研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

16 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  保護世帯員の原告適格  判例研究  単著 
社会保障判例百選〔第5版〕  , 有斐閣  , 別冊ジュリストNo.227  , 184-185  , 2016/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  静岡市生活保護稼働能力訴訟「意見書」  裁判所に提出した意見書  単著 
賃金と社会保障  , 旬報社  , 1623号  , 29~28頁  , 2014/12   

概要(Abstract) 静岡市生活保護訴訟の原告側弁護団から依頼を受けて執筆した、静岡地方裁判所に提出するための意見書である。
本件は、稼働年齢ぎりぎりの64歳の原告について、就労努力を求める指導指示がなされたが、原告がこの指示に違反したとして保護停止処分を受けたため、その取消しと慰謝料を求めて提訴した事件である。
意見書では、本件保護停止処分に係る処分行政庁の裁量権行使の違法性について、行政裁量の判断過程統制の見地から論じたものである。 

備考(Remarks)  

2012  老齢加算廃止を違法とした原判決に違法があるとされた事例  判例研究  単著 
新・判例解説Watch Web版  , TKCローライブラリー  , pp.1-4.  , 2013/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  外国人に対する生活保護申請却下の処分性  判例研究  単著 
法学教室・別冊判例セレクト  , 有斐閣  , 390号  , p.7.  , 2013/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  診療報酬支払事務の委託  判例研究  単著 
別冊ジュリストNo.211・行政判例百選〔第6版〕  , 有斐閣  , pp.8-9.  , 2012/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  障害者の外出・移動介護に関する行政裁量の統制−「第二次鈴木訴訟」判決(東京地判平成22年7月28日)の検討  判例研究  単著 
賃金と社会保障  , 旬報社  , 1527号  , 4-12  , 2010/12   

概要(Abstract) 障害者の外出・移動の自由のあるべき保障水準のあり方を問う「第二次鈴木訴訟」の判決について、障害者自立支援法の下での外出介護の支給基準の設定とその支給決定に係る、裁量権行使の適法性の論点を中心に、考察をおこなった。 

備考(Remarks)  

2009  保育所廃止民営化に係る取消訴訟の可否と違法性判断−東京高裁平成21年1月29日判決の検討  判例研究  単著 
季刊教育法  , エイデル研究所  , 164号  , 90-98  , 2010/03   

概要(Abstract) 保育所廃止民営化の違法性を取消訴訟において初めて認めた判決として注目を浴びた横浜市保育所廃止民営化事件第一審判決の控訴審判決を対象として、保育所廃止民営化に係る条例制定行為の処分性の検討と、廃止民営化の違法性判断のあり方について検討した。 

備考(Remarks)  

2009  指定管理者方式による保育所民営化の法的統制  判例研究  単著 
賃金と社会保障  , 旬報社  , 1508  , 33-41  , 2010/02   

概要(Abstract) 現在全国的に進んでいる公立保育所民営化の法的適否を争う訴訟のうち、全国初の指定管理者方式による保育所民営化訴訟の第一審判決が出されたため、その検討を行った。 

備考(Remarks)  

2009  老齢加算を廃止する保護基準改定に伴う保護変更処分の適否  判例研究  単著 
法学セミナー増刊・速報判例解説  , 日本評論社  , 5  , 69-72  , 2009/10   

概要(Abstract) 全国各地で提起されている、生活保護基準改定による老齢加算廃止に対する行政訴訟のうち、東京で提起された訴訟の第一審判決が出されたため、これを検討した。 

備考(Remarks)  

2009  生活保護の変更決定における「正当な理由」としての海外渡航  判例研究  単著 
法学セミナー増刊・速報判例解説  , 日本評論社  , 4  , 31-34  , 2009/04   

概要(Abstract) 生活保護の変更決定の適否が争われた、最高裁平成20年2月28日判決を検討した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]