研究者詳細

学術論文
分割表示 >>   全件表示

16 件中 1 - 16 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  Health Insurance Politics in the 1940s and 50s  単著   
Journal of International and Advanced Japanese Studies  , 9  , pp.193-204  , 2016/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  The Japan Medical Association and its Political Development  単著   
Academia Social Sciences   , Nanzan Unviersity  , 9  , pp.129-139.  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  War, Veterans, and Americanism: The Political Struggle over VA Health Care after World War II  単著   
The Japanese Journal of American Studies  , 24  , pp. 145-64.  , 2013/07   

概要(Abstract) This article demonstrates how the idea of Americanism impacted the development of Veterans Administration (VA) health care. As an unprecedented number of soldiers began to come home after World War II, the issue of VA health care caused a heated debate. While veterans who fought the war to protect Americanism asked for the expansion of VA health care as a compensation for their sacrifice, their opponents criticized it as “socialized medicine” which, they claimed, was a threat to Americanism. By focusing on the political struggle over VA health care after WWII, this article shows that both the founding principles of the United States and international relations constrained what veterans organizations could say and do. This article also makes theoretical contributions to the studies of health care policy development.  

備考(Remarks) 査読付き 

2012  アメリカ医療制度改革と最高裁-最高裁判決が意味するもの  単著   
社会保険旬報  , 2502  , pp.10-16.  , 2012/07/21   

概要(Abstract) 2012年3月に成立したアメリカの医療制度改革に対して最高裁判所が判断を下した。その裁判にはどのような歴史的意味があり、どのような政治的対立があったのかを論じた。 

備考(Remarks)  

2012  アメリカ医療制度改革をめぐる争い-議論の対立軸は何か  単著   
社会保険旬報  , 2497  , pp.12-18.  , 2012/06/01   

概要(Abstract) 2010年3月に成立したアメリカの医療制度改革がどのような内容で、成立までにどのような対立軸が存在したのかを論じる。 

備考(Remarks)  

2011  戦争と医療保険改革-歴史的制度論による比較研究の可能性-  単著   
『レヴァイアサン』  , 木鐸社  , pp.28-45.  , 2011年   

概要(Abstract) 戦争と医療保険の発展との関わりをどのように歴史制度論の枠組みを発展させることでとらえる事ができるかを論じた論文。 

備考(Remarks) 依頼論文 

2010  A Short Biography of Takemi Taro, the President of the Japan Medical Association  単著   
『アカデミア』社会科学編  , 南山大学  , 1  , pp.49-56.  , 2011年1月   

概要(Abstract) 本論文は、1957年から1982年まで日本医師会の会長であり、大きな政治的影響力を持つとされた武見太郎の会長就任までの略歴を、そのキャリア形成と思想形成に注目しながら論じたものである。 

備考(Remarks)  

2009  「貧困との戦い」の起源−大統領のリーダーシップという視点から  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 90  , pp.259-295.  , 2010年1月   

概要(Abstract) アメリカ大統領のリーダーシップを研究するものの多くが大統領の議会に対する説得工作に注目する。しかし実際には、大統領は法案が立案される段階から影響を及ぼす。ジョンソン政権発足後、最重要課題として位置づけられた経済機会法を取り上げながら、法案の立案過程において、リンドン・B・ジョンソン大統領がどのようなリーダーシップをとったのか、そしてとらなかったのかを論じる。 

備考(Remarks)  

2009  Maximum Feasible Confusion−経済機会法はなぜ政治的に失敗したのか?  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 90  , pp.297-325.  , 2010年1月   

概要(Abstract) アメリカ大統領のリーダーシップについての研究は、いくつかの法案を通過させたのかに注目するものが多い。しかし、実際には、大統領は法案の立法過程だけでなく、法案の執行過程においてもそのリーダーシップを発揮する。ジョンソン政権発足後、最重要課題として位置づけられた「貧困との戦い」を取り上げながら、法案の執行過程において、大統領がどのようなリーダーシップをとろうとしたのか、そして実際にとれたのか、を論じる。 

備考(Remarks)  

2009  Veterans and Americanism: The American Legion and VA Health Care after World War II  単著   
Nanzan Review of American Studies  , Nanzan University  , 31  , pp.161-172.  , 2009年11月   

概要(Abstract) 第二次世界大戦後の医療政策発展研究で軽視されているもののひとつに退役軍人向けの公共医療サービスプログラムがある。本論文は、アメリカン・リージョン(American Legion)という退役軍人団体が、戦後プログラムの拡大を求めながらもそれと同時に公共医療保険を「アメリカ的ではないもの(Un-American)」なものとして位置づけた背景を論じる。 

備考(Remarks)  

2008  総力戦と医療保険−分析枠組みの構築を目指して  単著   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 南山大学  , 88  , pp.125-141.  , 2009年1月   

概要(Abstract) 本論文は、医療保険制度の発展分析の中に、総力戦という要因をどのように取り入れるか、を論じるものである。これまで総力戦は、医療保険制度に大きな転機をもたらすものと認識されながらも、比較的視点で、戦中や終戦直後の制度発展を研究しようとする試みは少なかった。本論文は、先行研究が指摘する、各国の政治システム、利益集団、政治文化、経路依存性の相違に加え、戦争体験の相違も、医療保険の発展に大きな影響を及ぼすと指摘する。 

備考(Remarks) 博士論文において取り組み始めた、総力戦が医療保険に与えた影響を考えるための分析枠組みの構築をさらに進めるものである。 

2008  Public, Private, or Neither? Strategic Choices by the American Medical Association Toward Health Insurance from the 1910s to 1940s  未設定   
『アカデミア』人文・社会科学編  , 86  , pp.135-154.  , 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  Public, Private, or Neither? Strategic Choices by the American Medical Association Toward Health Insurance from the 1910s to 1940s  単著   
Academia (Humanities and Social Sciences)  , Nanzan University  , 86  , pp.133-53.  , 2008/1   

概要(Abstract) The American Medical Association (AMA) is often described as a defender of private provision of health insurance and an enemy to public health insurance. In fact, the AMA’s resistance has largely helped the United States be the only advanced country in which universal medical care coverage is not guaranteed by the government to its people and private health insurance is dominant. But it has not opposed all kinds of public health insurance measures. Furthermore, it has not supported all kinds of private provisions, either. Especially, from the 1910s to 1940s the AMA drastically changed its position toward public and private health insurance. This paper demonstrates how the AMA changed its policy preferences in this period by examining its strategic choice to increase doctors’ income, to maintain its autonomy in setting fees, and to exclude third parties between doctors and their patients. This paper shows that in contrast to the conventional image, the AMA pays its attention not only to whether insurance is private or public but, probably more importantly, to whether large discretion is allowed for doctors. 

備考(Remarks)  

2006  World War Two and the Health of the State: The Development of Health Insurance in Japan and the United States, 1931-1952  単著   
Johns Hopkins University  , 2006/10   

概要(Abstract) 第二次世界大戦では世界の多くの人々の尊い命が奪われたが、皮肉にも参戦国において“人々の健康を増進するための政策”が戦争に勝利するという目標のもと発展した。本論文は、その戦争が日本およびアメリカの健康保険システムにどのような影響を及ぼしたのかを明らかにしながら、社会政策過程の発展を分析する際に、どのように戦争という変数を取り込むべきかを論じている。戦前には未熟だった日米両国の健康保険システムは、戦時および戦後の再建期に大きく拡大・発展した。日本は複数のプログラムで構成される国民皆保険制度に近いシステムを達成し、またアメリカは国民の過半数以上が民間保険や退役軍人向け医療プログラムの恩恵を受けられるようになった。そこで本論文では以下の二つの疑問に答えを求めている。一つはなぜ日米両国が戦時中および戦後の再建期を通じて、健康保険システムを拡大させたか。もう一つは、なぜ日米が異なった健康保険システムを発展させたか。本論文は、戦時の動員体制と戦後の再建が健康保険システムの拡大・発展に大きく寄与し、さらには、異なった戦争体験が、日米両国が異なった健康保険システムを採用するに至る経過に大きく影響を与えた 

備考(Remarks) 博士論文 

2006  Occupation Politics: American Interests and the Struggle over Health Insurance in Postwar Japan  共著   
Social Science History  , Social Science History Association  , 30/1  , pp.137-64.  , 2006/03   

概要(Abstract) 被占領国がどのような民主化政策や社会政策をとるかには、戦争後の占領軍のあり方が大きく影響を与える。これまでの研究者たちは、国際政治や被占領国の既存の制度などに注目して、占領下の政策発展を論じてきた。これに対して本論文は、第二次世界大戦後のアメリカ軍による日本占領を例にとり、日本の健康保険改革にアメリカの利益集団がどのように影響を及ぼしたかを明らかにしながら、占領国内の利益集団の影響力に焦点をあてている。日本の第二次政界大戦後の健康保険改革は、アメリカ医師会などの保守勢力の影響によって、当初のイギリスのビバリッジプラン(Beveridge Plan)を手本とする急進的な改革を目指す動きから、つぎはぎ式の穏健な改革へと変化していった。被占領国の改革はさまざまな政治的・制度的拘束のなかで行われるが、本論文は占領国内の利益集団もそれに大きな影響力を与えることを示している。 

備考(Remarks) 査読付き論文 

2002  なぜアメリカに国民皆保険が存在しないのか?歴史的制度論による歴史・政策・政治への再考」  共著   
社会政策研究  , 東信堂  , 3  , pp.114-34.  , 2002/11   

概要(Abstract) アメリカは先進国でありながら、なぜ国民皆保険制度を有していないのかが様々な議論を呼びおこしてきた。研究者たちは、分権化された政治制度、強力な利益集団、小さな政府を好むイデオロギーなどに注目して説明を試みてきた。しかしこれらの説明には、部分的な妥当性はあるが、それだけではアメリカの健康保険システムの発展の全容をとらえきれない。さらに、社会保障プログラムや公民権法が、同じ政治制度、利益集団、イデオロギーなどの拘束のもとに成立しているのはなぜか、という問いにも答えることができない。そこで本稿では、以上の三つのアプローチを補い結びつける役割を果たす歴史的制度論を紹介し、それによってアメリカで国民皆保険制度が成立しない要因を説明する。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]