研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
KUCICKI,Janusz ( クチツキ ヤヌシュ , KUCICKI,Janusz )
所属
Organization
人文学部キリスト教学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

新約聖書(パウロ書簡)
聖書ギリシア語
フラウィウス・ヨセフスの書物

学会活動
Academic societies

ポーランド聖書学会員
日本カトリック神学会員
日本聖書学研究所
European Association of Biblical Studies(EABS)
日本新約聖書学会員

社会活動
Community services

神言会日本管区聖書使徒職委員会委員
神言会ハウス院長

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (29)
著書数 books (3)
学術論文数 articles (26)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
John Paul II Catholic University of Lublin 未設定  2008年05月  未設定 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 神学博士課程  Od starotestamentalnego dnia pańskiego ku chrześcijańskiej paruzji. Początki eschatologii nowotestamentalnej w Listach do Tesaloniczan. (旧約聖書の主の日から新約聖書の主の再臨まで。テサロニケの信徒への手紙に基づく、新約聖書の終末論の始まり), 単著、 2008年 5月、 Catholic University of Lublin Johan Paul II, 299p.,博士論文(ポーランド語)。  John Paul II Catholic大学院聖書神学研究科新約聖書専攻パウロ書簡課程  2008年05月 
修士 Licentiatus in Sacra Theologia    Pontificia Academia大学院聖書神学研究科新約聖書専攻パウロ書簡課程  1997年07月 
学士 (神学修士課程)修了    Catholic University of Lublin大学神学部聖書学科  1995年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  The Function of the Speeches in the Acts of the Apostles 

概要(Abstract) The main concern of the study is the function of the speeches in the narrative structure of Acts.  

長期研究  パウロの書簡 

概要(Abstract) パウロの教えはキリスト教のさまざまな教えの泉である。従ってパウロの教えが分からなければキリスト教の教えも分からない部分が出てくる。 

長期研究  PORTRAITS OF PILATE 

概要(Abstract) This study of Pontius Pilate, fifth prefect of Judea province, who remained in office from 26 AD until 36 AD, focuses on the presentation found in the writings of two major Jewish historians(Philo and Josephus Flavius) and Canonical Gospels.  

長期研究  パウロの人生と宣教活動 

概要(Abstract) キリスト教の歴史の中でパウロは第一宣教者とされるが、彼の人生史は知られていない部分が多い。 

長期研究  Herod the Great according to writings of Josephus Flavius 

概要(Abstract) A Race to the Throne of Judea. Herod the Great According to the Writings of Flavius Josephus, 単著、2014年1月、『アカデミア』(7) pp. 33-50 (18p) 。

Herod, the King of Judea. A Life of Herod the Great According to Writings of Flavius Josephus (37-18 B.C.), 単著、2014年3月、『南山神学』第37号、pp. 29-64 (36p) 。
The Last Years of Herod the Great. The Life of Herod the Great according to the writings of Flavius Josephus (18-4 B.C.), 単著、2015年3月、『南山神学』第38号、pp. 49-84 (36p) 。
 

短期研究  Pual and Peter in the Acts 

概要(Abstract) The dominant classification of Acts as the history of the early Christian Church whose main aim is to present the spread of the nascent movement from a less important part of the Roman Empire (Judea) to the very heart of the Empire (Rome), seems to be supported by Ac 1, 8 which is often taken as a kind of very general a table of contents. However, the rather unexpected end of Acts (a short and laconic account regarding Paul’s period in Rome), and Luke’s approach to and use of his sources, allow us to assume that Luke was aiming rather at a great story involving some main hearos and many other participants than are involved in just one thematic story. Following this assumption, based on the content of Acts, it is possible to individuate two main heroes (Peter and Paul) whose fate is somehow connected with many other persons that are also involved in giving witness to Jesus the Resurrected Messiah. In this study we look at Acts as the story concerning the two the most important witnesses, Peter and Paul, in order to determine their contribution to establishing the structural and doctrinal foundation of the New Israel.  

短期研究  ESCHATOLOGY OF THE THESSALONIAN CORRESPONDENCE 

概要(Abstract) The study concerns two passages from the Letters to the Thessalonians (1 Thess 4, 13-5, 11; 2 Thess 2, 1-12), concerning universal eschatology.  

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2017  The Function of the Speeches in the Acts of the Apostles. A Key to Interpretation of Luke’s Uses of Speeches in Acts.  単著  ISSN 0928-0731 
Brill  , その他  , 392  , 2018.01.07   

概要(Abstract) The main concern of the study is the function of the speeches in the narrative structure of Acts. The study approaches the issue from three different perspectives. The first perspective, general in its character, concerns the function of the speeches as a literary genre in the structure of the Acts. To show this function is the purpose of the first chapter. The second perspective concerns the function of the topical speeches (the speeches, which develop the same topic) and of the structural speeches (the speeches without the topic, which is developed in another speech) in each particular section of the narrative in Acts. The result of the analysis provided in chapters two and chapter three are presented in chapter four. This perspective is something new in the study of Acts. The third perspective considers each of the speeches individually. For each speech, we provide three kinds of analysis: first, a narrative or structural analysis with a short outline of the context; secondly, we offer an analysis of the meaning of the speech with additional exegetical explanation; and thirdly, we examine the function of the speech.  

備考(Remarks)  

2014  Eshatology of the Thessalonian Correspondence. A comparative study of 1 Thess 4,13-5,11 and 2 Thess 2,1-12 to the Dead Sea Scrolls and the Old Testament Pseudepigrapha  単著  ISBN 978-3-0343-1474-9 
Peter Lang  , A5  , 401  , 2014.02   

概要(Abstract) The Book refers to universal eschatology contain in the Letters to the Thessalonians (1Thess 4,13-5,11; 2Thess 2,1-1). The whole material is divided in two groups(eschatological motifs and apocalyptic motifs). Each of the motifs is analysed in the Biblical context and in the Intertestamental Literature context (The Old Testament Pseudepigrapha and the Qumran Literature). 

備考(Remarks)  

2008  Paruzja Jezusa Chrystusa. Początki eschatologii nowotestamentalnej w Listach do Tesaloniczan (Parousia of Jesus Christ. The Beginning of New Testament Eschatology in the Thessalonians Correspondence)  単著  ISBN 978-83-7492-084-1 
Vocatio  , A5  , 357  , 2009/03   

概要(Abstract) Letters to the Thessalonians are the earliest writings of the NT, and for that reason they are the subject of unremitting interest to exegetes and theologians. Among the theological issues raised by the Letters the most analyzed and discussed problem is universal eschatology. While in 1 Thessalonians, this issue occurs together with many others exhortations, which the apostle gives the recipients of the Letter, in 2 Thessalonians, it becomes a central theme. In studies of the New Testament general eschatology, the Letters to the Thessalonians are one of the main sources, which provide important information about universal eschatology. 1-2 Thessalonians are base for discussing issues related prodroms, the resurrection of bodies and the Parousia of Christ. 

備考(Remarks) RSB 32;シリース出版:聖書の論文と研究 32号 (Rozprawy i Studia Biblijne 32) 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2019  Portraits of Pilate according to Christian Canonical Writings and Jewish Historical Works. Part four: Pilate in the Narrative of Mathew’s Gospel  未設定   
『南山神学』  , 神言神学院  , 第42号  , pp. 1-24 (24p)  , 2019年3月   

概要(Abstract) The study concerns a portrait of Pilate in the Matthew’s Gospel. Comparing to other Synoptic Gospels (Lk and Mk), Matthew pays much more attention to the person of Pilate. First, through the whole narrative of Jesus’ trial, Pilate is a protagonist, who shows at least neutral (Mt 27, 11-14) but mostly pro-Jesus attitude (Mt 27, 15-26). We will try to argue for reason of such presentation of Pilate, which is in sharp difference to that of other Gospels. We take position that the aim of Matthew’s presentation of Pilate is to free him for any responsibility for Jesus’ crucifixion.  

備考(Remarks)  

2018  エルサレムの使徒会議とパウロ。ルカによるエルサレム会議の説明(使15, 1-35)  単著   
『アカデミア人文・自然科学編』  , 南山大学  , 第17号  , pp. 1-14 (14p)   , 2019年1月   

概要(Abstract) 本研究はいわゆるエルサレム会議とそれへのパウロの関与(使15, 1-35)についてのルカの説明に関するものである。テキストは同じ出来事を指す新約聖書の他のテキスト(特にガラ2, 1-10)と比較することなく分析した。このようなアプローチをした主な理由は、使徒会議とパウロの関わりに対するルカの解釈を探るためである。使徒会議とパウロに関する物語のルカの提示方法は、パウロがイエスの意志の完成によって異邦人の使徒となってゆく姿を示している。 

備考(Remarks)  

2018  ユダヤ人の律法と神の恵-ロマ7, 7-25で語られた人間の罪に関するパウロの議論より-(ロマ7, 17. 24における嘆きの意味)  単著   
『アカデミア人文・自然科学編』  , 南山大学  , 第16号  , pp. 29-47 (19p)   , 2018年6月   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) この研究は/本論文はロマ7, 7-25のテキストに関するもので、そこではパウロがこの世の実存的文脈の中における人間の状況に対して多大な影響を与えた罪と律法との関係に関する自分の議論を展開している。どちらの力も共に人間に関わるもので、両者の反目が「人間の意志」と「人間の行い」の不一致によって表される人間の二分法を生じさせている。ロマ7, 7-25(この箇所の構造に従って)の解釈においては、三つの主体要素(人間、律法、罪)のあらゆる可能な相互の関わり方に見られる関係に特別に焦点を当てた。 

2017  Portraits of Pilate According to Christian Canonical Writings and Jewish Historical Works. Patr three: Pilate According to the Author of Mark's Gospel  単著   
南山神学  , 41  , 21-45 (25p)  , 2018.03   

概要(Abstract) This study continues a series of presentations of Pilate found in ancient writings, this time focusing on the portrait of Pilate, the fifth prefect of Judea, found in the Gospel of Mark. Mark’s particular reason and aim for writing the Gospel shapes his particular approach not only in matters concerning the structure and content of the writing but also in his presentation of the key agents involved in his narrative. Among them, though only marginally present, but no doubt a very important agent, given Mark’s presumed audience is Pilate, for whom Mark reserved a special role.  

備考(Remarks)  

2017  Portraits of Pilate in Jewish Historical Works and Christian Canonical Writings. Part Two: Pilate in Narrative of Luke’s Gospel  単著   
ACADEMIA  , 南山大学  , 15  , pp. 63-77 (15p).  , 2018.01   

概要(Abstract) This study concerns Luke’s perspective on Pilate, the fifth prefect of Judea, as it is presented in Luke’s Gospel. Recording eight events involving the prefect, Luke shows his socio and theological understanding and the inter-operation of the event regarding Jesus’ death, which are directly related to Pilate. Luke’s account concerning Pilate does not lead to making a judgment about Pilate, but shows him rather as a mid-level official trapped between two worlds, trapped between a world where hostility and conflicts of interests could have fatal consequences, where common sense and the demands of justice and truth take second place. A place where the struggle to maintain one’s integrity makes demands almost too weighty for human fragility to bear. 

備考(Remarks)  

2017  Portraits of Pilate in Jewish Historical Works and Christian Canonical Writings. Part One: Pilate according to Josephus Flavius and Philo  単著  ISSN 2185-3282 
ACADEMIA  , 南山大学  , 14  , pp. 91-109 (19p)  , 2017.06   

概要(Abstract) This study of Pontius Pilate, fifth prefect of Judea province, who remained in office from 26 AD until 36 AD, focuses on the presentation found in the writings of two major Jewish historians; Philo and Josephus Flavius. The analysis considers all references regarding Pilate that are found in their writings. The analysis, first focuses on the texts and the information provided in them, and then on a critical interpretation of the information placed in the socio-political context of first century Roman Empire, as well as the socio-religious context in which the writing were created by the authors. This approach helps us to uncover the authors’ tendency in recording the events regarding Pilate.  

備考(Remarks)  

2017  Portraits of Pilate according to Christian Canonical Writings and Jewish Historical Works. Part three: Pilate According to the Author of Mark's Gospel  単著   
南山神学  , 教皇庁認可神学部  , 41  , 21-45  , 2018/03   

概要(Abstract) This study continues a series of presentations of Pilate found in ancient writings, this time focusing on the portrait of Pilate, the fifth prefect of Judea, found in the Gospel of Mark. Mark’s particular reason and aim for writing the Gospel shapes his particular approach not only in matters concerning the structure and content of the writing but also in his presentation of the key agents involved in his narrative. Among them, though only marginally present, but no doubt a very important agent, given Mark’s presumed audience is Pilate, for whom Mark reserved a special role.  

備考(Remarks)  

2016  The Messiah in the Trinitarian Hymn of the Letter to Ephesians. Theological Analysies of the Eulogy in Eph 1, 3-14  単著  ISSN 0287-3730 
南山神学  , 南山大学  , 40  , pp. 57-77 (21p)  , 2017.03   

概要(Abstract) The study concerns the use of the term “Christ” in the eulogy found in the Letter to the Ephesians (Eph 1, 3-14), with particular reference to the understanding of Eph 1, 11. Generally there is no doubt that the term refers to Jesus of Nazareth. However, in verse 11, although pronoun “in Him” that is equivalent of the term “Christ” is used in the same way, it is connected to another pronoun “we”, whose identification is not clear and the subject of diverse interpretations. In this study we argue for identifying the pronoun “we” with Jews, although the majority of scholars do not accept this. This interpretation directly influences the understanding of the pronoun “in Him”, which, although it still refers to Jesus of Nazareth, in this particular context (verse 11) should be taken in a more general sense as the Messiah, a concept that was created within the Jewish tradition and claimed by Christians to be personified in Jesus of Nazareth. 

備考(Remarks)  

2016  彼こそ平和をもたらす者(ミカ5,4)。平和の聖書的な概論。  単著   
アカデミア  , 南山大学  , 13  , 123-132   , 2017.01   

概要(Abstract) 本研究は新約聖書に見られる「平和」という言葉の意味に関するものである。この言葉のキリスト教的な理解とギリシャの著者達による理解との鮮明な対照を明らかにするために、εἰρήνηというギリシャ語の言葉について、短い予備的な紹介をした。「平和」という言葉のキリスト教的な理解は、ギリシャ語のεἰρήνηより、ユダヤ教の‏שָׁלוֹם‏‎‎‎ - シャーロームという言葉と多くの共通点を持つが、そのキリスト教的理解はユダヤ人の伝統が発展させたそれより、いっそう深まった。この言葉のキリスト教的理解は一般的に、人間同士の関係だけではなく、主に神と人間の関係に注意が向けられているが、それは常に終末論的な文脈においてである。 

備考(Remarks)  

2016  使徒言行録におけるルカの聖霊論   単著   
日本カトリック神学会誌  , 日本カトリック神学会  , 27号  , 101-129  , 2016.07   

概要(Abstract) 本論は使徒言行録における聖霊論に関するものである。ルカの一般的な神学的アプローチ(ポイント1)を提示した後、聖霊に関するすべてのペリコペーの分析(ポイント2)を提供する。体系化を図るため、ペリコペーを主題によってグループ分けする。本論の最後の章はルカの聖霊論の特徴(ポイント3)を含む。その特徴は本論のポイント2における分析結果に基づいて提言される。ルカの聖霊論の特徴に関する主な結論は、ルカの聖霊論が神学的論説ではなく、むしろキリスト教徒の共同体の経験に基づいているということである。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  ミレトスにおいてエフェソ教会の長老たちに語られたパウロの演説  単独  2018年9月3日 
日本カトリック神学会第30回学術大会  , 日本カトリック神学会   

概要(Abstract) 読者は事実上、ルカの物語そのものから直接というより、演説に含まれるエフェソでのパウロの業績からより多くのものを学ぶことができる。この部分は非常に体系的な概要になっている。第三次宣教旅行の物語で、ルカはこの演説をパウロの宣教師としての特徴を示す4つの側面を表わす場として選んだ。一つ目の側面は、(A)彼の宣教態度に関するもので(Ac 20, 18-21)、与えられた課題への際限のない献身によって特徴づけられる。二つ目の側面は、(B)彼が働く場所の状況についての気づきと、彼の奉仕に対する深い神学的解釈に関するものである(Ac 20, 22-24)。三つ目の側面は、(B1)パウロとその宣教活動の成果、つまり共同体を引き継いでいこうとする人々との関係を表わしている(Ac 20, 25-30)。長老たちへの助言は、ルカによるパウロの、指導者たちの責任に対する認識を明らかにしている。四つ目の側面は、(A1)宣教活動の報酬に対するルカによるパウロの態度を表わしている(Ac 20, 31-35)。演説の構成(A-B-B1-A1)は、初めの(A)と四番目の(A1)が互いに関連しており、パウロの迫害の預言(B)とエフェソの共同体の話(B1)はこの演説の主題として一つのまとまりになっている。このことは、宣教活動が世界に証拠を示す二つの方法から成ることを指している。一つは信者たちにとってよい証しと手本(ケリュグマを宣べ伝えること(A)と貧しい者への永続的な援助(A1))とならなければならないという日々の生活に関するもの(A-A1)であり、もう一つは信仰のために命を犠牲にすることへの準備(B)と、真の信仰のために戦うこと(B1)である。 

備考(Remarks)  

2017  ユダヤ人の律法と神の恵み――ロマ7, 7-25で語られた人間の罪に関するパウロの議論より――。ロマ7,17.24における嘆きの意味  単独  2017/12/14 
 

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  「彼こそ平和をもたらす者(ミカ 5, 4)。平和の聖書的概念」  単独  2016.06.04 
平成28年度カトリック大学キリスト教文化研究所協議会  , カトリック大学キリスト教文化研究所  , アカデミア  , 南山大学  , 13  , 123-132   

概要(Abstract) 本研究は新約聖書に見られる「平和」という言葉の意味に関するものである。この言葉のキリスト教的な理解とギリシャの著者達による理解との鮮明な対照を明らかにするために、εἰρήνηというギリシャ語の言葉について、短い予備的な紹介をした。「平和」という言葉のキリスト教的な理解は、ギリシャ語のεἰρήνηより、ユダヤ教の‏שָׁלוֹם‏‎‎‎ - シャーロームという言葉と多くの共通点を持つが、そのキリスト教的理解はユダヤ人の伝統が発展させたそれより、いっそう深まった。この言葉のキリスト教的理解は一般的に、人間同士の関係だけではなく、主に神と人間の関係に注意が向けられているが、それは常に終末論的な文脈においてである。 

備考(Remarks)  

2015  使徒言行録におけるルカの聖霊論  単独  2015年9月7日 
日本カトッリク神学会  , 日本カトッリク神学院 東京キヤンプス   

概要(Abstract) 本論は使徒言行録における聖霊論に関するものである。ルカの一般的な神学的アプローチ(ポイント1)を提示した後、聖霊に関するすべての断章の分析(ポイント2)を提供する。体系化を図るため、断章を主題によってグループ分けする。本論の最後の章はルカの聖霊論の特徴(ポイント3)を含む。その特徴は本論のポイント2における分析結果に基づいて提言される。ルカの聖霊論の特徴に関する主な結論は、ルカの聖霊論が神学的論説ではなく、むしろキリスト教徒の共同体の経験に基づいているということである。 

備考(Remarks)  

2015  ロマ11におけるユダヤ人とキリスト教徒の関係。パウロの教えに見るロマ11、1-36の社会的、神学的意味  単独  2015年9月10日 
日本神学学会  , 青山学院大学青山キヤンプス 東京   

概要(Abstract) 本論はロマ11, 1-36におけるパウロの教えに関するものである。この手紙の構成とそれぞれの部分の分析は、11章が新しいイスラエル(キリスト教徒)とイスラエル(イエスを拒否するユダヤ人)との関係を示す教えを含んでいることを表わしている。それはロマ11, 1-36を、キリスト教徒の共同体がクラウディウスの法令後に自分達を見出したという特別な状況の社会的、神学的な解釈を考えるという意味で、特に重要なものにしている。ロマ11, 1-36では、一部のイスラエル人がメシアとしてのイエスを拒絶しているが、それでも彼らは選ばれた民のままであると、パウロは論証している。彼らの一時的な失敗は神の救いの計画の一部と見られている。なぜなら、そのことが異邦人にイエスへの信仰を通して神との契約に入らせることを可能にしているからである。 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2010  授業科目 

これまで学部で以下の講義を担当: 聖書時代史;聖書解釈;新約聖書学(福音書);パウロの書簡;聖書ギリシア語 (初;中);キリスト教基礎演習;キリスト教演習;キリスト教概論。 

全て2010年4月から 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2019  神言神学院図書館の図書館長  2019年4月から 

活動内容等(Content of Activities) 図書館長の立場ト関係するすべてのこと 

2017  神言会ハウス院長  2017年4月から 

活動内容等(Content of Activities) 院長の立場と関係あるすべてのこと 

2009  神言会日本管区聖書使徒職委員会委員長  2009年4月ー2017年3月 

活動内容等(Content of Activities) 聖書使徒職委員会のホーム・ページ作成(svdjpba.net) 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
詳細表示

2019/04/22 更新