研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

24 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2021  コロナ禍と「バイデンケア」の行方  単著   
歴史評論  , 歴史科学協議会  , 854  , 16-29  , 2021/06/01   

概要(Abstract) コロナ禍でアメリカ医療制度にどのような変化の兆しがあったのかについて論じた。 

備考(Remarks)  

2020  アメリカニズムと医療保険制度  単著   
アステイオン  , サントリー文化財団  , 93  , 64-77  , 2020/11/28   

概要(Abstract) アメリカの国家をまとめるアメリカニズムが、医療保険制度の歴史的変化にどのような影響を及ぼしてきたのかを論じた。 

備考(Remarks)  

2020  新型コロナウイルスとトランプ的アメリカ  単著   
国際問題  , 国際問題研究所  , 695  , 29-38  , 2020/10/15   

概要(Abstract) トランプ政権下の COVID-19 対策を追いながら、そのなかでトランプ的ア メリカの特徴を捉える。その後COVID-19が 11 月の大統領選挙に与える影響を見通し、今後のアメリカ政治の勢力図にどのような影響を及ぼすのかについて述べる。 

備考(Remarks)  

2020  メディケア・フォー・オールの起源 ―アメリカ医療保険制度改革の新たな展開―  単著   
アカデミア 社会科学編  , 南山大学  , 19  , pp. 35-46  , 2020/06/01   

概要(Abstract) 2020 年のアメリカ大統領選挙において、医療政策は最重要争点の一つになっている。その中でも「メディケア・フォー・オール(Medicare for All, 以下 M4A)」がキーワードとなっている。2010 年にオバマ政権下で医療制度改革(通称オバマケア)が成立してから、共和党はオバマケア廃止運動を展開し、トランプ政権になり個人への保険加入の義務付けを骨抜きにすることに成功した。他方、民主党 側もオバマケアに次ぐ改革案を巡って議論を戦わせている。民主党の大統領候補者の中で、より抜本 的な改革をすべきだとするバーニー・サンダースとエリザベス・ウォーレンが主張するのが M4A である。これは,高齢者を対象とするメディケアのような,連邦政府が直接運営するプログラムを、全ての人々に適用させようとする案である。本論文は、M4A が近年になって急に注目されてきた背景 について、ジョン・キングダンの分析枠組みを用いながら理解しようとするものである。 

備考(Remarks)  

2019  An Overview of Core Domains Impacting a Short-Term CLIL-Based Study-Abroad Program  共著   
Academia. Literature and Language  , Nanzan University  , 107  , 115-144  , 2020/01/31   

概要(Abstract) In order to internationalize higher education more, a number of initiatives have been attempted by the Ministry of Education, Culture, Sports, Sciences and Technology (MEXT) and Japanese universities. One of these initiatives has been to promote more study-abroad programs within higher education. In addition, Content and Language Integrated Learning (CLIL), which integrates basic educational principles in a context-sensitive and complex way, is gaining attention as an advanced pedagogical approach in higher education in Japan these days. Moreover, some universities in Japan are now fusing study abroad with CLIL- based academic programs. In spite of this increased interest in CLIL-based study- abroad programs recently, little is known about the impact, including the effect and influence, of such programs on students’ academic learning experiences abroad. In this paper, the authors provide an overview and generalization of conceptual frameworks based on a mixed-methods study that is currently examining the impact of a short-term CLIL-based study-abroad program on a cohort of Japanese university students2. The main domains included within the context of this paper are CLIL attitudes, intercultural competence development, and global citizenship competence. The main purpose of this paper is to offer a research synthesis of these thematic domains. International education is significant within higher education and there is a growing need to measure the impact and influence of student outcomes abroad through effective assessment approaches. Given the growing importance of assessment in study-abroad education, this paper offers a strong call for program administrators to more effectively assess the various domains, such as those outlined here, in their own programs. 

備考(Remarks)  

2018  オバマケアの執行過程をめぐる政治的争いー世論の動向に注目してー  単著   
アカデミア社会科学編  , 南山大学  , 15  , pp. 95-114  , 2018/06/30   

概要(Abstract) 患者保護および医療費適正化法(通称オバマケア)は2010年3月に成立した。2018年3月にはオバマケア成立8周年記念を迎える。しかし、これをめぐる政治的争いが収束に向かう様相は見せていない。本論文は,歴史的制度論の枠組みからオバマケアの執行過程を分析しようとするものである。 歴史的制度論では、新たな政策が形成されると、それに関わる政治アクターは、その政策枠組みに適応しようとし、その中でできるだけ利益を得ようと思考・行動する。また、受益者はしばしば強力な 利益団体を形成し、政策の拡充を後押しする。その結果、新たな政策は、その政策の合理性や、それが時代の流れに適合した政策かなどは問われずに定着していく。これを経路依存性と言う。本論文では、オバマケアに関係する世論を多角的に分析することで、オバマケアの執行過程において、一般市民の認識のレベルで経路依存性がどの程度進んでいるのかを分析する。 

備考(Remarks)  

2017  Teaching Political Science to Non-Native Speakers in English: A Case Study Viewed with the CLIL Approach  共著   
Academia Literature and Language  , Nanzan University  , 103  , pp. 79-91  , 2018/01/31   

概要(Abstract) This paper overviews theoretical approach of CLIL and analyzes how a CLIL-type political classes affected students' self-evaluation. 

備考(Remarks)  

2016  苦悩するオバマケア  単著   
世界  , 岩波書店  , 889  , 79-85  , 2016/12/01   

概要(Abstract) オバマ政権が第二期目をむかえて、オバマケアをめぐる政治的争いがどのように推移していくのかを論じた。  

備考(Remarks)  

2016  Health Insurance Politics in the 1940s and 50s: The Japan Medical Association and Policy Developmen  単著   
Journal of International and Advanced Japanese Studies  , 9  , pp.193-204  , 2016/03/01   

概要(Abstract) Health care reform has consistently been a heated political issue in Japanese politics. Japan began to take gradual steps to expand its health insurance system after it enacted the Health Insurance Law in 1922. It finally adopted the basis of the current legal structure of universal health insurance in 1958. The 1940s and 1950s were an especially critical period during which Japan solidified its health insurance system.
Adopting the viewpoint of historical institutionalism, this paper demonstrates what institutional and political contexts existed for stakeholders, especially the government and the Japan Medical Association (JMA), to pursue their interests. Then it will help us to rethink what kind of political role the JMA played in the policymaking process and to understand how the Japanese health insurance system has grown as it has. 

備考(Remarks) 査読論文 

2015  The Japan Medical Association and its Political Development  単著   
Academia Social Sciences   , Nanzan Unviersity  , 9  , pp.129-139.  , 2015/06/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]