研究者詳細

研究活動/社会的活動
分割表示   全件表示 >>

7 件中 1 - 7 件目

年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2018  学術講演  2018/11/17 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学エクステンションカレッジ『「1968年」に何が起こったのか?-50年後に振り返る世界史の画期点』シリーズにおいて、『「文化大革命」とは何だったのか?』と題する講義を行った。
 

2018  高大連携  2018/11/17 

活動内容等(Content of Activities) 総合的な学習の時間に係る模擬授業実施(南山高等学校女子部 南山大学土曜セミナー)において、「台湾アンデンティティーと中台関係の変容」と題する講義を行った。
 

2018  海外フィールドワーク  2018/08/05~2018/08/13 

活動内容等(Content of Activities) 2018年8月5日から8月13日まで、中国・四川省のおもにカンゼ・チベット自治州における少数民族政策の現状と課題に関する研究調査および資料収集を行った。成都→丹巴県→道孚県→甘孜県→白玉県→甘孜県→新龍県→理塘県→康定市→成都の行程で、研究調査及び資料収集を実施した。このうち、道孚県では四川省道孚県人民政府副県長と面会し、少数民族農牧民の経済発展政策についてブリーフィングを受けるとともに意見交換を行った。また、恵遠寺(道孚県、チベット仏教ゲル派)、霊雀寺(道孚県、ゲル派)、亜青寺(白玉県、ニンマ派)、大金寺(甘孜県、ゲル派)、措卡寺(新龍県、カギュ派)、ダライ・ラマ7世生誕地(理塘県)、長青春科耳寺(理塘県、ゲル派:通称、理塘寺)のチベット仏教寺院において僧侶たちからヒアリングを実施し、これら地域における中国の民族・宗教政策とチベット仏教各派の信仰状況を確認することができた。 

2018  「日中韓首脳会談に関するコメント」(J-Wave TOKYO)  2018/05/09 

活動内容等(Content of Activities) 別所哲也氏のラジオ番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」の「OHAYOMORNING」というコーナーにおいて、2年半ぶりに開催される日中韓首脳会談が、国際政治の観点からどのような意義をもつのかについてコメントした。 

2017  日本国際政治学会2017年度研究大会部会  2017/10/29 

活動内容等(Content of Activities) 日本国際政治学会2017年度研究大会の部会「ユーラシア・中央アジアの外交と秩序」において、3つの研究報告(1)世界秩序の変容とアフガニスタンの統治-『体制移行』と『力の空白』に着目して、(2)中国のカザフスタン外交と新疆少数民族問題、(3)独立期インドと中華人民共和国の国交樹立過程の解明」の討論者を務めた。 

2017  日本国際政治学会2017年度研究大会分科会東アジア国際政治史  2017/10/27 

活動内容等(Content of Activities)  日本国際政治学会2017年度研究大会の分科会「東アジア国際政治史」において、分科会のテーマ「新中国の国家統合をめぐる国際関係」に関連する2つの研究報告(1)中国とカナダの国交正常化交渉-西側諸国との関係改善と『一つの中国』、(2)新疆における中国共産党の国家建設-1940-50年代の軍事的側面を中心に」の討論者を務めた。 

2013  中国チベット対話の行方(NHK番組出演)  2013/08/13 

活動内容等(Content of Activities) NHK総合テレビ『視点論点』(2013年8月13日)に出演し、「中国チベット対話の行方」について解説した。 

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]