研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
平川 武仁 ( ヒラカワ タケヒト , HIRAKAWA Takehito )
所属
Organization
体育教育センター体育教育センター
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

体育科学

学会活動
Academic societies

1998年 4月−現在 日本体育学会
2000年12月−現在 日本スポーツ心理学会
2007年 4月−現在 東海体育学会

社会活動
Community services

2007年4月−2007年12月 東海体育学会庶務幹事
2008年4月−2010年3月  東海学生陸上競技連盟評議員
2008年4月−現在  東海体育学会研究交流委員会委員
2012年1月−2012年12月 東海体育学会学会理事(学会大会担当校理事)
2014年1月−2015年12月 東海体育学会学会理事
2013年11月−2016年10月 日本スポーツ心理学会庶務幹事
2016年11月−2019年10月 日本スポーツ心理学会理事

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (24)
著書数 books (2)
学術論文数 articles (22)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
筑波大学体育専門学群 1996年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
筑波大学大学院 博士課程  2005年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(体育科学)  競歩における感覚情報と体幹動作の学習  筑波大学大学院体育科学研究科体育科学専攻  2005年03月 
修士 修士(体育学)    筑波大学大学院体育研究科  1998年03月 
学士 体育学    筑波大学体育専門学部  1996年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  非線形力学系理論に依拠した身体運動科学の構築 

概要(Abstract) 人間の身体運動の実証的検討においては,これまで主に線形解析によって多くの示唆を得てきた.しかしながら,線形解析において誤差として扱われていたものには,ホワイトノイズのように系列が観察できないものではなく,系列的な情報が潜んでいると考えられる.また,この誤差には,運動技能を習得(学習)・向上するために,学習者にとって有用な情報が潜んでいると予想する.これらの点を実証的に明らかにするためには,古典力学を更に発展させ,非線形力学による解析が有効であると考えられる.これらの要因に配慮し,本研究者の長期的課題としては,非線形力学系理論に依拠しなから,身体運動における運動技能学習過程を検討することを狙いとしている. 

短期研究  切替時間長によって特徴づけられる連続追従運動におけるフラクタル遷移 

概要(Abstract) 左右方向への連続的な追従運動において,刺激呈示時間の間隔を狭くしていったときに,散逸力学系の振る舞いを特徴づけるフラクタル遷移を検討する.左右2方向の追従運動の切替によって8系列の軌道が超円筒空間に発生し,ポアンカレ断面には2つの励起アトラクタ間の遷移にフラクタル的な特徴がみられる.このことは人間の連続的なポインティング運動は階層的なフラクタル構造をもつこと,この構造は切替時間長によって変化されることを示唆していると考えられる.今後は,スポーツ課題へ援用するように発展させていく. 

短期研究  オン・オフタイミング制御における1/f揺らぎ解析 

概要(Abstract) 人間の身体運動、特にリズム生成においては、1/f揺らぎの存在が確認されている。本研究では、示指のタッピングや腕の屈伸運動における1/f揺らぎを同定するだけでなく、音声教示の影響を検討することを目的としている。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2011  よくわかるスポーツ心理学  共著   
ミネルヴァ書房  , B5  , 4p.  , 2012/3/10   

概要(Abstract) 運動技能の学習過程を自由度問題から解説
運動技能の習得における観察学習を解説 

備考(Remarks)  

2006  運動行動の学習と制御  共著   
杏林書院  , B5  , 2  , 2006/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  漸増歩行速度条件で保持される競歩の上肢と下肢の協応パターンの安定性  単著   
アカデミア人文・自然科学編  , 南山大学  , 13  , pp.133-147  , 2017/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Switching Dynamics Between Two Movement Patterns Varies According to Time Interval  共著   
International Journal of Bifurcation and Chaos  , World Scientific Publishing Company  , 26/10  , 16300026  , 2016/9   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 著者順:TAKEHITO HIRAKAWA, HIROO SUZUKI, MOTOKI OKUMURA, KAZUTOSHI GOHARA, YUJI YAMAMOTO 

2016  切替時間長と左右方向への投動作パターンの規則的関係  単著   
アカデミア人文・自然科学編  , 南山大学  , 12  , pp.105-115  , 2016/6   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  ストロークレートの差異によるハンドル牽引力の揺らぎと安定性  単著   
アカデミア人文・自然科学編  , 南山大学  , 10  , 119-136  , 2015/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  競漕選手による漕周期の長期相関と1/f 型揺らぎ  単著   
アカデミア人文・自然科学編  , 南山大学  , 第9号  , pp. 99-114  , 2015/01   

概要(Abstract) This study examined the variability and uctuation in the rowing cycle for trained rowers. The participants rowed at 90, 100, and 110% of their preferred rowing rate over 256 cycles on a rowing ergometer. Analogue force data of pulling of the handle by nine varsity rowers (two females, seven males) were recorded. The stroke-interval time-series during rowing was extracted from the data. To determine the indices of variability and uctuation for their rowing, detrended uctuation analysis (DFA), power spectrum density (PSD) analysis, and a variance-time plot (VTP) method were used for the time-series data. The results showed that 1) the average preferred stroke rate was significantly different and 2) the DFA, PSD analysis, and VTP method results exhibited long-range correlations for all rowing rates. However, the averaged exponents calculated from theseanalyses were not significantly different among the rowing rates, suggesting that rowers row with variability and uctuation to organize the dynamical degrees of freedom for specific spatiotemporal rowing patterns. Furthermore, this study provides the possibility of how nonlinear dynamical systems tools can be used to examine rowing cycles. 

備考(Remarks)  

2014  浮動ローイング・マシンにおける1000mタイムトライアル中のレース経過に伴う協応パターンの変化  単著   
アカデミア人文・自然科学編  , 南山大学  , 第8号  , pp. 89-112  , 2014/06   

概要(Abstract) This study examined the change in relationships among the handle velocity (Hd), the angular velocity of the trunk (Tr), and the seat velocity (St) during a 1000-m time trial on a floating rowing ergometer. The sagittal-plane motion of 16 varsity rowers (5 females, 11 males) was videotaped (60 Hz) and analyzed by reconstructing the two-dimensional coordinates. Five cycles of Hd, Tr, and St datum were extracted at 10% intervals of the time-trial duration. The phase space, which was composed of Hd and Tr (Hd-Tr) and Hd and St (Hd-St), was reconstructed after determining the delay time and the embedding dimension. Cross recurrence plots were created from the trajectory in each phase space, and cross recurrence quantification analysis was used to estimate coordination, periodic stability, and complexity for these plots. This study determined that throughout the time trial 1) the coordination of Hd-Tr and Hd-St was constant, 2) the periodic stability and complexity of Hd-Tr and Hd-St assumed the “U” or the reverse “J” shape; however, 3) the value of Hd-Tr was higher than that of Hd-St. These results suggest that rowers must coordinate Tr with Hd and strengthen the attractor, composed of Hd-Tr, to increase the boat velocity during a race. 

備考(Remarks)  

2013  ローイング・マシンにおける1000mタイムトライアル中のハンドル速度パターンと定時的安定性の関係  単著   
アカデミア人文・自然科学編  , 南山大学  , 第7号  , 69-85  , 2014/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  古代幅跳における跳躍距離伸長のためのハルテーレスの効果  共著   
アカデミア人文・自然科学編  , 南山大学  , 第5号  , 161-173  , 2013 /06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 平川武仁、遠藤俊典、宮下憲 

2012  体育・スポーツにおける運動学習の理解-力学系理論に依拠した学習ダイナミクスによるアプローチ-  単著   
アカデミア人文・自然科学編  , 南山大学  , 5  , 161-173  , 2013/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  国際大会の50km競歩におけるペースの変化  単著   
陸上競技研究  , 日本学生陸上競技連合  , 91  , 33-40  , 2012/12/31   

概要(Abstract) まず、1930年以降の日本記録の変遷、1960年以降の世界ランキング5傑と日本ランキング5傑の推移をとりまとめ、近い将来、日本人選手がメダル獲得の可能性があることを明らかにした。さらに、1990年以降に開催されたオリンピック・世界選手権での50km競歩で6位以上に入賞した選手の5km毎のラップタイムを集計し、レースペースの変化を統計的に明らかにすることによって、今後、日本人選手がメダルを獲得するために必要とされるレースペースの指標を打ちたて、トレーニングの指標を明示した論文である。 

備考(Remarks) 査読有 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  ストロークレートの差異によるハンドル牽引力の安定性  報告書  単著 
運動学習研究会報告集  , 運動学習研究会  , 23  , 49-51  , 2015/8   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  マシンローイングにおける協応パターンの変化  報告  単著 
運動学習研究会報告集  , 運動学習研究会  , 第22巻  , 41-46  , 2013/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  連続ポインティング動作の規則性  調査報告  単著 
運動学習研究会報告集  , 運動学習研究会  , 21  , 127-130  , 2012/11/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  在外研修報告:ポール・サバティエ大学への研究留学  寄稿  単著 
東海体育学会会報  , 東海体育学会  , 85  , 25-29  , 2012/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  スポーツ心理学事典  辞書・事典  共著 
日本スポーツ心理学会  , 193-200  , 2008/12   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  競歩競技における歩行距離による床反力の変化  調査報告  単著 
運動学習研究会報告集  , 運動学習研究会  , 17  , 40-43  , 2007/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  スキー実習スノーボード班新設  授業報告  共著 
大学体育研究  , 筑波大学体育センター  , 29  , 9  , 2007/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  古代立幅跳における重心と跳躍距離の関係  研究報告  単著 
運動学習研究会報告集  , 運動学習研究会  , 16  , 3  , 2006/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2004  競歩における自由度の制約と解放による技能学習  研究報告  単著 
運動学習研究会報告集  , 運動学習研究会  , 14  , 5  , 2004/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  競歩競技における体幹動作の特徴  研究報告  単著 
運動学習研究会報告集  , 運動学習研究会  , 13  , 7  , 2003/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2006  日本スポーツ心理学会奨励賞  論文「競歩選手における肩腰動作の位相遅延と円滑性」に対して  2006年12月08日 
日本スポーツ心理学会 

備考(Remarks)  

2003  日本スポーツ心理学会最優秀論文賞  論文「大学競歩選手の技能水準と制御様相」に対して  2003年12月04日 
日本スポーツ心理学会 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  示指のオン・オフセットによる一致タイミング制御での1/f型揺らぎ  未設定  2016/11/05 
日本スポーツ心理学会第43回大会  , 日本スポーツ心理学会  , 日本スポーツ心理学会第43回大会研究発表抄録集  , pp.80-81   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  漸増歩行速度条件で保持される競歩の上腕と大腿の協応パターンの安定性  単独  2016/08/26 
日本体育学会第67回大会  , 日本体育学会  , 日本体育学会第67回大会予稿集  , p.114   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Fluctuation of continuous pursuit tracking movement excited by different switching time lengths  単独  2016/3/3 
Integrated Understanding for Emergent Property of Cooperation and Competition Dynamics  , International Symposium supported by JSPS KAKENHI 24240085, 25242059, and 20240060   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  競漕選手による漕周期の長期相関と1/f 型揺らぎ  単独  2015/8/25 
日本体育学会第66回大会  , 日本体育学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Change of coordination patterns during a 1000-m time trial on a floating rowing machine  単独  2014/08/08 
The 7th Asian-South Pacific Association of Sport Psychology International Congress  , The Asian-South Pacific Association of Sport Psychology   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  運動学習研究における過去と現在  単独  2013/12/07 
東海体育学会2013年度研究セミナー  , 東海体育学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  選択追従課題における時間間隔と運動出力にみられる規則性  共同  2013/11/03 
日本スポーツ心理学会第40回大会  , 日本スポーツ心理学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  静・浮動マシンにおける1000m漕中の序・中・終盤のハンドル速度パターンの異同  単独  2013/08/30 
日本体育学会第64回大会  , 日本体育学会  , 日本体育学会第64回大会発表抄録集   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  Fractal transition for continuous pointing movements characterized by the switching time length  共同  2011/07/23 
Progress in Motor Control VIII  , International Society of Motor Control   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 掲載雑誌は以下のURL:
http://homepages.uc.edu/~rileym/PMC/PMCVIIIPosterAbstracts.pdf 

2007  競歩選手における歩行距離と地面反力パターンの関係  その他  2007/09 
日本体育学会第58回大会号  , 日本体育学会  , 1   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2015  科学研究費補助金  オン・オフタイミング制御における運動頻度とノイズの違いによる時間算出 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2014  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-1  3方向を切り替える連続追従運動における切り替え入力時間長とフラクタル遷移 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  科学研究費補助金  競創ダイナミクスの統合的理解  
  文部科学省   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  非線形力学系解析による漕艇技能の解明 
     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  科学研究費補助金  身体運動ダイナミクスにおける規則性・法則性の解明 
代表  独立行政法人日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  公益財団法人堀科学芸術振興財団研究助成  身体動作の運動学的解析を用いた実時間多感覚フィードバックシステムによる運動学習支援 
代表  公益財団法人堀科学芸術振興財団   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2008  科学研究費補助金  スポーツ技能の獲得・向上への力学系理論からの統合的理解 
研究分担者  文部科学省   

研究内容(Research Content) 基盤研究(A) 

備考(Remarks)  

2008  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  競歩選手における漸増歩行速度条件によるステップ長とステップ時間の変化動態 
研究代表者    400,000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2007  スポーツチャレンジ研究助成  EACL (Environment-Action Coupling Learning: 環境‐行為結合学習)研究プロジェクト 
研究分担者  ヤマハ発動機スポーツ振興財団   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2006  科学研究費補助金  競歩競技における速度維持のための下肢関節協調技能 
  文部科学省   

研究内容(Research Content) 若手(B) 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2016  スポーツ実技における参加者主体の授業実践 

スポーツ実技・バドミントンにおいて、参加者が自らリーダーシップを発揮したり、グループ活動を取りまとめ、さらに他のグループとの試合交流の促進など、参加者の自主的な行動を重視し、協同学習の能力育成をも視野に入れた授業実践を行った。学修者相互に技能習得を促す助言行動だけでなく、試合運営やマナー習得など、行動変容を積極的に実施している学修活動が認められた。 

2016/09/16-2017/03/31 
2013  基礎体育における参加者主体の授業実践 

基礎体育A・Bにおいて,参加者が自らリーダーシップを発揮したり,グループ活動を取りまとめるなど,参加者の主体性を重視し,自律・協働学習能力の育成をも視野に入れた授業実践を行った. 

2016/04/01〜2017/03/31 
2013  演習における参加者主体の授業実践 

スポーツ科学,特にトレーニング論・コーチング論をテーマとする演習科目において,トレーニング計画を立案していく過程において,参加者自身が主体的に自分の計画モデルを作成し,自律的学習能力の育成をも視野に入れた授業実践を行った. 

2016/04/01〜2016/09/15 
2013  冬期集中授業における参加者主体の授業実践  

スポーツ実技・スキーにおいて,参加者が自然と向き合いながら技能修得をしていく中で,主体性を重視しながらも,参加者間で技術評価・助言を多く取り入れ,自律・協働学習能力の育成をも視野に入れた授業実践を行った. 

2014/09/16-2015/03/31 
2013  夏期集中授業における参加者主体の授業実践  

スポーツ実技・登山キャンピングにおいて,参加者が自然と向き合いながら団体行動をする中で,参加者の主体性を重視し,自律・協働学習能力の育成をも視野に入れた授業実践を行った. 

2013/04/01〜2013/09/15 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2016  日本スポーツ心理学会理事  2016/11-2019/10 

活動内容等(Content of Activities) 庶務会計担当理事 

2013  東海体育学会理事  2014/01/01〜2015/12/31 

活動内容等(Content of Activities) 東海体育学会における理事を務めた. 

2013  日本スポーツ心理学会庶務幹事  2013/11〜2016/10 

活動内容等(Content of Activities) 日本スポーツ心理学会の運営において,会務を補佐する. 

2012  東海体育学会理事(学会担当校理事)  2012/01~2012/12 

活動内容等(Content of Activities) 学会大会担当校の代表者として,学会と学会大会実行委員会の連係をとる理事.また,学会大会開催にあたり,運営組織の進行を促進する役割. 

2008  東海体育学会研究交流委員  2008/4-現在 

活動内容等(Content of Activities) 東海体育学会の会員相互の学術的交流を促進することを狙いとして,年に数回開催されるシンポジウムの企画運営を補佐する 

2008  東海学生陸上競技連盟評議員  2008/4-2010/3 

活動内容等(Content of Activities) 東海学生陸上競技連盟において評議会を構成し,当連盟の業務に対し,役員総会の諮問に応じ,会務の運営に協力する. 

2007  東海体育学会庶務幹事  2007/4-2007/12 

活動内容等(Content of Activities) 東海体育学会の運営において,会務を補佐する 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
2008 
2007 
詳細表示

2017/04/05 更新