研究者詳細

学術論文
分割表示 >>   全件表示

20 件中 1 - 20 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  アクターネットワーク理論による構築的テクノロジー・アセスメントの自動走行車ヘの適用に向けて  単著   
技術倫理研究  , 名古屋工業大学技術倫理研究会  , Vol.13  , p.37-57  , 2016/11/30   

概要(Abstract) 今日,自動走行車が社会的期待を集めている.本稿では,自動走行技術を社会的に望ましいものとするために,アクターネットワーク理論(Actor-Network Theory:ANT)による構築的テクノロジー・アセスメント(Constructive Technology Assessment:CTA)を自動走行車に適用する必要性について技術者倫理(Engineering Ethics)の視点を踏まえて考察する.自動走行技術については正の側面だけではなく負の側面も指摘されている.社会的に望ましい自動走行車像を描き出すには,技術者と行政,市民が議論する場が必要である. 

備考(Remarks)  

2015  専門職として技術者は環境問題にどのように対応すべきか―マイケル・シーゲルによる回答  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 30  , 31-45  , 2015/11/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  本稿の目的は、シーゲルによる環境についての講演(2008年10月25日・南山大学社会倫理研究所)を技術者倫理(Engineering Ethics)分野の展開の中に位置付け、その意義を明らかにすることにある。そのためにまず、技術者倫理の分野を成立させた米国における技術系学協会の倫理規定において環境への配慮が宣言されていること、欧州における技術系学協会の倫理規定において環境への配慮が謳われていること、さらに、日本における技術系学協会の倫理規定において環境への配慮が宣言されていることを確認する(第2章)。続いて、米国における技術者倫理分野の展開について、環境への配慮に留意しながら取り上げる(第3章)。その後、欧州における技術者倫理分野の展開を概観する(第4章)。引き続き、日本における技術者倫理分野の展開について確かめる(第5章)。その上で、環境問題についてのシーゲルによる講演を技術者倫理分野の展開の中に位置付け、その意義について考察する(第6章)。最後に、全体の考察をまとめる(第7章)。
 

2014  技術者倫理事例へのアクターネットワーク理論の適用―デンソーにおける環境に配慮したカーエアコンの開発  単著   
技術倫理研究  , 名古屋工業大学技術倫理研究会  , 11  , 105-121  , 2014/11/07   

概要(Abstract) 技術者倫理の分野においてアクターネットワーク理論による事例分析が行われている.これは環境に配慮したカーエアコンを開発したデンソーの技術者の事例の分析である.先行研究としてのこの事例分析は,環境に配慮したカーエアコンを開発した技術者について見通しの良い説明を与えてはいるものの,アクターネットワーク理論の強みを全て活かしているとはいえない.その強みとは,社会-科学・技術的なプロジェクトについて,人の観点と人でない物の観点の双方から説明を提供するというものである.前述の事例分析では物の観点からの分析が手薄である.そこで本稿では,この事例について人の観点と人でない物の観点の双方から説明を試み,アクターネットワーク理論の強みを活かした事例分析を提示する.  

備考(Remarks)  

2013  技術者倫理の視点から技術士法第45条について考える―刑法第134条を手がかりとして  単著   
技術倫理研究  , 名古屋工業大学 技術倫理研究会  , Vol. 10  , 29-50  , 2013/12/18   

概要(Abstract) 技術士法第45条は,「技術士等の秘密保持義務」として,「技術士又は技術士補は、正当の理由がなく、その業務に関して知り得た秘密を漏らし、又は盗用してはならない。技術士又は技術士補でなくなつた後においても、同様とする。」と定めている.一方で同法第45条の2は,「技術士等の公益確保の責務」として,「技術士又は技術士補は、その業務を行うに当たつては、公共の安全、環境の保全その他の公益を害することのないよう努めなければならない。」と規定している.技術士が「公益確保の責務」のために「業務に関して知り得た秘密」を公開しなくてはならない場合はどのように考えればよいのだろうか.ここでは,「公益確保の責務」が「正当の理由」となるかが重要となる.本項ではこの問題を技術者倫理(Engineering Ethics)の視点から検討する.技術者倫理の分野においては,「公衆の安全・健康・福利を最優先する」ことの保持が分野の根幹にかかわっている.そこで,「公益確保の責務」が「正当の理由」となるという解釈が必要になる.本稿においては,特別法としての技術士法第45条に対する一般法である刑法第134条を手がかりとしてそのような解釈を試みる. 

備考(Remarks)  

2012  比屋根均著『技術の営みの教養課程 技術の知と倫理』を読み解く  単著   
技術倫理研究  , 名古屋工業大学技術倫理研究会  , Vol. 9  , 137-145  , 2012/11/26   

概要(Abstract) 本稿は比屋根均著『技術の営みの教養基礎 技術の知と倫理』についての書評論文である.以下,本書の構成と内容について確認し(第1章),本書の意義を検討する(第2章).その上で,本書についての質問点を論じる(第3章).最後に全体の論点をまとめる(第4章). 

備考(Remarks)  

2010  工学倫理の教科書の変遷  共著   
技術倫理研究  , 名古屋工業大学 技術倫理研究会  , Vol. 7  , p.23-71  , 2010/12/20   

概要(Abstract) 本稿では,日米両国における工学倫理の教科書の変遷過程を概観し,その後わが国に適した教科書を作成する上での課題について述べる.アメリカにおける近年の出版動向を確認すると,従来アメリカ式の工学倫理の特徴とされたプロフェッショナリズムはさらに強調され,同じく特徴として挙げられてきた個人主義的傾向は勢いを弱めつつあることが明らかになる.一方わが国の教科書は,アメリカに強く影響を受けているにもかかわらず,上記の点,すなわちプロフェッショナリズムを前提とする社会契約モデルを採用するか否か,また個人主義的傾向をとるか否かについて,執筆者ごとのスタンスの違いが表れるため,未だ標準化という方向へ向かっていない.こうした状況は,工学倫理導入当初からわが国において議論され続けてきた問題,すなわち「専門職概念をどのように受容するべきか」という問題へと帰着する.つまり,わが国で技術者が置かれている実際の立場と,社会契約モデルが前提とする技術者像の間に乖離があるために,両者の間に齟齬が生じ,結果的にこのような複雑な状況を生み出しているのである.したがって,われわれは今後,技術者の社会的地位とその責任について議論を行う必要がある.日本に適した工学倫理の教科書を作成するためには,我々はあらためてこの問題に向き合わねばならない. 

備考(Remarks) 藤木篤との共著 

2008  Cultural Factors on Engineering Codes of Ethics in Asia  共著   
PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ENGINEERING PROFESSIONAL ETHICS & EDUCATION  , Faculty of Engineering International Islamic University Malaysia  , 125-130  , 13 – 15 MAY 2008   

概要(Abstract) With the increasing number of Asian engineering councils as full signatories of Washington Accord, more research on the engineering codes of ethics should gear to the social, cultural and historical conditions of Asian communities. In this paper, we would like to demonstrate the influence of Asian values on the engineering codes of ethics. First of all, this paper discusses problems of engineering ethics education both in Taiwan and Japan as the background information. We propose that the newly established engineering codes in Taiwan and the codes of Atomic Engineering in Japan not only can solve the problems above, but also they can provide concrete examples in terms of how to maintain the flexible attitude to other cultures. Secondly, the similarities and differences between the codes of East and West (especially the codes in USA) will be discussed in order to argue for the coexisting between the codes. Some of the items of the codes will be pinpointed to emphasize the cultural diversity which the current global codes are omited. It is to be hoped that through this effort the complexity of the dynamic mechanisms and social impacts involved in the process of
implementing global engineering codes will be better understood. 

備考(Remarks)  

2007  なぜ社会契約モデルを重視する必要があるのか  単著   
技術倫理研究  , 名古屋工業大学 技術倫理研究会  , Vol. 4  , p. 99-121  , 2007年11月   

概要(Abstract) 技術者は専門職であるという認知は日本の社会では定着していない.このことは技術者倫理分野における社会契約モデルが技術者に当てはまっていないことを意味する.そゆえに,技術者が倫理規定に従うべき理由づけや,技術業に就く者が特別の責任を負うべき理由として社会契約モデルは採用できないという見解には一定の説得力がある.しかし,社会契約モデルは技術者倫理分野において重視されるべきである.その理由は,技術者倫理の分野が日本で必要になる背景にある.この背景は,日本の技術者の専門職化を促がそうとするものに他ならない.つまり,社会契約モデルを技術者に適用しようとするコンテクストにおいて技術者倫理分野が注目されている.そこで,倫理規定や責任について社会契約モデルと関連づけておく必要性があることになる. 

備考(Remarks)  

2006  科学技術社会論と統合された技術者倫理の研究  単著   
133  , 2007/03   

概要(Abstract) 技術者倫理分野の日本における受容について分析し、科学技術社会論と統合された技術者倫理研究・教育のあり方を示した。 

備考(Remarks) 名古屋大学・大学院人間情報学研究科・博士論文 

2005  日本における技術者倫理研究・教育の展開についての一考察  単著   
表現と創造  , 名古屋大学大学院人間情報学研究科 情報表現論講座・情報創造論講座  , 第7号  , 15-27  , 2006/03   

概要(Abstract) A concern regarding professional ethics for engineers has been growing for the past ten years in Japan as a result of the globalization of engineering education. Engineers, social scientists and humanity scholars in the country have learned from engineering ethics U. S. engineering ethics. In this essay, the author will survey engineering ethics research activities in the country. 

備考(Remarks)  

2005  How to Motivate Students to Learn Engineering Ethics  単著   
iNEER Conference for Engineering Education and Research Proceedings of Abstracts  , 115  , 2005/03   

概要(Abstract) A concern regarding professional ethics for engineers has been growing for the past several years in Japan as a result of the globalization of engineering education. It is recognized that teaching the professional aspects, including ethics, of engineering is essential in responding to globalization. Past engineering education in the country focused solely upon the academic aspects of engineering, while little attention was given to those others. The main driving force of the conversion of engineering education in Japan came with the establishment of the Japan Accreditation Board for Engineering Education in 1999. The country’s professional accreditation system was founded with the aim of ensuring the international equivalency of Japanese engineering education programs by accreditation under standardized criteria. One of the criteria requires that graduates have an understanding of the effects and impact of technology on society and nature, and of engineers’ social responsibilities. 

備考(Remarks)  

2004  なぜ技術者倫理教育にSTSが必要か  単著   
科学技術社会論研究  , 科学技術社会論学会  , 第3号  , 21-37  , 2004/12   

概要(Abstract) Universities and technical colleges in Japan have started to give engineering ethics education to their students, as a result of globalization of engineering education. What should we teach in engineering ethics courses, however, remains to be discussed. Should we focus only to the narrow ethical problems that an engineer encounters in his or her day-to-day work, or ought we also to cover the broad problems that technology has on whole society? The purpose of this paper is to argue that presenting the wide range of ethical problems is the essential component of engineering ethics education. After introducing three reasons why teaching the narrow problems only is insufficient, the author will suggest how STS can be used to present the broad problems in engineering ethics courses. 

備考(Remarks)  

2004  技術者倫理を捉えなおす−公衆の安全・健康・福利のために何をすべきか−  単著   
社会と倫理  , 南山大学社会倫理研究所  , 第17号  , 153-170  , 2004/12   

概要(Abstract) 本稿では、近年わが国に技術者倫理が導入されている社会的背景を紹介し、さらに、従来の技術者倫理教育を批判的に検討し、新たな倫理教育のあり方を提示した。 

備考(Remarks)  

2004  Teaching Engineering Ethics to Freshmen  単著   
PROCEEDINGS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ENGINEERING EDUCATION AND RESEARCH “PROGRESS THROUGH  , 435-436  , 2004/06   

概要(Abstract) The "engineering ethics" lecture is targeted at freshmen who are quite interested in science and technology, but do not have enough sensitivity to engineering professionalism. This situation requires us to develop engineering ethics education to motivate the students to understand that engineering ethics is professional ethics.
This paper describes our concept of the course, and includes the syllabus and daily schedule. 

備考(Remarks)  

2004  Anomalous mode structure of a radiation-exciton coupled system beyond the long-wavelength approximation regime  共著   
Journal of Luminescence  , 108  , 343-346  , 2004/06   

概要(Abstract) We study the mode structure of a size-dependent exciton–radiation coupled system by means of nonlocal response theory. Considering excitons whose center-of-mass motion is confined in a thin film, we calculate complex eigenmodes including the radiative correction. Results show peculiar thickness dependence of the level structure and the radiative width for the region beyond the long-wavelength approximation, such as the transition from the lower to the upper polariton nature and an enhancement of the width at a particular thickness. Recently observed peculiar nonlinear responses of nondipole-type excitonic state can be explained by these results. 

備考(Remarks)  

2003  技術者倫理教育でなにを教えるべきか―技術者倫理から技術倫理への拡張をめぐって―  単著   
Nagoya Journal of Philosophy  , 名古屋大学情報科学研究科情報創造論講座  , 第2号  , 21-37  , 2003/05   

概要(Abstract) Schools of engineering in Japan have started to present engineering ethics education to their students as a result of globalization of engineering. However, what should we teach in engineering ethics education remains as a matter to be discussed further. Should we take up the narrow ethical problems that an engineer encounters in his or her day-to-day work, or should we cover the broad problems that all citizens in society have in their life? In this paper I will argue that we must teach both the narrow and broad problems in engineering ethics education. I will also introduce the book entitled Technology and Ethics by the European Ethics Network, which is important for Japanese engineering ethics education. In this book, the Network integrates engineering ethics and philosophy of technology to establish ethics of technology. 

備考(Remarks)  

2003  Developing Engineering Ethics Education in Japan  単著   
表現と創造  , 名古屋大学大学院人間情報学研究科  , 第4号  , 51-58  , 2003/03   

概要(Abstract) Globalisation of engineering education has brought active discussion about engineering ethics education in Japan to Japanese schools of engineering. Until recently methods to teach ethics to students of engineering schools have never been studied in Japan. This paper introduces the efforts of engineers and philosophers at Nagoya University and Nagoya Institute of Technology to prepare for engineering ethics education. Two features of engineering ethics in Japan that can create challenging problems will be described. Next, feasible solutions for the problems based on a symposium on engineering ethics will be introduced and summarized in detail. 

備考(Remarks)  

2002  倫理とデザイン  単著   
Nagoya Journal of Philosophy  , 名古屋大学人間情報学研究科情報創造論講座  , 第1号  , 1-21  , 2002/03   

概要(Abstract) The social concern with the new engineering education program in university, college and technical college has been growing for the last several years. The new program mainly consists of engineering ethics subject and design subject. The purpose of this paper is to examine the contribution of engineering ethics subject and ethics to design subject and engineering education. The first chapter describes the survey of the new engineering education program. In the second chapter, I introduce the argument of C. Whitbeck. She states that the strategy for design subject is useful for engineering ethics subject. The third chapter presents the method of reasonable discussion in ethics that could be used in design subject. 

備考(Remarks)  

2002  選択的原因論の擁護  単著   
中部哲学会年報  , 中部哲学会  , 第34号  , 1-17  , 2002/03   

概要(Abstract) 科学哲学において機能概念を自然化する課題をはじめて取り上げたのは、C・Gヘンペルである。現在この課題はR・Gミリカンによる選択的原因論(selective etiology)と、J・ビゲロウおよびパーゲッターが述べる傾向理論(propensity theory)との論争に至っている。論争上の二つの立場が共通して取り入れているのは、進化理論を用いて機能を自然化する試みである。進化の由来に注目するか、進化の未来に訴えるかというてんを両者は争っている。本稿では、選択的原因論を支持し、機能概念の自然化には進化の由来の考察が必要であることを主張することを目指す。まず、ヘンペルがどのように機能的説明を目的論敵説明から区別しようとしたかを確認する。進化理論には立ち入らなかった彼の分析を踏まえることで、選択的原因論と傾向理論の内容をより明らかに捉えることができるだろう。つぎに、選択的原因論と傾向論の主張を追い、それぞれが進化の由来と未来を考察することでどのように機能の自然化を行なおうとしているのかを見る。その上で、両者による論争の論点の妥当性を検討し、選択的原因論の支持を試みる。 

備考(Remarks)  

2001  目的論的概念の自然化に進化論は必要か  単著   
名古屋大学修士論文  , 45  , 2001/01   

概要(Abstract) 近年、科学的であることを志向する心の哲学は、生物学に関心を寄せている。心を司る脳は、進化したものであり、心もまた進化したと考えることができる。心の哲学は、生物的機能の概念を接点に、生物学の哲学に接近している。生物学の哲学では、因果論に還元不可能な目的論であるように思われた機能の概念の定義をめぐって、因果論と選択的原因論の間で論争が続けられていた。本論文では、心の哲学における機能概念の採用が、機能概念の定義をめぐる論争にどのような決着をもたらすかについて考察した。
機能概念の検討をとおし、心の哲学が生物学の哲学に接続されたことによって、機能概念には目的論的、規範的であることが必要とされており、このような概念を定義し、因果論に置きかえることができるのは、選択的原因論であることが明らかになった。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]