研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
横森 励士 ( ヨコモリ レイシ , YOKOMORI Reishi )
所属
Organization
理工学部ソフトウェア工学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

ソフトウェア工学,プログラム解析,情報漏えい解析,ソフトウェア部品検索システム,ソフトウェア再利用,ソフトウェア部品評価手法,部品間の関係変化に基づく計測手法

学会活動
Academic societies

IEEE,情報処理学会,電子情報通信学会各会員,
情報処理学会東海支部評議員(2005-5〜2009-5)
情報処理学会ソフトウェア工学研究会運営委員(2014-4~2018-3)

社会活動
Community services

社団法人情報サービス産業協会新規市場調査委員会委員長補佐(2005.9〜2006.4)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (31)
著書数 books (0)
学術論文数 articles (31)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
大阪大学基礎工学部情報工学科 1999年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
大阪大学大学院基礎工学研究科情報数理系専攻 博士後期課程  2003年09月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(工学)  ソフトウェア保守・再利用の支援を目的としたプログラム解析手法に関する研究  大阪大学大学院基礎工学研究科情報数理系専攻博士後期課程  2003年09月 
修士 修士(工学)    大阪大学大学院基礎工学研究科情報数理専攻博士前期課程  2001年03月 
学士 学士(工学)    大阪大学基礎工学部情報工学科  1999年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  保守作業や再利用支援を目的とした プログラム解析手法に関する研究 

概要(Abstract) ソフトウェアが肥大化するにつれ,プログラムの作成だけでなく,デバッグや保守などのプログラムを維持するためのコストが,飛躍的に増大している.これらの作業を支援するための手法として,いろいろな手法が提案されている.
わたしの研究では,プログラムスライシングなどのプログラム解析手法を利用する,プログラムを構成するソフトウェア部品を評価するといった2つのアプローチを用いて,保守作業や再利用の支援を目的とした手法についての研究を行っている. 

短期研究  コンポーネントランクを用いた開発プロセス評価手法の提案 

概要(Abstract) コンポーネントランクとは,ソフトウェア部品の利用関係から,各部品の被利用度を評価したもので,よく利用される部品だけでなく,重要な部品から利用される部品も評価されるという性質を持っている.
一方,ソフトウェア開発においては大規模化が進んでおり,開発の複雑度上昇に伴う開発の遅延が問題になっている.一つのソフトウェアを開発するために,多くの人間が共同開発を行うことも多い.そのため,開発者はCVSなどの構成管理ツールをもとに,全体的な開発の進捗を管理することが非常に多くなっている.
現在の開発では要求定義→設計→実装という形が定着しており,ソフトウェアを構成する部品が作成された後にその部品間の関係を記述していく,という手法が一般的である.
本研究では,コンポーネントランクの時間による変動をもとに,開発プロセスが安定しているかを評価するための手法を提案する.新たに機能が追加されたりすることで,部品間の利用関係は変動し,コンポーネントランクも大きく変動する.この現象をもとに,CVSの各リビジョンを対象にコンポーネントランクを計算し,その変動を見ることで開発プロセスの安定度を評価する.


 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  Use-Relationship Based Classification for Software Components  共著   
Proceedings of the Quantitative Approaches to Software Quality  , pp 59--66  , 2018/12/01   

概要(Abstract) In recent years, the maintenance period of the software system is increasing. The size of the software system has grown, and the number of classes and the relationship between classes are also increasingly complicated. If we can categorize software components based on information such as functions and roles, we believe that these classified components can be understood together, and are useful for understanding the system. In this paper, we proposed a classification method for software components based on similarity of use relation. For each component, a set of components used by the component was analyzed. And then, for each pair of components, the distance was calculated from the coincidence of the two sets. A distance matrix was created and components were classified by hierarchical
cluster analysis. We applied this method to jlGui consisting of 70 components. 8 clusters of 36 components were extracted from the 70 components. Characteristics of the extracted clusters were evaluated, and the content of each cluster was introduced as a case study. In 7 clusters out of the 8 clusters, components of the cluster were strongly similar with each other from the viewpoint of their functions. Through these experiments, we confirmed that
our method is effective for classifying components of the target software, and is useful for understanding them. 

備考(Remarks)  

2017  Changes of Evaluation Values on Component Rank Model by Taking Code Clones into Consideration  共著   
IEICE Transactions on Information and Systems  , A Publication of the Information and Systems Society  , Vol.E101-D, No.1  , pp.130-141  , 2018/01/05   

概要(Abstract) There are many software systems that have been used and maintained for a long time. By undergoing such a maintenance process, similar code fragments were intentionally left in the source code of such software, and knowing how to manage a software system that contains a lot of similar code fragments becomes a major concern. In this study, we proposed a method to pick up components that were commonly used in similar code fragments from a target software system. This method was realized by using the component rank model and by checking the differences of evaluation values for each component before and after merging components that had similar code fragments. In many cases, components whose evaluation value had decreased would be used by both the components that were merged, so we considered that these components were commonly used in similar code fragments. Based on the proposed approach, we implemented a system to calculate differences of evaluation values for each component, and conducted two evaluation experiments to confirm our method was useful for detecting the assumed components. Based on the experimental results, we also discuss some improvement methods and provide the results from applications of these methods. 

備考(Remarks) 2017年4月初稿投稿,7月条件付き採録,10月採録
 

2015  Extensions of Component Rank Model by Taking into Account for Clone Relations  共著   
Proceedings of the 10th International Workshop on Software Clones   , pp. 30-36  , 2016/03/15   

概要(Abstract) The size of software increases in recent years, and
the number of classes and relationships between classes are
also increasingly complicated. We have a large interest about
the way to classify a great deal of components effectively. Our
research group proposed a component rank model in the past,
and the model calculates an evaluation value of each component
by using component graph that represents use-relations between
components. In this paper, we suggest a method to reflect code
clone’s relation on the component rank model. In the extended
model, code clone’s relations are reflected on the component
graph by merging components that have similar code fragments.
When we focus simply on how the evaluation value of each
component has changed, component whose evaluation value falls
would be mainly a component used by both of the merged
components. In the experiment, we applied our method to several
open source projects, and confirmed that the change of evaluation
value of each component was within the scope of the assumption.
And we also searched case examples, and confirmed how much
assumed cases existed in the actual software, and a percentage
of the reduction of the evaluation value was useful for detecting
components related with code clone. Through these experiments,
we confirmed that our method is effective to detect components
that existing similar code fragments are using. 

備考(Remarks) SANER の論文集の一部として出版 

2014  Further Considerations about Relationship between Framework and Application Components  共著   
International Journal of Computer Science and Application   , Science and Engineering Publishing Company  , Vol. 4, Issue. 1  , pp.18-31  , 2015/04   

概要(Abstract) A large number of software applications are used over ten years, and are subjected to continuous maintenance activities to improve their operability, functionality, stability and so on. Through such maintenance activities, the internal structure of the software system becomes more complex. We believe that studying how the complexity has evolved is important for understanding the actual maintenance activities. In a previous experiment, we analyzed how code clones and use relations between application and framework components change through a longitudinal study of open source software. However, we performed our analysis over only one set of framework and application, so we would like to discuss how our findings generalize. In this paper, we replicate the previous experiment, targeting several open source projects. By comparing with the result of the past experiment, we will discuss about generalities of our findings. Moreover, we study the differences between the trends for both incoming and outgoing edges, how use relations increase and decrease through long term development, and how code clones are introduced in the software in the early period of the development. These analyses have a certain level of commonality for understanding actual developers' activities. 

備考(Remarks) 2015/03/02 採録決定
 

2012  Evolution of Component Relationships between Framework annd Application  共著   
Journal of Computers   , Computer Society of The Republic of China  , Vol. 23, No2  , pp.61-79  , 2012/07   

概要(Abstract) Most of today’s software applications are built on top of libraries or frameworks. The increasing number of cloud-based services gives rise to 3rd party frameworks that offer such services from a cloud platform. Just as applications evolve, frameworks also evolve. Such evolution is even more pronounced in frameworks that underlie cloud-based services. Upgrading is straightforward when the framework changes preserve the API and behavior of the offered services. However, major changes are introduced with the new framework release, which have a significant impact on the application. A framework user has to consider how to adjust to the new version. In this paper, we study the evolution of an application and its underlying framework through a multi-version analysis. For the analysis, we investigate two kinds of component relationships: one is component rank, the other is clone relation. Component rank measurement is a way of quantifying the importance of a component by its usage. As framework components are used by applications, the rankings of the components are changed. We confirm that upgrading to the new framework version has an impact to a component rank of the entire system. On the other hand, existence of code clone shows how application developers use existing framework code as a reference, and removal of clones shows which reuse activities were recognized as problematic. Analysis of results from these relationships provides useful insights into developers’ activities. 

備考(Remarks) 2012/5 採録決定
 

2010  Measuring the Effects of Aspect-Oriented Refactoring on Component Relationships: Two Case Studies  共著   
in proceedings of the 10th Annual Aspected-Oriented Software Development Conference (AOSD.11)  , pp215--226  , 2011/03   

概要(Abstract) Aspect-oriented refactoring is a promising technique for improving modularity and reducing complexity of existing software systems through encapsulating crosscutting concerns. As complexity of a system is often linked to the degree to which its components (e.g., classes and aspects) are connected, we investigate in this paper the impact of such refactoring activities on component relationships. We analyze two aspect-refactoring projects to determine circumstances when such activities are effective at reducing component relationships and when they are not. We measure two kinds of relationships between components, use and clone relations.
We compare how these metrics changed between the
original and the refactored system. Our findings indicate that aspect-oriented refactoring is successful in improving the modularity and complexity of the base code. However, we obtain mixed results when aspects are accounted for. Based on these results, we also discuss constraints to the technology as well as other design considerations that may limit the effectiveness of aspect-oriented refactoring on actual
systems. 

備考(Remarks) Co author: Harvey Siy, Norihiro Yoshida, Masami Noro, Katsuro Inoue 

2009  Assessing the Impact of Framework Changes Using Component Ranking  共著   
Proceedings of 25th IEEE International Conference on Software Maintenance  , pp.189-198  , 2009/9   

概要(Abstract) In this paper, we study the evolution of an application and its underlying framework to understand the information we can get through a multi-version use relation analysis. We use component rank changes to measure this impact. We use component ranking to identify the core components in each framework version.
We also confirm that upgrading to the new framework version has an impact to a component rank
of the entire system and the framework, and this impact not only involves components which use the framework directly, but also other indirectly-related components. Finally, we also confirm that there is a difference in the growth of use relations between
application and framework. 

備考(Remarks) Co author: Harvey Siy, Masami Noro, Katsuro Inoue 

2009  Software Component Recommendation Using Collaborative Filtering  共著   
Proceedings of 2009 ICSE Workshop on Search-Driven Development Users, Infrastructure, Tools and Evaluation  , pp.17-20  , 2009/5   

概要(Abstract) Software component retrieval systems are widely used to retrieve reusable software components. This paper proposes recommendation system integrated into software component retrieval system based on collaborative filtering. Our system uses browsing history to recommend relevant components to users. We also conducted a case study using programming tasks and found that our system enables users to efficiently retrieve reusable components. 

備考(Remarks) Co.author:Makoto Ichii, Yasuhiro Hayase, Tetsuo Yamamoto, Katsuro Inoue 

2008  ソフトウェア開発を支援するソフトウェア部品検索システム  単著   
ソフトウェアエンジニアリング最前線2008 /ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008  , 近代科学社発行  , pp.25-32  , 2008/08   

概要(Abstract) ソフトウェアの大まかな処理の流れや全体像を理解する,新たなソフトウェアを構築する際に既存の部品を再利用するなど,過去に作られたソフトウェア(の生成物)から情報を取り出し,理解支援や省力化に活用する機会は非常に多い。ソフトウェアに対して検索を行い,必要な情報を提示するという研究は20〜30 年前から常に挑戦的な研究分野として扱われてきており,今もその状況は変わらない。現在までに,非常に多くのソフトウェアライブラリが構築され,それを利用した検索手法が提案されてきた。本論文では,Java を対象としたソフトウェア部品検索システムSPARS-J を中心に,ソフトウェア部品検索に関する手法を紹介すると共に,今後の部品検索システムの発展がどのような方向性となるであろうかを考察する。 

備考(Remarks) 単著:ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2008(2008年9月)にて発表 

2008  開発履歴中のソースコードを対象とした更新の重要度を評価する手法の提案  共著   
電子情報通信学会論文誌D-I  , 電子情報通信学会  , VolJ91-D-I, No.4  , pp.945-955  , 2008/04   

概要(Abstract) 開発対象となるソフトウェアが大規模化するにつれて,進捗を把握し管理を適切に行うことが,極めて重要な要素となった.開発途中の生成物からLOCなどのメトリクスを抽出し,管理に利用している場面は多くみられる.しかし,開発中のソフトウェアに重大な影響を与える更新を抽出するには,LOCなどだけでは不十分で,更新履歴から変更内容を確認し,それによって生じる変化を理解する必要がある.
本論文では,ソフトウェア部品間の利用関係の変化の度合いを定量化することで,利用関係の変化という観点で更新履歴の中から重大な影響を与えた更新を抽出する手法を提案する.定量化においては,部品間の利用関係に基づいた順位であるコンポーネントランクを用い,更新前後間での各部品の順位の変動を評価基準とする.提案手法に基づきシステムを開発し実際のオープンソースプロジェクトに適用したところ,大規模な機能追加の他に,コア部品に対する機能追加や,コードの作り直し,リファクタリングなどのメンテナンス作業が抽出できた.これらの更新は,LOCの変化量が少ないものも多く,提案手法はこれらの更新作業の抽出に有益であると考えられる. 

備考(Remarks) 共著者:横森 励士, 野呂 昌満, 井上 克郎 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  部品間の関係を利用したソフトウェア部品の分類手法の提案  調査報告  単著 
情報処理学会研究報告  , 情報処理学会  , Vol.2016-se-194, No.8  , 1-8  , 2016/11   

概要(Abstract) 求められる機能の増大や保守期間の長期化に伴い,近年のソフトウェアは大規模なものとなっている.
ソフトウェアを構成する部品それぞれが実現する機能の類似性や,部品が担っている役割の類似性などを利用することで,
大規模化したソフトウェアを効果的に把握することができるようになると考える.
本研究では,あるソフトウェアを構成する部品群から利用関係やコードクローン関係を抽出し,
それらの関係の類似性から機能や役割が類似している部品を抽出する手法を提案する.
分類の方法として,部品グラフ上での各部品の入出力辺の数を用いて値の似ている部品ごとに分類する方法,
利用先(利用元)の部品がどれだけ一致しているかから各部品間の距離を求めて分類する方法の
二通りの方法を提案し,評価実験からそれぞれの方法の特徴を考察する. 

備考(Remarks)  

2015  スプリングアルゴリズムを用いたソフトウェア部品グラフの視覚化手法について  調査報告  共著 
第78回情報処理学会全国大会講演論文集  , 情報処理学会  , 1  , 231-232  , 2016/03/10   

概要(Abstract) 大規模化したソフトウェアを理解するためには,ソフトウェアの構成を効果的に理解できるような仕組みが必要である。本研究では,ソフトウェアを実際に構成する要素であるソフトウェア部品間の関係を効率的に視覚的に表示することで,ソフトウェアの全体像を理解することを支援するツールを紹介する. 

備考(Remarks)  

2013  バージョン間の部品間の関係の変化を掲示するツールの試作  総合大会  単著 
電子情報通信学会2014年総合大会講演論文集  , 電子情報通信学会  , 1(pp.23)  , 2014/03   

概要(Abstract) 長年にわたって保守活動が行われたソフトウェアシステムを題材に,ソフトウェア内部の関係がどのように変化していったかを示すことを目的としたツールを提案する.ソフトウェアの複数のバージョンのソースコードを入力として,部品間の関係の変化の差分を取得し,バージョン間の変化を示す.このようなツールが存在することで,開発の参加者全体が広く進捗情報を共有することができ,ソフトウェアの全体像の変化を把握しやすくなることが期待される. 

備考(Remarks)  

2009  第31回ソフトウェア工学国際会議(ICSE2009)参加報告  活動報告  共著 
情報処理学会研究報告  , Vol.2009-SE-165, No.10  , 1-8  , 2009/07   

概要(Abstract) 本発表では,2009年5月に行われたソフトウェア工学の国際会議であるICSE2009について,その概要を紹介した. 

備考(Remarks) 共著者:青山 幹雄,井上克郎 

2007  名前の重複を考慮したJava ソフトウェア部品間の利用関係解析手法の提案  研究会  共著 
電子情報通信学会技術研究報告  , 電子情報通信学会  , 6  , 2008/3   

概要(Abstract) 近年のオープンソースソフトウェア開発の活発化により,ソフトウェア部品検索システム(ソースコード検索システム)を用いたソースコード単位のソフトウェア再利用が頻繁に行われてきている.再利用の為には部品の理解が必要であり,部品を解析して得られる部品間の利用関係は再利用を効率化する為の重要な情報である.しかし,既存のソフトウェア部品検索システムでは,部品間の利用関係を得られない,もしくは部品名の重複を考慮していないために部分的に得ることができるのみである.本稿では,名前の重複を考慮した,部品間の利用関係の解析手法を提案する.提案手法では,検索システムの利用者が適切に利用関係を扱えるように,部品間の利用関係として属性付きの関連を解析する.また,提案手法に基づき,オープンソースソフトウェアのリポジトリの部品を利用する部品検索システムを提案する.さらに,試作システムを用いて適用実験を行い,提案手法の有効性を検証する. 

備考(Remarks) 共著者:市井 誠, 横森 励士, 井上 克郎 

2006  第13回アジア太平洋ソフトウェア工学国際会議(APSEC2006)参加報告  研究会  共著 
情報処理学会研究報告  , Vol.2007, No.33  , 8p  , 2007/03   

概要(Abstract) 2006年12月にインドのバンガロールにて開催された第13回ソフトウェア工学の国際会議(13th Asia Pacific Software Engineering Conference:APSEC2006)に参加したので,取り上げられた主な内容を紹介する。 

備考(Remarks) 共著:井垣 宏,川口 真司,花川 典子 

2006  組込みソフトウェアビジネス実態アンケート調査  活動報告  単著 
ユビキタス市場と組込みソフトウェアに関する調査研究  , 社団法人 情報サービス産業協会  , 39p  , 2006/04   

概要(Abstract) 社団法人情報サービス産業協会会員における,組込みソフトビジネスの事業実態および参入意欲を明らかにすることを目的としてアンケートを行った.回答企業の37%が現在組込みビジネスに参入しており,ほとんどの企業が今後も取組を続けていくとの回答であった.その一方で,取組予定のない企業においては,単純に営業チャネルの問題ではなく,技術的な要素をふくめた開発体制に不安があることがアンケートから浮き彫りとなった. 

備考(Remarks)  

2005  コンポーネントランクを用いたソフトウェアのクラス設計に関する分析手法の提案  研究会  共著 
電子情報通信学会技術研究報告  , SS2005-37, Vol.  , 6p  , 2005/08   

概要(Abstract) コンポーネントランク法は,利用関係を基にソフトウェア部品の重要度の評価を行う手法であり,ソフトウェアリポジトリ中の重要な部品や再利用性の高い部品を知る事が出来る.本研究では,コンポーネントランク法を用いて,ソフトウェアのクラス設計に関する分析を行う手法を提案する. 

備考(Remarks) 共著者:市井 誠, 横森 励士, 松下 誠, 井上 克郎 

2005  コンポーネントランクを用いた開発プロセス評価手法の有効性について  研究会  共著 
情報処理学会研究報告  , Vol.2005, No.75  , 8p  , 2005/07   

概要(Abstract) 近年のソフトウェア開発では,開発対象であるソフトウェアの大規模化,複雑化が急激に進行しており,問題が生じた際の早期発見,早期対策の重要性がきわめて高いことが認知されつつある.一方で,多くの人間が共同開発を行うことを想定して,CVSなどの構成管理ツールをもとに,全体的な開発の進捗を管理するケースが増えている.本論文では,CVSに登録されている各バージョンのソースコードに対して,コンポーネントランクの時間による変動をもとに現在の開発状況を推測する手法について,その手法の有効性及び実現可能性を評価する. 

備考(Remarks) 共著者:市井 誠, 井上 克郎 

2004  開発履歴データのリアルタイム収集・分析システムEPMの拡張について -  研究会  共著 
電子情報通信学会技術研究報告, SS2004-56  , Vol.104, No.722  , pp. 1-6(6p)  , 2005/03   

概要(Abstract) ソフトウェアの開発においてプロセス改善を行うためには,開発状況を随時把握しプロジェクトを管理することが必要不可欠である.EASE プロジェクトでは,開発履歴データのリアルタイム収集および定量的なデータ分析を行うシステムとして,EPM(Empirical Project Monitor) を開発している.本研究では,EPM において実現した,もしくは実現を予定しているEPM の拡張について説明する.具体的には,SRGM を用いた潜在フォールト数の予測グラフのEPM 上での実現手法について提案するとともに,既存の解析システムとの連携手法を考察する. 

備考(Remarks) 共著者:市井 誠, 新海 平, 井上 克郎 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2018  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  ソフトウェア部品の理解支援を目的とした情報の抽出手法に関する研究 
代表    100,000 

研究内容(Research Content) 利用先の一致度に基づいてソフトウェア部品を分類した場合について,それらの結果の傾向についてまとめた結果を,最終的に国際ワークショップに投稿し,発表を行った 

備考(Remarks)  

2017  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  ソフトウェア部品の理解支援を目的とした情報の抽出手法に関する研究 
代表    100,000 

研究内容(Research Content) コンポーネントランクの計算において,コードクローンの関係を加味した場合に結果がどのように変化するかについて分析した結果について,それらをまとめ論文化を行った.さらに,今後の準備として,利用先の一致度に基づいてソフトウェア部品を分類した場合について,それらの結果の傾向についてまとめた. 

備考(Remarks)  

2016  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  コードクローンの関係を用いたコンポーネントランク法の拡張手法の改良について 
    124,000 

研究内容(Research Content) 本研究では,コードクローンの関係をコンポーネントランクモデル上で考慮することで,コンポーネントランク法を拡張するための手法を提案した。具体手的な研究成果としては,昨年度までの成果として国際ワークショップにおいて発表した論文に対して, コンポーネントランク法の拡張手法の精度をさらに向上させるための改良手法について検討を行った.
本年度の研究成果として,そのようなアプローチに基づくソフトウェア理解支援手法の一つとして,ソフトウェア部品間の類似性を利用してソフトウェアの理解に役立てるための研究を行った.具体的には,各部品に対してコードクローン関係や利用関係を分析し,メトリクスを計測する.得られた値自体の類似性や,実際の利用先や利用元部品がどれだけ一致しているかに基づいてソフトウェア部品の分類を行い,分類結果を部品群として抽出し,それらの部品群の性質を調査した. 

備考(Remarks)  

2013  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  フレームワークとアプリケーション間の関係の推移についての調査研究 
代表     

研究内容(Research Content) 長期間にわたって利用されるソフトウェアは,機能の改良や機能追加を通じて徐々にその規模を大きくしていく.それにつれて複雑していくソフトウェアの内部構造の成長過程を理解することは,開発者がどのようにソフトウェアを保守工程で扱っているかを理解するのに役立つと考えている.本研究では,そのようなソフトウェアが巨大化していく過程で,どのように利用関係やコードクローンに関する関係が変化していくかを分析することを目的として研究を行った。当初投稿予定であった国際会議は,2013年12月に行われるAPSEC(アジア太平洋ソフトウェア工学会議)であった。過去の研究をベースに1の内容が中心となるように追加して投稿したが,残念ながら不採録であった。そこで,2014年3月に開催された電子情報通信学会総合大会 にて2の内容を中心として利用関係やクローン関係の変化の推移を表示するツールについての論文を作成・投稿し,発表を行った。 

備考(Remarks)  

2011  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  部品間の関係の変化に基づいたアスペクト指向言語を用いたリファクタリング手法の評価 
代表    169,000 

研究内容(Research Content) 本研究は,昨年度までに行っていた研究を引き続き行うものである.昨年度までに公刊した成果の中では,2つのアスペクト指向言語を用いたリファクタリングプロジェクトを題材に,リファクタリングの前後を通じて,各部品における利用関係の数やクローン関係の数がどのように変化したか,具体的にどう利用関係やクローン関係が変化したかを調査し,それらをまとめて研究成果として査読付き国際会議において発表した.
今年度は,それらを論文誌にて論文化することを目的に,他のアスペクト指向言語を用いたリファクタリングプロジェクトへの適用実験を行うとともに,新たな評価尺度による分析を行い,その結果を追加する.これらの追加された結果を用いて,自説の補強や新たに得られた知見を説明する内容を加え,論文誌に投稿を行う.
 

備考(Remarks)  

2009  科学研究費補助金  ソフトウェア開発における変更の影響度を測定するためのメトリクスに関する研究 
研究代表者  日本学術振興会  600,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2007-2009 2007\1,100,000 2008\600,000 

2008  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  ソフトウェアの開発作業における開発作業とコンポーネントランクの変動の関連について 
研究代表者    300,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2008  科学研究費補助金  ソフトウェア開発における変更の影響度を測定するためのメトリクスに関する研究 
研究代表者  日本学術振興会  600,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2007-2009 2007 1,100,000円 

2006  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  コンポーネントランクを用いた開発プロセス可視化手法のオープンソースプロジェクトに対する適用 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2005  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  コンポーネントランクを用いた開発プロセス評価手法の有効性評価 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2016  国際科目群(ソフトウェア工学科) 

1-2回分を,それぞれの先生の研究テーマで講義を行う 

2016-2017, 2019 
2014  理工学概論 

LEGO を用いた演習回を担当 

2014-2019 
2013  プログラミング応用実習 

2013-2017 

2013-2019 
2011  ソフトウェア構築と保守 

大学院科目
ソフトウェアを保守するときに必要な事柄についての講義を行う. 

2011-2019 
2011  演習科目 

2011~ 演習I,II
2012~ 演習III,IVと卒業研究 

2011-2019 
2011  プログラミング応用 

2年生春学期
プログラミングに関する講義の後半
2年生春学期と4Q(2017)
プログラミングに関する講義 

2011-2014, 2017-2018 
2011  プログラミング基礎 

1年生秋
プログラミング講義の前半 

2011-2012 
2011  ソフトウェア開発技術 

ソフトウェア開発技術の諸概念とその方法を理解するための科目で,
オブジェクト指向開発技術など講義し,演習を通じて習得させる。 

2011 
2011  ソフトウェア工学応用 

前半担当
後半は金山先生 

2011 
2010  知識・言語と情報社会(情報社会におけるソフトウェアの役割) 

横森担当分の講義資料作成 

2010-2012,2015-2016, 2018-2019 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2005  新規市場調査委員会 委員長補佐  2005-2006  

活動内容等(Content of Activities) 社団法人情報サービス産業協会開催の
新規市場調査委員会における青山委員長の補佐
 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2019/08/27 更新