研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
星野 昌裕 ( ホシノ マサヒロ , HOSHINO Masahiro )
所属
Organization
総合政策学部総合政策学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

国際政治学、現代東アジア研究、現代中国政治、中国の少数民族問題

学会活動
Academic societies

日本国際政治学会(2007年10月〜2011年11月 東アジア分科会責任者)、アジア政経学会(2006年4月〜2008年3月 学会誌『アジア研究』編集委員、2011年11月~2013年6月 学会誌『アジア研究』書評委員)、慶應法学会、現代韓国朝鮮学会

社会活動
Community services

2001年6月-2001年6月 米国広報・文化交流庁招待米国視察調査
2005年 4月-2006年3月 内閣官房 Study Committee of Asian Policy 委員
2011年4月-2012年3月 大学コンソーシアムせと協議会副会長
2013年4月-現在に至る 一般財団法人コジマ財団評議員
2013年4月-現在に至る 公益信託にっとくアジア留学生奨学基金運営委員
2013年4月-現在に至る 公益財団法人名鉄国際育英会理事
2013年4月-現在に至る 一般財団法人日本ガイシ留学生基金選考委員会委員

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (35)
著書数 books (17)
学術論文数 articles (18)

出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
一橋大学社会学部 1993年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻 博士後期課程  1999年03月  単位取得満期退学 
慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻 博士後期課程  1995年03月  修了 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(法学)    慶應義塾大学大学院  2011年09月20日 
修士 修士(法学)    慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻  1995年03月 
学士 学士    一橋大学社会学部  1993年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  東アジアの政治変動に関する研究 

概要(Abstract) 中国、台湾、韓国、北朝鮮そして日本を取り巻く東アジア地域が、政治・経済・社会の国内問題および国際関係の影響を受けながら、その政治体制を変容させていく可能性についての研究。 

短期研究  現代中国の国家統合と民族問題 

概要(Abstract) 多民族多宗教国家の中国が如何にして国家の統合を保持しているのかについて、とくに民族問題に焦点をあてて研究している。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2020  よくわかる現代中国政治  共著   
ミネルヴァ書房  , A4  , 238p.  , 2020/04/14   

概要(Abstract) 本書において、中国・胡錦濤政権期における「少数民族地域の不安定化」について執筆した。改革開放時代の1984年に制定された民族区域自治法は、少数民族に対する計画出産の弾力的運用や大学入試での優遇などを謳い、政治面でも民族自治の観点から、自治区主席、自治州州長、自治県県長といった行政機関のトップリーダーに当地の主たる少数民族をあてることを定めていた。しかし、実質的な政治権力を握る党書記については少数民族を優遇する規定はなく、チベット自治区や新疆ウイグル自治区など五つの自治区すべてで漢族が党書記を担当している。少数民族にとって、中国共産党による一党支配体制とは漢族が政治権力を独占するガバナンスでもある。また経済発展に伴って、チベット自治区は鉄道で内地と結ばれ、新疆ウイグル自治区では石油開発がさらに進むなど、自治区への漢族の流入と漢族主導の経済開発が進んだ。少数民族の間には法で定められた民族自治が形骸化しているとの不満があり、胡錦濤政権期において不満を爆発させたのが、チベットとウイグルであった。チベットやウイグルの不安定化には多くの要因があるが、ガバナンスという観点からすれば、少数民族の意見や不満を集約する機能が中国政治に欠けている点が指摘できる。一党独裁体制の中で、少数民族の意見を吸い上げ、それを政策としてフィードバックするためのガバナンス構築が必要である。
 

備考(Remarks)  

2018  『「1968」年再訪 「時代の転換期」の解剖』  共著   
行路社  , A5  , 327p.  , 2018/10/05   

概要(Abstract)  本書において第10章「中国文化大革命における理想と現実」(pp.189-206.(18p))を執筆した。1968年あるいはそれも含めた1960年代全体を「時代の転換期」という視点から再考しようとする場合、中国政治の文脈でそのもっとも中心的な位置を占めるのは、なんといっても「プロレタリア文化大革命」である。1968年の世界的な変動のなかで、西側諸国の学生運動などでも毛沢東の肖像画が賞賛的に掲げられるなど、世界の社会運動にあたえた影響も大きかった。1966年から1976年まで展開された文化大革命は、「混乱の10年」と一言で総括されることが多い。しかし、もし文化大革命が単なる「混乱の10年」であったとしたら、文化大革命を時代の転換期と捉えることはむずかしいだろう。文化大革命の期間にも、組織や制度が破壊されただけではなく、現在の中国政治を分析するうえで重要な機能を果たす制度が生み出されているケースもあり、文化大革命は単に「混乱の10年」の一言で総括できるものではない。本論文では、中国における1968年および1960年代が時代の転換期であるとすればそれはどのような意味においてそう言えるのかについて、1949年の中華人民共和国建国からの前史を視野にいれながら検討を進めた。 

備考(Remarks)  

2015  人文・社会科学のための研究倫理ガイドブック  共著   
慶應義塾大学出版会  , 未設定  , pp.217-221  , 2015/10/30   

概要(Abstract) 「地域研究における非民主主義体制研究と研究倫理」を執筆 

備考(Remarks)  

2015  地図で読む 世界史  共著   
実務教育出版  , 未設定  , 2015/07/05   

概要(Abstract) 「多民族国家 中華人民共和国」を執筆 

備考(Remarks)  

2014  変容する中国・国家発展改革委員会 機能と影響に関する実証分析  共著   
未設定  , 2015/02/20   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  現代中国政治外交の原点  共著   
慶應義塾大学出版会  , 未設定  , 406 p.  , 2013/10/18   

概要(Abstract) 同書のなかで「「自治」をめぐる民族紛争-民族区域自治制度の制定と展開」、pp.207-225.(19p.)を執筆した。

 

備考(Remarks)  

2013  東アジア分断国家 中台・南北朝鮮の共生は可能か  共著   
原書房  , 未設定  , 235 p.  , 2013/05   

概要(Abstract) 本書第1章「「共生」概念の検討-現代東アジア研究への視座-」、pp.1-24.(24p.)を執筆。 

備考(Remarks)  

2013  中国がつくる国際秩序  共著   
ミネルヴァ書房  , 未設定  , 254 p.  , 2013/05   

概要(Abstract) 同書において、「中国のナショナリズムと民族問題」119-137.を執筆した。 

備考(Remarks)  

2011  党国体制の現在 変容する社会と中国共産党の適応  共編著   
慶應義塾大学出版会  , 未設定  , 268p.  , 2012/02/25   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  中国は、いま  共著   
岩波書店  , 未設定  , 247頁  , 2011/03   

概要(Abstract) 岩波新書(赤1297)『中国は、いま』第5章「周縁からの叫び−マイノリティ社会と国家統合」(99〜117頁)を執筆。 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2021  国際的な軋轢を深める中国のウイグル政策  単著   
東亜  , 霞山会  , 2021年10月号/No.652  , pp.18-25  , 2021/10/01   

概要(Abstract) 中国のウイグル政策をめぐって欧米諸国と中国との軋轢が激しくなっている。2021年7月にアメリカ政府は新疆ウイグル自治区での強制労働や人権侵害の深刻さを理由に、同自治区に関連する投資やサプライチェーンから撤退しない企業や個人は、国内法に違反する高いリスクを負う恐れがあると警告し、アメリカ上院は「ウイグル強制労働防止法案」を全会一致で可決した。これまでもアメリカ政府は、特定の中国企業・団体や品目に制裁をかけていたが、この法案が下院を通過し大統領が署名して成立をすると、新疆ウイグル自治区からの全ての産品輸入が原則的に禁止されることとなり、輸入するには生産過程で強制労働が行われていないことを立証する必要がでてくる。新疆ウイグル自治区産品をアメリカへ輸出する日本企業にも大きなインパクトを与えることになる。このような国際問題化のきっかけは、新疆ウイグル自治区で「職業技能教育訓練センター」なる収容施設の運用が明るみにでたことにある。「職業技能教育訓練センター」とは中国政府が使用する呼称に過ぎず、欧米諸国はこの収容施設を「再教育キャンプ」とみなし、少数民族に対するジェノサイドの温床になっていると厳しく批判している。本稿では、習近平政権のウイグル政策に関連づけて「職業技能教育訓練センター」なる施設について検討を加えるとともに、中国で新疆ウイグル自治区にのみ存在する新疆生産建設兵団についての分析を加えている。さらに2021年8月末に開催された中央民族工作会議を踏まえて中国の民族政策の行方を分析し、ウイグル政策の展望について論じた。 

備考(Remarks)  

2020  Four factors in the “special relationship” between China and North Korea: a framework for analyzing the China–North Korea Relationship under Xi Jinping and Kim Jong-un  共著  https://doi.org/10.1080/24761028.2020.1754998 
Journal of Contemporary East Asia Studies  , Taylor & Francis  , Vol.9  , pp.18-28  , 2020/04/20   

概要(Abstract) Background:Analyzing North Korea is essential for examining international relations in East Asia as a whole, but North Korea’s tight control over information makes this difficult. Another factor complicating analysis of North Korea is its “special relationship” with China.
Purpose:The aim of this paper is to examine four factors contributing to the “special relationship” between China and North Korea, how that relationship came about, and how it functions within the context of international politics today.
Main Argument:This paper is a structural analysis of China–North Korea relations that describes four factors behind their “special relationship.” It continues by analyzing China–North Korea relations under Xi Jinping and Kim Jong-un up to the deployment of THAAD in South Korea.
Conclusion:The “special relationship” between China and North Korea is based on four factors. What is distinctive about these factors is that they can bring the two sides together but also push them apart. In terms of national security issues, the force bringing them together has ultimately prevailed. Socialist ideology issues have surfaced much less frequently now and have lost their capacity to both bring the two together and push them apart. In the area of traditional ties, the two leaders are attempting to use their personal relationship to have closer relations, but this is not having much lasting effect. Where economic relations are concerned, Beijing and Pyongyang have become even more dependent on each other and this is a strong force pushing them closer together. 

備考(Remarks)  

2019  第2期習近平政権の民族政策に係る中間評価と展望  単著   
『防衛学研究』  , 日本防衛学会  , No.62  , pp.41-58  , 2020/03/31   

概要(Abstract) 本稿は、2012年11月にスタートした第1期習近平政権期を視野に入れながら、2017年にスタートした第2期習近平政権の民族政策にかかる中間評価と展望を明らかにした。具体的には、第1節において、民族政策を評価するための基準を抽出するために、第1期習近平政権期に開催された中央民族工作会議をめぐる論争を分析し、第2節では、とくにウイグル族とイスラム教に関係する3つの問題、すなわち、ウイグル問題に関連する組織と人事の再編、「宗教の中国化」の推進、“職業技能教育訓練センター”に関する諸問題をとりあげて、習近平政権がどのような政策を展開したかを明らかにした。 

備考(Remarks)  

2019  Preferential policies for China’s ethnic minorities at a crossroads  単著  https://doi.org/10.1080/24761028.2019.1625178 
Journal of Contemporary East Asia Studies  , Taylor & Francis  , Vol.8  , 2019/06/05   

概要(Abstract) Background: The Chinese government’s principle of regional ethnic autonomy has remained consistent since the founding of the PRC in 1949. However, some voices within the country are calling on the government to rethink the principle of ethnic autonomy. Purpose: This paper discusses two examples in support of the hypothesis that the system favoring ethnic minorities under the regional autonomy system implemented since the foundation of modern China has reached a turning point. Main Argument: The first example describes the government’s handling of ethnic minority issues, in particular the July 2009 disturbances in Urumqi in the Xinjiang Uyghur Autonomous Region. The second outlines the political discussion of the regional ethnic autonomy system, with open discussion in the past few years about changing the system advanced by an individual formerly directly involved in formulating and implementing ethnic policies. Conclusion: The first example demonstrates that the government’s policy of expanding preferential measures favoring ethnic minorities in order to stabilize restive autonomous regions has become untenable. The second highlights that the government’s confidence in its hard-line measures, even to the extent of allowing open discussion within China of whether the regional ethnic autonomy system should be reevaluated. This paper’s conclusion is that preferential policies for China’s ethnic minorities are at a crossroads.  

備考(Remarks)  

2017  習近平政権期における民族問題と政策論争  単著   
問題と研究  , 国立政治大学国際関係研究センター(台湾)  , 第46巻2号  , pp.1-22  , 2017/06/30   

概要(Abstract) 2008年のチベット騒乱、2009年のウルムチ騒乱以来、中国の民族問題は国際的な関心を急速に高めた。2012年にスタートした習近平政権下においても民族問題は頻発しているが、中国政府はチベットとウイグルの問題を国家分裂活動あるいはテロであって民族問題ではないとの立場をとり、民族政策とは切り離された安全保障あるいは社会治安問題として対策がとられている。では中国における民族政策がなくなったのかと言えばそうではなく、今後の民族政策がどのような方向性を持つべきかについて、様々な観点から論争が起こっている。本稿では、民族の差異を強調しない方向に政策を変えるべきだと主張する朱維群と、現行の民族政策を維持すべきとする中国民族報特約評論員との論争を取り上げた。論争の決着はついていないが、少数民族地域の社会構造が変わっていけば、民族政策が変化し始める可能性は否定できないといえる。 

備考(Remarks)  

2016  現代中国政治にとっての文化大革命ー少数民族問題の視点からー  単著   
「1968」年の意義に関する総合的研究-「時代の転換期」の解剖  , 南山大学地域研究センター  , pp.67-74  , 2017/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  ロシア極東・中国東北部関係の現状と課題ーウラジオストク・ハバロフスク現地調査の知見からー  単著   
平成27年度調査研究委嘱『中露関係』最終報告書  , 日本国際問題研究所  , pp.43-48  , 2016/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  ウイグル族問題――なぜ中国は優遇政策に舵を切れないのか  単著   
SYNODOS  , 2015/06/18   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  習近平政権と新疆ウイグル自治区の民族問題  単著   
『東亜』  , 霞山会  , No.573  , pp.100-107  , 2015/03/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  現代中国政治と少数民族問題-民族区域自治制度によるマイノリティ社会の国家統合-  単著   
p213  , 2011/09/20   

概要(Abstract) 慶應義塾大学大学院法学研究科に提出した博士論文。 

備考(Remarks) 博士論文 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2021  国際問題化する中国のウイグル政策   依頼論考  単著 
治安フォーラム  , 立花書房  , 2021年10月号  , pp.31-39  , 2021/10/05   

概要(Abstract) ウイグル問題に対する中国への国際的な圧力が増加するにもかかわらず、中国がウイグル政策を軟化させないのはなぜかという問いに対して、地政学上の構造、民族別人口構造、中国の民族政策論争を辞令に取り上げて、その理由を明らかにした。 

備考(Remarks)  

2021  ウイグル政策を軟化させない中国の背景  依頼論考  単著 
公研  , 公益産業研究調査会  , 第59巻第8号  , pp.86-87  , 2021/08/08   

概要(Abstract) 中国政府がウイグル政策を軟化させる可能性があるのかどうか、その可能性を低く見積もらざるを得ない主要な諸要因に
ついて論じた。 

備考(Remarks)  

2021  中国の少数民族問題をどう捉えるか  依頼論考  単著 
三田評論  , 慶應義塾  , 通巻1258号  , pp.33-36  , 2021/08/01   

概要(Abstract) 特集【中国をどう捉えるか】への寄稿を依頼され、結党100周年を迎えた中国共産党の少数民族政策について論じた。 

備考(Remarks)  

2018  北朝鮮外交論の再構築に向けて  寄稿  単著 
南山大学アジア・太平洋研究センター報  , 南山大学アジア・太平洋研究センター  , 第13巻  , pp.20-24  , 2018/06/30   

概要(Abstract) 2017年11月30日(木)に、「北朝鮮外交論の再構築」と題するシンポジウムを開催した。このシンポジウムは、2015年度から2017年度までを研究期間とする科学研究費基盤研究(B)(課題番号15H03326)「北朝鮮外交論の再構築」で得られた研究成果を対外的に発信することを目的に開催されたものである。本稿は、同シンポジウムでの報告内容を踏まえながら、北朝鮮外交論の再構築を目指すにいたった研究環境の現状と今後の課題について論じたものである。 

備考(Remarks)  

2014  締め付け強める中国共産党 安全保障と経済開発を優先  寄稿  単著 
エコノミスト  , 毎日新聞社  , 2014年6月3日号  , pp.92-93  , 20140603   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  世界宗教地勢 中国 多発する焼身自殺 背景に宗教と民族抑圧  寄稿  単著 
中外日報  , 2014年5月28日  , 20140528   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  無差別に市民標的 抑圧にウイグル反発  寄稿  単著 
毎日新聞  , 20140523   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  「中華⺠族復興」で取り込み図る-習近平が⼿を焼く少数⺠族問題  寄稿  未設定 
『e-World』2月26日号  , 時事通信社  , 2014/02/26   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  民族自治区で再エネ拡大  寄稿  単著 
『電氣新聞』  , 2014/02/14   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  安倍首相靖国参拝 中韓と関係悪化  寄稿  単著 
『中日新聞』夕刊  , 2013/12/26   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  Mongol’s diplomatic potential in the tense international affairs of East Asia.  単独  2017/05/05 
Mongol National University   

概要(Abstract) 1.The US - Russia relations and Japan’s policy towards the Northern Territories
(1) The US, EU and Japan’s economic sanctions against Russia for the Ukraine issues
(2)Trump’s appearance
(3)Disordered Syrian issues
(4)Russian economic development policy towards the Russian Far East area and Japan’s policy towards the Northern Territories

2.Strained North Korean issues-The North Korean nuclear issues catch the world's attention.
(1)North Korea’s trying to justify the logic of developing nuclear weapons
(2) The 7th Congress of the Workers' Party of Korea (WPK), the ruling party of North Korea, was held on 6–9 May 2016. ”Keeping pace with economic developments and nuclear development”
(3)Two nuclear tests in 2016 for showing its miniaturization and weight saving.
(4)threat =intension and power (ability)
(5)The US, China and Russian’s policy towards North Korea

3.Mongol’s role under the tense international circumstances in East Asia
Mongolia’s superiority from the view point of geopolitics

 

備考(Remarks)  

2016  中国における少数民族の現状  単独  2016/12/09 
国際情勢研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  現代中国政治にとっての文化大革命 -少数民族問題の視点から-  単独  2016/12/02 
「1968年」の意義に関する総合的研究-「時代の転換期」の解剖-第3回研究会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  現代中国の国家統合と民族問題  単独  20150121 
NHK文化センター   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  中国ウイグル族の現状  単独  20140924 
国際情勢研究所   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  部会15 揺れる中国のガヴァナンスと周辺国の対応「中国のガヴァナンスと民族問題-チベット・ウイグル問題を事例に-」  単独  2014/11/16 
日本国際政治学会2014年度研究大会  , 日本国際政治学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  民族問題からみる中国政治外交の現状と課題  単独  2013/01/22 
防衛省   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  東アジア分断国家における「共生」の可能性  単独  2011/09/13 
『東アジア「共生」学創成の学際的融合研究』安全保障セミナー   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  朝鮮半島と中国−高句麗問題・東北工程  単独  2010/11/14 
現代韓国朝鮮学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 現代韓国朝鮮学会第11回研究大会の『共通論題』で報告。 

2009  現代中国の民族問題−混沌的秩序から秩序的混沌へ−  単独  2009/11/04 
南山学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2018  科学研究費補助金  日米韓中の対北朝鮮政策に関する横断的研究 
研究分担者  日本学術振興会  5,850,000円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は、北朝鮮をとりまく国際情勢において中心的な役割を果たしてきた日本、米国、韓国、中国の対北朝鮮政策に焦点を当て、各国における政権別の政策の相違点を整理し、異同の背景がどこにあるのかを明らかにすることにある。とりわけ北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる各国別の政策の相違点に焦点を置く。わが国では、日朝関係や中朝関係等に関する個別研究の蓄積はあるものの、横断的な学術研究は、ほとんどなされてこなかった。北朝鮮外交に関する共同研究を進めてきた研究体制が、主語を逆にして検証を進めることで、北朝鮮と周辺4カ国との相互作用を明確にできる。各国政府の発表内容を精査し、各国の対北朝鮮政策担当者、研究者への意見聴取の結果と突き合わせる。新たに利用可能となった北朝鮮関連資料の活用とともに、同国と関連の深い第三国で調査を行うことも特色の一つである。 

備考(Remarks)  

2018  科学研究費補助金  転換期にある中国民族政策の研究 
研究代表者  日本学術振興会  1,170,000円 

研究内容(Research Content) 中国では共産党の独裁体制が続いており、中国政治研究の分野では政治変容の議論が盛んだが、そこでの議論では「民主化と
民族問題」という比較政治学において極めて重要な学術的関心がまったく生かされていない。しかし、中国の政治変容を分析す
るには中国社会の多民族性を射程に入れる必要がある。そこで本研究では、中国の伝統的な民族政策の根幹をなしてきた民族区域自治制度の枠組みが、第二世代への転換ともいいうるほどに大きな転機を迎えているとの認識に立って、この政治状況を①中央政治レベルの政治論争(民族政策転換論の背景と言説分析)と②基層レベルの政策実施プロセス(少数民族地域でのフィールドワーク)の双方から明らかにし、この結果を生かして③中国の政治変容研究に多民族的な分析視角を提供すると同時に、④比較政治学的視点による他国他地域との相対的分析を行う。 

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  中国政治改革研究への民族問題アプローチ 
研究代表者  日本学術振興会  1000000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  北朝鮮外交論の再構築 
研究分担者  日本学術振興会  1000000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  中国政治改革研究への民族問題アプローチ 
研究代表者  日本学術振興会  1300000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  北朝鮮外交論の再構築 
研究分担者  日本学術振興会  950000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  中国政治改革研究への民族問題アプローチ 
研究代表者  日本学術振興会  1100000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  北朝鮮外交論の再構築 
研究分担者  日本学術振興会  700000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  科学研究費補助金  中国の陳情活動と集団行動に関する政治社会学的な実証研究 
研究分担者     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  科学研究費補助金  中国の陳情活動と集団行動に関する政治社会学的な実証研究 
研究分担者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 計4名での共同研究 

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2021  COIL型授業の実践 

学部・研究科のゼミにおいて、中国・華東師範大学とCOIL型授業を実践した。 

2021年Q4 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2021  中日新聞コメント  2021/12/25 

活動内容等(Content of Activities) 中国政府によるウイグル族への人権侵害をとりあげた「人権問題の改善 要求不可欠」という記事において、識者コメントが掲載された。 

2020  NHK総合テレビ『ニュースウォッチ9』出演  2021/03/23 

活動内容等(Content of Activities) ウイグル族への“人権侵害”について、識者としてコメントを行った。 

2020  JWAVE『別所哲也J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』出演  2021/03/01 

活動内容等(Content of Activities) 香港人の台湾への移住増加による影響について、識者としてコメントを行った。 

2020  テレビ朝日『大下容子ワイド!スクランブル』出演  2021/02/16 

活動内容等(Content of Activities) ウイグル族の人権問題について、識者としてコメントした。 

2020  JWAVE『別所哲也J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』出演  2020/08/31 

活動内容等(Content of Activities) 情報統制・領域拡大を続ける中国の国内の状況ついて、識者としてコメントした。 

2019  日本国際政治学会2019年度研究大会部会   2019/10/19 

活動内容等(Content of Activities) 日本国際政治学会2019年度研究大会の部会「マルティラテラリズムとユニラテラリズムの相克」において、3つの研究報告(1)マルティラリズムは今もなお重要か-コンストラクティビズムの視点から、(2)国際機構におけるマルティラテラリズムの限界-グローバルな法の支配の行方、(3)国際社会のける法の支配:国際刑事裁判所に対するアメリカの一国主義の影響からの分析の討論者を務めた。  

2019  海外フィールドワーク  2019/08/13~2019/08/18 

活動内容等(Content of Activities) 2019年8月13日から8月18日まで、中国・寧夏回族自治区における少数民族政策の現状と課題に関する研究調査および資料収集を行った。今回のフィールドワークでは、まず、福建省が寧夏回族自治区に対して実施している経済支援の実情と現状を視察した。この支援の一例として、固原地域に居住する経済的に恵まれない回族を、銀川市に新たに作った村に移住させ、生活の向上を図ろうとするプロジェクトなどがある。こうしたプロジェクトが進められていることが、寧夏回族自治区の各地で確認することができた。つぎに、訪問地において清真寺(モスク)を訪問し、関係者からヒアリングを実施した。訪問したモスクの一例としては、納家戸大寺(永寧県)、金積堡清真大寺(呉忠市)、同心清真大寺(同心県)、固原東坊清真大寺(固原市)などがあげられる。これらモスクにおいては、中国政府が進めている宗教の中国化の現状と課題について、具体的な状況を把握することができた。 

2018  学術講演  2018/11/17 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学エクステンションカレッジ『「1968年」に何が起こったのか?-50年後に振り返る世界史の画期点』シリーズにおいて、『「文化大革命」とは何だったのか?』と題する講義を行った。
 

2018  高大連携  2018/11/17 

活動内容等(Content of Activities) 総合的な学習の時間に係る模擬授業実施(南山高等学校女子部 南山大学土曜セミナー)において、「台湾アンデンティティーと中台関係の変容」と題する講義を行った。
 

2018  海外フィールドワーク  2018/08/05~2018/08/13 

活動内容等(Content of Activities) 2018年8月5日から8月13日まで、中国・四川省のおもにカンゼ・チベット自治州における少数民族政策の現状と課題に関する研究調査および資料収集を行った。成都→丹巴県→道孚県→甘孜県→白玉県→甘孜県→新龍県→理塘県→康定市→成都の行程で、研究調査及び資料収集を実施した。このうち、道孚県では四川省道孚県人民政府副県長と面会し、少数民族農牧民の経済発展政策についてブリーフィングを受けるとともに意見交換を行った。また、恵遠寺(道孚県、チベット仏教ゲル派)、霊雀寺(道孚県、ゲル派)、亜青寺(白玉県、ニンマ派)、大金寺(甘孜県、ゲル派)、措卡寺(新龍県、カギュ派)、ダライ・ラマ7世生誕地(理塘県)、長青春科耳寺(理塘県、ゲル派:通称、理塘寺)のチベット仏教寺院において僧侶たちからヒアリングを実施し、これら地域における中国の民族・宗教政策とチベット仏教各派の信仰状況を確認することができた。 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2021 
2020 
2019 
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
詳細表示

2022/04/20 更新