研究者詳細

著書
分割表示   全件表示 >>

53 件中 31 - 40 件目

年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2015  prima plus(プリマ・プルス)  共編著   
Cornelsen/朝日出版社  , 未設定  , 87 p.  , 2016/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共編著者:藁谷郁美,Marco Raindl
授業用ハンドブック(94 p.)も共同執筆
いずれも共同制作につき本人担当部分抽出不可能  

2015  Die Wirkung von Fehlerkorrektur auf Überarbeitungsprozesse und -produkte beim fremdsprachlichen Schreiben. Eine empirische Studie unter japanischen Deutschlernenden.  単著   
Iudicium  , 未設定  , 250  , 2015/08   

概要(Abstract) 外国語作文における修正フィードバックが作文推敲のプロセスおよびプロダクトにどのような影響を与えるかについての実証的研究の結果をまとめたもの。対象は日本語を母語とする大学生のドイツ語学習者である。 

備考(Remarks) 2014年5月にハレ大学(Martin-Luther-Universität Halle-Wittenberg)に提出した博士論文の改訂版。 

2013  Wissenstransfer durch Deutsch als Fremdsprache. Eine internationale Perspektive.  共著   
Peter Lang  , 未設定  , 194 p.  , 2013/06   

概要(Abstract) Deutsch als Fremdsprache をめぐる論文集。  

備考(Remarks) 編者:A. Lewandowska & M. Ballod
以下の論文を執筆(単著):
Tatsuya Ohta: Die Deutschlehrerausbildung an japanischen Universitäten ― Über die Notwendigkeit einer Neuausrichtung. pp. 161-176. 

2012  Transkulturalität ― Identitäten in neuem Licht. Asiatische Germanistentagung in Kanazawa 2008  共著   
iudicium  , 未設定  , 928 p.  , 2012/04   

概要(Abstract) 2008年に金沢で開催されたアジア・ゲルマニスト会議の論文集。
本書に収録された太田論文の概要:
日本語を母語とするドイツ語学習者が教員フィードバックをどのように受容し、推敲作業を行なっているのかを質的に分析した。 

備考(Remarks) 編者:R. Maeda
以下の論文を執筆(単著):
Tatsuya Ohta: Text-Überarbeitungsprozesse japanischer Deutschlerner ― wie rezipieren die Lernenden das schriftliche Feedback der Lehrenden? pp. 760-766. 

2009  Grammatik lehren und lernen im Deutschunterricht in Japan - empirische Zugänge  共編著   
iudicium  , 未設定  , 178  , 2010/03   

概要(Abstract) 日本のドイツ語教育における文法指導・文法学習に関する実証的研究論文集。
本書に収録された太田論文の概要:
日本人ドイツ語学習者が辞書を使用しながら単独でドイツ語の作文を書く様子を録音・録画し、「発話思考法」により得られたデータを分析して、学習者の辞書使用の実態を調べた実証的研究。 

備考(Remarks) 編者:M. Hoshii, G. C. Kimura, T. Ohta, M. Raindl
以下の論文を執筆(単著):
Tatsuya Ohta: Wörterbuchbenutzung und Aktivierung des grammatischen Wissens - eine empirische Studie mit japanischen Deutschlernenden. pp. 88-102. 

2009  NHK CDブック ラジオドイツ語講座 からだで覚える 実践ドイツ語  共著   
日本放送出版協会  , 未設定  , 222  , 2009/09   

概要(Abstract) 初学者から中級者向けのドイツ語教材(CD2枚つき)。2006年4月〜9月にNHKラジオ第二放送で放送された「NHKラジオ ドイツ語講座(入門編:ゲンのバイオリン)」のテキストをベースにしたもの。 

備考(Remarks) 共著者:マルコ・ラインデル
共同制作につき本人担当部分抽出不可能 

2008  Fertigkeiten - integriert oder separiert? Zur Neubewertung der Fertigkeiten und Kompetenzen im Fremdsprachenunterricht.  共著   
Praesens Verlag  , 未設定  , 200  , 2008/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 編者:C. Fandrych & I. Thonhauser
以下の論文を執筆(単著):
Tatsuya Ohta: Was denkt der Lerner, was sieht der Lehrer? – Schreib­ und Korrekturprozess von Deutschlernenden und ­lehrenden. pp. 107-124 

2008  NHKラジオまいにちドイツ語 2008年9月号テキスト  共著   
日本放送出版協会  , 未設定  , 2008/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:マルコ・ラインデル
「フェリックスの日記帳」pp. 55-103 (49 p.)を共同で担当
共同制作のため本人担当部分抽出不可能
2010年3月に同内容で再発行 

2008  NHKラジオまいにちドイツ語 2008年8月号テキスト  共著   
日本放送出版協会  , 未設定  , 2008/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:マルコ・ラインデル
「フェリックスの日記帳」pp. 85-125 (41 p.)を共同で担当
共同制作のため本人担当部分抽出不可能
2010年2月に同内容で再発行 

2008  NHKラジオまいにちドイツ語 2008年7月号テキスト  共著   
日本放送出版協会  , 未設定  , 2008/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共著者:マルコ・ラインデル
「フェリックスの日記帳」pp. 69-109 (41 p.)を共同で担当
共同制作のため本人担当部分抽出不可能
2010年1月に同内容で再発行 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [NEXT>>]