研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

25 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2015  プログラミング言語 R-WHILE の処理系およびオンラインインターフェース  ソフトウェア  単著 
2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 以下のページでオンラインインタプリタとソースコードを公開している。
http://tetsuo.jp/rwhile-playground/
https://github.com/tetsuo-jp/rwhile-C-ocaml 

2015  プログラミング言語 JANUS のオンラインインターフェースと整列プログラム  ソフトウェア  共著 
2015   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) http://tetsuo.jp/janus-playground/ 

2011  エンドユーザがプログラム可能な Wiki エンジン  学会発表  単著 
情報処理学会研究報告  , 一般社団法人情報処理学会  , 2011-5-(3)  , 6 p.  , 2012/03/15   

概要(Abstract) Wiki は,誰でも自由にウェブブラウザ上でウェブサイトを書き換えることができる手軽さから広く活用 されてきている.Wiki 文書は,HTTP サーバ上では Wiki 記法で記述されており,ウェブブラウザなどか らの要求があるとハイパーテキストに変換されて,エンドユーザから閲覧される.さらに,エンドユーザ は閲覧時にフォームなどから Wiki 記法で Wiki 文書を自由に編集することができる.しかし,Wiki エン ジンが稼働するサーバ上で実行可能であるソースコードは,通常,Wiki 文書には記述できない.この理由 の 1 つは,管理者の意図しない悪意のある動作をするソースコードをサーバ上で実行できないようにする というセキュリティ上の制約である.我々は潜在的に危険をともなう IO アクションを分離して管理する ことにした.プログラミング言語 Haskell を Wiki エンジンの実装言語として選択して,IO モナド内でエ ンドユーザの記述した任意のコードを実行させないことで,管理者の意図しない悪意のある動作を防ぐと いうアプローチをとった.プログラマブルな Wiki ページは,プログラミング言語レベルのモジュールに 対応して,互いに参照し合うことができる.技術上の関心から極力 Wiki エンジンの深い部分まで,その Wiki 上でプログラミングができるように設計を試みた.プログラムの入力は,通常の Wiki 上のフォーム から可能であり,エンドユーザはクライアントに特別な環境を準備しなくても,その Wiki エンジンの開 発にリアルタイムに協調的に携わることが可能である.Wiki 文書において記述された副作用のある任意の アクションが実行されないことは Haskell のクラスを用いて静的型検査によって保証される. 

備考(Remarks) A wiki, a web application for modifying a website by web browsers easily and cooperatively, is now man- aged by many companies and organizations and many wiki clones are publicly available. Wiki documents are described under Wiki notation. Ordinary wikis are not able to execute part of Wiki documents, which are in part prevented by a potential security risk of the execution of arbitrary malicious codes. We eliminate such a risk by imposing restriction on all the actions under IO monads in end-users’ programs. Programmable wiki pages are literate Haskell programs that are language-level modules and can refer to one another. We design the architecture of the proposed wiki engine to be programmable by end users as much as possible. The development of a wiki engine on itself does not require the developing environment in the client computers. Type checking ensures the absence of arbitrary actions with side effects in end-users’ programs using Haskell’s type class and static type checking. 

2011  電池駆動システムにおけるプログラミング言語が与える消費エネルギーへの影響  学会発表  単著 
情報処理学会研究報告  , 一般社団法人情報処理学会  , Vol.2011-EMB-21(4)  , 5 p.  , 2011/03/10   

概要(Abstract) プログラミング言語の選択による情報通信端末の消費エネルギーの変化を定量的に評価する試みについて報告する.本稿では,アプリケーションの実装プログラミング言語ごとの消費電力への影響を,実情報端末において電力計で実測することにより確かめた.その結果,インタープリタ言語では消費電力の大きな揺れが観測されたが,コンパイル言語と同様の平均消費電力を示し,電池に与える影響の変化は限られた.われわれが実験を行った範囲では,プログラミング言語およびアプリケーションを変化させたときの1秒ごとの平均消費電力の変化は高々20%未満であり,その影響は軽微であることが確かめられた.われわれの知る範囲では,プログラミング言語ごとに消費電力/消費エネルギーの比較を行った報告は限られており,本研究で得られた基礎データは低消費エネルギーアルゴリズムや低消費エネルギープログラミングの研究を行う上での参考データとして貴重である.The trial of finding the programming language effects of energy consumption on a battery-powered system is presented. By means of a digital power meter, we measured the energy consumption of an information device on which different applications implemented in various programming languages run. While the power consumption fluctuated substantially when an interpretive language run on the device, the average power consumption of an interpretive language was not much different from that of a compiler language. The experimental results showed that the effects of what programming languages to use were limited; The change of the power consumption was up to approximately 20%. To the best of our knowledge the report on power/energy consumption of each programming language implementation has been limited and the result data is useful for studying the theoretical model of energy consumption and exploring energy efficient algorithms and programming. 

備考(Remarks) http://ci.nii.ac.jp/naid/110008583143 

2010  Optimization of Input-Erasing Clean Reversible Simulation for Injective Functions  学会発表  その他 
Preliminary Proceedings of Reversible Computation  , 17–24  , 2010/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  消費エネルギーを意識した可逆圧縮データ受信  国内学会発表  その他 
情報処理学会  , Vol.2011-EMB-20 No.1  , 1-6   

概要(Abstract) 情報通信端末において,データ受信と可逆データ解凍を逐次的に行うよりも,パイプライン化した方が消費エネルギーの最適化が実現されるケースが存在することが明らかになった.パイプライン化によって,マルチパスの圧縮コマンド bunzip2 では消費エネルギーは悪化してしまったが,ストリーム処理が可能な LZ(Lempel-Ziv) 系のアルゴリズムの場合,顕著なエネルギー最適化が達成された.データ受信が安定的に行える環境下で,情報通信端末の消費電力を電力測定器によって計測したところ,逐次処理と比較してパイプライン処理は最大 22.8% の消費エネルギー削減が達成された.It has been shown that there is a certain case in which the pipeline processing is more energy efficient than the sequential processing. Because of pipelining processes, LZ (Lempel-Ziv) family algorithms achieved significant energy savings while multi-path compression command bunzip2 suffered energy degradation. The experimentation has been performed on a commercial data transmission device connected to a digital power meter under the stable data transmission. A pipelining processing outperformed a sequential processing by 22.8% in terms of energy consumption. 

備考(Remarks) http://ci.nii.ac.jp/naid/110008583287 

2010  Reversible Computation and Reversible Programming Languages  国際学会発表  その他 
Dagstuhl Seminar   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  AndroidプラットフォームにおけるDalvikバイトコードのCPU負荷量の解析  国内学会発表  その他 
組込み技術とネットワークに関するワークショップ  , 2010/03   

概要(Abstract) 本稿では,ハードウェア独立な Dalvik バイトコードトレースから得られる情報を活用し,Android プラットフォームにおける CPU 負荷量の解析を行う.各 Dalvik バイトコードの CPU 負荷量を正確に精度良く解析するため,マイクロベンチマークの生成方法および実施方法を提示する.マイクロベンチマークの CPU 負荷量は,バイトコードの種類により最大 67 倍,引数のレジスタ値により最大 10 倍の差が存在した.したがって,アプリケーションの CPU 負荷量の正確なモデル化を行うためには,バイトコードの発行数のみならず,種類・引数を考慮する必要があることが明らかになった.以上により確立された解析手法を用いて,アプリケーション開発者に改善を提案するケーススタディを行った.実際に CPU 負荷量の削減方法を示唆できたことから,本解析手法の有効性が示された.We present a CPU load analysis method on Android platform by using hardware-independent trace information of Dalvik bytecodes. For the purpose of analysis, methods for generating and executing micro-benchmarks which issue the sequence of each Dalvik bytecode are introduced. The experimental results showed that the CPU load of micro-benchmarks was largely affected by the types arguments of bytecodes. Specifically, the variation of CPU load was up to 67 times over the types and 10 times over the arguments of given bytecodes. Therefore, not only the number of issued bytecode but also the types of bytecode and given arguments should be considered to construct an accurate CPU load model. Through a case study, the effectiveness of our approach for reducing CPU load has been validated. 

備考(Remarks) http://ci.nii.ac.jp/naid/110007993166 

2009  Modeling Power Consumption of Applications in Wireless Communication Devices Using OS Level Profiles  国際学会発表  その他 
Proc. International SoC Design Conference  , IEEE  , 253-256  , 2009/11/00   

概要(Abstract) We propose a novel system level power estimation method for wireless communication devices. The method estimates the power consumption of a processor and external devices by only using OS level profile information (i.e., the system call information), and is applicable to both off-line and online power optimizations. Evaluations on a commercial wireless communication device showed that the method achieves an estimation error of less than 10%. 

備考(Remarks) http://dx.doi.org/10.1109/SOCDC.2009.5423795 

2009  OSレベルのプロファイリング情報を用いた携帯端末アプリケーションの消費電力モデリング  国内学会発表  その他 
電子通信情報学会技術研究報告  , 電子通信情報学会  , Vol.108 No.478  , 49-54   

概要(Abstract) 通信端末のシステムレベルの消費電力予測を行う手法を提案する.本手法はプロセッサと周辺デバイスの消費電力を OS レベルのプロファイル情報のみを用いて予測するため,オフラインとオンラインの両者に適応可能である.商用の通信端末において通信を伴うアプリケーションを実行した評価では,本手法による予測消費電力の実測値に対するフィッティング誤差は 10% 以内に収まった.We propose a novel system level power estimation method for wireless communication devices. The method estimates the power consumption of processors and external devices by only using OS level profile information provided by system calls. The proposed method is applicable to on-line power estimation as well as off-line power estimation. Evaluations on a commercial wireless communication device showed that the method achieved an estimation error of less than 10 %. 

備考(Remarks) http://ci.nii.ac.jp/naid/110007995028 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]