研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

34 件中 11 - 20 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2011  男女大学生の骨密度と不定愁訴との関連  共著   
大学保健体育研究  , 31  , pp.11-19  , 2012/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2011  インターネットを利用した感性評価システムによる産学連携−共同研究事例報告−  共著   
産学連携学  , 産学連携学会  , 7/2  , pp.23-28  , 2011/05   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 畑山 知子, 北村 真吾, 納富 貞嘉, 長野 真弓, 大貫 宏一郎 

2011  梅干の香気成分分析と印象評価―塩味フレーバーの探索―  共著   
九州栄養福祉大学研究紀要  , 8  , 187-194  , 2011   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 大貫宏一郎,塩田宇史,畑山知子,栫ちか子,松原恵理,清水邦義 

2010  大学生の骨密度とスポーツ種目との関連  共著  1347-8850 
大学保健体育研究  , 東海地区大学体育連合  , 30  , pp.1-8  , 2011/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 池上久子、畑山知子、鶴原香代子、松田秀子、村本名史、加藤恵子、田中陽子、大隈節子、谷口裕美子、高橋和文 

2010  母親の首尾一貫感覚(Sense of Coherence; SOC)と不定愁訴との関連  共著   
ストレス科学研究  , 25/0  , pp.23-29  , 2010/06   

概要(Abstract) The purpose of this study was to clarify mother's the SOC (Sense of Coherence) and unidentified complaint. The subjects were 42 mothers (Age±SD: 33.9±3.4) living in urban areas. We asked the subjects to self-rate their experiences according to scales such as SOC and lifestyle habits and evaluation were made 39 items of self-claimed sheet of unidentified complaint. The results revealed a negative correlation between SOC score and unidentified complaint score (r=-0.580, p<0.01). The high unidentified complaint score group were higher the frequency of late-evening snacks consumption (p<0.05) and long time getting to sleep (p<0.01) than low unidentified complaint score group. Lastly, the results of logistic regression analysis revealed that the SOC score was the only significant independent factor; the dependent variable was the level of unidentified complaint and the independent variables were the SOC, frequency of late-evening snacks consumption and sleep-onset time (β=0.306, Wald=3.917, p=0.048, Exp (β)=0.736). The higher the SOC score suggested the possibility the preventive effect against the occurrence of indefinite complaint. 

備考(Remarks) 林 ちか子, 畑山 知子, 長野 真弓, 大貫 宏一郎 

2009  ショウガ酢飲料の摂取が女性の主観的不定愁訴症状に及ぼす影響  共著   
日本未病システム学会雑誌  , 日本未病システム学会  , 15/2  , pp.37-47  , 2010/3   

概要(Abstract) 本研究では、多くの薬効をもつショウガを酢酸発酵させたショウガ酢飲料を用いて、成人女性を対象に、2週間の短期摂取が主観的不定愁訴症状に及ぼす影響についてオープンラベル法にて検討した。対象は、健康な日常生活を営む有償ボランティアで、成人女性30名(平均年齢47.3±10.9歳)であった。30名のうち閉経を迎えていたのは15名で、閉経を迎えていない残り15名の月経周期は全員安定(25~35日)していた。試験期間は2週間で、被験者には摂取前、摂取1週間後、摂取2週間後に、健康状態および健康状態の満足度、月経状態、主観的付帯愁訴症状を質問紙により調査した。摂取量は1本/日とし、摂取時刻および摂取回数などは特に指定しなかった。その結果、肩こりや腰痛、疲労感などの身体症状や憂うつ、イライラなどの気分の状態、皮膚のかさつき、ハリ・ツヤ、しみ、しわ、かゆみ、化粧のりなどの皮膚症状が有意に改善された。また、不定愁訴症状には年代差が認められ、特に皮膚症状の改善効果は、閉経前女性においてより有効であり、ショウガ酢飲料の短期摂取の効果には、年代差がある可能性が示唆された。以上より、ショウガ酢飲料の短期摂取が、女性の主観的不定愁訴症状改善に効果的である可能性が示唆された。 

備考(Remarks) 林ちか子・畑山知子・佐原明子・來住明宣・松川泰治・大貫宏一郎 

2009  地域在住高齢者における体力と精神的健康との関連性  共著   
健康医科学研究助成論文集  , 財団法人 明治安田厚生事業団  , 25  , pp.11-19  , 2010/3   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 井出幸二郎、畑山知子、長野真弓、畝博、熊谷秋三 

2009  感性評価手法を応用した産学連携  共著   
産学連携学  , 産学連携学会  , 5/2  , pp.37-43  , 2009/5   

概要(Abstract) This report shows a successful case of industry-university cooperation by applying the academic research method. In this cooperative study, the academic research method, KANSEI evaluation in User Science Institute (USI, Kyushu University), was applied to take advantages of the user evaluation to remodel an esthetic salon. The new salon had been designed based on the results of the evaluation of the old salon, and the score of the new salon significant improved compared to the old salon. These results suggest that KANSEI evaluation is useful tool to bring the user opinion into beneficial change, and the application of academic research methods could be a useful model for industry-university cooperation. 

備考(Remarks) 畑山知子・長野真弓・北村真吾・大貫宏一郎 

2009  ヒアルロン酸含有サプリメントの健常者に対する過剰摂取による安全性試験  共著   
薬理と治療  , ライフサイエンス出版  , 37/11  , pp.953-961  , 2009/11   

概要(Abstract) Background: In recent years, hyaluronic acid has been developed that can be edible, and ingested orally as a dietary supplement that has been reported to the effect of knee pain and other degenerative knee joint disease. However, reports on the safety of oral intake is not need to consider.
Objectives: A placebo-controlled, double-blind study was performed to assess the safety of excessive intake of tablets containing hyaluronic acid in normal healthy adults.
Methods: They were divided into three groups: placebo group (age 37.5±15.4y.o.), high-dose group (intake of 24 tablets/day, age 37.8±13.6y.o.) and standard-dose group (intake of 8 tablets/day, age 37.6±11.2y.o.). They were given for 4weeks. We examined at blood pressure measurement, physical examinations, blood test, urinalysis and interview before the trial, then 2 and 4 weeks after the start of the trial, and 2 weeks after 4 weeks intakes.
Results: Blood pressure, body composition, hematologic and biochemical tests in the blood, which showed some minor variations, was the change in the threshold.
Conclusions: The results demonstrated the safety of excess-intake of tablets containing hyaluronic acid because there were no changes to clinical problems in each test. 

備考(Remarks) 林ちか子、畑山知子、長野真弓、大貫宏一郎 

2009  地域在宅高齢者の転倒発生と身体的及び心理的要因に関する研究(博士論文)  単著   
九州大学  , 74  , 2009/04   

概要(Abstract) わが国の地域在宅高齢者における一年間の転倒率は10〜20%前後であり、欧米の約半分である。転倒の一次予防としては、非転倒者の中から新たな転倒発生を抑制することが重要であるが、転倒の予測や予防対策は、これまでの転倒経験者を対象に含む研究で明らかにされた危険因子に基づき講じられてきた。転倒経験者を対象に含む研究では、過去の転倒経験に関連して生じた身体の虚弱化や心理的な影響が反映されている可能性が否定できない。
これまで、転倒経験のない高齢者を対象として転倒発生の要因を検討した研究は極めて少ない。わが国における転倒予防対策の構築のためには、転倒経験のない地域在宅高齢者を対象に転倒発生の実態を明らかにし、その要因について検討する必要がある。そこで本研究では、傷害を伴う転倒経験のない地域在宅高齢者を対象にコホートを設定し、体力や身体機能および心理的要因の転倒発生との関連性について検討した。
傷害を伴う転倒経験のない女性高齢者の転倒発生について、膝伸展力の不均衡という新たな指標が転倒の予測因子となる可能性が示された。しかしながら、下肢筋力や歩行能力など、いわゆる日常生活動作を反映するような身体機能や体力と転倒発生との間には、男女を問わず関連は低いことが示唆された。すなわち、これまでに観察されていた下肢筋力の低下などの体力や身体機能に関連したリスクには、調査対象に転倒経験者を含んでいたことによって、過去の転倒経験に関連して生じた身体の虚弱化や心理的な影響が反映されていたことを示唆された。したがって、本邦の地域における転倒非経験者の転倒リスクの評価の際は、従来の研究成果をそのまま適用することは不適切であろうと考えられた。
心理的要因については、複数回転倒の発生に強く関連していることが示され、かつ体力および身体機能との相互作用により転倒の発生も高まったことから、転倒のリスク評価として重要な指標であると考えられた。2つの前向き研究とも、単独の因子のみを有する場合には、転倒発生のオッズ比の有意性は観察されていないことから、複合的評価の重要性が示唆された。
以上より、傷害を伴う転倒経験のない地域在宅高齢者の転倒発生については、従来指摘されてきた下肢筋力の低下などの体力や身体機能の貢献度は低いことが示唆され、単一要因の評価を行うよりも、心身両面の相互作用を検討することが重要であると結論された。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [NEXT>>]