研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
大竹 弘二 ( オオタケ コウジ , OOTAKE Koji )
所属
Organization
国際教養学部国際教養学科
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

現代ドイツ政治理論、政治思想史

学会活動
Academic societies

社会思想史学会
日本哲学会
政治思想学会


出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
東京大学大学院総合文化研究科 博士課程  2005年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(学術)    東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程  2008年07月 
学士 政治学士    早稲田大学政治経済学部政治学科   
修士 修士(学術)    東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻修士課程   
詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2015  『記憶の共有をめざして:第二次世界大戦終結70周年を迎えて』(執筆担当部分:「「正常化」できない関係?:戦後ドイツとイスラエル」、pp.269-289.)  共著   
行路社  , 未設定  , 533 p.  , 2015/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  統治新論:民主主義のマネジメント  共著   
太田出版  , 未設定  , 272 p  , 2015/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 國分功一郎との共著:担当率50% 

2013  岩波講座 政治哲学4 国家と社会 (執筆担当部分:第8章「シュミット:自由主義批判のジレンマ」、pp. 177-200.)  共著   
岩波書店  , A5  , 244 p.  , 2014/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  正戦と内戦:カール・シュミットの国際秩序思想  単著   
以文社  , A5  , 482p. I-XLI  , 2009/10   

概要(Abstract) この著書では、1910年代から晩年までのシュミットの国際秩序思想とその理論的基礎について解明した。論じたテーマを順番に示すと、まず初期の規範主義批判に由来するナチス期の法概念と言語の政治、次に20、30年代の「連邦」構想から「広域」構想に至る経緯、および40、50年代の「世界内戦」論と60年代のパルチザンの理論、そして戦後ドイツの文脈におけるシュミットの理論の受容についてである。 

備考(Remarks)  

2004  グローバル化の行方(執筆担当部分:「J・ハーバーマスと人道的介入の問題:国際秩序の観点から見た討議倫理の一帰結」、pp. 293-312.)  共著   
新世社  , A5  , 349 p.  , 2004/07   

概要(Abstract) 本論考で考察したのは、冷戦終結後に湾岸戦争、ソマリア介入、コソボ紛争といった事例で問われた人道的介入についてのユルゲン・ハーバーマスの理論的立場である。彼は主権国家のみに和戦の自由な決定を認めるシュミットを批判して、カント的な世界市民主義の名のもとに、武力行使は国家の枠組を超えて法制化された民主的手続きを通じて決定されるべきとする正戦論の立場を取るが、本論考ではここから生じる諸問題を明らかにした。 

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  カール・シュミット: 政治と遊び  単著   
POSSE[ポッセ]  , 堀之内出版  , vol.32  , pp.220-234  , 2016/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  カール・シュミットと決断の根拠  単著   
政治思想研究  , 風行社  , 第16号  , pp.62-84  , 2016/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  統治の彼方の政治: 公開性の根源 最終回  単著   
『atプラス』  , 太田出版  , 第27号  , pp.180-206  , 2016/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  スパイ、ゲーム、秘密の戦争(後編): 公開性の根源 第13回  単著   
『atプラス』  , 太田出版  , 第26号  , pp.120-139  , 2015/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  スパイ、ゲーム、秘密の戦争(前編): 公開性の根源 第12回  単著   
『atプラス』  , 太田出版  , 第25号  , pp.162-177  , 2015/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  フランツ・カフカ、生権力の実務家­: 公開性の根源 第11回  単著   
『atプラス』  , 太田出版  , 第24号  , pp.121-141  , 2015/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  書記の生、文書の世界: 公開性の根源 第10回  未設定   
『atプラス』  , 第23号  , p.56-76  , 2015/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「民主的立憲国家」は生き残れるのか?: 政治理論的視点から見た「解釈改憲」問題  単著   
『atプラス』  , 太田出版  , 第21号  , p.30-40  , 2014/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  代表と民主主義: 公開性の根源 第9回   単著   
『atプラス』  , 太田出版  , 19号  , pp.136-150  , 2014/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  バロック主権者の栄光: 公開性の根源 第8回  単著   
『atプラス』  , 太田出版  , 第18号  , pp.124-140  , 2013/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  ユルゲン・ハーバーマス『真理と正当化』  翻訳  共著 
法政大学出版局  , 463 p.  , 2016/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 担当率20% 

2015  「過渡期」レオ・シュトラウスの可能性: Martin D. Yaffe/ Richard S. Ruderman, Reorientation: Leo Strauss in the 1930s, Palgrave Macmillan 2014 への書評  書評  単著 
『政治哲学』  , 政治哲学研究会  , 第19号  , pp.112-120  , 2015/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  リアリズムを超える民主主義のために  寄稿  単著 
『現代思想』  , 青土社  , 第43巻第14号  , pp.200-205(6 p.)  , 2015/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「民主的立憲国家」は生き残れるのか  寄稿  単著 
立憲デモクラシーの会編『私たちは政治の暴走を許すのか』(岩波ブックレット)  , 岩波書店  , p.37~46 (10 p.)  , 2014/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  『労働者:支配と形態』(エルンスト・ユンガー著 川合全弘訳)  書評  単著 
『社会思想史研究』  , 藤原書店  , 第38号  , pp.258-262  , 2014/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  主権を超えていく統治:国家の肥大症としての特定秘密保護法  対談  共著 
『atプラス』  , 太田出版  , 第19号  , pp.4-26  , 2014/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  カール・シュミットにおける幾つかの思考モチーフ  翻訳論文集の解説  単著 
カール・シュミット『政治思想論集』服部平治/宮本盛太郎訳  , 筑摩書房(ちくま学芸文庫)  , pp.189-204  , 2013/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  イソノミアの名、民主主義の名  書評  単著 
『atプラス』  , 太田出版  , 第15号  , pp.46-55  , 2013/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  統治が技術に変容するとき:カール・シュミット『独裁』  寄稿  単著 
『現代思想』  , 青土社  , 第39巻第9号  , pp.94-97  , 2011/6   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  アレクサンダー・G・デュットマン『思惟の記憶』  翻訳  単訳 
月曜社  , 340p. i-lxix  , 2009/5   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2015  「カール・シュミットと決断の理由」  単独  2015/05/23 
政治思想学会第22回研究大会「政治思想における意志と理性: シンポジウムⅡ 秩序転換をめぐる意志と理性」  , 政治思想学会 於)武蔵野大学有明キャンパス   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2010  「国家・ライヒ・ヨーロッパ:カール・シュミットの広域秩序構想をめぐる諸問題」  単独  2010/10/23 
社会思想史学会第35回大会シンポジウム「〈圏域〉の思想:ヨーロッパとアジア」  , 社会思想史学会 於)神奈川大学   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2010  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  主権論と非常事態論:近世政治思想における新ストア主義と政治的叡智論との関連で 
研究代表者    400,000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2010  公開講座 

「カール・シュミット再考 I・II」
朝日カルチャーセンター新宿校 

2010/6/5, 8/21 
2010  特別授業 

新潟大学「人間学特殊研究」第10回授業
「カール・シュミットの例外状態(非常事態)論」 

2010/12/3 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2016  学会討論者  2016/10/02 

活動内容等(Content of Activities) 2016年度日本政治学会・分科会D-7「政治思想」
於)立命館大学大阪いばらきキャンパス 

2014  シンポジウム講演・討論  2014/04/25 

活動内容等(Content of Activities) 「解釈改憲をどうとらえるか」
シンポジウム「「私が決める政治」のあやうさ:立憲デモクラシーのために」での講演
於)法政大学富士見キャンパス 

2013  講演  2013/12/15 

活動内容等(Content of Activities) 「アーレント、ホロコースト、イスラエル国家」
マルガレーテ・フォン・トロッタ監督の映画『ハンナ・アーレント』の日本公開に伴う講演
於)福岡KBCシネマ 

2013  研究会報告  2013/12/14 

活動内容等(Content of Activities) 「カール・シュミットにおける悲劇性の諸問題」
西南哲学会の研究会での報告
於)西南学院大学 

2011  懇話会コメンテーター  2012/2/4 

活動内容等(Content of Activities) 社会倫理研究所2011年度第2回懇話会
「国際社会における「支配からの自由」の現代的意義:共和主義的視座からの考察」
於)南山大学名古屋キャンパスR棟R32 

2010  研究会報告  2010/12/3 

活動内容等(Content of Activities) 「カール・シュミットのアクチュアリティ:近代主権国家の歴史的使命とその終焉」
第7回新潟哲学思想セミナーでの研究報告
於)新潟大学五十嵐キャンパス 

2010  研究会報告  2010/12/10 

活動内容等(Content of Activities) 「カール・シュミットと近代主権国家の終焉」
名古屋地区政治思想研究会での報告
於)名古屋大学 

2010  研究例会コメンテーター  2010/11/10 

活動内容等(Content of Activities) 南山学会合同研究例会「近代国家と宗教(欧米編)」
於)南山大学名古屋キャンパス 

2010  学会討論者  2010/10/30 

活動内容等(Content of Activities) 国際政治学会2010年度研究大会分科会セッションC-2欧州国際政治史・欧州研究「欧州統合の複数性」
於)札幌コンヴェンションセンター 

2009  研究会報告  2010/3/21 

活動内容等(Content of Activities) 「カール・シュミットと主権国家の終焉」
「国際法基礎理論史研究会」での研究報告 
於)横浜国立大学 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2017/04/06 更新