研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
太田 達也 ( オオタ タツヤ , OHTA Tatsuya )
所属
Organization
外国語学部ドイツ学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

ドイツ語教育,外国語教育学,応用言語学

学会活動
Academic societies

日本独文学会会員(常任理事)
日本独文学会ドイツ語教育部会会員
日本独文学会東海支部会員
Internationaler Deutschlehrerinnen- und Deutschlehrerverband(IDV)会員
Internationale Vereinigung für Germanistik(IVG)会員
ほか

社会活動
Community services

NHKラジオ「ドイツ語講座」講師(2006年4月〜2006年9月)
NHKラジオ「まいにちドイツ語」講師(2008年4月〜2008年9月;2018年10月〜2019年3月)
NHK Eテレ「旅するドイツ語」監修(2016年10月〜2017年3月;2017年10月〜2018年3月;2018年10月〜2019年3月)
Goethe-Institut ドイツ語検定試験 認定試験官
オーストリア政府公認ドイツ語能力検定試験(ÖSD)試験官



著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (92)
著書数 books (58)
学術論文数 articles (34)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
慶應義塾大学大学院文学研究科独文学専攻 博士課程  1994年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 Dr. phil.  Die Wirkung von Fehlerkorrektur auf Überarbeitungsprozesse und -produkte beim fremdsprachlichen Schreiben. Eine empirische Studie unter japanischen Deutschlernenden.  Martin-Luther-Universität Halle-Wittenberg  2014年05月 
修士 文学修士    慶應義塾大学大学院文学研究科独文学専攻修士課程  1991年03月 
学士 文学士    慶應義塾大学文学部文学科  1989年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  日本におけるドイツ語教員養成の現状把握と改善に向けての提言 

概要(Abstract) 現在日本の大学その他で行われているドイツ語教員養成の実態をアンケート調査等によって把握するとともに、外国語教員養成に関する先行研究および他国・他分野での取り組みについての文献調査・聞き取り調査を実施し、現状の改善および日本の実情を考慮した新しいモデルの構築を目指す。 

長期研究  タスク・行動中心型の外国語授業におけるインターアクション 

概要(Abstract) タスク・行動中心型の外国語授業(特にドイツ語授業)ではどのようなインターアクションが行われ、どのような学びが生じているのかを実証的に検証する。 

長期研究  日本語を母語とするドイツ語学習者に対する明示的指導およびフィードバックの効果 

概要(Abstract) 日本語を母語とするドイツ語学習者対する明示的指導およびフィードバック(AIによるフィードバックも含む)の効果を実証研究に検証する。 

長期研究  ICTを利用した外国語学習環境構築とその評価 

概要(Abstract) 自律的学習能力の促進を視野に入れ、ICTを利用した外国語学習環境を構築する。また、開発したシステムを実際に学習者に試用してもらい、評価を行う。 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2024  Module 1(モドゥーレ1)  共著   
朝日出版社  , 未設定  , 113  , 2024/04   

概要(Abstract) 日本でドイツ語を学ぶ大学生向けのドイツ語教科書 

備考(Remarks) 共著者:Ikumi Waragai, Andreas Meyer 

2023  IDT 2022. Band 1: Mit Sprache handeln. Partizipativ Deutsch lernen und lehren.  未設定   
Erich Schmidt Verlag  , 未設定  , 395 p.  , 2023/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 編者:K.-B. Boeckmann, H. Schweiger, S. Reitbrecht, B. Sorger
以下の部分を執筆(共著):
Hebatallah Fathy, Dietmar Rösler, Camilla Badstübner-Kizik, Tatsuya Ohta, Alla Paslawska, Gesine Lenore Schiewer: Germanistik und Deutschlehrer*innenaus¬bildung weltweit. Schnittstellen, Kooperationsformate und das Potenzial von digitalen Elementen. pp. 369-381.  

2022  Zur Digitalisierung von Lernorten – Fremdsprachenlernen im virtuellen Raum.  共著   
Peter Lang  , 未設定  , 325 p.  , 2022/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 編者:Diana Feick, Jutta Rymarczyk
以下の論文を執筆(共著):
Zur Individualisierung von digitalen Lernumgebungen: die App Platzwit neu. pp.75-92. 

2021  What are the benefits of learning multiple languages? International Symposium on Foreign Language Teaching and Learning Research. 多言語教育の意義とは?外国語教育・学習研究に関する国際シンポジウム  未設定   
iudicium  , 未設定  , 176 p.  , 2021/12   

概要(Abstract) Goethe-Institut Tokyo(編)(Editorial team: OHTA Tatsuya, SAKAI Kazumi, SATO-PRINZ Manuela, MARUYAMA Tomoko)
 

備考(Remarks) 執筆担当部分:
①(共著): OHTA Tatsuya, SAKAI Kazumi, SATO-PRINZ Manuela, MARUYAMA Tomoko, “Introduction” pp. 9-13
②(単著):OHTA Tatsuya, 「ワークショップのまとめと全体会(2日目)「多言語教育の意義とは?」」pp. 149-159 

2020  Einheit in der Vielfalt? Germanistik zwischen Divergenz und Konvergenz. Asiatische Germanistentagung 2019 in Sapporo.  未設定   
iudicium  , 未設定  , 1012 p.  , 2020   

概要(Abstract) 2019年に札幌で開催されたアジア・ゲルマニスト会議の論文集。 

備考(Remarks) 編者:Y. Muroi
以下の論文を執筆(単著):
Tatsuya Ohta: Die Wirkung expliziter Erklärungen zu grammatischen Regeln im Deutschen. Untersuchungen unter japanischen Deutschlernenden. pp. 954-962.  

2018  NHK Eテレ 旅するドイツ語 2019年3月号テキスト  未設定   
NHK出版  , 未設定  , 84 p.  , 2019/03   

概要(Abstract) ドイツ語に関する記事を執筆・監修
 

備考(Remarks) 2019年9月に同内容で再発行 

2018  NHK まいにちドイツ語 2019年3月号テキスト  未設定   
NHK出版  , 未設定  , 132 p.  , 2019/03   

概要(Abstract) 応用編講座(木曜放送)の記事(p.67-90)を執筆
 

備考(Remarks) 2021年6月に同内容で再発行 

2018  NHK Eテレ 旅するドイツ語 2019年2月号テキスト  未設定   
NHK出版  , 未設定  , 84 p.  , 2019/02   

概要(Abstract) ドイツ語に関する記事を執筆・監修
 

備考(Remarks) 2019年8月に同内容で再発行 

2018  NHK まいにちドイツ語 2019年2月号テキスト  未設定   
NHK出版  , 未設定  , 132 p.  , 2019/02   

概要(Abstract) 応用編講座(木曜放送)の記事(p.67-90)を執筆
 

備考(Remarks) 2021年6月に同内容で再発行 

2018  NHK Eテレ 旅するドイツ語 2019年1月号テキスト  未設定   
NHK出版  , 未設定  , 84 p.  , 2019/01   

概要(Abstract) ドイツ語に関する記事を執筆・監修
 

備考(Remarks) 2019年7月に同内容で再発行 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2023  これからのドイツ語教師に求められる能力―教職課程ドイツ語科指導法科目の現状と課題  単著   
ドイツ語教育  , 日本独文学会ドイツ語教育部会  , 28  , pp. 80-97  , 2024/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2023  Tendenzen im Fach DaF in den 2010er Jahren – im Lichte der Entwicklung der Forschung zur Aus- und Fortbildung von DaF-Lehrkräften im Ausland  単著   
Informationen Deutsch als Fremdsprache  , 50 (6)  , pp. 664-677  , 2023/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2023  Identitätsentwicklung als Professionalisierung von DaF-Lehrenden  共著   
KONTEXTE  , 1(1)  , pp. 241-256  , 2023/04   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:Akira Kusamoto, Elvira Bachmaier
共同研究につき本人担当部分抽出不可能  

2023  Professionalisierung erleben, gestalten, begleiten und erforschen: Einleitung zur ersten Ausgabe von KONTEXTE   共著   
KONTEXTE  , 1(1)  , pp. 1-20  , 2023/04   

概要(Abstract) 共著者:Julia Feike, Věra Janíková, Kristina Peuschel, Constanze Saunders, Michael Schart
共同研究につき本人担当部分抽出不可能  

備考(Remarks)  

2021  職業的アイデンティティの発達を支援するドイツ語教員養成・研修  単著   
慶應義塾大学日吉紀要 ドイツ語学・文学  , 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  , 62  , pp. 49-65  , 2022/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  ドイツ語の定動詞の位置に関する明示的説明の効果  単著   
ドイツ文学研究  , 日本独文学会東海支部  , 52  , pp. 69-82  , 2020/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  ドイツ語の冠詞の格変化に関する明示的説明の効果  単著   
アカデミア 文学・語学編  , 南山学会  , 108  , pp. 157-188  , 2020/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  ドイツ語の冠詞の用法に特化した集中的指導の効果 − 明示的説明と協働学習活動による文法指導をめぐる実証研究 −  単著   
アカデミア 文学・語学編  , 南山学会  , 87  , 81-113  , 2020/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2018  Von den Lehrenden her denken – zur Konzeption von Fortbildungen am Beispiel eines Qualifizierungsangebots für Deutschlehrkräfte in Japan.  共著   
InfoDaF (Informationen Deutsch als Fremdsprache)  , Bd.45 / Heft 5  , pp. 672-694  , 2018/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:Michael Schart
共同研究につき本人担当部分抽出不可能  

2017  Auf dem Weg zu einer beruflichen Identität – Entwicklungslinien für die Aus- und Fortbildung von Deutschlehrenden in Japan.  共著   
ドイツ語教育  , 日本独文学会ドイツ語教育部会  , 22  , 43-64  , 2018/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:Michael Schart
共同研究につき本人担当部分抽出不可能 

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2023  ドイツ語授業における文法の扱い―第二言語習得研究および外国語教育論の視点から  シンポジウム報告  単著 
ドイツ語教育  , 日本独文学会ドイツ語教育部会  , 28  , pp. 8-13  , 2024/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2023  ⽇本の⼤学における独語科指導法科⽬に関するアンケート結果  調査報告  未設定 
2024/01   

概要(Abstract) ⽇本の⼤学でドイツ語科指導法科⽬を担当する教員を対象に、2022年6⽉から同年8⽉にかけてオンラインで実施したアンケート調査の結果をまとめたもの。 

備考(Remarks) 以下のサイトに掲載:
https://www.dafdaz.uni-jena.de/arbeitsbereiche-forschung/fluss-forschungsstelle-fuer-lehrendenprofessionalisierung-unterrichts-und-schulentwicklung-in-deutsch-als-fremdsprache-weltweit/berufliche-identitaetsentwicklung-von-daf-lehrkraeften-in-japan  

2023  Deutsche Schuleのドイツ語授業において目標とされるコンピテンシー ― 民主主義をテーマとした論述文の読解・作文の授業見学報告  調査報告  共著 
ドイツ文学研究  , 日本独文学会東海支部  , 55  , pp. 53-58  , 2023/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:鈴木友美加 

2023  オーバーアマガウの受難劇  寄稿  未設定 
ステラマリス  , カトリック・アクション同志会  , 15  , 45-47  , 2023/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2021  日独交流160周年記念シンポジウム「近代日本とドイツ―文学・宗教・ナショナリズム」  シンポジウム記録  単著 
南山大学ヨーロッパ研究センター  , 2022/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 企画責任者としてシンポジウム開催の趣旨等について「まえがき」を執筆 

2021  市民性形成を視野に入れたドイツ語教育  寄稿  単著 
ドイツ文学研究  , 日本独文学会東海支部  , 53  , pp. 55-59  , 2021/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2020  特集「日本における『外国語としてのドイツ語(DaF)』—教育実践と教育研究の新たな方向性」に寄せて  雑誌特集号の編者序文  共著 
ドイツ文学  , 日本独文学会  , 162  , pp. 1-8  , 2021/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:新倉真矢子
共同研究につき本人担当部分抽出不可能 

2020  多言語による教皇ミサと日本の社会  寄稿  単著 
カトリコス  , 南山大学図書館  , 35  , 2020/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2019  シンポジウム『ヨーロッパ言語共通参照枠』(CEFR)増補版と複言語・複文化主義 ―変革を求められる日本の外国語教育をめぐって―  シンポジウム記録  単著 
南山大学ヨーロッパ研究センター、ラテンアメリカ研究センター  , 2019/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 企画責任者としてシンポジウム開催の趣旨等について「まえがき」を執筆 

2017  Construction and evaluation of an integrated formal/informal learning environment for foreign language learning across real and virtual spaces  国際会議議事録  共著 
CALL in a climate of change: adapting to turbulent global conditions – short papers from EUROCALL 2017  , pp. 322-327  , 2017/12   

概要(Abstract) EUROCALL 2017 Conference in Southampton での発表内容を記したもの。 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2023  Anforderungen und Potenziale eines multilateralen Masterstudiengangs aus der japanischen Perspektive  共同  2023/11/17 
Internationalisierung der Lehrerbildung für Deutsch als Fremdsprache in Ostasien 2023   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同発表者:Akira Kusamoto, Marco Raindl
於 国立高雄科技大学(台湾) 

2023  Break-Out-Sessions als interaktionale (Frei-)Räume für Lernende im DaF-Unterricht  共同  2023/11/11 
4. Online-Tagung von Interaktion in DaFZ: Wechselwirkungen zwischen Unterricht und Lebenswelt   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共同発表者:Olga Czyzak, Julia Feike, Mi-Young Lee, Marco Raindl
オンライン発表 

2023  ヨーロッパ共通参照枠・随伴版に関する専門家パネルとワークショップ  単独  2023/11/05 
ヨーロッパ共通参照枠・随伴版に関する専門家パネルとワークショップ  , Goethe-Institut Tokyo   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) パネル・ディスカッションにおける専門家ディスカッサントとして登壇(招待)
於 慶應義塾大学日吉キャンパス 

2023  Anforderungen an DaF in Ostasien und Konsequenzen für die Lehrkräfte-Ausbildung  単独  2023/11/03 
DaF-Vernetzungstreffen 2023  , Goethe-Institut China   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) パネル・ディスカッションにおける専門家ディスカッサントとして登壇(招待)
於 Landison Tongqi Resort in Hangzhou(中国・杭州) 

2023  Google war gestern: Was die KI für Lehrkräfte tun kann  共同  2023/07/08 
日本独文学会東海支部2023年夏季研究発表会  , 日本独文学会東海支部   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2023  ドイツ語授業における文法の扱い―第二言語習得研究および外国語教育論の視点から  単独  2023/06/04 
日本独文学会  , 日本独文学会ドイツ語教育部会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 日本独文学会ドイツ語教育部会シンポジウム「ドイツ語授業における文法規則の明示的指導の役割」にて発表、パネリスととしても登壇 

2022  Deutschlehrendenaus- und -fortbildung in Japan und Potenziale der Kooperation mit Nachbarländern  単独  2022/12/09 
Internationalization of teacher education for German as Foreign/Second Language  , Seoul National University   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 招待講演 於 ソウル国立大学 

2022  Welche Kompetenzen werden von DaF-Lehrenden an Hochschulen außerhalb des deutschsprachigen Raums heute und in Zukunft erwartet?  単独  2022/10/20 
GETVICO24  , Goethe-Institut   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) オンライン開催 

2022  Podiumsdiskussion. Vernetzung der Deutschlehrenden ― die Lage der Deutschlehrerausbildung im Land und die Möglichkeit der Netzwerkbildung im Land/ in der Region  その他  2022/10/20 
GETVICO24  , Goethe-Institut   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) パネル・ディスカッションにおける専門家ディスカッサントとして登壇(招待)オンライン開催 

2022  これからのドイツ語教師に求められるもの -教職課程ドイツ語科指導法科目の現状と課題-  単独  2022/09/24 
専門家会議「ドイツ語教育の未来を拓く − 持続可能なドイツ語教育に向けて」  , Goethe-Institut Tokyo   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 基調講演(招待) 於 慶應義塾大学日吉キャンパス 

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2024  科学研究費補助金  市民リテラシーを育成するタスク・行動中心型ドイツ語教育のための教員養成・研修 
研究代表者    3,000,000円 

研究内容(Research Content) 日本のドイツ語教育では多くの場合、目標が日常的コミュニケーション能力または文法知識・読解能力の修得に置かれており、異なる文化や価値観を持つ他者と協働する力や批判的思考力などを含む市民リテラシーを育成する視点に欠けている。これは「言語は積み上げ式に教えなければ身につかない」「複雑な社会的テーマを扱うのは中級以上でなければ無理だ」といったビリーフが未だ根強いことにも起因すると思われるが、先行研究では、学習初期の段階から社会文化的問題に目標言語で取り組むタスク・行動中心型の外国語教育の有効性が実証されている。外国語教師としての養成・研修を受けたことのない研究者がドイツ語教育に従事することが一般的である日本において、現代社会に必要な市民リテラシーの育成を目指すドイツ語授業を実践できる教員をいかに養成・研修すべきか。本研究はこの問いを追究するものであり、研究の成果は日本のドイツ語教員・ドイツ語教育の質の向上に直結する。 

備考(Remarks)  

2023  科学研究費補助金  民主的シティズンシップを育成する内容言語統合型ドイツ語教育のための教員養成・ 研修  
研究代表者     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2022  科学研究費補助金  サイバー空間の作文行動の分析と評価 ーインフォーマル外国語学習環境の再構築ー 
非代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2022  科学研究費補助金  日本語読解・ライティングの方法に影響する母語・母文化の教育的背景要因に関する 研究  
非代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2022  科学研究費補助金  民主的シティズンシップを育成する内容言語統合型ドイツ語教育のための教員養成・ 研修  
研究代表者     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2021  科学研究費補助金  民主的シティズンシップを育成する内容言語統合型ドイツ語教育のための教員養成・ 研修 
研究代表者     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2021  科学研究費補助金  日本語読解・ライティングの方法に影響する母語・母文化の教育的背景要因に関する 研究 
非代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2021  科学研究費補助金  サイバー空間の作文行動の分析と評価 ーインフォーマル外国語学習環境の再構築ー  
非代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2020  科学研究費補助金  サイバー空間の作文行動の分析と評価 ーインフォーマル外国語学習環境の再構築ー 
非代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2020  科学研究費補助金  日本語読解・ライティングの方法に影響する母語・母文化の教育的背景要因に関する 研究 
非代表     

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2023  タスクベースのドイツ語授業実践 

「ドイツ語実践演習B2」においてドイツ語のみを使用したタスクベースのドイツ語授業を実践し、言語能力を超えた汎用的コンピテンシーの育成を図った。 

2023/06〜2023/07 
2023  ドイツ語授業における自律・協働学習能力の促進 

ドイツ学科生対象のドイツ語授業において、学習者の自律的学習能力の促進を図った。また、毎回の授業においてペアワーク、グループワークを取り入れ、協働学習能力の促進を図った。  

2023/04〜2024/01  
2023  演習における授業実践 

外国語教育学をテーマとする演習科目において、オンライン授業の形式のなかで、参加者の主体性を重視し、自律・協働学習能力の育成をも視野に入れた授業実践を行った。  

2023/04〜2024/01 
2022  ドイツ語授業における自律・協働学習能力の促進  

ドイツ語授業における自律・協働学習能力の促進 

2022/04〜2023/01 
2022  演習における授業実践 

外国語教育学をテーマとする演習科目において、オンライン授業の形式のなかで、参加者の主体性を重視し、自律・協働学習能力の育成をも視野に入れた授業実践を行った。 

2022/04〜2023/01 
2022  学び方講座 

ドイツ学科1年生を対象に、「大学で、何を、どのように学ぶか」をテーマに講演を行った。(キャリア支援室主催) 

2022/04/09 
2021  ドイツ語授業における自律・協働学習能力の促進 

オンライン授業という制約の中でできる限り、学習者の自律的学習能力の促進を図った。毎回の授業においてペアワーク、グループワークを取り入れ、協働学習能力の促進を図った。  

2021/04〜2022/01 
2021  演習における授業実践 

応用言語学をテーマとする演習科目において、オンライン授業の形式のなかで、参加者の主体性を重視し、自律・協働学習能力の育成をも視野に入れた授業実践を行った。  

2021/04〜2022/01 
2021  学び方講座 

ドイツ学科1年生を対象に、「大学で、何を、どのように学ぶか」をテーマに講演を行った。(キャリア支援室主催)  

2021/04/10 
2020  ドイツ語授業における自律・協働学習能力の促進  

ドイツ学科における学習者の自律的学習能力の促進を図った。また、毎回の授業においてペアワーク、グループワークを取り入れ、協働学習能力の促進を図った。  

2020/04〜2021/01 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2023  日本独文学会常任理事  2023/06〜現在 

活動内容等(Content of Activities) 日本独文学会常任理事 

2018  NHK Eテレ 旅するドイツ語 監修  2018/10〜2019/03 

活動内容等(Content of Activities) NHK Eテレ「旅するドイツ語」監修(企画・アニメ台本執筆・声の出演・テキスト執筆)  

2018  NHKラジオ まいにちドイツ語 講師  2018/10〜2019/03 

活動内容等(Content of Activities) NHKラジオまいにちドイツ語「話して覚える とっさのドイツ語」講師
全体企画・台本およびテキスト執筆・出演 

2018  日本独文学会ドイツ語教育部会 会長  2018/05〜2023/03 

活動内容等(Content of Activities) 日本独文学会ドイツ語教育部会 会長 

2017  NHK Eテレ 旅するドイツ語 監修  2017/10〜2018/03 

活動内容等(Content of Activities) NHK Eテレ「旅するドイツ語」監修(企画・アニメ台本執筆・声の出演・テキスト執筆)  

2017  日本独文学会理事  2017/05〜2021/06 

活動内容等(Content of Activities) 日本独文学会理事
ドイツ語教授法ゼミナール担当理事
ドイツ語教員養成・研修講座担当理事 

2016  NHK Eテレ 旅するドイツ語 監修  2016/10〜2017/03 

活動内容等(Content of Activities) NHK Eテレ「旅するドイツ語」監修(企画・アニメ台本執筆・声の出演・テキスト執筆) 

2014  オーストリア政府公認ドイツ語能力検定試験(ÖSD)名古屋事務局代表  2015/01〜現在 

活動内容等(Content of Activities) ÖSD名古屋事務局代表 

2014  日本独文学会東海支部幹事  2015/01〜2019/01 

活動内容等(Content of Activities) 日本独文学会東海支部幹事
編集担当 

2014  Goethe-Institut ドイツ語検定試験 認定試験官  2012/12〜現在 

活動内容等(Content of Activities) Goethe-Institut ドイツ語検定試験 認定試験官 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2023 
2022 
2021 
2020 
2019 
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
詳細表示

2024/04/05 更新