研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
藤井 勝之 ( フジイ カツユキ , FUJII Katsuyuki )
所属
Organization
理工学部機械電子制御工学科
職名
Academic Title
准教授
個人または研究室WebページURL
URL
http://www.st.nanzan-u.ac.jp/info/okumura_fujii_lab/index.html
専攻分野
Area of specialization

電気電子工学

学会活動
Academic societies

2001年4月〜現在 電子情報通信学会(正会員)
2002年11月〜現在 映像情報メディア学会(正会員)
2005年4月〜現在 IEEE Antennas and Propagation Society(米国電気電子学会アンテナ伝搬ソサイエティ)(Member)

社会活動
Community services

電子情報通信学会論文誌編集委員会 査読委員(2007.1.12〜)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (43)
著書数 books (2)
学術論文数 articles (41)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
千葉大学工学部電気電子工学科 2001年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
千葉大学大学院自然科学研究科人工システム科学 博士後期課程  2006年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(工学)  Study on the Electromagnetic Transmission Modeling for Wearable Devices  千葉大学大学院自然科学研究科人工システム科学専攻  2006年03月 
修士 修士    千葉大学大学院自然科学研究科電子機械科学専攻  2003年03月 
学士 学士    千葉大学工学部電気電子工学科  2001年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  人体を伝送路として利用したウェアラブルデバイスの信号伝送メカニズムに関する研究 

概要(Abstract) 近年,コンピュータを「着用」することにより,いつでもどこでも情報をやりとりできるウェアラブルコンピューティングの研究が盛んに行われている.例えば,IDなど個人的なデータをウェアラブルコンピュータに格納して持ち歩き,必要に応じてユビキタスコンピュータと通信を行うことが可能となる.このような個人内での情報端末同士のネットワークはPersonal Area Network (PAN)と呼称されている.
 PANの通信方式として,人体を伝送路として利用する概念が提案されている.人体を伝送路とすることにより,伝送線の必要がなく人間の自然の動きの中で通信が可能である.しかしながら,その伝送メカニズムの定量的な評価は行われていない.そこで本研究では,人体を伝送路として利用したウェアラブルデバイスの信号伝送メカニズムを解明することに主眼を置いている. 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2012  Antennas and Propagation for Body-Centric Wireless Communications, Second Edition  その他   
Artech House  , 未設定  , Chapter 4 (分担執筆)  , 2012/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  Antennas and Propagation for Body-Centric Wireless Communications  共編著   
Artech House  , その他  , chapter 4  , 2006/09   

概要(Abstract) Recently, wearable devices which use the human body as a transmission channel have been developed. However, there has been a lack of information related to the transmission mechanism of such devices in the physical layer. Electromagnetic communication trials using the human body as a transmission medium have more than a decade's history. However, most of the researches have been conducted by researchers who just want to utilize the fact and practically no physical mechanisms have been researched until recently. Hence, in this chapter, the authors propose some calculation models of the human body equipped with the wearable devices by using the FDTD method. Moreover, a biological tissue-equivalent solid phantom is utilized to show the validity of the calculation. From these investigations, the authors determine the transmission mechanism of the wearable devices using the human body as a transmission channel. 

備考(Remarks) ISBN: 1-58053-493-7, Product Dimensions: 10.2 x 7.3 x 0.9 inches 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  Calculating Available Power for 145-MHz Monopole Antenna Mounted on Motorcycles  共著   
Proceedings of the 2018 IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics  , IEEE  , pp. 696-697  , 2018/10   

概要(Abstract) This paper shows optimal design guide for the monopole antenna mounted on the motorcycle with the influence of the human body at 145MHz. 

備考(Remarks)  

2018  Clipped Signal and Signal Shaping to Achieve Co-existence of Next Generation PON and Current System  共著   
Proceedings of the 2018 IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics  , IEEE  , pp. 706-707  , 2018/10   

概要(Abstract) This paper focuses on clipped signal sending scheme in order to achieve low power optical access network. In the method, the negative components are removed from modulated signal converted to optical signal. 

備考(Remarks)  

2018  Simple Permeability Measurement of Thin Ferromagnetic Sheets at Low Frequency Using LCR Meter  共著   
Electrical and Electronic Engineering  , Vol. 8/no. 2  , pp. 53-58  , 2018/09   

概要(Abstract) This paper proposes a novel method to measure the permeability of thin ferromagnetic sheets in a low frequency range using LCR meter; the proposal offers direct measurement of unprocessed sheets with simple apparatus. 

備考(Remarks)  

2017  Analysis of Mid-range Wireless Power Transfer Circuits Based on Reactance Function and Image Impedance  共著   
Scientific & Academic Publishing  , pp. 77-84  , 2017/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  A Simplified Model for Designing Whip Antenna Mounted on a Motorcycle  共著   
Proceedings of the 2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics  , IEEE  , pp. 575-576  , 2017/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Polarization Rotation Compensation in POLMUX-DD OFDMA-PON Using ICA and Adaptive Filter  共著   
Proceedings of the 2017 IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics  , IEEE  , pp. 606-607  , 2017/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Comparing Shell Mapping to Trellis Shaping as Symbol Mapping for Co-existence of next Generation PON and Current System  共著   
International Journal of Networks and Communications  , 6(2)  , pp.24-31  , 2016/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Human body communication using Arduino devices  共著   
Proceedings of the 2015 International Conference on Software, Multimedia and Communication Engineering  , in press  , 5  , in press   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  A new approach to co-existence of next generation PON and existing system  共著   
Proc. of the 2015 International Conference on Simulation, Modelling and Mathematical Statistics  , DEStech Publications, Inc.  , in press  , in press   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  THz-Wave Absorption by Carriers at Various States in Organic Thin Films  共著   
The 8th Int. Workshop on Electronic Structure and Processes at Molecular-Based Interfaces (ESPMI8)  , Poster  , 2015/10/14   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2008  人体通信〜ヒューマン(ボディ)エリア・ネットワーク技術  セミナー講演  その他 
株式会社トリケップス  , 2008/12   

概要(Abstract) 人体通信は,人体(誘電体)を通信媒体として利用する通信方式である.ケーブル不要・データ漏洩がない・省電力という特徴があり,ウェアラブルコンピュータやセキュリティ,脈拍などの生体情報を扱う医療など,広幅広い分野で期待をもたれている.本セミナーでは,人体通信の分類,アンテナ技術,送受信機,生体ファントムを用いた評価,動向と課題などを初心者にもわかりやすく解説するものである. 

備考(Remarks) 発表会場:オームビル
開催日:2008年12月16日 

2007  人体を伝送路として利用したウェアラブル機器の電流励振方向に関する基礎的検討  口頭発表  共著 
2007IEICEソサイエティ大会  , IEICE  , B-1-127  , 127  , 2007/09   

概要(Abstract) 本稿では基礎的検討として電極構造は考慮せず,電流源のみによる励振を試み,人体近傍の電界分布をFDTD法により解析する.これにより,今後,Sommerfeld Integralを用いた人体近傍電磁界の理論解析結果との比較が可能となり,理論的に設計指針の明確化がはかられると考えられる.その結果を元に,所望の電磁界を励振するための電極構造を提案し,最適化することを本研究の最終目的のひとつと位置づける. 

備考(Remarks)  

2007  A Study on the Electric Field Distribution around Human Body with Wearable Device Focused on the Ea  International conference  共著 
2007 International Symposium on Antennas and Propagation  , IEICE  , CD-ROM  , 4  , 2007/08   

概要(Abstract) In this paper, investigation of the transmission characteristics of Body Area Network (BAN) using wearable devices focused on the earth ground has been carried out to discuss the electric field modeling of the BAN.
We have proposed the simple homogeneous whole body block model with wearable devices standing on the earth ground. For the basic analytical space, the radio anechoic chamber of the Chiba University (Japan) has been modeled.
 

備考(Remarks) 査読あり 

2007  Indirect Calculation Methods for Open Circuit Voltages  International conference  共著 
2007 International Symposium on Antennas and Propagation  , IEICE  , CD-ROM  , 4  , 2007/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2007  人体を伝送路として利用したPAN用ウェアラブルデバイスの信号伝送メカニズム概要とアプリケーション  招待講演  単著 
松下電器産業 第3回 アンテナ技術分科会  , 松下電器福岡本社  , 2007/06   

概要(Abstract) PANの通信方式として,人体を伝送路として利用する概念がMITのZimmerman氏によって提案されている.
本講演では、電磁波と生体の相互作用観点から、信号伝送メカニズムについて講義した.また,将来期待されるアプリケーションについても合わせて紹介を行った.
 

備考(Remarks) セミナー講演の講師として招待 

2006  Study on the Electromagnetic Field Distributions of Realistic Japanese Adult Male and Female Models  International conference  共著 
IEEE Antennas and Propagation Society  , IEEE Antennas and Propagation Society  , 2121-2124  , 2006/07   

概要(Abstract) In this paper, the authors clarify the electromagnetic field distributions of the near-field intrabody communication devices using the human body as a transmission channel from the view point of the interaction between the electromagnetic wave and the human body by using the FDTD method. In the FDTD calculation, a realistic high resolution whole-body model of Japanese adult male and female with average height and weight are used, because there has been little study that tried to clarify the elec 

備考(Remarks)  

2005  Study on the Transmission Mechanism of the Wearable Device Using the Human Body as a Transmission Ch  招待講演  共著 
Radio Education Research Center (RERC) in Information and Communications University (ICU), Korea  , 2006/02   

概要(Abstract) Many studies have been made on the development of wearable devices using the human body as a transmission channel, little is known about the transmission mechanism of such devices in the physical layer from the view point of the interaction between the electromagnetic wave and the human body. Hence, the presenter introduced some researches about the transmission mechanisms of wearable devices using the human body as a transmission medium. 

備考(Remarks) Presentation was uploaded at this site: http://rerc.icu.ac.kr 

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2008  2008 IEEE AP-S Japan Chapter Young Engineer Award  for the paper entitled Electric field distributions of wearable devices using the human body as a transmission channel, IEEE Trans. on Antennas and Propagation, vol.55, no.7, pp.2080-2087, July 2007  2008年12月11日 
IEEE AP-S Japan Chapter 

備考(Remarks)  

2007  Marquis Who's Who in the World 2008    2007年11月01日 
Marquis Who's Who 25 edition 

備考(Remarks) ISBN:978-0-8379-1139-7 

2006  Marquis Who'sWho of Emerging Leaders     
Marquis Who'sWho 

備考(Remarks) ISBN 0-8379-7251-5 

2005  千葉大学大学院自然科学研究科長賞    2006年03月24日 
千葉大学大学院自然科学研究科 

備考(Remarks)  

2005  The 2nd IEEE Tokyo Student Workshop First Prize  「人体を伝送路として利用したウェアラブルデバイスの開発」に対して  2005年12月09日 
IEEE 

備考(Remarks)  

2004  電子情報通信学会学術奨励賞  「人体を伝送路として利用したウェアラブル機器の高周波化および小形化における受信電圧特性」と「人体を伝送路として利用したウェアラブル機器間通信における人体表面近傍の伝搬成分の計測と解析」に対して  2005年03月22日 
電子情報通信学会 

備考(Remarks)  

2004  2005 IEEE Tokyo Student Workshop IEICE Best English Prize  「Study on the transmission mechanism of the devices for communication through the human bodies」に対して  2005年02月15日 
IEEE 

備考(Remarks)  

2004  映像情報メディア学会鈴木記念賞  「人体を伝送路として利用したウェアラブル機器の全身モデルを用いた信号伝搬状況の解析」に対して  2004年08月26日 
映像情報メディア学会 

備考(Remarks)  

2004  2004 International Symposium on Antennas and Propagation Poster Presentation Award  「Study on the optimal direction of electrodes of a wearable device using the human body as a transmission channel」に対して  2004年08月21日 
電子情報通信学会 

備考(Remarks)  

2002  映像情報メディア学会研究奨励賞  「人体を伝送路として利用した通信システムのモデル化に関する検討」に対して  2002年11月28日 
映像情報メディア学会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  1.2GHz帯反射板付き折り返しダイポールアンテナのSAR及び反射係数の評価  共同  2019/03/08 
平成30年度電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会  , 電子情報通信学会  , 平成30年度電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会予稿集  , 電子情報通信学会  , Po-021  , p. 1   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  Bluetooth用小形アンテナと人体との相互作用評価-ドラミング姿勢における放射指向性-  共同  2019/03/08 
平成30年度電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会  , 電子情報通信学会  , 平成30年度電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会予稿集  , 電子情報通信学会  , Po-052  , p. 1   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  2.4GHz帯を用いた人体近傍における二次元通信シートの電磁界分布評価  共同  2019/03/08 
平成30年度電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会  , 電子情報通信学会  , 平成30年度電子情報通信学会東海支部卒業研究発表会予稿集  , 電子情報通信学会  , Po-057  , p. 1   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 優秀卒業研究発表賞受賞
http://www.nanzan-u.ac.jp/Menu/news/2018/190319_jyusyo.html 

2018  1.2GHz帯折り返しダイポールアンテナと反射板の位置関係によるSAR及び反射係数の評価  共同  2019/02/21 
映像情報メディア学会放送技術研究会  , 映像情報メディア学会  , Vol. 43/ no. 6  , pp. 5-8   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  2.4GHz帯を用いた人体近傍における二次元通信シートの電磁界分布及びSAR評価  共同  2019/02/21 
映像情報メディア学会放送技術研究会  , 映像情報メディア学会  , Vol. 43/ no. 6  , pp. 9-12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  簡素自動二輪車モデルに接地された145MHz帯モノポールアンテナの放射指向性  共同  2019/02/21 
映像情報メディア学会放送技術研究会  , 映像情報メディア学会  , Vol. 43/ no. 6  , pp. 13-16   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  光アクセスにおけるOOKとPSK共存環境へのTCMの適用と評価  共同  2019/02/21 
映像情報メディア学会放送技術研究会  , 映像情報メディア学会  , Vol. 43/no. 6  , pp. 17-20   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  PVC tube-type speakers with air ducts of variable length  共同  2018/11/03 
The 15th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers  , Proceedings of the 15th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers  , p. 35   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  Broadband of a folded dipole antenna with reflector placed close to the body  共同  2018/11/03 
The 15th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers  , Proceedings of the 15th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers  , p. 45   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  Inexpensive bass-reflex stereo loudspeakers  共同  2018/11/03 
The 15th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers  , Proceedings of the 15th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers  , p. 49   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2018  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-1  自動二輪車に搭載されたアンテナと人体の電磁界相互作用評価 
代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2017  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-1  アンテナを搭載した自動二輪車と人体の電磁界解析モデルの構築 
代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  FDTD法を用いた有機電界効果トランジスタ型THz波センサの最適構造検討 
代表    124,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  長生きのリスクに備えるヘルスケア用ウェアラブルデバイスの開発 
代表    300,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  人体通信用ウェアラブルデバイスの電力伝送効率の最大化 
代表  文部科学省  650,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  科学研究費補助金  人体通信用ウェアラブルデバイスの電力伝送効率の最大化 
代表  文部科学省  1,690,000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-1  人体通信用ウェアラブルデバイスの伝送特性に関する研究 
代表     

研究内容(Research Content) 助成金 

備考(Remarks)  

2013  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  癌の温熱療法用微細径アンテナの最適配置 
代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  人体を伝送路として利用したウェアラブル機器の伝送特性の解析と計測 
代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2008  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  人体を伝送路として利用したウェアラブル機器の簡素全身モデルを用いた電界分布の解析 
代表者     

研究内容(Research Content) 研究助成 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2018  学生部長表彰(奥村・藤井研4年生1名)  

奥村・藤井研4年生1名が課外活動における成果が極めて優秀で他の模範となり,本学の発展に寄与すること多大であったため. 

2019/03/20 
2017  学生部長表彰(奥村・藤井研3年生1名) 

奥村・藤井研3年生1名が学生委員会で審議の結果,課外活動における活動の成果が極めて優秀なため今年度の学生部長表彰対象となった. 

2018/03/20 
2016  電子工学研究 

教科書の演習問題をレポート課題として課すだけでなく,実際に大須電気街に電子部品を買い付けに行ってもらい,自ら設計した増幅器やモード変換器を試作させ,その性能をコンテスト形式で品評し合った. 

2016/09/22~2017/01/19 
2016  機械電子制御工学演習II 

奥村・藤井研究室の3年生全員が第3級アマチュア無線技士の資格を取得した.また,無線機とアンテナを自作し,交信実験を行った.座学だけでは決して身に付かない高周波回路に関する技術を高めた. 

2016/09/19~2017/01/23 
2016  卒業研究 

奥村・藤井研究室の4年生2名が卒業研究成果として,国内研究会へ2件投稿し,発表を行った.学会発表を通じて研究を遂行する能力,成果を論文としてまとめる能力,発表と質疑応答を通じたプレゼンテーション能力が大きく向上した. 

2016/04/01~2017/3/31 
2012  情報理工学部教育業績賞受賞 

教育業績が学部の発展に大きく寄与するものとして,学部長より表彰を受けた. 

2012/06/13 
2011  コンピュータ基礎演習I 講義資料作成 

総合政策学部向け開講科目
・本学ネットワークの使い方
・Microsoft Officeの使い方 

2011/04/01~2012/03/31 
2011  電磁波工学講義資料作成 

電磁波理論,アンテナ工学,給電線理論,電波伝搬,高周波測定に関する講義資料を作成した 

2011/04/01~2012/03/31 
2011  知識・言語と情報社会(コンピュータ社会とネットワーク)講義資料作成 

ディジタル回路に関する講義資料を作成した 

2011/04/01~2012/03/31 
2011  コンピュータ基礎演習II 講義資料作成 

総合政策学部向け開講科目
・Microsoft Officeの使い方 

2011/04/01~2012/03/31 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2018  南山高等学校女子部1年生(総合的な学習の時間)  2018/11/17 

活動内容等(Content of Activities) 南山高等学校女子部1年生に電気電子工学に関する模擬授業を行った.(参加希望人数:73名) 

2016  東京理科大学大学院工学研究科経営工学専攻大学院特別講義  2016/12/19 

活動内容等(Content of Activities) 講演依頼により,東京理科大学大学院工学研究科経営工学専攻の修士課程の学生向けに電気電子工学に関する特別講義を行った. 

2016  名古屋高校「進路を考える日」  2016/09/03 

活動内容等(Content of Activities) 講演依頼を頂き,電気電子工学の醍醐味について高校1年生を対象に講演を行った. 

2006  電子情報通信学会ソサイエティ論文誌編集委員会  2007年1月12日〜 

活動内容等(Content of Activities) 査読委員
 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018  14 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2019/04/01 更新