研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
畑山 知子 ( ハタヤマ トモコ , HATAYAMA Tomoko )
所属
Organization
体育教育センター体育教育センター
職名
Academic Title
准教授
専攻分野
Area of specialization

健康科学(高齢者の健康づくり、運動疫学)

学会活動
Academic societies

日本健康支援学会 (2001年11月−現在に至る) 
運動疫学研究会 (2002年 7月−現在に至る) 
日本体力医学会 (2007年 3月−現在に至る)
日本未病システム学会 (2007年12月−現在に至る) 
産学連携学会 (2008年 7月−2014年)
日本健康教育学会 (2012年 9月―現在に至る)

著書・学術論文数
No. of books/academic articles
総数 total number (0)
著書数 books (0)
学術論文数 articles (0)

出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
九州大学大学院 未設定  2006年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
     
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(人間環境学)  地域在宅高齢者の転倒発生と身体的および心理的要因に関する研究  九州大学大学院人間環境学府研究科行動システム専攻博士後期課程  2009年04月 
修士 修士(人間環境学)    九州大学大学院人間環境学府研究科行動システム専攻修士課程  2002年03月 
学士 教育学    山口大学教育部スポーツ健康科学科  2000年03月 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  健康づくりの総合的・実践的研究 

概要(Abstract) 健康づくりのプログラム開発と評価、コミュニティと健康との関連について検討する 

長期研究  看護学生を対象としたボディーワークの構築 

概要(Abstract) 看護学生を対象として、からだへの理解、からだを通したコミュニケーションを体験的に学習することを目指すボディワークプログラムの構築を目的としている 

短期研究  高齢者の健康支援 

概要(Abstract) 高齢者の転倒や要介護状態と体力、メンタルヘルス、生活習慣などとの関連について検討する 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2008  健康と運動の疫学入門-エビデンスに基づくヘルスプロモーションの展開-  未設定   
医学出版  , B5  , 239  , 2008/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 第3章 3.5.2要介護の原因となる疾病 1.転倒、
3.5.3 介護予防の運動疫学 A.転倒、熊谷秋三との共著
(責任編集 熊谷秋三) 

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  看護学生を対象としたボディワーク構築の試み  共著   
アカデミア 人文・自然科学編  , 南山大学  , 13  , pp.149-162  , 2017.01.31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 畑山知子、グラバア俊子 

2016  地域在住高齢者における縦断的調査への不参加および途中脱落に関連する心身機能と背景因子の探索  共著   
体力科学  , 65/3  , pp.315-326  , 2016.06   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  膝痛緩和のための通信型運動プログラム:日本運動疫学会プロジェクト研究"介入研究によるエビデンス提供"  共著   
運動疫学研究  , 日本運動疫学会  , 18/1  , pp.36-46  , 2016.03.31   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 畑山知子,種田行男 

2014  体験学習の広がり 対人援助職のためのボディワークプログラム構築の試み   共著   
人間関係研究  , 南山大学人間関係研究センター  , 14  , 205-212  , 2015.03.31   

概要(Abstract) 半田常滑看護専門学校 授業報告 

備考(Remarks) グラバア俊子,畑山知子 

2014  膝痛緩和のための非対面通信型運動介入プログラムの実用性と有用性:ランダム化比較試験  共著   
運動疫学研究  , 16(2)  , pp.83-91  , 2014.09   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 畑山知子,種田行男 

2013  ベチバー根の揮発成分のビジランス低下抑制効果  共著   
aroma research  , 14(4)  , 366-375  , 2013.11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 清水邦義, 深川未央, 松原恵理, 松本清, 山本篤, 石川洋哉, 北村真吾, 栫ちか子, 畑山知子, 永野純, 岡本剛, 大貫宏一郎 

2013  健常者における不定愁訴数に関連する因子の探索 -生化学的指標,生活習慣および心理社会的因子を含めた予備的検討-  共著   
日本未病システム学会雑誌  , 19(2)  , 15-22  , 2013.08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 長野真弓,栫ちか子,畑山知子,大貫宏一郎 

2012  男女大学生のBMIと骨密度、運動経験との関連  共著   
大学保健体育研究  , 東海体育学会  , 32  , pp.7-15  , 2013/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Volatiles emitted from the roots of Vetiveria zizanioides suppress the decline in attention during a visual display terminal task.  共著   
Biomedical Research  , 33/5  , pp. 299-308  , 2012/11/01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) E Matsubara, K Shimizu, M Fukagawa, Y Ishizi, C Kakoi, T Hatayama, J Nagano, T Okamoto, K Ohnuki, R Kondo  

2011  地域在住高齢者のQOL:太宰府研究  共著   
健康科学  , 九州大学健康科学センター  , 34  , pp.43-53  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2016  平成28年度 なごや健康カレッジ事業「楽ひざ体操講座」事業報告書  調査報告  単著 
2017/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  平成27年度 なごや健康カレッジ事業「楽ひざ体操講座」事業報告書  調査報告  単著 
2016/02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  平成26年度 なごや健康カレッジ事業「楽ひざ体操講座」事業報告書  調査報告  単著 
2015.01   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  高齢者こころとからだ事典  辞書・事典  単著 
中央法規  , p.240-1  , 2014/09/20   

概要(Abstract) 7-13.高齢者に適した運動・スポーツ種目 

備考(Remarks) 日本老年行動科学会 監修 

2013  平成25年度 なごや健康カレッジ事業「楽ひざ体操講座」事業報告書  調査報告  共著 
2014.02   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 種田教授(中京大)と共著 

2012  握力強化・健康増進用具「にぎってごらん」の印象評価  資料  共著 
健康科学  , 九州大学健康科学センター  , 35  , 印刷中  , 2013/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 熊谷秋三,畑山知子, 西内久人, 戸高裕子 

2009  香りの有用性評価方法−エビデンスからビジランス技術応用に向けて−  寄稿  共著 
AROMA RESEARCH  , フレグランスジャーナル社  , 10/3  , pp.11-16  , 2009/07   

概要(Abstract) The effects of odors are commonly well known as aromatherapy. Although a variety of studies have shown psychophysiological aspects of odors, their effects on cognitive function are not fully clear. The aim of this paper is to examine the effects of odor on sustained attention and on autonomic nervous activity in a vigilance task. Subjects were asked to detect a target digit '0' among other distracter digits that were presented every 1 second for 30 minutes. The odors were presented to the subjects with a constant-flow and -concentration during the task. Spectral analysis was used to assess the electroencephalogram (EEG) and heart rate variability (HRV). We evaluated the high-frequency components (HF) and the low- to high-frequency ratio(LF/HF ratio), reflecting parasympathetic nervous activity and sympathetic nervous activity, respectively. For analyzing components in odor qualitatively and quantitatively in flow, gas chromatography-mass spectrometry (GC-MS) has been applied. We found that some odors at the particular concentration suppressed the vigilance reduction during a vigilance task. The accumulation of these kinds of knowledge leads us to give a hint for more valuable application of odors. 

備考(Remarks) 松原恵理、深川未央、石地友香、畑山知子、北村真吾、河邊隆寛、岡本剛、大貫宏一郎、清水邦義、近藤隆一郎 

2008  高齢者の転倒発生と身体的要因−体力との関連−  寄稿  共著 
保健の科学  , 杏林書院  , 51/3  , pp. 173-178  , 2009/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 畑山知子、熊谷秋三 

2005  ヘルスプロモーションという支援:ヘルスプロモーション(健康支援)とは  資料  共著 
月刊NurseData  , 26巻  , p.34-39   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 熊谷秋三、畑山知子、本城(中川)薫子 

2005  ヘルスプロモーションという支援:臨床においてどのように活用できるか-運動行動との観点から-  資料  未設定 
月刊NurseData  , 26巻  , p.40-48   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 熊谷秋三、畑山知子 

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2017  学会賞  地域在住高齢者における縦断的調査への不参加および途中脱落に関連する心身機能と背景因子の探索  2017年05月19日 
日本体力医学会  

備考(Remarks) 共著 

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2018  看護学生を対象としたボディワークの試み  共同  2018/08/17 
第49回日本看護学会―看護教育―学術集会  , 日本看護学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 田中深雪、林惠美子、畑山知子 
広島国際会議場 

2016  地域保健事業のリクルートに関する研究  共同  2016.06.12 
日本健康教育学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 畑山知子、種田行男
開催地:沖縄 

2015  地域在住高齢者の体力・運動習慣とうつ症状との関連についての縦断的検討:太宰府研究  未設定  2015/09/20 
第70回日本体力医学会大会  , 日本体力医学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 長野真弓、畑山知子、松尾恵理、森山善彦、熊谷秋三
和歌山 

2015  高齢者を対象とした縦断研究における参加者・不参加者間の特性比較  共同  2015/06/21 
第18回 日本運動疫学会学術総会  , 日本   

概要(Abstract) 長野真弓、松尾恵理、森山善彦、野藤悠、畑山知子、西内久人、熊谷秋三 

備考(Remarks) 中京大学(愛知) 

2015  地域保健事業参加者の効果的なリクルート方法を探る  共同  2015/06/21 
第18回 日本運動疫学会学術総会  , 日本運動疫学会   

概要(Abstract) 畑山知子,種田行男 

備考(Remarks) 中京大学(愛知) 

2014  地域保健事業で活用できる膝痛緩和のための通信型運動プログラムの効果 ランダム化比較試験  共同  2014/09/18 
日本運動疫学会 第17回学術総会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 長崎大学 

2014  地域保健事業参加者のリクルート方法に関する研究  共同  2014/07/13 
日本健康教育学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 札幌市教育文化会館  

2012  女子学生におけるhigh impact sportの実施期間と骨密度  共同  2012/09/15 
第67回日本体力医学会大会,岐阜  , 日本体力医学会  , 体力科学  , 61(6)  , P.593   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  地域在住高齢者の身体活動とQOLとの関連  共同  2011/09/18 
第66回日本体力医学会大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  大学生の体育授業における食の学習プログラムの検討  共同  2011/09/09 
第58回日本栄養改善学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
研究助成
年度
Year
助成名称または科学研究費補助金研究種目名
Name of grant or research classification for scientific research funding
研究題目
Research Title
役割(代表/非代表)
Role
助成団体
Granting body
助成金額
Grant amount
2017  科学研究費補助金  看護学生を対象としたボディワークプログラムの効果 
代表  独立行政法人日本学術振興会    

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2015  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  看護学生を対象としたボディワークプログラムの構築 
代表    298,000 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2013  科学研究費補助金  地域在住高齢者のストレス対処能力(SOC)の実態と認知機能との関連 
代表  日本学術振興会  240万(初年度) 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 共同
研究期間:平成25~27年度 

2013  南山大学パッヘ研究奨励金I-A-2  看護学生を対象とした「ボディワーク」構築のための予備的研究 
    30万 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks)  

2010  科学研究費補助金  うつ状態とクオリティ・オブ・ライフに関する運動・社会疫学研究 
研究代表者  日本学術振興会  182万(初年度) 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 研究期間:平成22~24年度
共同 

2010  科学研究費補助金  多点観察による身体活動・運動量、体力と健康事象に関する運動疫学研究 
分担研究者  日本学術振興会  52万 

研究内容(Research Content)  

備考(Remarks) 共同
研究期間:平成22~26年度 

詳細表示
教育活動
年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2018  健康科学論 

学生への理解を深めるため、昭和区いきいき支援センターと連携し、認知症講座を取り入れた。現場で活躍される講師による具体的かつ実践的な講義内容を通して、身近な問題と捉えなおす機会を得ることができた。 

2018 
2016  健康科学論3  

300名近い受講者となった健康科学論3において、理解の促進を図るため、3名ひと組として1分間ずつ授業振り返りを話し相互理解をすすめる試みを実施した 

2016.09-2017.01 
2013  健康科学論3に コミュニケーション実習を取入れて 

健康科学論3においてコミュニケーション実習を取入れ,授業時に課す健康のトピックスについてのディスカッション時に,異学年,他学部の受講生との意見交換を促進することを試みた。また,様々な健康に関する問題を自身に結びつけて考えられるよう,実習を考案し実施した。授業評価において,主体的に参加出来た,との意見が多数寄せられたことから,目的は達せられたものと考えている。 

2013.04-2013.07 
詳細表示
研究活動/社会的活動
年度
Year
活動名称
Name of activities
活動期間
Period of Activities
2018  南山大学人間関係研究センター講座 ボディワーク  2018/6/30、7/14 

活動内容等(Content of Activities) 本講座において講師として担当した 

2017  南山大学人間関係研究センター講座 ボディワーク  2017/08/19,20,9/2,3 

活動内容等(Content of Activities) 本講座において講師として担当した 

2017  昭和区地域包括ケア推進会議事例検討会  2017.10.18 

活動内容等(Content of Activities) 処遇困難ケースへの対応に関するアドバイザー 

2017  平成29年度 なごや健康カレッジ 通信制「楽ひざ体操講座(南山大学)」  2017.09-2017.12 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋市在住の50歳以上の軽い膝痛を有する方を対象に,通信性膝痛体操講座を実施し,142名が受講した。
50日間の体操講座後,膝痛の改善が認められた。  

2016  平成28年度 なごや健康カレッジ「通信制 楽ひざ体操講座(南山大学)」  2016.09~2017.01 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋市在住の50歳以上の軽い膝痛を有する方を対象に,通信性膝痛体操講座を実施し,142名が受講した。
50日間の体操講座後,膝痛の改善が認められた。 

2015  南山大学人間関係研究センター講座 ボディワーク・セミナー 講師  2015/08/22,23,9/5,6 

活動内容等(Content of Activities) 南山大学人間関係研究センターが主催するボディワーク・セミナーにおいて,グラバア俊子教授とともに講師をつとめた 

2015  平成27年度 なごや健康カレッジ「通信制 楽ひざ体操講座(南山大学)」  2015.08~2015.12 

活動内容等(Content of Activities) 名古屋市在住の50歳以上の軽い膝痛を有する方を対象に,通信性膝痛体操講座を実施し,226名が受講した。
50日間の体操講座後,膝痛の改善が認められた。 

2014  平成26年度 なごや健康カレッジ「楽ひざ体操講座(南山大学)」  2014/10-2014/12 

活動内容等(Content of Activities) 通信性膝痛体操講座を実施し,171名が受講した。
50日間の体操講座後,膝痛の改善が認められた。
※中京大学工学部 種田行男教授との共同実施 

2013  名古屋市健康福祉局なごや健康カレッジ「楽ひざ講座」  2013/05~2014/02 

活動内容等(Content of Activities) 通信制地域保健事業,種田教授(中京大学)と共同実施 

2013  看護学生を対象とした「ボディワーク」構築のための予備的研究  2013/04~ 

活動内容等(Content of Activities) 看護学生のためのボディワーク構築のため,受講学生への調査を実施 

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2018 
2017 
2016 
2015 
2014 
2013 
2012 
2011 
2010 
2009 
詳細表示

2019/05/08 更新