにより学生の学業状況が改善される一方で、サポートすることを通して学生の自己肯定感が高まると考えられた。その結果、学生の全体的な社会適応性が向上した。また、グループの進行において、学生のコミュニケーションの整理は不可欠であった。
 重要な点は、学生がサポートを受けるだけでなく、能動的に他者をサポートする役割を担うことにあると考えられた。また、本ピア・サポートグループモデルは、経済的にも、人的資源の面でも取り入れやすく、汎用性の高い支援モデルであると考えられた。
 

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  「神経発達症学生に対する大学における修学支援の検討-保護者との連携の重要性-」  共同  2017/03/12 
第8回愛知児童青年精神医学会学術総会  , 愛知児童青年精神医学会   

概要(Abstract) 神経発達症学生に対する大学における修学支援の検討
-保護者との連携の重要性-
南山大学 ○早川徳香, 平田成生子
【目的】 神経発達症学生に対する大学学生支援について、保護者との支援連携の重要性について事例を通して検討する。
【事例】 事例A) ショービジネスの世界への就職を予定して卒業した男子学生
事例B) 家族・医療機関・大学が連携を始めることにより大学生活が緒についた男子学生
【倫理的配慮】事例のプライバシーに配慮し、モデルとなる事例の本質を損なわない程度に複数の事例を組み合わせた架空の事例である。
【結果】 両事例とも高機能ASDで、未診断のまま成長し、大学入学と同時に独居を開始、後に大学生活への不適応が生じた事例である。事例Aは未診断のまま卒業し、事例Bは大学在学中に近医にてASDと診断された。事例Aの家族は本人らしさを受容していたが、“障がい特性”としての認識を欠いた。事例Aは、社会からの要請と本人らしさをすりあわせる機会を持てず、適応の難しそうな就労先をイメージするだけで卒業を迎えた。一方、事例Bでは受診が本人と保護者の障がい認知の契機となった。その後、本人を中心に、家族-大学-医療機関の連携が機能しはじめ、本人ならびに保護者の障がい受容が飛躍的に進んだ。
【考察】 神経発達症学生の大学における修学支援には生活全体を包摂するソーシャルサポートが鍵となると考えられた。このため、複数の生活領域の関係者との連携を要した。とくに、保護者との連携の有無が支援効果に大きく影響し、独居生活を送る学生ではこの傾向が浮き彫りにされた。さらに、併発する精神症状に対して医療機関との連携も必要であることが示唆された。連携を通じて保護者の障がい受容がより育まれ、さらに、きめの細かい具体的なソーシャルサポートが学生の安心感を引き出し、自己理解を促すことにつながると考えられた。
 

備考(Remarks)  

2016  Is disordered eating behavior associated with autism spectrum tendency in Japanese female university students?  共同  2016/12/01 
The XXⅡ World Congress of the World Association for Social Psychiatry  , World Association of Social Psychiatry   

概要(Abstract) Objectives: Little evidence of anorexia nervosa (AN) in the Japanese population has been detected. While the associations between AN, eating disorders (ED) and those characteristic of the autism spectrum (AS) have been shown in several overseas epidemiological studies, the epidemiological investigation in Japan has yet to be done. Although a Japanese version of the Autism-Spectrum Quotient (AQ-J) is widely used to measure autism spectrum tendency, the AQ-J it has been reported that it measures mental health problems other than autistic traits like non-psychotic depression. This research is designed to investigate the association between disordered eating behaviors and AS traits among Japanese female university students and confirm that the association is independent from depressive state.

Methods: A self-reported questionnaire survey was administered to 2752 new Japanese female university students from the same university between 2012 and 2015. Disordered eating behaviors were evaluated using the Eating Attitudes Test (EAT-26) with a cutoff score of 20. AS tendencies were assessed using the AQ-J. Characteristic attitudes and symptoms of depression were also measured using the Beck Depression Inventory-I (BDI-I). Associations were investigated using multiple logistic regression analysis adjusted for confounders.

Results: In the multivariate analysis, the attention to detail was positively (odds ratio [OR]: 1.93; 95% confidence interval [CI]: 1.05-3.76) and the BDI was also positively (OR: 6.09; 95% CI: 2.89-14.55) associated with disordered eating behaviors. No significant interaction was observed between the five AQ sub-scales and the BDI.

Conclusion: The association between AS trait and disordered eating behaviors was shown in this research. The attention to detail in AS traits was significantly related to disordered eating behaviors. Furthermore, though depression risk was elevated in individuals with disordered eating behaviors, it was suggested that the attention to detail was related to disordered eating behaviors from depressive state independently.
 

備考(Remarks) New Delhi, India 

2016  地域に包摂されるゴミ的屋敷と精神科訪問医療  単独  2016/11/21 
第19回これからの生と民主主義を考える会定例会  , これからの生と民主主義を考える会   

概要(Abstract) ある地域の精神病院では医療者が病者を訪問して精神医療サービスを提供し、地元に定着している。訪問地域には、同院の患者か否かに拘わらず、一見して奇異なゴミ的屋敷に住まう奇異な行動を伴う者も複数いるが、いずれも地域から排除されることなく包摂されて生活している。今回、精神障害者、精神科訪問医療、ゴミ的屋敷と「いわゆるゴミ屋敷」、地域の包摂をキーワードに社会的包摂に関する話題を提供した。

 

備考(Remarks)  

2015  包括的学生修学支援の取り組み=履修登録相談会の実践について〜  共同  2015/09/10 
第53回全国大学保健管理研究集会  , 全国大学保健管理協会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  専門性と連携について—自閉症スペクトラム学生の支援から—  未設定  2011/07/21 
第49回全国大学保健管理協会東海・北陸地方部会研究集会  , 全国大学保健管理協会   

概要(Abstract) 筆者らは、高機能自閉症スペクトラム学生を中核対象とした学習支援を第一目的とする少人数制のピア・サポートグループを運営している。このグループでは、「凹のサポート:必要なサポートを受け、不足部分を補うこと」と「凸のサポート:得手領域を活かして、他者を能動的にサポートする」を組み合わせ、支援を受けることによる学業状況の改善と他者をサポートすることを通しての自己肯定感の高まりを目指している。
発達障害のなかでも自閉症スペクトラムの学生は、新しい状況に対する著しい緊張感、感覚の過敏、過去の外傷体験に基づく対人関係への過剰反応など日常的に様々な困難をもつ者が多い。不安が身体症状に表れる場合もある。こうした学生の悩みに対して、主に看護師による保健室窓口のよろず相談的な側面が重要な役割を果たしている。個人面接の予約外であっても、学生が困っているその時に応急処置を行う(“粗”)。たとえば、学生数の多い講義に参加すると疲弊してしまう学生は、本人の表現で「人酔い」すると保健室で休養し、体調を整える。その一方で、学生相談室でのカウンセラーとの個人面接では、内的体験を言語化したり、問題を振り返ったりするきめの細かい作業を重ねていく(“密”)。
ピア・サポートグループ運営の中心となるのは、保健室長、学生相談室カウンセラー(臨床心理士)1名、保健室看護師2名の “小”さいが連携の堅いチームである。この4名で、ピア・サポートグループと集団作業療法的レクリエーションプログラム、そして保健室と学生相談室を連動させている。しかし、学生生活において多岐にわたる困難を抱える高機能自閉症スペクトラム学生のサポートを保健室が単独でカバーすることは不可能といってよい。学生のニーズに合わせた支援を行うには、より“大”きな支援組織が必要となるため、学生課、学部教員、学生部などの関係部署それぞれの専門性と連携をとることが必要不可欠である。このように、支援組織は“大”と“小”、支援内容は“粗”と“密”を組み合わせ、学生の支援ニーズに柔軟に対応するように心がけている。
連携は専門性に内包される一方で、専門性を前提としての連携でもある。当日は、大学学校医の立場から、ピア・サポートグループ参加者の支援を通して体験する専門性と学内連携の難しさについて事例を提示しながら問題を提起したい。
 

備考(Remarks)  

2011  妊産婦抑うつ状態と母親の被養育体験との関係:前向きコホート研究か  共同  2011/06/01 
日本うつ病学会  , 日本うつ病学会   

概要(Abstract) 【目的】産褥期うつ病は、産褥期女性の約13%にみられ、未治療では重症化、
長期化しやすい上に母の児への愛着、児の認知発達にも悪影響を与えるとされ、発症
ハイリスク群を同定して、早期の適切な治療介入が必要である。一方、うつ病の発症
因子として、被養育体験、とりわけ、母の低いcareと高いoverprotectionであること
を示した先行研究は多い。産褥期うつ病の発症因子としても、妊産婦の被養育体験が
関与するとの知見がある。以上から、今回、妊産婦を対象とした前向きコホート研究
により、1)周産期抑うつの経過パターン、2)被養育体験と産後の抑うつ、3) 被養育体
験と抑うつ経過パターンとの関連を検討した。

【方法】うつ状態の評価にはエジンバラ産後うつ病自己調査票(EPDS)を、被養育体験
についてはParental Boding Instrument(PBI)を使用し、妊娠初中期、妊娠後期、産
後5日目、産後4週目の計4回にわたり前向きに質問紙調査を行った。

【結果】EPDS得点の推移により、抑うつ経過は4パターン(『非抑うつ群』、『一過性
抑うつ群』、『持続性抑うつ群』、『産後抑うつ群』)に分類された(Ishikawa N, et
al., J Psychosom Res. (in press))。母のCareの低さと妊産婦の産後4週目の抑うつ
状態は有意に関係していた。また、母のCareと妊産婦の抑うつ経過パターンは有意に
関係していた。母のCareにおいて、非抑うつ群よりも持続性抑うつ群の母のCareは有
意に低く、非抑うつ群と産後抑うつ群とのあいだに有意差を認めなかった。

【結論】前向きコホート研究により、従来の産褥期うつ病を妊娠期からの持続性抑う
つ群と産後発症抑うつ群に分別した結果、持続性抑うつ群と産後抑うつ群は、被養育
体験との関係性において異なることが示唆された。
 

備考(Remarks)  

2010  発達障害学生への支援も踏まえた保健室の取り組み「repos(ルポ)」  共同  2010/12 
日本学校メンタルヘルス学会第14回大会  , 日本学校メンタルヘルス協会   

概要(Abstract) 【はじめに】
南山大学瀬戸キャンパス保健室は2009年度から少人数制のグループワーク、「repos(ルポ)」を主催している。今回は2009年度の活動について報告する。
【方法】
対象:瀬戸キャンパス所属学生約2,600名。開催内容:1)心理テスト体験講座 2)認知行動療法入門 3)リラクゼーションヨガ 4)消しゴムはんこ教室 5)アロマ・フットセラピー 6)recolteの杜−コレクターの世界への誘い− 7)フラワーアレンジメントの7項目。年間13回開催。7種類のプログラムを1回1〜1.5時間で構成。心理的プログラムから創作活動まで様々なプログラムを用意することにより、幅広い対象が興味を持つように設定。構成スタッフ:精神科医1名、臨床心理士1名、看護師2名、外部講師2名。募集方法:活動ごとに学生WEBページやポスターでrepos参加者を募る。
【結果】
 年間参加人数は延べ数96名、実数65名(全学生数の2.5%)であり、学生相談室・精神科医のピアサポートと繋がったケースが17名(参加学生実数の26.2%)。参加回数の多い3名は発達障害学生、対人緊張の強い学生であった。学生相談室年間利用者は2008年度238名⇒2009年度347名。保健室来室者統計は2008年度4482名⇒2009年度6456名に増加している。
【考察とまとめ】
・reposはディスカッション形式ではなく講義形式のプログラムであり、短時間の設定であることから、対人緊張や不安が強い学生にとって参加しやすい。
・対人コミュニケーションに困難を持つ学生にとって、reposが他の学生との交流を図り、対人関係能力を育む貴重な場になる。
・参加がきっかけとなり、その後の個別相談や保健室でのフォローアップに繋げられたケースが26.2%あり、問題のある学生を早期発見し、次段階の支援に繋げる、橋渡し的な役割を担えたと考えられる。
・参加人数が少人数=人気がない・意味がないと評価、解釈されやすいが、少人数であるからこそ質の高い関わりが可能となる。他部署と連携をとり、「少人数制」の意味を理解してもらったうえで運営していくことが重要である。
・今後の課題として、就職支援プログラム「キャリアカウンセリング」を導入し、就職活動を乗り切るための具体的なサポートの実施を考えている。 

備考(Remarks) ○郷田妙美・田並年子・荻野咲智子・早川徳香
(南山大学瀬戸キャンパス保健室) 

2010  自閉症スペクトラムの学生に対する支援(1)〜ピア・サポートグループと学内支援体制〜  共同  2010/10/21 
第48回全国大学保健管理研究集会  , 全国大学保健管理協会   

概要(Abstract) 【目的】知的な遅れはなくとも、自閉症スペクトラム障害の特性から、学習面に困難を示す高機能自閉症スペクトラム者は多い。彼らの自己評価は低下しており、不登校やひきこもり、卒後の未就労につながるケースも少なくない。こうした背景から、自閉症スペクトラムの特性により就学上の問題を抱える学生に対し、就学達成を主目的としたピア・サポート介入が、彼らの自己評価や社会機能に及ぼす短期的影響を検討する。さらに、他高等教育機関でも汎用可能なピア・サポートグループのモデル化を試みる。
【方法】隔週1回昼休みに就学に関するピア・サポートを行った。グループの運営、司会進行役は、大学保健室および学生相談室スタッフが担った。くわえて、高機能自閉症スペクトラム学生に対する学内支援体制を構築し、学生生活全般に対するサポートに取り組んだ。
【結果】1)大学という集団では、自分から対人関係を築くことの難しい高機能自閉症学生に支持的な対人交流の場を提供している点、2)就学状況の改善に伴い、自己評価の低下、不要な留年や休・退学に対して予防的である点、3) 自閉症独自の理解法をいかして他者に教えるという体験を通し、学生の自己肯定感は高まり、結果的に社会適応が向上した点が本研究の臨床的成果であると考えられた。
【結論】本研究のピア・サポートグループは就学達成を第一目標としている。グループにおいて、サポートを受けることで学生の就学状況が改善され、サポートすることで学生の自己肯定感が高まった。ピア・サポートグループは、支持的なコミュニケーション・スキル向上の場としても学生に活用された。また、本ピア・サポートグループは、経済的にも、人的資源の面でも取り入れやすく、汎用性の高い支援モデルであると考えられた。 

備考(Remarks) 南山大学総合政策学部1、南山大学瀬戸キャンパス保健室2、名古屋大学大学院医学系研究科3
○早川徳香1,2,3、荻野咲智子2、田並年子2、郷田妙美2 

2010  自閉症スペクトラムの学生を視野にいれた保健室窓口業務のあり方を考える  共同  2010/10/21 
第48回全国大学保健管理研究集会  , 全国大学保健管理協会   

概要(Abstract) 【目的】対人関係などの問題を抱えた学生は大学生活の中で不安や葛藤を生じ易く、精神・身体症状を主訴として保健室を訪れる事が多いと推察する。当大学では頻回に不定愁訴を訴え来室する学生の中に自閉症スペクトラムの学生が潜在化しているのではと考え、窓口対応の中で早期に見つけ出し、学生支援に結びつける取り組みを行ったので報告する。
【方法】2008年4月〜2010年3月迄に休養室を利用した学生394名(利用総数582件)の利用時期、学年、休養時間、理由を解析した。
【結果】休養室利用時期は毎年7月、11月の定期試験の時期がピークであった。利用理由は明確な身体症状のある者164名、不定愁訴が230名。不定愁訴の内容は心理的症状16種類、身体症状10種類であった。身体症状としては頭痛、吐き気、胃痛、下痢等があり、心理的症状は苦手な講義の後に気分が悪くなる、人酔いして吐き気がするといったものが多い。利用回数は1〜2回が多いが自閉症スペクトラムと推測される学生は5回以上、最多で123回利用している。休養室利用学生の中で自閉症スペクトラムと思われる学生を2008年度7名、2009年度11名を学生相談室に繋げた。そのうちの高機能自閉症の事例で、自分の身体症状や不安感を1日の歩数、心拍数、タクシーのメーター等にたとえて独特な表現する事例があつた。同事例においては、窓口対応の際に本人の表現を“翻訳”して対応するように努めたところ本人の安心感に繋がり利用回数も123回から27回へと激減した。
【結論】自閉症スペクトラムの学生は、外見的には判断できない困難を抱えている。不安が生じた際、様々な身体症状を訴え保健室を利用する事も多い。学生の休養室利用状況を詳細に観察し、適切な窓口対応をする事で、発達障害の学生を早期に把握し、学生支援に結びつける事ができると考える。 

備考(Remarks) 南山大学瀬戸キャンパス
○田並年子  郷田妙美  荻野咲智子  早川徳香 

2010  自閉症スペクトラムの学生に対する支援3                   −サポートプログラムで支援した 高機能自閉症の学生の事例から  未設定  2010/10/21 
第48回全国大学保健管理研究集会  , 全国大学保健管理協会   

概要(Abstract) 【目的】南山大学瀬戸キャンパスでは,自閉症スペクトラムの学生の学習および生活支援を行うためのサポートプログラムとして,少人数制のピアサポートグループを立ち上げた(自閉症スペクトラムの学生に対する支援1,2)。本研究では,グループに参加した高機能自閉症の男子学生の事例を提示し,自閉症スペクトラムの学生に対する支援の在り方について検討する。
【事例の概要】男子学生A 21歳 高機能自閉症 
大学入学以前の学校生活の中で繰り返されたいじめやディスコミュニケーションの結果,Aの対人不安は根深く,受身的に講義を聴講できても,同世代の学生の前では全く発語できず交流が難しかった。保健室・学生相談室は早期からAにかかわり,看護師が保健室窓口でAの困りごとの応急処置をし,カウンセラーが個別相談で密な聞き取りを行い,精神科医が状況全体を俯瞰し,必要な環境調整を行った。大学2年時からは学習支援のピアサポートグループと構造化されたレクリエーショングループを導入し,グループで実際の対人練習を重ね,学生相談でその事前練習とフィードバックを行った。Aは自分の課題を意識してグループに参加し,グループで学んだヨガや認知行動療法を取り入れ,段階的に対人課題を達成していった。スタッフはその都度Aを評価し,成功体験を強化したところ,グループ参加から1年後,Aは人前で発言することが可能になった。
【考察】自閉症スペクトラムの学生支援では,精神科医,看護師,カウンセラーらスタッフが連携し,それぞれの役割を分担しながら多角的に支援することが望ましい。とりわけ,インテンシブな環境調整,生活する上で役立つ様々な具体的方法論の提示,現実場面での対人練習の提供,本人の体験を評価,支持する人間関係の保持が有効である。 

備考(Remarks) 南山大学瀬戸キャンパス
○荻野咲智子 田並年子 郷田妙美 早川徳香 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2014  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  神経性無食欲症の前向きコホート疫学研究 
代表     

研究内容(Research Content) ①大学新入生に対して、質問紙と面接による2年間の前向きコホート調査を行い、自閉症スペクトラム(AS)及び神経性無食欲症(AN)の年度ごとの有病率やANの発症に関与する大学生の心理社会的危険因子・改善因子を中心に明らかにする。
②青年期における軽度発達障がいの支援について、臨床的介入と疫学調査を組み合わせて効果を検討する。
 

備考(Remarks)  

2010  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  産業現場における高機能自閉症スペクトラムの実態、および抑うつや社会機能との関連 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2009  平成21年度笹川科学研究助成  大学における自閉症スペクトラム学生のピア・サポートグループによる自立支援モデルの開発 
研究代表者  日本科学協会  310,000 

研究内容(Research Content) 実践研究 

備考(Remarks) 本研究の目的は、高機能自閉症スペクトラム障害の特性から就学上の問題を抱える学生に対し、類似した認知特性をもつ学生による就学達成を目的としたピア・サポート介入が、彼らの自己評価、社会機能に及ぼす短期的影響を明らかにすることにある。 

2009  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  産業現場における高機能自閉症スペクトラムの実態、および抑うつや社会機能との関連 
研究代表者    299,000- 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 産業現場における高機能自閉症スペクトラムの実態、及び、抑うつ、職場ストレス、ソーシャル・サポート、自尊感情、quality of lifeとの関連性を横断的に検討する。 

2014  科学研究費補助金  神経性無食欲症の前向きコホート疫学研究 
代表  日本学術振興会  1,690,000円 

研究内容(Research Content) 神経性無食欲症の好発年齢にある大学生を対象とし、前向きコホート調査を行い、同症の疾患疫学ならびに自閉症スペクトラム類似の認知特性を中心にその病態を明らかにする。 

備考(Remarks)  

2012  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  大学生による発達障がい児に対する個別学習支援プログラム開発 
代表    300,000 

研究内容(Research Content) 大学生による軽度発達障がい児童に対する個別学習支援プログラムを開発する。
①一般大学生の発達障害に関する知識を検討し、②小中学生を対象とする大学生による個別学習支援方法を開発する。 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2006   

特記すべき事項なし 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2017  自分にOK出せていますか?〜すこし楽に生きられる自己肯定感のおはなし〜  2017/09/20 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋市立神の倉中学校全校生徒に向けた総合学習授業を行った。授業では、自己肯定感について、また、自己肯定感を高く保つ意義と方法を事例を通じて取り扱った。さらに、自己肯定感が不安定である10代でSNSを利用するさいに生じやすい問題を提示し、自己肯定感との関連でどのように対応・予防すると良いのかを述べた。 

2017  南山大学附属小学校子育て講演会  2017/06/07 

活動内容等(Content of Activities) 「気になる子どもを支える 〜問題行動を子どもの目線で見てみると〜」というテーマで講演を行った。
「気になる行動」を起こす当事者の保護者が理解を深められるようにするという目的の一方で、そうした子どもを周囲が理解し支えられるようになることも目指した。
講演会の後は、1時間程度の個人相談枠を設定し、5組程度の保護者の個別相談に応じた。 

2017  Creating Connections 2017; Social/Emotional Support for Multicultural and International Children in Japan  2017/04/22 

活動内容等(Content of Activities) 「Identifying High Functioning Autism Spectrum ​
Teenagers and College Students.​」というタイトルでスピーチを行った。 

2015  南山小学校子育て支援講演会講師  2015/06/22 

活動内容等(Content of Activities) タイトル:「ちょっと気になる子を理解する
ー発達に凸凹のある子どもを伸ばしたいー」
90分間の講演を行った。 

2014  少年法研究会  2015/02/15 

活動内容等(Content of Activities) タイトル:「少年非行と発達障害」 

2014  南山大学人間関係研究センター定例会  2014/11/18 

活動内容等(Content of Activities) タイトル:「教職課程履修学生による発達障がい小学生の個別学習指導〜南山大学瀬戸キャンパスでの取り組み〜」 

2014  南山小学校教員研修会  2014/10/28 

活動内容等(Content of Activities) タイトル:「子どもの心の見立て方と対応」 

2014  南山中学校・高等学校女子部教員研修会  2014/07/08 

活動内容等(Content of Activities) タイトル:「思春期の軽度発達障がい〜学校現場での問題と対応〜」 

2014  南山中学校・高等学校男子部教員研修会  2014/05/14 

活動内容等(Content of Activities) タイトル:子どもの自殺行動 

2009  愛知県済生会青い鳥医療福祉センターの療育研修会  2009/05/07 

活動内容等(Content of Activities) 社会福祉法人恩賜財団済生会支部愛知県済生会青い鳥医療福祉センターの療育研修会にて講師として「性同一性障害」をテーマに職員を対象とした講演を行った。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2007 
2006 
詳細表示

2017/09/27 更新