研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
渡部 森哉 ( ワタナベ シンヤ , WATANABE Shinya )
所属
Organization
人文学部人類文化学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

中南米の考古学、文化人類学

学会活動
Academic societies

2012.4 物質文化研究会会員(現在に至る)
2006.5 日本考古学協会会員(現在に至る)
2003.6 日本ラテンアメリカ学会会員(現在に至る)
2003.5 日本文化人類学会会員(現在に至る)
2002.1 Society for American Archaeology会員(現在に至る)
1996.6 古代アメリカ学会会員(現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (31)
著書数 books (10)
学術論文数 articles (21)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
東京大学文学部第二類(史学)考古学専修課程 1995年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻 博士課程  2001年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(学術) 博総合第525号  先スペイン期アンデスにおける社会動態と構造  東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻博士課程  2004年10月 
修士 修士(学術)    東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻修士課程  1997年03月 
学士 学士(文学)    東京大学文学部第二類(史学)考古学専修課程  1995年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  アメリカ大陸における国家社会と非国家社会の比較研究 

概要(Abstract) ペルー北部高地に繁栄した、非国家社会カハマルカの特質を明らかにする。この社会と国家社会を比較し、アンデスにおける国家形成のモデルを構築する。 

短期研究  ワリ期の社会動態 

概要(Abstract) 後9世紀から10世紀にかけて南米アンデス地域に台頭したワリ帝国の拡大過程、および地方支配の実態を、ペルー北部高地を事例として発掘データを基に明らかにする。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2015  『Nuevas Perspectivas en la Organización Política Wari』  共著   
Centro de Estudios Precolombinos  , A5  , 368 p.  , 2016/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Andes: Boletín del Centro de Estudios Precolombinos de la Universidad de Varsovia, No. 9
M. Giersz and K. Makowski (eds.)。共著(M. Giersz, K. Makowski, ほか10名)。
"Cronología y dinámica social durante el período Wari: nuevos descubrimientos en el sitio arqueológico El Palacio, sierra norte del Perú" (pp. 263-285)を執筆。 

2014  『Dominio provincial en el Imperio inca』   単著   
Editorial Shumpusha  , A5  , 290 p.  , 2015/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ISBN:978-4-86110-431-2
科学研究費補助金・研究成果公開促進費(学術図書)による出版。 

2013  『Estructura en los Andes Antiguos』  単著   
Editorial Shumpusha  , A5  , 302 p.  , 2013/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ISBN:978-4-86110-371-1 

2011  『地球時代の「ソフトパワー」—内発力と平和のための知恵—』  共著   
行路社  , A5  , 362 p.  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ISBN:978-4-87534-440-7
浅香幸枝(編)。共著(浅香幸枝、アッセマ庸代、ほか16名)。
第10章「ペルーでの考古学調査—ソフトなパワーの一事例—」(pp. 193-208)を執筆。  

2011  『古代メソアメリカ・アンデス文明への誘い』  共著   
風媒社  , A5  , 140 p.  , 2011/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ISBN:978-4833105538
共著(杉山三郎・嘉幡茂・渡部森哉)。
第3章「古代アンデス文明」(pp. 81-130)を執筆。 

2011  『Arquitectura prehispánica tardía: construcción y poder en los Andes centrales』  共著   
Fondo Editorial de la Universidad Católica Sedes Sapientiae  , A5  , 587 p.  , 2011/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ISBN:978-612-4030-29-1
K. J. Lane and M. Luján Dávila (eds.)。共著(K. J. Lane, M. Luján Dávila, ほか20名)。
"Arquitectura del sitio arqueológico Tantarica, sierra norte del Perú"(pp. 67-91)を執筆。 

2009  『インカ帝国の成立—先スペイン期アンデスの社会動態と構造—』  単著   
春風社  , A5  , 504 p.  , 2010/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ISBN:9784861102059
南山大学学術叢書。 

2008  『地球時代の多文化共生の諸相—人が繋ぐ国際関係—』  共著   
行路社  , A5  , 373 p.  , 2009/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ISBN:978-4875344186
浅香幸枝(編)。共著(浅香幸枝、二宮正人、ほか13名)。
第9章「インカ帝国における多民族・多文化状況」(pp. 197-218)を執筆。 

2007  『他者の帝国—インカはいかにして「帝国」となったか—』  共著   
世界思想社  , A5  , 391 p.  , 2008/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ISBN:978-4790713258
関雄二・染田秀藤(編)。共著(熊井茂行、宮崎和夫、ほか13名)。
第8章「インカ帝国成立モデルの再検討」(pp. 165-184)を執筆。 

2005  『マヤとインカ—王権の成立と展開—』  共著   
同成社  , B5  , 322 p.  , 2005/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ISBN:978-4886213280
貞末堯司(編)。共著(伊藤伸幸、古手川博一、ほか18名)。
「カハマルカ文化再考」(pp. 237-251)を執筆。 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  「先スペイン期アンデスのワリ文化の奉納儀礼について—ペルー北部高地エル・パラシオ遺跡の事例—」(査読付)  単著   
『年報人類学研究』  , 南山大学人類学研究所  , 第7号  , pp.74-91  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  「崩壊と再生—古代アンデス諸社会の事例」  単著   
『人類学研究所研究論集』  , 南山大学人類学研究所  , 第3号  , pp. 4-20  , 2016/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「ワリ帝国の行政センターと地方統治—ペルー北部高地エル・パラシオ遺跡の事例—」(査読付)  単著   
『古代アメリカ』  , 古代アメリカ学会  , 第17号  , pp. 25-52  , 2014/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「Sociopolitical Dynamics and Cultural Continuity in the Peruvian Northern Highlands: A Case Study from Middle Horizon Cajamarca」(査読付)  単著   
『Boletín de Arqueología PUCP』  , Pontificia Universidad Católica del Perú  , No. 16[2012]  , pp. 105-129  , 2014/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) http://revistas.pucp.edu.pe/index.php/boletindearqueologia/issue/view/895
からダウンロード可能。 

2012  「アンデス文明形成期の神殿社会」  単著   
『人類学研究所研究論集』  , 南山大学人類学研究所  , 第1号  , pp. 33-52  , 2013/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/JINRUIKEN/publication/index.html#link08
からダウンロード可能。 

2011  「グリフィンは飛んでいく—動物図像から見る中央アンデス先スペイン期ワリ国家の地方支配—」  単著   
『共生の文化研究』  , 愛知県立大学多文化共生研究所  , 7号  , pp. 73-86  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) http://db.csri.for.aichi-pu.ac.jp/index.php/journal/vol7
からダウンロード可能。 

2011  「Continuidad cultural y elementos foráneos en Cajamarca, sierra norte del Perú: el caso del Horizonte Medio」(査読付)  単著   
『Boletín de Arqueología PUCP』  , Pontificia Universidad Católica del Perú  , No. 14[2010]  , pp. 221-238  , 2011/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) http://revistas.pucp.edu.pe/index.php/boletindearqueologia/issue/view/220
からダウンロード可能。 

2010  「埋葬形態から見る植民地時代の社会変化—ペルー北部高地タンタリカ遺跡の事例—」(査読付)  共著   
『年報人類学研究』  , 南山大学人類学研究所  , 第1号  , pp. 58-84  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著(渡部森哉・峰和治)。
http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/JINRUIKEN/publication/index.html#link08
からダウンロード可能。 

2010  「Dos monolitos del sitio de Congona, sierra norte del Perú」(査読付)  単著   
『Boletín de Arqueología PUCP』  , Pontificia Universidad Católica del Perú  , No. 12[2008]  , pp. 53-67  , 2010/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) http://revistas.pucp.edu.pe/index.php/boletindearqueologia/issue/view/218
からダウンロード可能。 

2009  「ペルー北部高地エル・パラシオ遺跡の第一次発掘調査、2008年」  単著   
『古代アメリカ』  , 古代アメリカ学会  , 第12号  , pp. 123-139  , 2009/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  八木百合子著『アンデスの聖人信仰—人の移動が織りなす文化のダイナミズム』  書評  単著 
『文化人類学』  , 日本文化人類学会  , 第81巻第4号  , pp.741-744  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  「発掘調査事始め—タンタリカでの話1999年」  寄稿  単著 
『希有の会会報』  , 希有の会  , 第7号  , pp.6-11  , 2016/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「南米の墓」  辞書・事典  単著 
『事典 墓の考古学』(土生田純之編)  , 吉川弘文館  , pp. 397-398  , 2013/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  「都市と祭祀センター—アンデスにおける都市化ついての概念的挑戦—」(クリストフ・マコフスキ)  翻訳  単訳 
『年報人類学研究』  , 南山大学人類学研究所  , 第2号  , pp. 1-66  , 2012/03   

概要(Abstract) Krzysztof Makowski, "Ciudad y centro ceremonial: el reto conceptual del urbanismo andino" 

備考(Remarks) http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/JINRUIKEN/publication/index.html#link08
からダウンロード可能。 

2011  『インカ帝国—研究のフロンティア—』(島田泉, 篠田謙一編)  日本語版監修  監修書 
東海大学出版会  , 428 p.  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) ISBN:978-4486019299
国立科学博物館叢書12 

2011  「紐の国家—キープによるインカ帝国の行政—」(ゲイリー・アートン)  翻訳  単訳 
『インカ帝国—研究のフロンティア—』(島田泉, 篠田謙一編)  , 東海大学出版会  , pp. 189-207  , 2012/03   

概要(Abstract) Gary Urton, "The State of Strings: Khipu Administration in the Inka Empire" 

備考(Remarks) ISBN:978-4486019299
国立科学博物館叢書 12 

2011  「インカ支配の物質的記録を読む—ペルー北部海岸からの考察—」(フランシス・ハヤシダ、ナタリア・グスマン)  翻訳  共訳 
『インカ帝国—研究のフロンティア—』(島田泉, 篠田謙一編)  , 東海大学出版会  , pp. 321-349  , 2012/03   

概要(Abstract) Frances Hayashida and Natalia Guzmán, "Reading the Material Record of Inka Rule: Insights from the Peruvian North Coast" 

備考(Remarks) ISBN:978-4486019299
国立科学博物館叢書 12
共訳(渡部森哉・市木尚利) 

2011  「インカのキープ—古代アンデス独自の記録管理装置—」(ゲイリー・アートン)  翻訳  単訳 
『インカ帝国展—マチュピチュ「発見」100年』(増田義郎, 島田泉, トーマス・B・F・カミンズ, 篠田謙一, 網野徹哉, 小野雅弘編)  , TBSテレビ  , pp. 185-188  , 2012/03   

概要(Abstract) Gary Urton, "The Inka Khipu: A Unique Record Keeping Device from the Ancient Andes" 

備考(Remarks) 展覧会カタログ。 

2011  『インカ帝国展—マチュピチュ「発見」100年』(増田義郎, 島田泉, トーマス・B・F・カミンズ, 篠田謙一, 網野徹哉, 小野雅弘編)  日本語翻訳監修  その他 
TBSテレビ  , 192 p.  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  展覧会カタログ。 

2011  要旨翻訳「帝国の紋章における動物—ワリ・ティワナクのアイデンティティと権力の象徴—」(クリストフ・マコフスキ)  翻訳  単訳 
『共生の文化研究』   , 愛知県立大学多文化共生研究所  , 7号  , pp. 128-131  , 2012/03   

概要(Abstract) Krzysztof Makowski, "Animales en la "heráldica" del Imperio: símbolos de identidad y poder huari-tiahuanaco" 

備考(Remarks) http://db.csri.for.aichi-pu.ac.jp/index.php/journal/vol7
からダウンロード可能。 

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2015  第12回(平成27年度)日本学術振興会賞  古代アンデスにおける複雑社会の研究  2016年02月24日 
日本学術振興会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  "Sociocultural Changes in Cajamarca Region during the Early Intermediate Period and the Middle Horizon"  単独  2017/03/31 
82nd Annual Meeting of the Society for American Archaeology  , Society for American Archaeology   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於)Vancouver, British Columbia, Canada
セッションのチェアーによる代読 

2016  「ペルー北部高地、エル・パラシオ遺跡(先スペイン期)出土ラクダ科動物骨の解体痕について」  共同  2017/03/28 
第122回日本解剖学会総会全国学術集会  , 日本解剖学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同(清家大樹・渡部森哉)
ポスター発表
於)長崎大学坂本キャンパス 

2016  「ワリ期の人物表現について-ペルー北部高地カハマルカ地方の事例-」  単独  2016/12/03 
古代アメリカ学会第21回研究大会  , 古代アメリカ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於)国立民族学博物館 

2016  「先スペイン期ペルー北部高地、エル・パラシオ遺跡から出土した南米ラクダ科動物骨にみられる解体痕について」  共同  2016/10/09 
第70回日本人類学会大会  , 日本人類学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同(清家大樹・渡部森哉)
ポスター発表
於)NSG学生総合プラザ STEP(新潟市) 

2016  「古代アンデスにおける複雑社会の研究」  単独  2016/06/18 
中部人類学談話会第235回例会  , 中部人類学談話会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於)南山大学名古屋キャンパス 

2016  "Cajamarca during the Middle Horizon: Excavations at El Palacio site"  単独  2016/04/07 
81st Annual Meeting of the Society for American Archaeology  , Society for American Archaeology   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於)Orlando, Florida 

2015  「海岸カハマルカと呼ばれる土器群について-中期ホライズン期中央アンデスの社会動態-」  単独  2015/12/05 
古代アメリカ学会第20回研究大会  , 古代アメリカ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於)東京大学本郷キャンパス 

2014  "Wari y Tiwanaku: una perspectiva norteña"  単独  2015/02/14 
Simposio Internacional: "Transformaciones y continuidades sociales en la formación del Estado Primario"   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於)国立民族学博物館 

2014  「ワリ帝国における土器の多様性について」  単独  2014/12/07 
古代アメリカ学会第19回研究大会  , 古代アメリカ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於)名古屋大学 

2013  「ペルー北部、エル・パラシオ遺跡2012年出土遺物分析概報」  単独  2013/12/07 
古代アメリカ学会第18回研究大会  , 古代アメリカ学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 於)山形大学 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2016  科学研究費補助金  アンデスにおける植民地的近代ー副王トレドの総集住化の総合的研究 
研究分担者    910,000円 

研究内容(Research Content) 助成金。
研究代表者:齋藤晃(国立民族学博物館・先端人類科学研究部・教授)。 

備考(Remarks) 平成27年度〜平成31年度(2015年度〜2019年度)。
2016年度:直接経費700,000円、間接経費210,000円。  

2016  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  ペルー北部高地カハマルカ地方の土器研究 
研究代表者    124,000円 

研究内容(Research Content) 助成金。 

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  アンデスにおける植民地的近代ー副王トレドの総集住化の総合的研究 
研究分担者  日本学術振興会  910,000円 

研究内容(Research Content) 助成金。
研究代表者:齋藤晃(国立民族学博物館・先端人類科学研究部・教授)。 

備考(Remarks) 平成27年度〜平成31年度(2015年度〜2019年度)。
2015年度:直接経費700,000円、間接経費210,000円。  

2015  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  中期ホライズン期アンデスの社会動態研究 
研究代表者    300,000円 

研究内容(Research Content) 助成金。 

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  古代アンデスにおける都市構造の研究  
研究代表者  日本学術振興会  2,470,000円 

研究内容(Research Content) 助成金。 

備考(Remarks) 平成23年度〜平成26年度(2011年度〜2014年度)。
2014年度:直接経費1,900,000円、間接経費570,000円。 

2014  科学研究費補助金  Dominio Provincial en el Imperio Inca 
代表  日本学術振興会  1,800,000円 

研究内容(Research Content) 出版助成。 

備考(Remarks) 採択~最終年度:平成25(2013)〜平成26(2014)年度。
2014年度:1,800,000円(出版経費)。  

2014  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  ペルー北部高地におけるワリ期の土器研究 
    300,000円 

研究内容(Research Content) 助成金。 

備考(Remarks)  

2013  科学研究費補助金  古代アンデスにおける都市構造の研究 
研究代表者  日本学術振興会  3,380,000円 

研究内容(Research Content) 助成金。 

備考(Remarks) 平成23年度〜平成26年度(2011年度〜2014年度)。
2013年度:直接経費2,600,000円、間接経費780,000円。 

2013  科学研究費補助金  Dominio Provincial en el Imperio Inca 
代表  日本学術振興会  300,000円 

研究内容(Research Content) 出版助成。 

備考(Remarks) 採択~最終年度:平成25(2013)〜平成26(2014)年度。
2013年度:300,000円(校閲経費)。 

2013  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  先史アンデスにおける構造 
研究代表者    300,000円 

研究内容(Research Content) 助成金。 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2016  授業のための教材 

「考古学実習I」では事前調査と実習の内容を冊子にまとめた。「東山道の歴史 長野県下伊那郡阿智村における遺跡踏査」(2016年度秋学期)。  

 
2015  授業のための教材 

「考古学実習I」では事前調査と実習の内容を冊子にまとめた。「遺跡の現状 長野県下伊那郡阿智村の遺跡分布」(2015年度秋学期)。 

 
2014  授業のための教材 

「考古学実習I」では事前調査の内容と実習の報告を冊子にまとめた。「遺跡の現況調査 長野県下伊那郡阿智村での踏査」(2014年度秋学期)。 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2016  引率・研究出張  2017/02/26~2017/03/24 

活動内容等(Content of Activities) ペルー・スタディーツアーの引率(2017/03/13まで)、および資料収集(2017/03/24まで) 

2016  講演  2017/02/20 

活動内容等(Content of Activities) 「日本人によるアンデス文明研究—ペルーでの遺跡調査」、東海銀杏会平成29年度講演会、名古屋マリオットアソシアホテル。 

2016  研究出張  2016/08/17〜2016/09/14  

活動内容等(Content of Activities) タンタリカ遺跡出土遺物の再分析。エル・パラシオ遺跡第3次発掘調査出土遺物の分析。 

2016  講演  2016/07/02 

活動内容等(Content of Activities) 「古代アンデスにおける神殿と都市」、岡山市立オリエント美術館。 

2015  研究出張  2016/03/11〜2016/03/29  

活動内容等(Content of Activities) タンタリカ遺跡出土遺物の再分析。エル・パラシオ遺跡第3次発掘調査出土遺物の分析。  

2015  講演  2015/11/14 

活動内容等(Content of Activities) 「タンタリカ遺跡の発掘調査-クントゥル・ワシから見える遺跡」、希有の会、ペルー大使館。 

2015  研究出張  2015/08/04〜2015/09/11 

活動内容等(Content of Activities) タンタリカ遺跡出土遺物の再分析。エル・パラシオ遺跡第3次発掘調査出土遺物の分析。  

2015  講演  2015/06/13 

活動内容等(Content of Activities) 「古代アンデスの図像の世界-意味と構造」、南山大学人類学博物館2015年度博物館講座「イメージをめぐるヒト・モノ・カタチ」第2回、南山大学。 

2015  講演  2015/05/16 

活動内容等(Content of Activities) 「ワリ帝国の台頭」、アンデス文明研究会、東京外国語大学本郷サテライト。 

2014  研究出張  2015/03/01〜2015/03/24 

活動内容等(Content of Activities) エル・パラシオ遺跡第3次発掘調査出土遺物の分析。関連遺跡の踏査。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2007 
詳細表示

2017/04/22 更新