研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

38 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  宇宙考古学の射程:現代考古学・物資文化研究としての展望  未設定   
貝塚  , 物質文化研究会  , 72  , 11-20  , 2017/03/01   

概要(Abstract) 欧米で行われている、宇宙開発に関する現代考古学的研究である宇宙考古学の動向の紹介と日本における可能性について論じた。 

備考(Remarks)  

2016  Solar Kingdom of Ryukyu: the formation of a cosmovision in the southern Islands of the Japanese Archipelago  単著   
Journal of Astronomy in Culture  , International Society for Archaeoastronomy and Cultural Astronomy  , 1(1) 78-88  , 2016/06/15   

概要(Abstract) 琉球列島の考古天文学、とくに太陽信仰の系譜をグスク時代、浦添王朝から琉球王朝時代にかけてたどった。久高島や斎場御嶽の太陽信仰との関係についても論じた。 

備考(Remarks)  

2015  古代建築のスカイスケープ:建築に見るコスモビジョン  単著   
物質文化  , 物質文化研究会  , 96  , 2016年3月   

概要(Abstract) スカイスケープ(空景観)の考古学の学史的展望とその背景にある物質文化とコスモビジョンの関係について、北米の民族誌を事例に論じた。 

備考(Remarks)  

2015  北米先住民のコスモビジョン   単著   
南山考人  , 南山大学考古文化人類学研究会  , 44  , 21-40  , 2016年3月   

概要(Abstract) 北米における考古天文学史と天文天文民族学の概観を行った。 

備考(Remarks)  

2015  モアイの危機語り:ラパヌイにおける危機学説の形成   単著   
南山大学人類学研究所論集  , 南山大学人類学研究所  , 3  , 2016年3月   

概要(Abstract) ラパヌイ(イースター島)で起こったとされる環境破壊の学説は、現代西洋文明の状況の投影であり偏見に基づいたものである。本当の危機は西洋人が18世紀にこの島を発見した直後に起こした暴力や拉致、また病気の蔓延であることを論じた。 

備考(Remarks)  

2015  スカイロアとしての降星伝説  単著   
篠田知和基編『神話・象徴・儀礼』II  , 楽椰書店  , pp.63-72  , 2015年11月   

概要(Abstract) 西日本各地にある降星伝説について、帰化人の秦氏や鍛冶集団、あるいは空海の活動と関連づける仮説を提唱した。 

備考(Remarks)  

2014  外伝・天文と人類学  単著   
南山考人  , 南山大学人類学専攻  , 43  , 35-48  , 2015年03月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  アボリジニの天空観と天文神話  単著   
南方文化  , 天理大学南方学会  , 90  , 1-10  , 2015年03月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  アメリカ民俗学におけるフォークアート  単著   
『南山大学人類学研究所・研究論集』  , 南山大学人類学研究所  , 2  , 50-55  , 2015年03月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  ポリネシアにおける考古天文学の動向  未設定   
」『東南アジア考古学』  , 東南アジア考古学会  , 34  , 75-81  , 2014年11月   

概要(Abstract) ポリネシアの考古天文学的研究の学史的リビュー 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]