研究者詳細

研究助成
分割表示   全件表示 >>

18 件中 1 - 10 件目

年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2018  科学研究費補助金  日米韓中の対北朝鮮政策に関する横断的研究 
研究分担者  日本学術振興会  5,850,000円 

研究内容(Research Content) 本研究の目的は、北朝鮮をとりまく国際情勢において中心的な役割を果たしてきた日本、米国、韓国、中国の対北朝鮮政策に焦点を当て、各国における政権別の政策の相違点を整理し、異同の背景がどこにあるのかを明らかにすることにある。とりわけ北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる各国別の政策の相違点に焦点を置く。わが国では、日朝関係や中朝関係等に関する個別研究の蓄積はあるものの、横断的な学術研究は、ほとんどなされてこなかった。北朝鮮外交に関する共同研究を進めてきた研究体制が、主語を逆にして検証を進めることで、北朝鮮と周辺4カ国との相互作用を明確にできる。各国政府の発表内容を精査し、各国の対北朝鮮政策担当者、研究者への意見聴取の結果と突き合わせる。新たに利用可能となった北朝鮮関連資料の活用とともに、同国と関連の深い第三国で調査を行うことも特色の一つである。 

備考(Remarks)  

2018  科学研究費補助金  転換期にある中国民族政策の研究 
研究代表者  日本学術振興会  1,170,000円 

研究内容(Research Content) 中国では共産党の独裁体制が続いており、中国政治研究の分野では政治変容の議論が盛んだが、そこでの議論では「民主化と
民族問題」という比較政治学において極めて重要な学術的関心がまったく生かされていない。しかし、中国の政治変容を分析す
るには中国社会の多民族性を射程に入れる必要がある。そこで本研究では、中国の伝統的な民族政策の根幹をなしてきた民族区域自治制度の枠組みが、第二世代への転換ともいいうるほどに大きな転機を迎えているとの認識に立って、この政治状況を①中央政治レベルの政治論争(民族政策転換論の背景と言説分析)と②基層レベルの政策実施プロセス(少数民族地域でのフィールドワーク)の双方から明らかにし、この結果を生かして③中国の政治変容研究に多民族的な分析視角を提供すると同時に、④比較政治学的視点による他国他地域との相対的分析を行う。 

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  中国政治改革研究への民族問題アプローチ 
研究代表者  日本学術振興会  1000000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2017  科学研究費補助金  北朝鮮外交論の再構築 
研究分担者  日本学術振興会  1000000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  中国政治改革研究への民族問題アプローチ 
研究代表者  日本学術振興会  1300000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2016  科学研究費補助金  北朝鮮外交論の再構築 
研究分担者  日本学術振興会  950000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  中国政治改革研究への民族問題アプローチ 
研究代表者  日本学術振興会  1100000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  科学研究費補助金  北朝鮮外交論の再構築 
研究分担者  日本学術振興会  700000円 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  科学研究費補助金  中国の陳情活動と集団行動に関する政治社会学的な実証研究 
研究分担者     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2012  科学研究費補助金  中国の陳情活動と集団行動に関する政治社会学的な実証研究 
研究分担者  日本学術振興会   

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 計4名での共同研究 

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]