研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

98 件中 21 - 30 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2015  ドイツ語教育・学習者の現状に関する調査報告 ― 教員・学習者を対象とするアンケート結果から ―  共同  2015/05/31 
日本独文学会2015年春季研究発表会  , 日本独文学会   

概要(Abstract) 日本独文学会のドイツ語教育・学習者の現状に関する調査委員会が行った第2回調査結果についてのポスターおよびブース発表。
発表者:日本独文学会 ドイツ語教育・学習者の現状に関する調査委員会  

備考(Remarks) 於 武蔵大学 

2015  「ドイツ語教育・学習者の現状に関する調査」の概要と結果  単独  2015/05/30 
日本独文学会2015年春季研究発表会  , 日本独文学会   

概要(Abstract) 日本独文学会ドイツ語教育部会主催シンポジウム「<ドイツ語教育・学習者の現状に関する調査>に基づきこれからのドイツ語教育を考える」のパネリストとして、同調査の概要と結果について発表した。
 

備考(Remarks) 於 武蔵大学 

2014  SNS als Lernraum – Ein kontext-sensitiver Blog-Editor als Interface zwischen formellem und informellem Lernen.  共同  2015/02/21 
5. Bremer Symposion 2015   

概要(Abstract) フォーマル学習とインフォーマル学習をつなぐインターフェイスとしてのブログ・エディターの開発と運用についての研究発表(ドイツ語)。 

備考(Remarks) 於 ブレーメン大学(ドイツ) 

2014  言語学習意識の促進 ― 教室の外へとつながる学習 ―  単独  2015/01/24 
初習外国語教授法シンポジウム「自律した学習者の育成に向けて」  , 上智大学言語教育研究センター   

概要(Abstract) 外国語教育においては、言語能力のみならず「言語学習に対する意識」を促進することが重要であり、それによって学習が「教室の外」へとつながっていくことを論じた。 

備考(Remarks) シンポジウムにおける招待講演。 

2014  Digitale Hilfen für das Schreiben in sozialen Netzwerken – eine Brücke zwischen formellem und informellem Lernen.  共同  2014/10/11 
日本独文学会2014年秋季研究発表会  , 日本独文学会   

概要(Abstract) SNSを利用した学習(ライティング)支援環境の構築に関する研究発表(ドイツ語)。 

備考(Remarks) 於 京都府立大学 

2014  Context-aware writing support for SNS: Connecting formal and informal learning.  共同  2014/08/21 
EUROCALL 2014 Conference  , EUROCALL   

概要(Abstract) 教育機関の枠組みにおける「フォーマル・ラーニング」と教室外における「インフォーマル・ラーニング」とをつなぐものとしての、SNSを利用したライティングサポート・システムの開発と運用に関する研究発表(英語)。 

備考(Remarks) 於 フローニンゲン大学(オランダ) 

2014  インフォーマル・ラーニングにおける学習行動の質的研究 ― ドイツ語学習成功者の語りと学習環境設計への示唆  共同  2014/08/05 
外国語教育メディア学会全国研究大会  , 外国語教育メディア学会   

概要(Abstract) インフォーマル・ラーニングにおいて学習者はどのような学習行動をとっているのかに関する質的研究調査の結果をまとめたもの。対象者は、ドイツ語圏に留学中の日本人ドイツ語学習者である。 

備考(Remarks) 於 福岡大学 

2014  ドイツ語作文における誤りの訂正が推敲プロセスおよびプロダクトにもたらす影響  単独  2014/07/12 
日本独文学会東海支部2014年夏季研究発表会  , 日本独文学会東海支部   

概要(Abstract) ドイツ語作文における誤りの訂正が推敲プロセスおよびプロダクトにどのような影響をもたらすのかについて調べた実証的研究の成果の一部を発表。 

備考(Remarks) 於 名古屋大学 

2014  混合研究法とトライアンギュレーション ― 実証研究のさまざまな手法 ―  単独  2014/06/16 
 

概要(Abstract) 「混合研究法」および「トライアンギュレーション」とは何かについて、外国語教育研究を例にして紹介した講演。 

備考(Remarks) 慶應義塾大学総合政策学部 研究会「メディア比較」における招待講演 

2014  Die Wirkung von Fehlerkorrektur auf Überarbeitungsprozesse und -produkte.  単独  2014/05/24 
日本独文学会2014年春季研究発表会  , 日本独文学会   

概要(Abstract) ドイツ語作文へのフィードバックが推敲プロセスおよびプロダクトにどのような影響を及ぼすのかについての実証的研究の成果の一部を発表(ドイツ語)。 

備考(Remarks) 於 麗澤大学 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [NEXT>>]