研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
大石 泰章 ( オオイシ ヤスアキ , OOISHI Yasuaki )
所属
Organization
理工学部機械電子制御工学科
職名
Academic Title
教授
個人または研究室WebページURL
URL
http://www.st.nanzan-u.ac.jp/info/oishi/index-j.html
専攻分野
Area of specialization

制御理論

学会活動
Academic societies

計測自動制御学会,システム制御情報学会,IEEE, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 各会員

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (64)
著書数 books (1)
学術論文数 articles (63)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
東京大学工学部計数工学科 1990年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
東京大学大学院工学系研究科 修士課程  1993年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(工学)  The Best Achievable Performance of Sampled-Data Control Systems  東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻  1998年07月 
修士 修士(工学)    東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻  1993年03月 
学士 学士(工学)    東京大学工学部計数工学科  1990年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  動的システムの数理工学 

概要(Abstract) 世の中の様々な動的システムに通底する工学的基本原理の理解と構築 

短期研究  ロバスト最適化とその制御への応用 

概要(Abstract) 不確かさを持つ最適化問題の解法の構築と,そのロバスト制御,非線形制御への応用 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2002  Control and Modeling of Complex Systems: Cybernetics in the 21st Century: Festschrift in Honor of Hidenori Kimura on the Occasion of His 60th Birthday  共編著   
Birkhaeuser  , B5  , 337  , 2002/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  離散時間最適制御による宇宙機のハロー軌道維持:楕円制限三体問題の枠組みを使って  共著   
計測自動制御学会論文集  , 計測自動制御学会  , Vol. 54, No. 2  , pp. 247-252  , 2018/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 坂井祐介,宇佐美元啓,大石泰章
査読あり 

2017  Numerical computational improvement of the stable-manifold method for nonlinear optimal control  共著   
Proceedings of the 20th IFAC World Congress  , International Federation of Automatic Control  , pp. 5264-5269  , 2017/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Yasuaki Oishi and Noboru Sakamoto
査読あり 

2015  Validated discretization of a nonlinear system: Extension for a nonpolynomial system and intersample performance  単著   
Proceedings of the SICE International Symposium on Control Systems 2016  , Society for Instrumental and Control Engineers  , 3 pp.  , 2016/03   

概要(Abstract) 査読あり 

備考(Remarks)  

2015  非線形システムに対する動的量子化器の設計:擬似線形表現に基づくアプローチ  共著   
計測自動制御学会論文集  , 計測自動制御学会  , Vol. 52, No. 2  , pp. 53-59  , 2016/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2015  Validated discretization and robust controller design for nonlinear sampled-data control  単著   
Proceedings of the 54th IEEE Conference on Decision and Control  , IEEE Control Systems Society  , pp. 7280-7285  , 2015/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2015  Use of a matrix inequality technique for avoiding undesirable bifurcation  共著   
Analysis and Control of Complex Dynamical Systems: Robust Bifurcation, Dynamic Attractors, and Network Complexity  , Springer  , pp. 33-40  , 2015/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Robustification of a nonlinear dynamical system with a stability index and a matrix inequality  共著   
Journal of Control, Measurement, and System Integration  , Society of Instrument and Control Engineers  , Vol. 8, No. 3  , pp. 209-213  , 2015/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2014  Discretizing a polynomial nonlinear system with an error bound  単著   
Proceedings of the 2014 SICE Annual Conference  , Society of Instrument and Control Engineers  , pp. 412-415  , 2014/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2013  Polynomial design of model predictive controllers: simplified approaches  単著   
Proceedings of the 2013 SICE Annual Conference  , Society of Instrument and Control Engineers  , pp. 235-240  , 2013/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

2013  Simplified approaches to polynomial design of model predictive controllers  単著   
Proceedings of the 2013 IEEE Multi-conference on Systems and Control  , IEEE  , pp. 960-965  , 2013/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読あり 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2018  事前計算を用いたモデル予測制御によるスパース制御  国内学会発表  共著 
第6回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム予稿集  , 計測自動制御学会  , 5  , 2019/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 岩田拓海,大石泰章,永原正章 

2018  安定多様体法と射撃法による宇宙機の軌道追従制御  国内学会発表  共著 
第6回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム  , 計測自動制御学会  , 4  , 2019/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 中村拓登,大石泰章,坂本登 

2018  モデル予測制御によるスパース制御の実現  国内学会発表  共著 
第61回自動制御連合講演会予稿集  , 第61回自動制御連合講演会実行委員会  , 6  , 2018/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 岩田拓海,大石泰章,永原正章 

2018  安定多様体法と射撃法の回転型倒立振子振り上げへの応用  国内学会発表  共著 
第61回自動制御連合講演会予稿集  , 第61回自動制御連合講演会実行委員会  , 6  , 2018/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 中村拓登,大石泰章,坂本登 

2017  安定多様体法における射撃法とその応用  国内学会発表  共著 
第5回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム予稿集  , 計測自動制御学会  , 5 pp.  , 2018/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 中村拓登,大石泰章,坂本登 

2017  家庭用蓄電池の最適運用とそのロバスト性  国内学会発表  共著 
第61回システム制御情報学会研究発表講演会予稿集  , システム制御情報学会  , 5 pp.  , 2017/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 岩田拓海,大石泰章 

2016  離散時間最適制御によるハロー軌道維持:楕円制限三体問題の場合  国内学会発表  共著 
第4回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム予稿集  , 計測自動制御学会  , 5 pp.  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 坂井祐介,大石泰章 

2016  2乗和多項式に基づくセミアクティブサスペンションの非線形制御  国内学会発表  共著 
第4回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム予稿集  , 計測自動制御学会  , 5 pp.  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 松岡浩司,大石泰章 

2016  非線形最適制御における数値計算技術の利用  国内学会発表  共著 
第4回計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム予稿集  , 計測自動制御学会  , 5 pp.  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 大石泰章,坂本登 

2016  クレーンの障害物回避のための軌道生成と軌道追従  国内学会発表  共著 
第60 回システム制御情報学会研究発表講演会予稿集  , システム制御情報学会  , 5 pp.  , 2016/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 林達也,伊藤大智,大石泰章 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2018  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  スパースモデル予測制御の有効性検証と離散値制御への拡張 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2018  科学研究費補助金  非線形最適制御における構造保存数値計算の利用とサンプル値制御への拡張 
研究代表者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2017  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  非線形最適制御法における数値的安定性の保障と射撃法の開発 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  非線形サンプル値制御における対象システムの拡張とサンプル時刻間性能の保障 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  非線形サンプル値制御における状態制約と入力制約の保証 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  非線形制御の誤差評価と性能保証:精度保証つき数値計算と2乗和多項式の適用 
研究代表者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 平成27~29年度 

備考(Remarks)  

2014  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  非線形動特性を持つ制御対象の近似的離散化とサンプル値制御 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  多項式に基づくモデル予測制御器設計法の改良と解析 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  科学研究費補助金  非線形系・大規模系の制御のための組合せ的構造の設計:凸最適化と感度解析の利用 
研究代表者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 平成24~26年度 

備考(Remarks)  

2011  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  非周期的サンプル値制御のためのロバスト最適化法 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2016  講義資料作成 

共通教育科目「知識・言語と情報社会(人間と機械)」の資料を作成し,web上で公開した. 

2016/09/16~ 
2013  講義資料作成 

博士前期課程講義「制御論研究」の資料を作成し,web上で公開した. 

2013/09/16~2017/03/31 
2013  講義資料作成 

博士前期課程講義「システム工学概論」の資料を作成し,web上で公開した. 

2013/04/01~ 
2007  講習会講師 

2乗和多項式に基づくロバスト制御系設計,SICEセミナー:実践的な制御系設計:(ポスト)ロバスト制御の最前線,大阪 

2007年11月 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2010  客員研究員  2010/03~2011/02 

活動内容等(Content of Activities) フランス,システム解析構成研究所 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2019/04/19 更新