研究者詳細

研究助成
分割表示   全件表示 >>

37 件中 31 - 37 件目

年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2009  科学研究費補助金  若手研究(スタートアップ) 
代表  日本学術振興会  975千円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は、アメリカ合衆国の医療保険が1950年代から1960年代にかけて医療保険分野で、どのように政治的ダイナミズムが変化し、1960年代にメディケア(高齢者向け公的保険)とメディケイド(貧困層向け公的保険)が成立したのかを明らかにすることである。より具体的には、退役軍人向けの医療プログラムと、福祉政策の発展がどのように利益集団政治を変容させていったのかに焦点を当てる。平成20年度は国内外で主に資料の収集を行った。特にワシントンDCでの資料調査では退役軍人団体であるAmerican Legionに関する古い資料を入手することができた。本研究の最終年度に当たる平成21年度は主に前年度に収集した資料を使いながら論文執筆を行い三本の論文を執筆した。  

備考(Remarks)  

2009  科学研究費補助金  アメリカ医療保険制度の発展過程研究 
山岸敬和    750,000 

研究内容(Research Content) 科学研究費補助金 

備考(Remarks)  

2008  科学研究費補助金  アメリカ医療保険制度の発展過程研究 
代表  日本学術振興会  1,755千円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は、アメリカ合衆国の医療保険が1950年代から1960年代にかけて医療保険分野で、どのように政治的ダイナミズムが変化し、1960年代にメディケア(高齢者向け公的保険)とメディケイド(貧困層向け公的保険)が成立したのかを明らかにすることである。より具体的には、退役軍人向けの医療プログラムと、福祉政策の発展がどのように利益集団政治を変容させていったのかに焦点を当てる。平成20年度は国内外で主に資料の収集を行った。特にワシントンDCでの資料調査では退役軍人団体であるAmerican Legionに関する古い資料を入手することができた。本研究の最終年度に当たる平成21年度は主に前年度に収集した資料を使いながら論文執筆を行い三本の論文を執筆した。 

備考(Remarks)  

2008  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  1950年代のアメリカの医療保険制度の発展:民間保険の拡大と公的保険提案の変化 
    300,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2007  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  メリカ医師会の政策選好の変化-1910年代から1940年代まで 
代表    400,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2004  松下財団研究助成(博士課程研究助成)  第二次世界大戦と健康保険政策 
山岸敬和  松下国際財団  500,000円 

研究内容(Research Content) 博士論文執筆のための助成 

備考(Remarks)  

2003  J. Brien Key Research Assistant Fund  Archival research on health insurance in Japan 
Takakazu Yamagishi  Johns Hopkins University  $2000 

研究内容(Research Content) Grant for research trip 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]