研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

26 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  アメリカの大学における継続教育部の改革動向ーUPCEAを事例として  単著   
アカデミア人文・自然科学編  , 南山大学  , 第12号  , 77-89  , 2016/06   

概要(Abstract) アメリカ継続教育部局の全国組織である「UPCEA(大学専門職・継続教育協会」の改革動向を分析した。 

備考(Remarks) JSPS科研費研究(15K04335)の研究成果の一部である。 

2014  知識基盤社会の大学と地域ーサイモン・フレイザー大学の戦略的ビジョンに注目して  単著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学  , 第8号  , 51-64  , 2014/06   

概要(Abstract) サイモン・フレイザー大学(SFU)の戦略的ビジョン「エンゲージド・ユニバーシティ(Engaged University)」に注目して、地域連携事業の特質と学内推進体制を調査した。 

備考(Remarks) JSPS科研費研究(24530982)の成果の一部である。 

2013  「ラーニング・コミュニティ」によるカリキュラムの再構築ー教員の協働性を支えるために  単著   
人間関係研究  , 南山大学人間関係研究センター  , 第13号  , 1-19  , 2014/03   

概要(Abstract) ラーニング・コミュニティの実践を分析し,教職員の協働性を高めカリキュラムを再構築するツールとしての意義を考察した。 

備考(Remarks)  

2013  第二次大戦後アメリカの大学における成人学生の受容過程ーウィスコンシン大学フレッド学長の大学改革を事例として  単著   
社会教育学研究  , 日本社会教育学会  , No.50-1  , 31-39  , 2014/02   

概要(Abstract) 退役軍人が急増した第二次大戦後の大学において、フレッド学長は、成人学生受け入れを大学の社会的使命とみなし、大学成長の鍵となるとみて大学改革を実行したことを明らかにした。 
 

備考(Remarks) 査読あり、JSPS科研費研究(24530982)の研究成果の一部である。 

2013  1920年代アメリカにおける産学連携組織の形成過程ーWARF設立とハリー・L・ラッセル  単著   
教育史研究室年報  , 名古屋大学大学院教育発達科学研究科教育史研究室  , 第19号  , 49-70  , 2013/12   

概要(Abstract) ウィスコンシン大学同窓会研究財団(WARF)の初代専任所長となったラッセル農学部長が、1920年代アジア訪問の経験に学び、知的財産権の保護を主張したことを明らかにした。 

備考(Remarks) JSPS科研費研究(24530982)の成果の一部である。 

2012  アメリカにおける開放型の産学官連携施設―教育的機能を中心として  単著   
アカデミア―人文・自然科学編  , 南山大学  , 第4号  , 11-24  , 2012/06   

概要(Abstract) 開放型の産学官連携施設であるWIDの教育機能について2009~2011年の事業を中心に分析した。 

備考(Remarks) 科研費研究(21530863)の研究成果の一部である。 

2010  ウィスコンシン大学アーカイブズの発展経緯と今日的課題  単著   
アルケイア-記録・情報・歴史  , 南山大学  , 第5号  , 27-53  , 2011/03   

概要(Abstract) ウィスコンシン大学アーカイブズでは1970年代に専門職が従事するようになって、大学における史料保存と記録管理が専門職化された経緯を探求した。現在では、デジタル・アーカイブズの発展に尽力しつつ、大学のアカウンタビリティを担う機関としての活動が期待されているものの、金融危機以降の財政削減の影響を色濃く受けていることを指摘した 

備考(Remarks) 科研費研究(21530863)の研究成果の一部である。 

2010  日本の高等教育におけるラーニング・コミュニティの動向  単著   
南山短期大学紀要  , 南山短期大学  , 第38号  , 111-131  , 2010/12   

概要(Abstract) 日本の高等教育研究におけるラーニング・コミュニティの先行研究の成果と動向をまとめ、初年次教育の一環として取り組まれていることを明らかにした。事例として、京都光華女子大学と関西国際大学を調査した結果を検討し、南山大学短期大学部新カリキュラムにおける「ラーニング・コミュニティ」がこれまでの南山短期大学の伝統を継承しつつ、学生と教員の協働性を育むよう発展する可能性を論じた。 

備考(Remarks)  

2009  短期大学におけるボトムアップ型FDの可能性―「FDの実質化」に向けて  共著   
南山短期大学紀要  , 南山短期大学  , 第37号  , 141-171  , 2009/12   

概要(Abstract) 短期大学におけるFDの実施状況や問題点を把握するために、関西地区FD連絡協議会調査報告書、短期大学基準協会評価結果報告書、他大学の取り組み事例を分析し、南山短期大学のFD活動をPDCAサイクルという評価・改善の枠組みに従って分析した。結論として、「FDの実質化」には、「FDコミュニティ」の進化が必要であり、それを可能にするボトムとトップの協調とバランスが重要であることを明らかにした。 

備考(Remarks) 分担執筆:伊東留美・五島敦子、五島敦子の担当ページはpp.141-153,162-167。

 

2008  アメリカにおける産学官連携と生涯学習  単著   
南山短期大学紀要  , 南山短期大学  , 第36号  , 309-328  , 2008/12   

概要(Abstract) 2006年に設立されたWisconsin Institutes for Discoveryを事例として、産学官学連携組織が形成される経緯と、その教育的機能に関する将来計画を明らかにした。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]