研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

23 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  彼こそ平和をもたらす者(ミカ5,4)。平和の聖書的な概論。  単著   
アカデミア  , 南山大学  , 13  , 123-132   , 2017.01   

概要(Abstract) 本研究は新約聖書に見られる「平和」という言葉の意味に関するものである。この言葉のキリスト教的な理解とギリシャの著者達による理解との鮮明な対照を明らかにするために、εἰρήνηというギリシャ語の言葉について、短い予備的な紹介をした。「平和」という言葉のキリスト教的な理解は、ギリシャ語のεἰρήνηより、ユダヤ教の‏שָׁלוֹם‏‎‎‎ - シャーロームという言葉と多くの共通点を持つが、そのキリスト教的理解はユダヤ人の伝統が発展させたそれより、いっそう深まった。この言葉のキリスト教的理解は一般的に、人間同士の関係だけではなく、主に神と人間の関係に注意が向けられているが、それは常に終末論的な文脈においてである。 

備考(Remarks)  

2016  使徒言行録におけるルカの聖霊論   単著   
日本カトリック神学会誌  , 日本カトリック神学会  , 27号  , 101-129  , 2016.07   

概要(Abstract) 本論は使徒言行録における聖霊論に関するものである。ルカの一般的な神学的アプローチ(ポイント1)を提示した後、聖霊に関するすべてのペリコペーの分析(ポイント2)を提供する。体系化を図るため、ペリコペーを主題によってグループ分けする。本論の最後の章はルカの聖霊論の特徴(ポイント3)を含む。その特徴は本論のポイント2における分析結果に基づいて提言される。ルカの聖霊論の特徴に関する主な結論は、ルカの聖霊論が神学的論説ではなく、むしろキリスト教徒の共同体の経験に基づいているということである。 

備考(Remarks)  

2016  ロマ11におけるユダヤ人とキリスト教の関係‐パウロの教えに見るロマ11,1-36の社会的、神学的意味。  単著   
アカデミア  , 南山大学  , 12  , 91-104  , 2016.06   

概要(Abstract) 本論はロマ11, 1-36におけるパウロの教えに関するものである。この手紙の構成とそれぞれの部分の分析は、11章が新しいイスラエル(キリスト教徒)とイスラエル(イエスを拒否するユダヤ人)との関係を示す教えを含んでいることを表わしている。それはロマ11, 1-36を、キリスト教徒の共同体がクラウディウスの法令後に自分達を見出したという特別な状況の社会的、神学的な解釈を考えるという意味で、特に重要なものにしている。ロマ11, 1-36では、一部のイスラエル人がメシアとしてのイエスを拒絶しているが、それでも彼らは選ばれた民のままであると、パウロは論証している。彼らの一時的な失敗は神の救いの計画の一部と見られている。なぜなら、そのことが異邦人にイエスへの信仰を通して神との契約に入らせることを可能にしているからである。 

備考(Remarks)  

2015  Judea after Herod the Great (4 BC-67 AD) according to the writings of Josephus Flavius。  単著   
南山神学  , 南山大学  , 39号  , 47-110  , 2016.03   

概要(Abstract) The article considers history of Judea region, since the death of Herod the Great (4 BC) till the beginning of the Jewish-Roman War (66/67-70/73 AD) as it is presented by Josephus Flavius in his the Jewish War (JW 2.1-284) and the Jewish Antiquities (JA 17.191-20.268). Since Josephus exclusively concentrates on Judea, hardly mentions the two other parts of the Herod`s kingdom Galilee and Trachontis, following this approach we will present separately accounts concerning each of the regions, with special attention given to history of Judea. Although written by the same author, the two works of Josephus despite similarities in the contains, differ radically in their presentation, evaluation and purpose of writing, what forced us not to mix these two accounts but to present them separately in order to indicate how strong socio-historical circumstances can influence recording of historical events. The history of Judea region in period 4 BC-67AD can be divided into four parts, where the first (4 BC-6 AD) considers the time of the etnarchy under the rule of Archelaus, the second (6-41 AD) considers the time of the province under the rule of prefects, the third (41-44 AD) considers the time of the kingdom under the rule of Herod Agrippa I, and fourth (44-67 AD) considers the time of the province under the rule of procurators. Josephus writes short and extremely negative account concerning the first period (4 BC-6 AD). He elaborates the account concerning the second period (6-41 AD), where his criticism and negative evaluation of the prefects` rule were expressed by putting attention only to negative aspects. Josephus with unmasked proud and real delighting writes about the third period (41-44 AD) which concerns the reign of Herod Agrippa I, the descendent of the Herod Dynasty (grandfather) and the Hasmonean Dynasty (grandmother). Concerning the fourth period (44-67 AD), Josephus writes very strong criticism against not only the Roman prefects but also against the Jewish authorities including the high priests of the Temple, who are blamed for creating socio-political situation, which led to the war between Romans and Jews. This approach of Josephus has much common with his attempt to present Jewish nation as the “victim” of the native leaders and the Romans` administrators.  

備考(Remarks)  

2015  The mission to the Gentiles.The Second Mission Journey of Paul According to Acts 15, 36-18, 22  単著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学  , 11  , 117-141  , 2016.01   

概要(Abstract) The study focuses on the second mission journey of Paul, as it is recorded by Luke in Acts 13, 1-18, 22. The schematic character of the account creates difficulties determining many details concerning the journey. The attempt of this study is to present more details concerning the mission journey. In order to achieve this aim examined the time span of Paul`s journey, so allowing us to place Luke`s narrative in its correct socio-historical background. The information concerning each of the cities that Paul was visited, helping us to understand the diversity of places, which created particular social environments that worked for or against the success or lack of success of the mission.  

備考(Remarks)  

2015  ローマの信徒への手紙におけるパウロの教えによるモーゼの律法と異邦人  単著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学  , 10  , 93-106  , 2015.06   

概要(Abstract) 本研究は、ユダヤ人のキリスト教徒と異邦人のキリスト教徒から成る共同体に向けて書かれた、ローマの信徒への手紙の中で時折言及される、モーゼの律法と異邦人との関係に関するものである。どちらのグループも新しい現実を作り上げたが、いくつかの偏見が残っており、一つの共同体内における二つのグループ間の緊張をはらんでいる。その偏見の一つは、律法を持たない異邦人に関するもので、律法を持たない異邦人は神と契約を結んでいないとするものである。律法ではなくイエス・キリストへの信仰が救いの基本だということを説明するために、パウロは異邦人と律法との関係についていくつかの重要な言明をしている。まず、異邦人はモーゼの律法の対象ではないというものである。つまり彼らは律法によって裁かれることはない。彼らは人間の最も内面的な部分であり、判断の源である「本質的人間性」によって裁かれ、それは律法の知識によるものではないだろう。もし異邦人が正しく「本質的人間性」(nature)の営みに従っていれば、律法の知識の不足は彼らにとって不利益にはならない。この極めて思索的な言明によって、パウロはユダヤ人と異邦人が平等であるという基盤を作った。この基盤は救い主イエスに対する信仰心である。ユダヤ人は信仰によって許され、異邦人は信仰を通して許されるのである。 

備考(Remarks)  

2014  The Last Years of Herod the Great. The Life of Herod The Great according to the writings of Flavius Josephus (18-4B.C.)  単著  ISSN 0387-3730 
南山神学  , 南山大学  , 38  , 35  , 2015年3月   

概要(Abstract) The pater concerns the life of Herod the Great since 18 B.C, the end of basic building works at the Jerusalem Temple until his death in 4 B.C. The accounts concerning this period of Herod`s life are included in the Wars of the Jews and the Antiquities of the Jews. The account of the Wars of the Jews concentrate exclusively only on troubles inside Herod`s family, namely on conflict between the brethren, the sons of Herod and Mariamne (Alexander and Aristobulus IV) and the son of Herod and Doris (Antipater II). In fact it is conflict between the last decadence of the Hasmonean Dynasty (the sons of Mariamne) and the heir of the Herodian Dynasty (the son of Doris). The account of the Antiquities of the Jews although also presents the conflict between brethren but it is only one of many topics, and the conflict is presented in different way and different context. In the Antiquities, Josephus focus on many topics among those the most important are: Herod`s straggle to control the family matters; the tied relation with Rome in order to secure the kingdom; the problems concerning Herod`s successor.  

備考(Remarks)  

2014  The Conflict between Paul and Barnabas. Sitz im Leben of Ac 15, 36-40.  単著  ISSN 2185-3282 
アカデミア  , 南山大学  , 9  , 13  , 2015年1月   

概要(Abstract) This is a study of the account of a dispute between Paul and Barnabas concerning John, also called Mark, which Luke gives in Ac 15, 36-40. This peculiar account, which seems to be in opposition to the idealistic picture of the first generation Christian life-style (Ac 2, 42-47; 4, 32-37), is analyzed in its socio-historical context in order to understand the reason, aim and function of the account in the narrative structure of Acts. The analysis of Ac 15, 36-40 leads us to conclude that Luke had a purpose in inserting the account here concerning the conflict between Paul and Barnabas in an instrumental manner. The function of the account is to indicate the point when Luke`s narration changes from a general approach (a history of the first-generation Christians) to a particular approach (a history of Paul’s mission activities).

 

備考(Remarks)  

2014  アレオパゴスでのパウロの演説.パウロの第二宣教旅行に関するルカの物語におけるアレオパゴスの演説の目的  未設定  ISSN 2185-3282 
アカデミア  , 南山大学  , 8  , 13  , 2014年6月   

概要(Abstract) 本稿の主題は、パウロのアレオパゴスでの演説である(使徒17、22-31)。論文では、基本的な手法として、物語の分析を使用している。本稿の目的は、パウロの三つの宣教旅行に関するルカの物語の中におけるアレオパゴスでの演説の機能を確定することである。しかし、パウロの演説は第二宣教旅行の中の一つの物語であるので、この演説を分析するために必要な背景として、第二宣教旅行に主に焦点を当てる。ルカの物語の分析結果では、宣教旅行の物語の構造内にいくつかの類似点(それぞれの宣教旅行に関する物語に1つの演説が含まれる)があることを示している。それは次の想定を許す。筆者であるルカは、宣教旅行に関する三つの演説を別々の部分ではなく、筋の通った一つの物語として作成した。それぞれの演説は該当する宣教旅行の結論的な文章としてパウロの宣教旅行の一般的な主題や問題を示しているので、それぞれの演説には特定の機能がある。  

備考(Remarks)  

2013  A Race to the Throne of Judea. Herod the Great According to the Writings of Flavius Josephus  単著  ISSN 2185-3282 
アカデミア  , 南山大学  , 7  , 33-51  , 2014.01   

概要(Abstract) The paper concerns the beginning of Herod`s career (48-37 B.C.) according to Flavius Josephus’ accounts contained in The Wars of the Jews (Book 1.6-23) and Antiquities of the Jews (Book 14). The aim of the paper is to present the picture of Herod up to the time he started to rule the Kingdom of Judea (72-37 B.C.).  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]