研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

8 件中 1 - 8 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2019  「クォーター制における授業運営の現状把握と改善策-2017/2018年度の「韓国朝鮮語Ⅰ、Ⅱ」の授業を振り返って」  単著   
アカデミア 文学・語学編  , 南山大学  , 105  , pp.157-173  , 2019/1   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  「「(し)そうだ」と韓国語三つの形式の対応関係」  単著   
名古屋言語研究  , 名古屋言語研究会  , 第13号  , pp.59-72  , 2019   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  「-것(geot) 같(gat)다(ta)」と「ようだ」―前接する連体形との結合関係を中心に  単著   
『名古屋言語研究』  , 名古屋言語研究会  , 第6号  , pp.95-108  , 2012/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  「ようだ/らしい/そうだ/という」の連続性―話し手の情報の扱いの観点から―  単著   
『韓国日本文化学報』  , 韓国日本文化学会  , 第32輯  , pp.111-123  , 2007/7   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  推量・伝聞・引用の関係性―「ようだ/らしい/そうだ/という」を中心に―  単著   
『名古屋大学言語学論集』  , 名古屋大学言語学研究会  , 第21巻  , pp.1-8  , 2006/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  日・韓両国語の推量表現の対照研究―伝聞の「ようだ/らしい/そうだ」と韓国語との対応関係―  単著   
『名古屋大学言語学論集』  , 名古屋大学言語学研究会  , 第20巻  , pp.11-18  , 2005/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  日・韓両国語の推量表現の対照研究―「だろう」と「겠」「-ㄹ것이」の対照―  単著   
『名古屋大学言語学論集』  , 名古屋大学言語学研究会  , 第18巻  , pp.53-67  , 2003/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  「だろう」が持つ情報的な共有性  単著   
『名古屋大学言語学論集』  , 名古屋大学言語学研究会  , 第17巻  , pp.123-137  , 2001/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]