研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

13 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  あるクラフトゲームの計算モデルについて  共同  2019/03/15 
情報処理学会 第81回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会 第81回全国大会講演論文集  , 365-366   

概要(Abstract) Minecraftは,立方体のマス目に区切られた3次元空間にブロックを設置したり破壊したりしてものづくりを楽しむゲームである.本稿では,Minecraftの計算モデルの計算能力を調べる.具体的には,Minecraftの世界をセル・オートマトンとして抽象化し,論理ゲートを模倣するブロックの組合せをいくつか示し,論理ゲートの集合が完全系になる条件を述べる.また,計算万能であることが知られている機械を構成するための条件とその構成法を示す. 

備考(Remarks) https://www.gakkai-web.net/gakkai/ipsj/81program/data/pdf/5P-04.html 

2018  円板上の非圧縮流の反転の解析  共同  2019/03/14 
情報処理学会 第81回全国大会  , 情報処理学会  , 情報処理学会 第81回全国大会講演論文集  , 319-320   

概要(Abstract) 円板上の非圧縮流は,血管などのパイプ流や医療機器における軸対称流の近似となっており,医学分野において重要な解析対象である.最外境界部をもつ単連結領域上の非圧縮流の反転をトポロジーにのみ着目することで解析を行う.トポロジーにのみ着目することで少量の計算資源でそのダイナミクスの解析が可能である一方で,流体の特性をどの程度表せるかは未知数である.本研究では,形式言語理論で広く使われている木文法の拡張を用いて,木表現で流線図のトポロジーを表現し,木表現の列で流線図の時間発展を表現する.本アプローチによって,ランダム外力駆動の2次元反転流の数値流体計算における反転現象をどの程度解析できるかを評価する. 

備考(Remarks) https://www.gakkai-web.net/gakkai/ipsj/81program/data/pdf/1P-06.html 

2018  Reversible Programming Languages and Reversible Programming  単独  2019/02/27 
SFDI2019: Second Workshop on Software Foundations for Data Interoperability   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  理系文章作成能力の向上を目的としたピアフィードバック多様化  共同  2018/08/09 
ICT利用による教育改善研究発表会  , 公益社団法人 私立大学情報教育協会  , 平成30年度 ICT利用による教育改善研究発表会 資料集  , 公益社団法人 私学大学情報教育協会  , 98-101   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  可逆プログラミング言語R-WHILEによる万能可逆チューリング機械の構成  共同  2017/03/16 
情報処理学会第79回全国大会  , 情報処理学会  , 1J-04  , 2   

概要(Abstract) 可逆プログラミング言語R-WHILEの計算モデルは,万能可逆チューリング機械と同じ計算能力があるとされている.しかし,筆者の知る限りにおいて,その具体的な証明についてはこれまで報告が無かった.本稿では任意の可逆チューリング機械を,意味が同じR-WHILEプログラムに変換できることを示す.このことにより,可逆万能チューリング機械のR-WHILEプログラムが構成できることを示す. 

備考(Remarks) https://www.gakkai-web.net/gakkai/ipsj/79/program79.html 

2016  Clean Reversible Simulation of Ranking Binary Trees  共同  2017/03/10 
The 19th JSSST Workshop on Programming and Programming Languages  , JSSST   

概要(Abstract) We propose clean reversible simulations of ranking binary trees and unranking as reversible algorithms for reversible computing systems, which are useful for enumerating and randomly generating binary trees. Algorithms for ranking binary trees and their inverses have been studied since the 1970s. Each of them can be made to be a reversible simulation by saving all the data and control information otherwise lost, and each pair of ranking and unranking reversible programs can be combined to realize a clean reversible simulation. However, such a clean reversible simulation requires multiple traversal of the given data and/or intermediate data as well as additional storage proportional to the length of the computation. We show that for Knott's ranking and unranking algorithms the additional storage usage can be reduced by using the proper assertions of reversible loops in embedded reversible simulations. We also show a clean reversible simulation that involves only one traversal. The running time and memory usage of the proposed clean reversible simulations are asymptotically equivalent to those of the original programs by Knott. All the reversible programs presented in this paper can be run on an interpreter of the reversible programming language Janus. 

備考(Remarks)  

2016  二分木のランク計算のクリーン可逆シミュレーション  共同  2016/09/07 
日本ソフトウェア科学会第33回大会  , 日本ソフトウェア科学会   

概要(Abstract) 可逆計算システムで用いる可逆アルゴリズムのひとつとして,二分木の列挙やランダム生成に有用な二分木のランク・アンランク計算のクリーン可逆シミュレーションを提案する.二分木のランク計算やその逆計算を行う非可逆アルゴリズムは1970年代から研究が行われてきており,これらの成果を用いてランク計算の関数とその逆関数のそれぞれの可逆シミュレーションを組み合わせてクリーン可逆シミュレーションを行うことはできる.しかし,こうした可逆シミュレーションでは,複数回のパスおよびに実行時間に比例した大きさのメモリが必要である.これに対してわれわれの可逆シミュレーションは,1パスで,漸近的な実行時間とメモリ使用量が元のアルゴリズムと同じである.本稿中の可逆プログラムは,可逆言語Janusの処理系で動作を確認できる. 

備考(Remarks)  

2015  On the Theory of Reversible Flowchart Languages  単独  2015/06/10 
Quantum Programming and Circuits Workshop  , University of Waterloo   

概要(Abstract) Flowcharts are a fundamental tool used pervasively in computer science. In this talk, we survey the fundamental properties of reversible flowcharts, which are classical flowcharts with restrictions on join points and atomic step operators. Reversible flowcharts are as expressive as any reversible computation models such as reversible Turing machines and are able to simulate any irreversible computation. The theoretical basis of structured programming in high-level reversible languages is provided by a reversible version of the Structured Program Theorem. We illustrate the design of high-level and low-level reversible programming languages and their translators, based on the reversible flowchart model. We highlight their features by demonstrating a reversible version of Dijkstra's permutation-to-code algorithm. 

備考(Remarks) https://uwaterloo.ca/institute-for-quantum-computing/conferences/quantum-programming-and-circuits-workshop 

2014  A Linear-Time Reversible Self-Interpreter  共同  2015/3/06 
第17回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ  , 日本ソフトウェア科学会  , pp. 1-18   

概要(Abstract) This paper explores a novel combination of language features in re- versible programming languages. The two imperative languages that we introduce have reversible structured control flow operators and symbolic tree-structured data (S-expressions). The latter allows to model many familiar data structures in an easy way, which is more difficult in existing reversible imperative languages, which so far only provide integers, stacks and arrays as data types. Most importantly, it is shown for the first time in a most expressive reversible imperative language that tree-structured data enable efficient self-interpretation in the sense of Jones. We prove that the languages are r-Turing complete (most expressive), i.e. they are computationally as powerful as any reversible language can get, and cleanly reversible, i.e. programs can run backward without first tracing a forward computation. The languages presented here are two new versatile instances of our structured reversible flowchart paradigm, and intended to serve as a basis for future studies of reversible programming languages, transformation and algorithms. 

備考(Remarks) http://www-kb.is.s.u-tokyo.ac.jp/ppl2015/ 

2013  可逆プログラミング言語の引数渡し機構の拡張  共同  2014/03/18 
第98回プログラミング研究会  , 情報処理学会  , 2013-5-(6)   

概要(Abstract) 本稿では,可逆プログラミング言語Janus の引数渡し機構を拡張して,その拡張言語が可逆であることを示す.参照渡しのモデル化には,同一の参照をもつかもしれない複数の変数名が同じ記憶場所を指せるメモリモデルが必要である.これは既存のJanus で用いられていた状態モデルでは直接には扱うことができない.この問題を解決するために,われわれは,環境・記憶域モデルを導入して意味論を改良した.この結果,プロシージャの実引数には,局所変数や局所配列変数だけでなく大域変数や添字付き配列変数の参照,および同一の参照をもつ複数の構文対象も渡せるようになった.拡張言語が可逆であることの保証には,環境と記憶域の更新が可逆であることの保証が必要がある.これらの更新は,制限された可逆操作のみ用いて実現することで,可逆であることを保証する.われわれは,拡張言語が他にも既存のJanusの良い性質を保っていることを示す.すなわち,任意の文やプロシージャ呼び出しの逆実行ができること,および任意の文に対して逆文が存在してそれを求めるプログラム逆変換器が構成できることを示す.さらに,われわれは,プログラミング言語を可逆にするために課されていた代入の構文上の制限を緩和する.このことが原因で起こる記憶域の不正な更新は,大域のプログラム解析をせずとも,効率的に検知することができる.われわれが新たに定義した意味論は,既存の構文では同一の意味が与えられるという点で,既存言語からの単純な拡張となっている. 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]