研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

7 件中 1 - 7 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  大学はコミュニティの知の拠点となれるか―少子化・人口減少時代の生涯学習  共著   
ミネルヴァ書房  , A5  , 256p.  , 2016/09   

概要(Abstract) 少子高齢化社会における生涯学習に関する大学・学校・地域の取り組み事例を紹介した研究図書。 

備考(Remarks) 上杉孝實・香川正弘・河村能夫編著、執筆担当「第3章 知識基盤社会の大学開放」(pp.31-44)。JSPS科研費(15K04535)の研究成果の一部。 

2015  現代教育の争点・論点  共著   
一藝社  , A5  , 208p  , 2015/04   

概要(Abstract) 現代の教育課題について歴史的・国際的な観点から、多角的な論点を提供する研究図書。 

備考(Remarks) 松浦良充編著、執筆担当は第16章「大学が果たすべき社会貢献とは何か」(pp.189-198),第17章「誰のための生涯学習か」(pp.199-209)。 

2014  研究倫理の確立を目指して―国際動向と日本の課題  共著   
東北大学出版会  , A5  , 198p.  , 2015/03   

概要(Abstract) 研究における学問的誠実性がどう扱われるべきかについて、アメリカ・イギリス・ドイツ・中国・オーストラリアの事例を手がかりに、我が国の今後のありかたを模索することを狙いとした研究図書。東北大学高等教育ライブラリ第9集。 

備考(Remarks) 東北大学高度教養教育・学生支援機構編。執筆担当は、第3章「アメリカにおける技術移転機関の倫理」(pp.59-80)JSPS科研費(22333022)(24530982)の成果の一部。 

2010  西洋世界と日本の近代化-教育文化交流史研究  共著   
大学教育出版会  , A5  , 194p.  , 2010/05   

概要(Abstract) 日本と西洋の教育交流を通じて教育の近代化がすすめられた経緯を多様な角度から論じた図書。 

備考(Remarks) 編著:加藤詔士、吉川卓治 執筆担当は第1部第2章「アメリカ産学官連携史研究の予備的考察-WARF設立と日米交流に注目して」(pp.22−40) 

2009  未来をつくる教育ESD‐持続可能な多文化社会をめざして‐  共編著   
明石書店  , A5  , 224  , 2010/02   

概要(Abstract) 持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)を推進するために、現代の教育制度・教育問題を明らかにしたうえで、多文化社会の構築に必要な教育のあり方を紹介している。 

備考(Remarks) 編著:五島敦子・関口知子 第一部編集。執筆担当「第2章教育改革の国際比較」(31−52頁)、コラム、巻末資料(教育基本法・学校教育法・諸外国の教育制度等)。 

2008  アメリカの大学開放  単著   
学術出版会  , A5  , 216  , 2008/06   

概要(Abstract) 19世紀後半から20世紀初頭のアメリカにおける大学開放(University Extension)の成立と展開の過程を探求した研究図書。 

備考(Remarks) 博士学位論文「アメリカ大学拡張史研究」(2004年2月)のうちの第一部を加筆修正して刊行したもの。フラッテン研究奨励金による出版助成あり。 

2008  新訂子どもの教育の歴史‐その生活と社会背景を見つめて  共著   
名古屋大学出版会  , A5  , 316  , 2008/04   

概要(Abstract) 近代から現代にいたる子どもの教育の歴史に関して、日本編と外国編にわけて論じられた図書。外国編のうち、1990年代以降における諸外国の教育制度改革とグローバル化する国際社会の教育問題を概説した。 

備考(Remarks) 監修:江藤恭二 執筆担当「外国編第3章4.新時代の教育」(pp.139-149)(分担執筆:五島敦子、藤井基貴) 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]