研究者詳細

研究活動/社会的活動
分割表示   全件表示 >>

15 件中 1 - 10 件目

年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2018  精神保健指定医研修会講師  2018/07/26 

活動内容等(Content of Activities) 日本精神科病院協会主催・平成29年度精神保健指定医研修会【更新】(京王プラザホテル)において、「精神障害者の人権と法」という題で、1時間の講演を行った。
 この研修は、精神科医療において、強制入院並びに隔離・身体拘束の必要性を判断し実施する精神保健指定医の資格を更新するために、5年ごとに受講が必要とされるものである。  

2018  上智大学生命倫理研究所・南山大学社会倫理研究所共催シンポジウム「人権・安全・安心?―『いわゆる障碍者』の居場所」  2018/02/25 

活動内容等(Content of Activities) 知的障害者福祉の在り方や精神障害者への措置入院などが問題となっている現在の状況を背景に、3人のシンポジストを招いて、上智大学においてシンポジウムが行われた。水留は、シンポジストの一人として「精神科医療における病院と地域―心神喪失者等医療観察法と触法精神障害者の処遇」と題して講演を行った。 

2017  精神保健指定医研修会 講師  2017/07/26 

活動内容等(Content of Activities) 日本精神科病院協会主催・平成29年度精神保健指定医研修会【更新】(京王プラザホテル)において、「精神障害者の人権と法」という題で、1時間の講演を行った。
 この研修は、精神科医療において、強制入院並びに隔離・身体拘束の必要性を判断し実施する精神保健指定医の資格を更新するために、5年ごとに受講が必要とされるものである。  

2016  精神保健指定医研修会 講師   2016/09/06 

活動内容等(Content of Activities) 日本精神科病院協会主催・平成27年度精神保健指定医研修会【新規】(第一ホテル東京)において、「精神障害者の人権と法」という題で、1時間の講演を行った。
 この研修は、精神科医療において、強制入院並びに隔離・身体拘束の必要性を判断し実施する精神保健指定医の資格を取得するために、受講が必要とされるものである。 

2015  精神保健指定医研修会 講師  2015/09/08 

活動内容等(Content of Activities)  日本精神科病院協会主催・平成27年度精神保健指定医研修会【新規】(第一ホテル東京)において、「精神障害者の人権と法」という題で、1時間の講演を行った。
 この研修は、精神科医療において、強制入院並びに隔離・身体拘束の必要性を判断し実施する精神保健指定医の資格を取得するために、受講が必要とされるものである。  

2014  精神保健指定医研修会 講師  2014/09/09 

活動内容等(Content of Activities)  日本精神科病院協会主催・平成26年度精神保健指定医研修会【新規】(第一ホテル東京)において、「精神障害者の人権と法」という題で、1時間の講演を行った。
 この研修は、精神科医療において、強制入院並びに隔離・身体拘束の必要性を判断し実施する精神保健指定医の資格を取得するために、受講が必要とされるものである。  

2013  精神保健指定医研修会 講師  2015/09/09 

活動内容等(Content of Activities)  日本精神科病院協会主催・平成25年度精神保健指定医研修会【新規】(第一ホテル東京)において、「精神障害者の人権と法」という題で、1時間の講演を行った。
 この研修は、精神科医療において、強制入院並びに隔離・身体拘束の必要性を判断し実施する精神保健指定医の資格を取得するために、受講が必要とされるものである。  

2012  精神保健指定医研修会 コメンテーター  2012/12/01 

活動内容等(Content of Activities)  全国自治体病院協議会・平成24年度精神保健指定医研修会【更新】(東京・都市センターホテル)において、事例検討におけるコメンテーターを務めた。
 この研修は、精神科医療において、強制入院並びに隔離・身体拘束の必要性を判断し実施する資格者としての「精神保健指定医」が5年ごとにその免許を更新するために受講を必要とされるものである。  

2012  精神保健指定医研修会 講師  2012/09/24 

活動内容等(Content of Activities)  日本精神科病院協会主催・平成24年度精神保健指定医研修会【新規】(第一ホテル東京)において、「精神障害者の人権と法」という題で、1時間の講演を行った。
 この研修は、精神科医療において、医師のうち、強制入院並びに隔離・身体拘束の必要性を判断し実施する精神保健指定医としての資格を受けるために、受講を必要とされるものである。 

2011  留学(スイス・チューリヒ大学)  2011/09/15~2012/03/14 

活動内容等(Content of Activities)  前年のドイツにおける在外研究の成果をもとに、同じドイツ語圏の比較対象として、スイスにおける責任能力の解釈論及び触法精神障害者処遇の一端を探るため、スイス・チューリヒ州のチューリヒ大学法学部のクリスティアン・シュヴァルツェネッガー教授の主催する刑法学の講座において、半年間の在外研究を行った。  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]