研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
渡邉 泰子 ( ワタナベ タイコ , WATANABE Taiko )
所属
Organization
法学部法律学科
職名
Academic Title
講師
専攻分野
Area of specialization

民事訴訟法

学会活動
Academic societies

日本民事訴訟法学会会員
日本私法学会会員

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (0)
著書数 books (0)
学術論文数 articles (1)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
同志社大学法学部法律学科 2002年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
同志社大学大学院法学研究科私法学専攻 博士後期課程  2008年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
   
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
修士 修士(法学)    同志社大学大学院法学研究科私法学専攻博士課程前期課程  2004年03月 
学士 学士(法学)    同志社大学法学部法律学科  2002年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  民事訴訟の審理における当事者と裁判官の役割分担 

概要(Abstract) 審理手続において、当事者にどの程度の主張・立証が求められるのか、そしてそれを促すためにどのような方法で裁判官が関与し得るのかについて研究している。 

短期研究  当事者の事実主張に対する裁判官の関与可能性 

概要(Abstract) 弁論主義をめぐる問題を検討の出発点として、現在は裁判官の積極的な釈明権行使や暫定的な心証の開示の必要性と妥当性について研究している。
そのなかでも特に、ドイツ民事訴訟実務において、当事者の事実主張に対する裁判官の関与方法とそれに対する当事者の対応につき、どのような運用がなされているかに関心をもって取り組んでいる。 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2006  審理手続における裁判官と当事者の役割分担に関する一考察--弁論主義と裁判官の釈明権行使の関係を中心に--  単著   
同志社法学  , 同志社法学会  , 58巻7号  , pp.401-504  , 2007/03   

概要(Abstract) 日本の民事訴訟手続の根幹をなす弁論主義の原則は、当事者の「権能」と当事者の「責任」のどちらを定めたものであるのか。このような疑問を軸に、弁論主義を補充あるいは修正するものとして説明される裁判官の釈明権行使について、ドイツ法を参考に検討を試みた。日本には、釈明権といわれるように、裁判官の権限として規定されているが(民事訴訟法149条1項)、ドイツでは日本とは異なり、釈明を裁判官の義務とする規定が存在する。比較対象として取り上げたドイツ民事訴訟法139条をみると、事実に対する釈明だけではなく、裁判官が採用する法的観点までも釈明義務の対象とする解釈が、最近の民事訴訟法改正の際に明文化され、現在では釈明義務の範囲が広く捉えられている。それにもかかわらず、弁論主義を補充・修正するといった日本のような議論は存在しないのは、ドイツでは「法的審問請求権」という当事者の権利が法定されており、その権利を保障するためのものとして裁判官の釈明義務が位置づけられているだけでなく、さらに、弁論主義が法的審問請求権の保障に関連する当事者の「責任」として考えられていることに原因があると考えられる。もっとも、日本でも、法的審問請求権に類似する「弁論権」という概念が存在することから、裁判官による釈明権の行使が何のために求められるのかという問題は、弁論権の保障の問題として取り上げるべきであり、また、裁判官の釈明権の行使と当事者の「責任」である弁論主義とは、一方が他方を補充あるいは修正する関係にあるのではなく、ともに当事者の「権能」である弁論権を保障し、最終的には手続における当事者の主体的地位を確保するという共通の目的をめざすものとして位置づけるのが妥当であると考える。また、釈明権の内容は、「事実に対する指摘」に限らない。近時議論されている「法的観点の指摘」も、当事者の主体的地位を確保する目的のもとで行われるべきであることは明らかであるから、法的観点の指摘も釈明権の行使の一環として捉えることが望ましいと思われる。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2016  科学研究費補助金  行政訴訟と民事訴訟との配置再編による救済制度の実効性確保  
非代表  日本学術振興会    

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 共同研究の研究分担者 

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2019  法学部「民事訴訟法A」の教材作成 

講義内容を学生が理解しやすくするために、通読用の教科書より詳細なレジュメを作成した(総頁数は、90頁)。 

 
2019  法学部「アドバンスト演習C」の教材作成 

民事訴訟法の重要論点を含む事例問題を作成した。 

 
2019  法学部「ミドル演習A」の教材作成 

医療過誤訴訟をテーマにした教科書を使用するにあたり、民事訴訟法Aを未履修の学生に向けて、訴訟手続の解説や専門用語の説明などをまとめたレジュメを作成した。 

 
2019  法学部「プロジェクト研究C」の教材作成 

民事訴訟法の主要な論点を網羅した事例問題を作成した。様々な学年の学生が受講しているため、事例問題のポイントなどを解説した資料も作成した。 

 
2019  法学部「ミドル演習B」の教材作成 

医療過誤訴訟をテーマにした教科書を使用するにあたり、民事訴訟法Bを未履修の学生に向けて、訴訟手続の解説や専門用語の説明などをまとめたレジュメを作成した。 

 
2019  法学部「民事訴訟法C」の教材作成 

講義内容を学生が理解しやすくするために、通読用の教科書より詳細なレジュメを作成した(総頁数は、80頁)。 

 
2019  法学部「ミドル演習C」の教材作成 

実際にあった裁判例を参考に、簡単な争点の模擬裁判事例を2種類作成し、学生に原告・被告・裁判官の立場から検討させるための資料をそれぞれに向けて作成した。 

 
2019  法学部「法学演習AⅠ」の教材作成 

受講生の人数に適した模擬裁判の事例および資料を作成した。 

 
2019  法学部「法学演習AⅡ」の教材作成 

受講生の人数に適した模擬裁判の事例および資料を作成した。 

 
2018  法学部「民事訴訟法A」の教材作成 

本年度から使用する入門的な教科書の補充的役割として、詳細なレジュメを作成した(総ページ数は119頁)。 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2009  留学(海外)  2009/10/01~2011/03/31 

活動内容等(Content of Activities) ドイツ連邦共和国・Universität zu Köln  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2019 
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
詳細表示

2020/07/07 更新