研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

34 件中 21 - 30 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2011  ドイツ語教育の刷新に向けて ― 教育の理念とその実現にあたっての諸問題 ―  寄稿  単著 
ドイツ文学研究  , 日本独文学会東海支部  , 43  , pp. 97-101  , 2011/10   

概要(Abstract) 教師主導ではなく学習者中心のドイツ語教育を行っていくためには、学習者の「内在的文法」を発展を促す活動を中心に据えることが重要であるとし、その実践例を紹介したもの。 

備考(Remarks)  

2010  Modelle 2(モデル2 問題発見のドイツ語)  執筆協力  その他 
三修社  , 77  , 2011/03   

概要(Abstract) ビデオ(DVD)・CDつきドイツ語総合教材 

備考(Remarks) 著者:Andreas Riessland,藁谷郁美,木村護郎クリストフ,平高史也
教授用資料も執筆協力 

2010  省察能力の育成を重視したドイツ語教員養成モデル  報告  単著 
ドイツ語教育  , 日本独文学会ドイツ語教育部会  , 15  , 29-35  , 2010/10   

概要(Abstract) 本論は、外国語教員養成に関する先行研究、および2008年に筆者らが行った国内の大学におけるドイツ語科教職課程科目に関する現状調査をもとに、省察的な能力の育成をより重視した教員養成モデルを提案するものである。 

備考(Remarks)  

2010  協調・探究型アプローチの授業実践  報告  単著 
ドイツ語教育  , 日本独文学会ドイツ語教育部会  , 15  , 74-76  , 2010/10   

概要(Abstract) 構成主義的な学習観に立つならば、外国語教育の目標は、単なるコミュニケーション能力の育成ということを越えて、生涯学習を見据えての自律的学習能力やプロジェクト能力の育成をも視野に入れるべきである。本論は、こうした理念に立ち、さらに動機づけに関する研究からの知見も考慮した「協調・探究型アプローチ」によるドイツ語の授業実践について報告するものである。 

備考(Remarks)  

2006  外国語学習環境をデザインする  報告  単著 
ドイツ語教育  , 日本独文学会ドイツ語教育部会  , 11  , 113-118  , 2006/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2006  「外国語授業の設計」から「外国語学習環境のデザイン」へ  報告  単著 
DMNetコンソーシアム 2004-2005年度報告書  , 慶應義塾大学DMNetコンソーシアム  , 21  , 2006/07   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  Modelle 3(モデル3 問題発見のドイツ語)  執筆協力  その他 
三修社  , 78  , 2006/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 著者:平高史也,Andreas Riessland,藁谷郁美,木村護郎クリストフ
教授用資料(47 p.)も執筆協力 

2005  板山眞由美・森田昌美(編)『学習者中心の外国語教育をめざして 流通科学大学ドイツ語教授法ワークショップ論文集』(三修社、2004年)  書評  単著 
ドイツ語教育  , 日本独文学会ドイツ語教育部会  , 10  , 61-63  , 2005/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2005  作文プロセスの実証的研究 - 日本人ドイツ語学習者を対象とした観察研究から -  報告  単著 
ドイツ語教育  , 日本独文学会ドイツ語教育部会  , 10  , 112-117  , 2005/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2004  パスポート独和・和独小辞典  辞書・事典  共編著 
白水社  , 558  , 2004/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 共編著者:諏訪功,久保川尚子,境一三,三ツ石祐子
主に「A」〜「G」の項目を執筆 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]