研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

21 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  オーラル・ヒストリーからコミュニケーション研究へ --- 異文化コミュニケーション研究の場合  共同  2017/06/04 
日本コミュニケーション学会第47回年次大会  , 日本コミュニケーション学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 京都ノートルダム女子大学。コーディネーター・司会:吉武正樹、パネリスト:河合優子、花木亨、石黒武人。 

2017  南山大学におけるコミュニケーション教育の現状と展望  単独  2017/05/13 
2017年日本コミュニケーション研究者会議  , 日本コミュニケーション研究者会議   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 南山大学。 

2016  オバマ政権を総括する --- 鈴木健先生、花木亨先生をお迎えして  共同  2016/12/17 
日本コミュニケーション学会中部支部大会  , 日本コミュニケーション学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 愛知淑徳大学星ヶ丘キャンパス。 

2013  論文を投稿しよう!海外の学術雑誌への投稿から掲載までの流れ  共同  2013/06/22 
日本コミュニケーション学会第43回年次大会  , 日本コミュニケーション学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 立教大学池袋キャンパス。司会:守崎誠一、パネリスト:奥田博子、花木亨。 

2012  Justice and Socratic Dialogue: Japanese Newspaper Discourse on Michael Sandel  単独  2012/11/17 
National Communication Association 第98回年次大会  , National Communication Association   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) アメリカ合衆国フロリダ州オーランド。 

2011  書籍評論会『エイズをめぐる偏見との闘い --- 世界各地のコミュニケーション政策』  単独  2011/12/17 
日本コミュニケーション学会中部支部大会  , 日本コミュニケーション学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 愛知淑徳大学星ヶ丘キャンパス。 

2011  A Gift from Tiger Mask: Spreading Goodwill in the Guise of Comic Book Heroes  単独  2011/11/20 
National Communication Association 第97回年次大会   , National Communication Association   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ。 

2010  授業実践報告 --- 異文化コミュニケーション論  単独  2010/10/16 
日本コミュニケーション学会中部支部大会  , 日本コミュニケーション学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 愛知淑徳大学星ヶ丘キャンパス。 

2010  異文化コミュニケーション研究における批判について --- リチャード・ローティのプラグマティズム的視座から考える  単独  2010/06/20 
日本コミュニケーション学会第40回記念年次大会  , 日本コミュニケーション学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 明治大学駿河台キャンパス。『日本コミュニケーション学会第40回記念年次大会プロシーディングス』 pp. 37-38. 

2009  バラク・オバマは人種を語る --- 「A More Perfect Union」演説をめぐる考察  単独  2009/06/28 
日本コミュニケーション学会第39回年次大会  , 日本コミュニケーション学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 新潟青陵大学短期大学部。『日本コミュニケーション学会第39回年次大会プロシーディングス』 pp. 24-25. 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]