研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
後藤 明 ( ゴトウ アキラ , GOTO Akira )
所属
Organization
人文学部人類文化学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

文化人類学
民族考古学

学会活動
Academic societies

日本文化人類学会、日本オセアニア学会、日本民具学会
東南アジア考古学会、情報考古学会、水中考古学会、日本移民学会

社会活動
Community services

沖縄海洋博公園海洋文化館展示基本計画委員
NPO法人・沖縄伝承話資料センター理事
ホクレア号寄港地科学・教育プログラム支援員会委員長

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (0)
著書数 books (0)
学術論文数 articles (0)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
ハワイ大学 未設定  1986年12月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 Ph.D.    ハワイ大学院人類学専攻  1986年12月 
修士 文学修士    東京大学大学院人文科学研究科考古学専攻  1980年03月 
学士 文学士    東京大学文学部考古学科  1978年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  東南アジア・オセアニアの海洋人類学および物質文化と言語文化の研究 

概要(Abstract) 海に生きる民の技術や世界観、さらに「海人」概念の有効性について。また物質文化と言語文化(例 神話)それぞれの構造的な分析と相互関係。 

短期研究  オセアニア航海民の技芸的な研究 

概要(Abstract) カヌーを造り、乗りこなす技術は「技芸」と称すべき知識である。それを天文学や海洋学の関係者との連携において追究し、またオセアニアにおけるカヌー文化復興に関する協力を行う。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2017  天文の考古学  未設定   
同成社  , A5  , 267  , 2017/5/25   

概要(Abstract) 天文現象の考古学についての世界的な概論。天文学的概念、考古天文学史、民族天文学および考古天文学について論じている。 

備考(Remarks)  

2014  アジアの星物語  共著   
万葉舎  , その他  , 331  , 2014/2/25   

概要(Abstract) 2009年世界天文年を記念して行われたシンポジウムの論集。アジア各地からの参加者が国の天文神話を提供した。後藤はオセアニア地域のコーディネーターとオセアニアの論考および全体の総論を担当した。「太平洋諸島地域の宇宙観と天文学」、pp.305-318および「東アジア地域の宇宙観と神話・伝説の流れ」、pp.319-331。
 

備考(Remarks)  

2010  『海から見た日本人--海人で読む日本の歴史』  単著  ISBN978-4-06-258463-0 
講談社  , A5  , 254  , 2010/05   

概要(Abstract) 日本列島におけるホモサピエンス集団の実態について、各方面から到来した「海人」集団であるという仮説のもの考察を行った。同時に人類にとって海上移動の意味について論じた。 

備考(Remarks)  

2008  カメハメハ大王  単著  ISBN978-4-585-05376-7 
勉誠出版  , A5  , 179  , 2008/10   

概要(Abstract) ハワイ統一を行ったカメハメハ大王(一世)の生涯について、西欧人の記録を網羅して描いた。艦長と下士官の記録の齟齬、イギリスあるいはアメリカ宣教師とロシアの記録の齟齬などにも着目。ハワイ人同士の葛藤なども描いた。最後に日系人がカメハメハを徳川家康などに例えて理解しようとしていたことなどにも言及。 

備考(Remarks)  

2002  海を渡ったモンゴロイドーー太平洋と日本への道  単著  ISBN4-06-2586264-3 
講談社  , B5  , 285  , 2003/03   

概要(Abstract) 人類のなかでとくに海上渡航を行ったモンゴロイド集団の実態を、考古学、言語学、神話学、遺伝学などを駆使して論じた。 

備考(Remarks)  

2001  南島の神話  単著  ISBN4-12-203987-8 
中央公論新社  , その他  , 262  , 2002/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 中公文庫 

2000  民族考古学  単著  ISBN4-585-00162-X 
勉誠出版  , その他  , 144  , 2001/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 情報考古シリーズ 

2007  土器の民族考古学  編著  ISBN4-978-88621-398-3 C3022 
同成社  , A4  , 139  , 2007/07   

概要(Abstract) 2006年1月、大阪で開催された世界考古学中間会議におけるセッション「土器研究の多様な側面を開発する(Exploring Many Facets of Pottery Studies)」の成果論集である。考古学のバックグラウンドを持つ研究者が自ら現代の民族学的脈絡の中で行った土器研究で民族考古学的視点を持つ論考の集成である。 

備考(Remarks)  

2003  ハワイ研究への招待ーーフィールドワークから見える新しいハワイ像  共編著  ISBN4-907654-56-1 
関西学院大学出版会  , B5  , 350  , 2004/03   

概要(Abstract) 様々な分野の研究者がフィールドワークよって明らかにするハワイ社会の諸側面。 

備考(Remarks)  

1997  ハワイ・南太平洋の神話  単著   
中央公論社  , その他  , 210  , 1997/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 中公新書 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  宇宙考古学の射程:現代考古学・物資文化研究としての展望  未設定   
貝塚  , 物質文化研究会  , 72  , 11-20  , 2017/03/01   

概要(Abstract) 欧米で行われている、宇宙開発に関する現代考古学的研究である宇宙考古学の動向の紹介と日本における可能性について論じた。 

備考(Remarks)  

2016  Solar Kingdom of Ryukyu: the formation of a cosmovision in the southern Islands of the Japanese Archipelago  単著   
Journal of Astronomy in Culture  , International Society for Archaeoastronomy and Cultural Astronomy  , 1(1) 78-88  , 2016/06/15   

概要(Abstract) 琉球列島の考古天文学、とくに太陽信仰の系譜をグスク時代、浦添王朝から琉球王朝時代にかけてたどった。久高島や斎場御嶽の太陽信仰との関係についても論じた。 

備考(Remarks)  

2015  古代建築のスカイスケープ:建築に見るコスモビジョン  単著   
物質文化  , 物質文化研究会  , 96  , 2016年3月   

概要(Abstract) スカイスケープ(空景観)の考古学の学史的展望とその背景にある物質文化とコスモビジョンの関係について、北米の民族誌を事例に論じた。 

備考(Remarks)  

2015  北米先住民のコスモビジョン   単著   
南山考人  , 南山大学考古文化人類学研究会  , 44  , 21-40  , 2016年3月   

概要(Abstract) 北米における考古天文学史と天文天文民族学の概観を行った。 

備考(Remarks)  

2015  モアイの危機語り:ラパヌイにおける危機学説の形成   単著   
南山大学人類学研究所論集  , 南山大学人類学研究所  , 3  , 2016年3月   

概要(Abstract) ラパヌイ(イースター島)で起こったとされる環境破壊の学説は、現代西洋文明の状況の投影であり偏見に基づいたものである。本当の危機は西洋人が18世紀にこの島を発見した直後に起こした暴力や拉致、また病気の蔓延であることを論じた。 

備考(Remarks)  

2015  スカイロアとしての降星伝説  単著   
篠田知和基編『神話・象徴・儀礼』II  , 楽椰書店  , pp.63-72  , 2015年11月   

概要(Abstract) 西日本各地にある降星伝説について、帰化人の秦氏や鍛冶集団、あるいは空海の活動と関連づける仮説を提唱した。 

備考(Remarks)  

2014  外伝・天文と人類学  単著   
南山考人  , 南山大学人類学専攻  , 43  , 35-48  , 2015年03月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  アボリジニの天空観と天文神話  単著   
南方文化  , 天理大学南方学会  , 90  , 1-10  , 2015年03月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  アメリカ民俗学におけるフォークアート  単著   
『南山大学人類学研究所・研究論集』  , 南山大学人類学研究所  , 2  , 50-55  , 2015年03月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  ポリネシアにおける考古天文学の動向  未設定   
」『東南アジア考古学』  , 東南アジア考古学会  , 34  , 75-81  , 2014年11月   

概要(Abstract) ポリネシアの考古天文学的研究の学史的リビュー 

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  世界神話伝説大事典  辞書・事典  未設定 
勉誠出版  , 2017/08   

概要(Abstract) オセアニア部門の概説および関連する神話項目の執筆 

備考(Remarks)  

2017  オセアニアの貝ビーズ:ソロモン諸島の貝貨を例に  資料  単著 
月刊 みんぱく  , 国立民族学博物館  , 3月号  , 8  , 2017/03/15   

概要(Abstract) 共同研究「世界のビーズ」の一環で、ソロモン諸島ランガランガの階ビーズ製作について報告した。 

備考(Remarks)  

2017  海は人を隔てるものではなく、つなぐもの  寄稿  単著 
ディズニーアニメーション『モアナと伝説の海』公式パンフレット  , ディズニー・ジャパン  , 2017/03/01   

概要(Abstract) ディズニーのアニメーション『モアナと伝説の海』の背景をポリネシア古代学の立場から解説した。 

備考(Remarks)  

2016  A Book Review on Royal Hawaiian Featherwork: Na Hulu Ali'i.  書評  単著 
Human and Culture in Oceania  , Japanese Society of Oceanic Studies  , 32  , 59-61  , 2017/2/28   

概要(Abstract) ハワイ王族の象徴である羽毛製品を論じた図録及び論文集の書評である。 

備考(Remarks)  

2012  『ハワイを知るための60章』明石書店。担当「考古学」「神話」「カメハメハ一世による統一」「ホクレア号」「コラム カメハメハ大王」「コラム ホクレア号日本航海」  辞書・事典  単著 
ハワイを知る60章  , 明石書店  , 2013.1   

概要(Abstract) ハワイの神話や考古学の特色、カメハメハ大王の統一の過程、および近年のカヌールネサンスの草分けホクレア号とその日本航海について。 

備考(Remarks)  

2012  『世界宗教百科事典』、丸善出版。担当「オセアニアの古代宗教  辞書・事典  単著 
『世界宗教百科事典』  , 丸善書店  , 2012.12   

概要(Abstract) オセアニアの伝統宗教の概説 

備考(Remarks)  

2007  Artifact and Artifice in Contemporary Austronesian Technological Traditions  学会セッションの組織  単著 
 

概要(Abstract) 2007年6月、沖縄で開催された国際学会、第21回太平洋学術会議においてセッションを企画運営した。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  ハワイキ・マウイ・ホクレア:ディズニー最新作アニメーション「モアナと伝説の海」を巡って  単独  2017/03/27 
日本オセアニア学会第39会研究大会  , 日本オセアニア学会   

概要(Abstract) ディスに最新作アニメーション『モアナと伝説の海』に関する現地での批判を踏まえ、オセアニアの人類学研究や教育に資する意義について批判的に検討した。 

備考(Remarks)  

2016  New Exhibition at Oceanic Culture Museum in Historical Context of Okinawa and the Pacific.セッション「Histories of Collecting and Futures of Collections – Museums, Revitalization and Repatriation」  単独  2016/08/30 
WAC in Kyoto  , World Archaeology Congress   

概要(Abstract) 沖縄の海洋文化館コレクションの歴史的意義、日本における沖縄に位置づけとの関連を論じた。セッションは「Histories of Collecting and Futures of Collections – Museums, Revitalization and Repatriation」 

備考(Remarks)  

2016  Jizo (Ksitigarbha) statues in sugarcane fields: the materialization of early Japanese immigrants culture in Hawai’i. セッション「Archaeologies of the Asian diaspora」  単独  2016/08/28 
WAC in Kyoto  , World Archaeology Congress   

概要(Abstract) ハワイ日系移民墓地における墓石の分析の概要および地蔵墓について論じた。セッションは「Archaeologies of the Asian diaspora」。 

備考(Remarks)  

2015  Fallen Star Legends in Japanese Folk Belief   単独  2015/08 
IAU in Honolulu  , International Astronomical Union   

概要(Abstract) 西日本の降星伝説について、朝鮮半島から到来した新しい鍛冶技術の導入との関連で論じた。 

備考(Remarks)  

2014  “New Exhibition of Oceanic Culture Museum in Okinawa: its aim and challenge to the Austronesian Maritime Culture History  単独  2014年12月 
” Pacific History Association 21st Biennial Conference 2014  , Pacific History Congress   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  “Tsunami and a long-term seascape formation in Japan” (セッションLandscape as living heritage: towards integrative and sustainable conservation  単独  2014年11月 
AJJ in Nanzan  , Anthropology of Japan in Japan   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  “Solar kingship in the Ryukyu Kingdom: an anthropological consideration of diverse cosmovision in the Land of Rising Sun   単独  2014年07月 
Oxford X (International Congress of Archaeoastronomy and Astronomy in Culture)、Cape Town  , International Society for Archaeoastronomy and Astronomy in Culture   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  “Anthropology of nightscape” セッションLandscape as cultural production by social practices in space and time,  単独  2014年05月 
IUAES、幕張、千葉  , IUAES   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「The Sea as an Arena for Technological Transfer in the Western Rim of the Pacific.」の企画、運営とIntroductory Speech.  単独  2014年01月14日 
IPPA Siem Riap 2014  , IPPA (Indo-Pacific Prehistory Association)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「ホモ・サピエンスと旧人2――考古学からみた学習」於 東京大学大学院理学系研究科・理学部小柴ホール 基調講演「技術と学習」。  単独  2013年7月6日 
公開シンポジウム  , 「新学術領域研究」『ネアンデルタールとサピエンス交代劇の真相:学習能力の進化に基づく実証研究』    

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2009  委託研究費  万葉の深層を探るエスノアルケオロジー的研究 
後藤 明 代表  万葉古代学研究所  250万 

研究内容(Research Content) 助成金 

備考(Remarks) 万葉の時代における海洋伝承について比較研究所行う。同時に日本最古の文字である万葉集の言語人類学的な研究を行動論の視点から考える。2009年度、2010年度それぞれ250万。 

2009  委託研究費  海洋文化館収蔵資料の調査 
後藤 明 代表  日本公園緑地協会  315万 

研究内容(Research Content) 助成金 

備考(Remarks) 沖縄海洋博公園内海洋文化館収蔵の民族資料のとくに植物材質について、博物館資料の精査および収集地における植物利用のデータを集め、統合的な報告を行った。 

2009  委託研究費  環太平洋海域における伝統的造船技術の比較研究 
後藤 明 代表  国際常民研究組織  300万 

研究内容(Research Content) 助成金 

備考(Remarks) 環太平洋海域における小型船舶の伝統的造船技術の研究所現地調査および博物館資料について行った。オセアニアのカヌー、北方民のカヤック、日本の和船、沖縄のサバニなどに関する基礎データを集めつつある。2010年度も同額の助成金を取得する予定。 

2007  アジア隣人ネットワーク  環フィリピン海における文化復興ネットワークの構築ーー伝統的航海術の実践的研究支援を中心に 
後藤 明  トヨタ財団  3,500,000 

研究内容(Research Content) 助成金 

備考(Remarks) 環フィリピン海における伝統的文化復興活動の支援として、とくにオーストネシア系先住民のカヌー・舟の復元による諸活動を支援する。とくに日本がそのような支援のネットワークの中心的な役割を担う可能性を実地で考察する。研究者、オーシャンアスリート、映像作家、伝統的航海士など多様なメンバーからなる。日本、台湾、フィリピン、アメリカ(グアム)、ミクロネシア連邦などからの参加者。 

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2006   

フィールドワーク、地域の文化と歴史(環太平洋)、異文化との出会い、
地域考古学研究(大学院)、人類学史研究(大学院) 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2008  2009世界天文年企画委員会委員  2008から2009年 

活動内容等(Content of Activities) 2009年は世界天文年と定められ世界各国で科学行事が行われる。日本では国立天文台が中心となり各大学、各機関(科学館やプラネタリウム)を組織して種々の科学教育イベントが計画中。その企画委員会に数少ない人文社会科学系の委員として参加。南山大学でイベントを計画中。 

2007  海洋文化館展示基本設計検討専門委員  2007年より今日にいたる 

活動内容等(Content of Activities) 沖縄海洋博公園海洋文化館の改修や今後の展開についての助言をする委員会のメンバーである。2007年9月には南山大学の学生を率いて、資料劣化調査を指揮した。 

2007  ホクレア寄港地科学・教育イベント支援委員会委員長  2007年 

活動内容等(Content of Activities) ハワイ・ポリネシア人の文化ルネッサンスのシンボル、航海カヌーホクレア号の2007年度日本航海に際し、学校やプラネタリウムにおいて行われた教育・科学イベントの日本側受け皿の委員会において委員長を務めた。東京海洋大学、国立天文台とスバル観測所、国立科学博物館などとの共同プロジェクトであった。 

2007  NPO法人沖縄伝承話資料センター理事  2006年より今日に至る 

活動内容等(Content of Activities) 宜野湾市におかれているNPO法人沖縄伝承話資料センターの理事。センターでは故遠藤庄司・沖縄国際大学教授が学生と記録した数十万件にわたる沖縄の口頭伝承の記録保存化を行っている。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2007 
詳細表示

2017/07/12 更新