研究者詳細

その他研究業績
分割表示   全件表示 >>

11 件中 1 - 10 件目

年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  ユルゲン・ハーバーマス『真理と正当化』  翻訳  共著 
法政大学出版局  , 463 p.  , 2016/06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 担当率20% 

2015  「過渡期」レオ・シュトラウスの可能性: Martin D. Yaffe/ Richard S. Ruderman, Reorientation: Leo Strauss in the 1930s, Palgrave Macmillan 2014 への書評  書評  単著 
『政治哲学』  , 政治哲学研究会  , 第19号  , pp.112-120  , 2015/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  リアリズムを超える民主主義のために  寄稿  単著 
『現代思想』  , 青土社  , 第43巻第14号  , pp.200-205(6 p.)  , 2015/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  「民主的立憲国家」は生き残れるのか  寄稿  単著 
立憲デモクラシーの会編『私たちは政治の暴走を許すのか』(岩波ブックレット)  , 岩波書店  , p.37~46 (10 p.)  , 2014/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  『労働者:支配と形態』(エルンスト・ユンガー著 川合全弘訳)  書評  単著 
『社会思想史研究』  , 藤原書店  , 第38号  , pp.258-262  , 2014/09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  主権を超えていく統治:国家の肥大症としての特定秘密保護法  対談  共著 
『atプラス』  , 太田出版  , 第19号  , pp.4-26  , 2014/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  カール・シュミットにおける幾つかの思考モチーフ  翻訳論文集の解説  単著 
カール・シュミット『政治思想論集』服部平治/宮本盛太郎訳  , 筑摩書房(ちくま学芸文庫)  , pp.189-204  , 2013/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  イソノミアの名、民主主義の名  書評  単著 
『atプラス』  , 太田出版  , 第15号  , pp.46-55  , 2013/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  統治が技術に変容するとき:カール・シュミット『独裁』  寄稿  単著 
『現代思想』  , 青土社  , 第39巻第9号  , pp.94-97  , 2011/6   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2009  アレクサンダー・G・デュットマン『思惟の記憶』  翻訳  単訳 
月曜社  , 340p. i-lxix  , 2009/5   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]