研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

54 件中 11 - 20 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  複素数を用いた社会ネットワーク分析の手法  単独  2018/09/15 
第91回日本社会学会大会    

概要(Abstract) 本報告の目的は,従来の隣接行列に対して,虚数単位 i も用いるエルミート隣接行列の有用性を指摘し,エルミート隣接行列の絶対値最大固有値に社会ネットワーク上の意味を与えることである. 

備考(Remarks)  

2018  複素数による社会ネットワーク分析の可能性  単独  2018/08/31 
第66回数理社会学会大会   

概要(Abstract) 本報告の目的は,社会ネットワーク分析において有向グラフを表現する行列として,従来の隣接行列ではなくエルミート隣接行列を用いることの利点について考察することにある.そのために無向グラフの固有ベクトル中心性に本報告は着目する.固有ベクトル中心性についてボナチッチが仮定する前提がペロン・フロベニウスの定理によって保証されていることを報告では指摘する. 

備考(Remarks)  

2018  複素行列による社会ネットワーク分析の手法―行列の対角化可能性―  単独  2018/07/16 
東北社会学会2018年(第65回)年次大会    

概要(Abstract) 本報告の目的は,有向グラフのエルミート隣接行列[3]の利点について対角化可能性の点から考察することにある.そのために無向グラフの隣接行列の対角化を取り上げる. 

備考(Remarks)  

2018  アクターネットワーク理論による質的科学計量学への計算機的アプローチの可能性  単独  2018/07/07 
 

概要(Abstract) 本報告の目的は,科学社会学で論じられているアクターネットワーク理論の対語分析の手法について,社会ネットワーク分析の方法と組み合わせることが有効であることを指摘し,そのために計算機的なアプローチが役立つことを主張することにある.その上で,このアプローチが科学社会学にどのように資するかを検討することをこの報告は目指す. 

備考(Remarks)  

2018  Using the Hermitian Adjacency Matrix in Social Network Analysis: Diagonalization of the Adjacency Matrix of an Undirected Graph  単独  2018/06/29 
XXXVIII Sunbelt Conference, International Network for Social Network Analysis   

概要(Abstract) In SNA, the Hermitian adjacency matrix(Huv) for a directed graph from graph theory[2] is more useful than the (Conventional) adjacency matrix(Auv), because Huv is always diagonalizable, similar to the (symmetric) Auv for an undirected graph. The advantage of diagonalizability is confirmed by using it in Eigenvector centrality for undirected graphs.
 

備考(Remarks)  

2017  社会ネットワーク分析におけるエルミート隣接行列の提案 ―無向グラフの隣接行列の対角化―  単独  2018/03/15 
第 65 回数理社会学会大会  , 数理社会学会   

概要(Abstract) 本報告の目的は,社会ネットワーク分析において無向グラフおよび有向グラフを表現する行列として,従来の隣接行列ではなくエルミート隣接行列を用いることの利点について考察することにある. 

備考(Remarks)  

2017  社会ネットワーク分析とアクターネットワーク理論の統合的アプローチのための計算社会科学的手法の構築に向けて  単独  2018/03/07 
第二回計算社会科学ワークショップ  , 計算社会科学研究会   

概要(Abstract) 本研究は,近年提唱されている社会ネットワーク分析とアクターネットワーク理論の統合的アプローチに計算社会科学的手法を活用するための道筋を示す.アクターネットワーク理論は科学技術社会論において有力な立場である.初めに,社会ネットワーク分析とアクターネットワーク理論の統合的手法について概観する.次に,アクターネットワーク理論における質的科学計量学を取り上げ,社会ネットワーク分析の中心性指標がこれに適応可能であることを指摘する.その上で,質的科学計量学に中心性指標を用いるための具体例として,新聞社データベースからAPIを用いて特定のキーワードを含む記事を入手し,キーワードの間のネットワークを描き出す手法について計算社会科学的な立場から検討する.そのためにプログラミング言語Rを用いる.最後に全体の考察をまとめ,今後の課題を明らかにする. 

備考(Remarks)  

2017  Two Issues in Human‐Autonomous Car Interactions  単独  2017/08/31 
Annual Meeting of the Society for Social Studies of Science, Society for Social Studies of Science   

概要(Abstract) Human environment has started to be saturated with autonomous cars. In this environment, interactions between humans and autonomous cars present two social/ethical issues. This presentation aims to present the two problems and introduce a plan to host constructive technology assessment in Japan in order to discuss the issues among citizens, engineers, and regulators in the country. First, I will introduce the demonstration experiment of the autonomous car in Japan. Second, I will present the first problem of autonomous car that arises from the fact that automated and non-automated cars possess different features and we would like to know if the other cars on the road are automated or non-automated. Therefore, the issue is, should automation of a car be mandatory, banned, or left to user discretion. In this part, I will cite the research by Waelbers. Third, I will suggest the second problem that arises from the fact that we hope spread of an automated cat that sacrifices the passengers in order to save many pedestrians in an accident, but at the same time, we would like to buy an automated car that protects the passengers at all costs. Therefore, the problem is, how should an automated car be programmed? In this part I will cite the research by Bonnefon et al. Fourth, I will mention the plan to open a constructive technology assessment work shop with STS perspective. Fifth, I will summarize my presentation.  

備考(Remarks)  

2017  Using Complex Numbers in Social Network Analysis: A Proposal of a Centrality Score for Digraphs  単独  2017/06/03 
XXXVII International Network for Social Network Analyis Conference  , XXXVII International Network for Social Network Analyis Conference Oral Presentation Abstracts   

概要(Abstract) In this presentation, the presenter proposes to use complex numbers in order to define a centrality score for an (at least weakly connected) digraph. The centrality score is based on eigenvector centrality for an (undirected) graph. 

備考(Remarks)  

2016  自動走行車のためのアクターネットワーク理論に基づく構築的テクノロジー・アセスメント  単独  2016/11/06 
科学技術社会論学会  , 科学技術社会論学会第15回年次大会予稿集  , p.142-143   

概要(Abstract) 自動走行車が社会的な期待を集めている.しかし,自動走行技術については,運転者の歩行者に対する利己的な振る舞い等,課題も指摘されている.報告者は,アクターネットワーク理論(Actor-Network Theory: ANT)による構築的テクノロジー・アセスメント(Constructive Technology Assessment: CTA)による自動走行車についてのワークショップ(Work Shop: WS)を2018年に開催する計画である .このWSでは,社会的に望ましい自動走行車像を描き出すことを狙う.このWSには,自動車メーカーと行政,市民が参加することが望ましい.本発表は,このWSにおいて取り上げる必要がある項目にはどのようなものがあるのかについて論点の整理を行うことを目的とする. 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [NEXT>>]