研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
大井 由紀 ( オオイ ユキ , OOI Yuki )
所属
Organization
外国語学部英米学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

社会学、移民研究、アジア系アメリカ人研究、グローバリゼーション研究

学会活動
Academic societies

日本社会学会、関東社会学会


出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻 博士課程  2007年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 社会学  越境と境界線の社会学:分析的境界領域としての19世紀末在米中国人  一橋大学大学院社会学研究科地球社会研究専攻  2009年07月 
修士 社会学    一橋大学大学院   
修士 Social Sciences    シカゴ大学(The University of Chicago)   
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  境界線形成とデモクラシーの限界 

概要(Abstract) 境界線(国境線・人種・ジェンダー)形成から公共圏とデモクラシーの意義と限界について考察すること、及び、それがグローバリゼーションによりどう変化しているか、そのプロセスと人々が折衝しているか考察すること。 

短期研究  19世紀末-20世紀初頭の在米チャイニーズのトランスナショナリズムとアメリカの国民国家形成 

概要(Abstract) 米中間でトランスナショナルな社会が形成される中で起きた19世紀末の諸権利獲得運動の展開と挫折から、アメリカの公共圏形成と陥穽を考察する。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  杉田米行(編).『アジア太平洋地域の複眼的分析:歴史と展望』  未設定   
明石書店  , 未設定  , 近刊   

概要(Abstract) 「定期的蒸気船の太平洋航路開設とアジア-アメリカの「接触領域」の形成」の章を執筆 

備考(Remarks)  

2015  第二次世界大戦の遺産  共著   
大学教育出版  , 未設定  , 1-18  , 2015/10/30   

概要(Abstract) 第1章「帝国の『触手』としての蒸気船―太平洋航路がアジア・アメリカに意味するもの」を執筆 

備考(Remarks)  

2015  Yoneyuki Sugita ed., Japan Viewed from Interdisciplinary Perspectives: History and Prospects   共著   
Lexinton Books  , 未設定  , 3-20  , 2015/10/29   

概要(Abstract) Chapter 1: Borders of “American Citizens” Created in a More Globalized World: The Significance of the Transpacific Steamship Route for Asian Immigration to the Unites States in the Late 19th Century を執筆 

備考(Remarks)  

2014  杉田米行(編). 『アメリカ観の変遷』 上巻  共著   
大学教育出版  , A5  , pp.45-65  , 2014/10/30   

概要(Abstract) 第3章「移民排斥と出生地主義―理念と主権のあいだ」を執筆 

備考(Remarks)  

2013  中筋直哉・五十嵐泰正(編).『よくわかる都市社会学』  共著   
ミネルヴァ書房  , 未設定  , 2013/4   

概要(Abstract) 「ニューヨーク」と「サスキア・サッセン」の項目を執筆した。 

備考(Remarks)  

2011  駒井洋(監修)、明石純一(編).『移住労働と世界的経済危機』  共著   
明石書店  , 未設定  , pp.227-238  , 2011/11   

概要(Abstract) リーマンショック前後の非登録移民をめぐるアメリカの状況と、非登録移民が提起する生得の市民権やシティズンシップといったイシューを論じた。 

備考(Remarks) 分担執筆
「潜在的脅威から潜在的市民へ?」「移民問題」がアメリカへ提起する問題」という題で、一章分を担当した。 

2011  宮川佳三(編)『アメリカ研究の統合化の役割としての「映画」』  未設定   
行路社  , 未設定  , pp.169-180  , 2011/11   

概要(Abstract) エスニック・マイノリティにとり、別のエスニシティと関わることがどのような意味をもつのか、インド系移民を描いた映画『その名にちなんで』に基づいて論じた。 

備考(Remarks) 分担執筆。
下記の章を担当した。
・属性からの避難所/抑圧するものとしての「第三の空間・文脈」−映画『その名にちなんで』におけるトランスナショナリティ− 

2009  佐藤成基(編)『ナショナリズムとトランスナショナリズム−変容する公共圏−』  共著   
法政大学出版会  , 未設定  , pp.203-222  , 2010/3   

概要(Abstract) 19世紀末、アメリカのチャイニーズの移民第1世代には拒否された市民権が、なぜ第2世代に認められたのか、人種主義と主権形成のせめぎあいという点から考察した。 

備考(Remarks) 大井由紀 「黄金の扉は開かれたのか?19世紀末中国系移民への生得の市民権付与をめぐる一考察」 

2009  Martins & F. Assandri (Eds.). "From Early Tang Court Debates to China's Rise"  共著   
Amsterdam University Press  , 未設定  , pp.23-38  , 2009/11   

概要(Abstract) 1893年米・シカゴで開催された世界コロンビア博覧会における地元のチャイニーズによる展示と展示に至るまでの過程を、理念としての近代と、生きられた現実の近代の衝突・折衝の過程として考察した。 

備考(Remarks) 分担執筆
Chap.3
'China' on Display at the Chicago World's Fair of 1893: Faces of Modernization in the Contact Zone 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2010  1893年世博会:接触区内不同面貌的現代化  未設定   
神洲交流Chinese Cross Currents  , 澳門利氏学社Macau Ricci Institute  , Vol7, No.3  , 23-38  , 2010   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) Ameterdam UPから出版された論文が中国語訳され、掲載された(訳はMacau Ricci Instituteによる) 

2008  Becoming Transnational through Assimilation: Emergence of National/ Ethnic Identity  単著   
International Journal of Japanese Sociology  , 17  , 2008   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2007  トランスナショナリズムから何が見えるのか?−中国系移民/アメリカ人の『近代化』  単著   
第5回慶應義塾大学21COE-CCC国際シンポジウム「多文化多世代交差世界の政治社会秩序形成−多文化世界における市民意識の動態」報告書  , 2007   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  『中国人意識』とディアスポラ−19世紀末のシカゴを事例として  単著   
華僑華人研究  , 2006   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 研究ノート 

2006  トランスナショナリズムにおける移民と国家  単著   
社会学評論  , 2006   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  移民政策と国民国家形成ートランスナショナリズムにおける「ステート」の位置づけを考える  単著   
一橋論叢  , 2006   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  トランスナショナルな国家主権の形成:19世紀アメリカにおける中国からの人の移動移動を事例として  単著   
年報社会学論集  , 2005   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2003  トランスナショナルな市民社会とデモクラシーに関する批判的一考察:グローバル化の文脈で考える  単著   
一橋論叢  , 2003   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 研究ノート 

2003  グローバル化の中でのフェミニズムの政治的役割:『男女共同参画社会』に対するバックラッシュを契機とした一考察  単著   
Sociology Today  , 2003   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2014  平成26年度科研成果報告書『人種表象の日本型グローバル研究』  コメント  未設定 
pp.41-44  , 2015/03   

概要(Abstract) 6/30開催”Transpacific Japanese/ Asian American Studies: Dialogue Between Scholars in Japan and the U.S."におけるProfessor Erika Leeの講演"Asian Immigration through Angel Island: A History and American Gatekeeping"へのコメント 

備考(Remarks) 『人種表象の日本型グローバル研究』は、竹沢泰子(代表)平成22-26年度科学研究費補助金 基盤研究(S) 課題番号22222003  

2014  Globalization: Key Thinkers  翻訳  未設定 
 

概要(Abstract) 第7章「空間に観察する考察:ピーター・ティッケンとサスキア・サッセン」を担当 

備考(Remarks)  

2012  『グローバリゼーション辞典』  翻訳  共訳 
明石書店  , 2012年   

概要(Abstract) Andrew JonesによるDictonary of Globalizationの翻訳 

備考(Remarks)  

2010  書評:園田節子『南北アメリカ華民と近代中国』  書評  単著 
移民研究年報  , 日本移民学会  , 第16号  , pp.156-160  , 2010/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  書評:トーペイ「帝国の囲い込み?-覇権主義的帝国における身分証明と移動制限」  翻訳  単訳 
平成16年度―19年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書『ジェンダーのグローバリゼーション分析-移動のポリティクスと身体の変容』(研究代表者:伊豫谷登士翁)  , pp.248-258  , 2008/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2008  サスキア・サッセン『グローバル・シティ』  翻訳  共訳 
筑摩書房  , 2008/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 伊豫谷登士翁・監訳
高橋華生子・共訳 

2007  在米華僑華人研究の最前線  書評  単著 
華僑華人研究  , 日本華僑華人学会  , 第4号  , pp.109-114  , 2007/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  ブルーベイカー『フランスとドイツの国籍とネーション』  書評  単著 
年報筑波社会学II期  , 第II期創刊号  , 133-135  , 2007/4   

概要(Abstract) 書評した書籍:ロジャース・ブルーベカー『フランスとドイツの国籍とネーション』(佐藤成基・佐々木てる(監訳)) 

備考(Remarks)  

2002  伊豫谷登士翁(編).『グローバリゼーション』  書評  共著 
作品社  , p.179  , 2002/12   

概要(Abstract) 担当箇所:J.D. Schmidt&J. Hersh et al."Globalization and Social Change" 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2016  "CSR for Whom?: Ethnic Minorities to be Stakeholders"  単独  2017/03/03 
Workshop on Corporate Social Responsibility as Collaboration among Government, Businesses and Civil Society  , 日韓CSR研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Comment in Response to Prof. Erika Lee's Lecture  未設定  2014/06/30 
Transpacific Japanese/Asian American Studies: Dialogue Between Scholars in Japan and the U.S.  , 京都大学人文科学研究所 「人種表象の日本型グローバル研究」(科研基盤(S))   

概要(Abstract) Professor Erika Lee氏の研究報告"Asian Immigration through Angel Island: A History of Race and American Gatekeeping"のコメンテーターを務めた

 

備考(Remarks)  

2013  “Steamships on the Border Between Inclusion and Exclusion: The United States’ Exclusion of Chinese Migrants in the in the Late 19th Century”   単独  2014/2/25 
USJI Week  , US-Japan Institute   

概要(Abstract) アメリカにおける19世紀の国内旅行の発展を海外旅行の始まりへつなげる結節点として蒸気船の発展について論じました。また、世界の主要とした蒸気船によって接続されたことの意義、アジアからアメリカへの移民への影響についても論じました。 

備考(Remarks)  

2013  “Birthright Citizenship Questioned: ‘Chinese Citizens’ in the Periphery of Sovereignty, Freedom and Equality in Late Nineteenth Century America”  単独  2014/2/15 
Interdisciplinary Perspectives for Asia- Pacific Region History and Prospect   , Osaka University International Symposium   

概要(Abstract) アメリカにおけるアジア系に対するシティズンシップのあり方について論じました。 

備考(Remarks)  

2013  「『異質さ』の排除と包摂:19世紀後半のチャイニーズを事例として」  単独  2013/11/15 
大阪大学アメリカ研究会特別招聘講演会  , 大阪大学アメリカ研究会   

概要(Abstract) 帆船から蒸気船への転換と日中からアメリカへの越境移動、および、アメリカから海外への旅行のはじまりを論じることで、「アジア」イメージがアメリカで重層的に構成されていったことを論じました。 

備考(Remarks)  

2012  境界線からみた「近代化」:「アメリカ」におけるチャイニーズの包摂と排除から  単独  2012/11/23 
トランスナショナル移民研究会  , 立命館大学・トランスナショナル移民研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  留学生からみた「近代化」:「アメリカ」を通してみる「チャイナ/清」  単独  2012/1 
グローバル社会理論フォーラム   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  『他者性』をめぐる越境と境界線―19世紀末のチャイニーズ移民排斥と世界旅行― (国際・エリアスタディズ部会)  単独  2010/11/06 
日本社会学会第83回年次大会  , 名古屋大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  Staging Cosmopolitanized Foreignness in Re-nationalizing Tokyo (Emergent Urban Research and Theorization Agendas Session)  共同  2009/05/10 
World Social Sciences Forum  , International Social Science Council   

概要(Abstract) 招聘
 

備考(Remarks)  

2008  「主権」を歴史化する―― 19 世紀末アメリカの移民政策を事例として  単独  2008/11/24 
日本社会学会 第81回年次大会, ポスターセッション  , 東北大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2017  科学研究費補助金  グローバル都市の底辺層の構造と変容 
非代表  文部科学省   

研究内容(Research Content) 2017-2020年度
ニューヨーク担当 

備考(Remarks) 基盤研究A
分担者として参加 

2017  科学研究費補助金  環太平洋越境移動空間の形成と「他者」の排除・受容―在米中国系移民を事例として 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 平成27-30年度継続課題
若手研究B 

2017  科学研究費補助金  国連グローバル・コンパクトを中心としたグローバルCSRレジームの研究 
非代表  日本学術振興会  18,200,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 基盤研究B: 研究分担者として参加
2016年度からの継続課題 

2017  受託研究  多文化共生デモクラシーの社会基盤設計―制度・構造・規範の国際比較共同研究  
非代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 2016-2018年度 継続課題
課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業(グローバル展開プログラム)
分担者として参加 

2016  科学研究費補助金  環太平洋越境移動空間の形成と「他者」の排除・受容―在米中国系移民を事例として 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 平成27-30年度継続課題
若手研究B 

2016  受託研究  多文化共生デモクラシーの社会基盤設計―制度・構造・規範の国際比較共同研究  
非代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 2016-2018年度
 

備考(Remarks) 課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業(グローバル展開プログラム)
分担者として参加 

2016  科学研究費補助金  国連グローバル・コンパクトを中心としたグローバルCSRレジームの研究 
非代表  日本学術振興会  18,200,000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 基盤研究B: 研究分担者として参加 

2015  科学研究費補助金  環太平洋越境移動空間の形成と「他者」の排除・受容―在米中国系移民を事例として 
代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 平成27-30年度 

2014  科学研究費補助金  移動産業の成長と「他者」の排除・消費―19世紀在米中国移民を事例として 
代表者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 継続課題2014-15年度 

備考(Remarks)  

2013  科学研究費補助金  移動産業の成長と「他者」の排除・消費―19世紀在米中国移民を事例として 
研究代表  日本学術振興会   

研究内容(Research Content) 2013―14年度 

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2016  「世界一大きな授業」ファシリテーター 

於:九州大学 

2015/05/24 
2015  合同合宿開催 

九州大学・立命館大学と合同合宿を実施した(於:立命館大学) 

2015/11/21~2015/11/23 
2015  「世界のしくみを学ぶワークショップ:フードマイレージ」ファシリテーター 

於:九州大学 

2015/10/17 
2015  一般財団法人全国大学実務教育協会「能動的学修の教員研修リーダー講座」参加、終了認定証取得 

能動的学修の歴史的バックグラウンドや具体的な実践例について学んだ 

2015/08/29, 9/26, 10/24 
2014  能動的学習(LTD)の実践 

受講者の主体性をひきだす学習法として注目されているLTD(Learning through Discussion)を3・4年生の演習、1年生の英語のAcademic Writingの講義で実践した。 

 
2014  ESD教育の実践 

ESD(Education for Sustanable Development)で行われているワークショップを基に、ゼミ生主体で各イシューに即したワークショップを考案し、実行した 

 
2013  能動的学習(LTD)の実践 

受講者の主体性をひきだす学習法として注目されているLTD(Learning through Discussion)を3・4年生の演習で実践した。 

 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2017  日本華僑華人学会 学会誌編集委員会   2017/01/01- 

活動内容等(Content of Activities) 学会誌の編集・査読 

2017  認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ 会員   

活動内容等(Content of Activities) ニューヨークにおける人権にかかわる活動 

2016  日本華僑華人学会 学会誌編集委員会  2016/01~ 

活動内容等(Content of Activities) 学会誌の査読・編集作業を担当しました 

2015  模擬授業  2015/11/20 

活動内容等(Content of Activities) 私立浜松海の星高等学校で模擬授業を行いました 

2015  世界一大きな授業  2015/ 5/24, 6/29, 6/30 

活動内容等(Content of Activities) 教育協力NGOネットワーク(JNNE)・九州大学・特定非営利法人NGO福岡ネットワーク(FUNN)共催「世界一大きな授業」にファシリテーターとして参加。参加した南山生の引率も行った。 

2014  平和のつたえ方ワークショップ  2014/7/26 

活動内容等(Content of Activities) 九州大学国際政治学教室主催「平和のつたえ方ワークショップ」にファシリテーターとして参加 

2014  世界一大きな授業  2014/5/10, 5/11, 5/18 

活動内容等(Content of Activities) 教育協力NGOネットワーク(JNNE)・九州大学・特定非営利法人NGO福岡ネットワーク(FUNN)共催「世界一大きな授業」にファシリテーターとして参加 

2013  日本華僑華人学会 編集委員会編集室長  2013/01-2013/11 

活動内容等(Content of Activities) 学会誌第10号担当編集 

2012  日本華僑華人学会・学会誌編集委員  2011/11-2013/10 

活動内容等(Content of Activities) 学会誌編集 

2011  日本移民政策学会・査読者  2011 

活動内容等(Content of Activities) 学会誌査読 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2017/05/04 更新