研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

25 件中 21 - 25 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
1985  物理教育におけるマイクロコンピュータ利用に関する総合的研究(1)−MS-DOS上のC言語による波動分野CAIソフトウェア開発の試み−  単著   
愛知県教育センター研究紀要理科特集  , 愛知県教育センター  , 22  , 1-8  , 1986/03   

概要(Abstract) マイクロコンピュータの物理教育利用には、CAI、CMI、コンピュータリテラシーの育成、物理計測機器としての活用、ネットを通じてデータベースとしての利用等があげられる。本稿では、異機種間ソフト互換性に配慮して、C言語による波動分野CAIソフトウェア開発を試みた。プログラム学習の単なる電子式ページめくり機のような市販のCAIソフトではなく、考える力を育てるということに主眼をおいたソフトを製作したつもりである。今後更に数を増し、学校現場での使用により、一層の改善を進めていきたい。 

備考(Remarks) 科学研究費補助金奨励研究(B)の一部による。 

1985  波動分野における指導法改善の研究  単著   
I.F.Report  , 石田科学経済研究財団  , 12  , 142-175  , 1985/12   

概要(Abstract) 波動とは,物理量の振動が周囲の媒質へ次々と伝わっていく現象である。この物理量の中に、音圧のようなスカラー量と媒質微粒子の変位のようなベクトル量とがある。波動の指導において、中心的役割を果たすのが重ね合わせの原理であるが、従来、スカラー量とベクトル量との区別を明確にせず合成してきたために、数々の指導上の問題点が顕在化してきていることを示す。音波をオシロスコープ画面上の波として扱う時代に合った、変位ではなく音圧対応のグラフが教科書に掲載される必要性を明確にした。併せて、音波によってリコポジウム粉末が振動する様子をOHP画面に直接演示できる装置を開発し、その使用結果を示す。 

備考(Remarks)  

1983  OHP上における音の定常波の演示実験装置の製作と音波の干渉の指導について  単著   
日本理化学協会研究紀要  , 日本理化学協会  , 15  , 40-43  , 1984/03   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1981  高等学校物理分野における「力の概念」の指導法の研究  単著   
愛知県理科教育研究大会発表資料別冊  , 愛知県理科教育研究会  , S56  , 1-97  , 1981/11   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1979  動摩擦力の直接測定によるアモントン・クーロンの法則の検証実験  単著   
日本物理教育学会誌  , 日本物理教育学会  , 27/4  , 223-226  , 1979/08   

概要(Abstract)  

備考(Remarks) 査読付き論文 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]