研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
池田 亮一 ( イケダ リョウイチ , IKEDA Ryoichi )
所属
Organization
経営学部経営学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

金融経済学・デリバティブ理論

学会活動
Academic societies

2003年1月:日本ファイナンス学会会員(現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (1)
著書数 books (0)
学術論文数 articles (8)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
東京大学大学院経済学研究科 博士課程  2008年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(経済学)  Essays on Capital Asset Pricing  東京大学大学院経済学研究科金融システム専攻博士課程  2008年03月 
修士 経済学    東京大学大学院経済学研究科金融システム専攻修士課程  2005年03月 
学士 経済学    東京大学経済学部経済学科  2003年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  金融資産の価格付けメカニズムの理論構築と実証研究 

概要(Abstract) 金融市場が安定的かつ効率的であるためには、市場で取引される資産価格が適正に価格付けされることが必要である。そこで、金融資産の経済学的に適正な価格を導くメカニズムを数学的に構築し、実際の価格と比較分析することによって、より健全な金融市場を構築するための提言を行う。 

短期研究  企業属性と株式リスクプレミアム 

概要(Abstract) 規模や負債比率などの企業の様々な属性がどのような経済学的メカニズムの下で価格に反映されるかを解明し、投資家が要求する株式リスクプレミアムの大きさを測る。 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  Can the consumption-based model with durable goods explain the US yield curve?  共著   
2017 FMA European Conference  , 2017 FMA European Conference  , 2017/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Credit risk analysis with creditor’s option to extend maturities  共著   
Annals of Finance  , Springer  , Vol.12  , pp. 275-304  , 2016/10   

概要(Abstract) We present a Merton (J Finance, 1974)-type structural model of credit risk in which the borrower firm refinances its debt, there is cost for bankruptcy, and the creditor has an option to extend the date of maturity of debt if the firm defaults. We
show that a solution exists in such a model and in that solution the creditor has incentive to extend maturity to avoid bankruptcy cost. We solve the model numerically and argue that such maturity extension option for the creditor can have substantial impact on the debt and stock values of the firm. 

備考(Remarks)  

2015  Do Durables Actually Matter? : Implications of US Interest Rates  共著   
 

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 2015年南山横国ファイナンスワークショップ補遺 

2014  Term Structure and Risk Premium for Persistence in Durable Goods Consumption  共著   
Eastern Finance Association 2015  , 48p.   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付論文 

2013  The Term Structure of Interest Rates in a Two-Good Consumption-Based CAPM  共著   
Proc. of The 10th International Conference on Economics, Finance and Accounting and The 5th Conference on Cross-Strait Banking and Finance  , 44  , 2013/05   

概要(Abstract) This paper studies the term structure of the US interest rates by a consumption-based capital asset pricing model that has two types of consumption goods. The introduction of durable consumption goods, the consumption level of which persists more than that of non-durable goods, generates high premium against inflation for long terms. When investors demand positive risk premium for this persistence, the model explains several features of the US yield curve data; the expected real yield curve is upward-sloping and long-maturity nominal rates are high. 

備考(Remarks)  

2012  Analysis of the Term Structure of Interest Rates by a Consumption-Based Model  単著   
Proc. of 2012 Conference on East Asia Finance  , 34p.  , 2012/05/26   

概要(Abstract) This paper studies the term structure of real interest rates using a consumption-based capital asset pricing model (CCAPM) that has two types of goods each period: durable goods and non-durable goods. When the relative risk aversion is high and the intra-temporal elasticity of substitution is smaller than the inter-temporal elasticity of substitution, the model produces an upward sloping average yield curve as is observed in the US market. When the intra-temporal elasticity of substitution is greater than the inter-temporal one, the model produces a downward sloping average yield curve as is observed in the UK market. The model can also generate higher volatility and serial correlation than the standard single-good CCAPM. 

備考(Remarks)  

2011  消費ベースモデルによる利子率の期間構造の分析  単著   
経営財務研究  , 日本経営財務研究学会  , 第31巻第1号  , pp. 56-75  , 2011/06   

概要(Abstract) 本論文では、実質利子率の期間構造を、耐久財を導入した2財の消費CAPMを用いて求めその性質について分析したものである。Piazzesi and Schneider(2006)において消費CAPMによって理論的に求められた実質利子率の期間構造は、実証研究に反して平均イールドカーブが右下がりとなる。新たに耐久財を導入したCAPMを用いることによって、投資家の相対的リスク回避度が高く、さらに2財の消費代替弾力性が異時点間の効用の代替弾力性を下回る場合に、米国市場で観察されるような右上がりの平均イールドカーブを得ることができる。また、逆に2財の消費代替弾力性が異時点間の効用の代替弾力性を上回る場合には、平均イールドカーブが右下がりとなり、また景気とイールドカーブは正の連動性を持つが、これらの結果は英国市場における実証分析の結果と一致する。 

備考(Remarks)  

2007  非経路依存型バランスシートアプローチ  共著   
CIRJEディスカッション・ペーパー  , 東京大学  , CJ-179  , 28   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 池田亮一,小林孝雄,共同研究につき本人担当部分抽出不可能 

2007  Why some Distressed Firms Have Low Expected Returns  共著   
CIRJEディスカッション・ペーパー  , 東京大学  , CF-504  , 21   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Ryoichi Ikeda, Takao Kobayashi,共同研究につき本人担当部分抽出不可能 

2007  Essays on Capital Asset Pricing  単著   
東京大学  , 95   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 東京大学大学院博士論文 

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2015  Do Durables Actually Matter? - Implications of US Interest Rates  共同  2015/11 
南山横国ファイナンスワークショップ   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Term Structure and Risk Premium for Persistence in Durable Goods Consumption  共同  2015/06 
2015 FMA European Conference   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Credit Risk Analysis with the Presence of Creditor’s Option to Postpone Redemption  共同   
The 51st Meeting of the EWGFM and 1st Conference of the Research Centre for Energy Management (RCEM) at ESCP Europe & the International Centre for Shipping, Trade and Finance   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  Equity Returns, Value Premium and Credit Risk  単独   
AsianFA-NFA 2008 International Conference  , 日本ファイナンス学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  Modeling Credit Risk: A Structural Approach with Long-term and Short-term Debts  共同   
第14回日本ファイナンス学会  , 日本ファイナンス学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 池田亮一,小林孝雄,高橋明彦、東京大学(口頭発表を担当) 

2003  変額年金保険の評価  共同   
第11回日本ファイナンス学会  , 日本ファイナンス学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 小林孝雄,池田亮一、長谷川洋一郎,武蔵大学(口頭発表を担当) 

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2009  講座開催 

日本証券アナリスト協会主催・数量分析入門講座
講師
大阪証券取引所内セミナー室にて開催(8月・3月に5時間ずつ)
証券業に携わる一般社会人向けの基礎的数学・統計講座 

8月、3月 
2008  講座開催 

日本証券アナリスト協会主催・数量分析入門講座(全9回)
講師
東京証券取引所内セミナー室にて開催
証券業に携わる一般社会人向けの基礎的数学・統計講座 

7月、9月、11月、2月 
2007  講座開催 

日本証券アナリスト協会主催・数量分析入門講座(全9回)
講師
東京証券取引所内セミナー室にて開催
証券業に携わる一般社会人向けの基礎的数学・統計講座 

5月、7月 
2006  講座開催 

日本証券アナリスト協会主催・数量分析入門講座(全9回)
講師
東京証券取引所内セミナー室にて開催
証券業に携わる一般社会人向けの基礎的数学・統計講座 

5月、7月、9月、11月、2月 
2005  講座開催 

日本証券アナリスト協会主催・数量分析入門講座(全9回)
講師
東京証券取引所内セミナー室にて開催
証券業に携わる一般社会人向けの基礎的数学・統計講座 

5月、7月、9月、11月、2月 
詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2019/04/25 更新