研究者詳細

教職員基本情報
氏名
Name
焼田 党 ( ヤキタ アキラ , YAKITA Akira )
所属
Organization
経済学部経済学科
職名
Academic Title
教授
専攻分野
Area of specialization

マクロ経済学 公共経済学


出身学校
学校名
Univ.
卒業年月(日)
Date of Graduation
卒業区分
Graduation
   Classification2
上智大学経済学部 1975年03月  卒業 
詳細表示
出身大学院
大学院名
Grad. School
修了課程
Courses
   Completed
修了年月(日)
Date of Completion
修了区分
Completion
   Classification
名古屋大学大学院経済学研究科 博士後期課程  1980年03月  単位取得満期退学 
詳細表示
取得学位
 
学位区分
Degree
   Classification
取得学位名
Degree name
学位論文名
Title of Thesis
学位授与機関
Organization
   Conferring the Degree
取得年月(日)
Date of Acquisition
博士 博士(経済学)    名古屋大学大学院  1993年07月08日 
詳細表示
研究経歴
長期研究/短期研究
Long or Short
   Term research
研究課題名
Research Topic
長期研究  動学的資源配分と財政政策の分析 

概要(Abstract) 少子・高齢社会における財政政策・社会政策に関する分析
・育児政策・年金
・財政規律
・公共投資・教育投資 

短期研究  育児政策と家族の経済学 

概要(Abstract) ・育児政策
・家庭内役割分担と所得分配 

詳細表示
著書
年度
Year
著書名
Title of the books
著書形態
Form of Book
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
出版機関名 Publishing organization,判型 Book Size,頁数 No. of pp.,発行年月(日) Date
2016  Population Aging, Fertility and Social Security  単著   
Springer  , 未設定  , 237  , 2017/2/13   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  ベーシック応用経済学  共編著   
勁草書房  , 未設定  , 275  , 2015/06/10   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2001  公共経済学研究III  共編著   
勁草書房  , 未設定  , 196  , 2001/03/15   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1997  政府の経済活動と市場機構  単著   
三重学術出版会  , 未設定  , 160  , 1997/01/   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

1994  社会資本と経済発展  共編著   
名古屋大学出版会  , 未設定  , 204  , 1994/09/30   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術論文
年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2017  Fertility and intragenerationally efficient environmental and tax policy in a population aging economy  単著   
Studies in Applied Economics 『応用経済学研究』  , 日本応用経済学会  , 11  , 2018   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  Fertility and education decisions and child-care policy effects in a Nash-bargaining family model  単著   
Journal of Population Economics  , (forthcoming)   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Labor supply of elderly people, fertility, and economic development  共著   
Journal of Macroeconomics  , Elsevier  , 51  , pp. 75-96  , 2017   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Involuntary unemployment and sustainability of bond-financed fiscal deficit  単著   
Journal of Macroeconomics  , 41  , 73-93  , 2014   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Capital tax competition and cooperation with endogenous capital formation  単著   
Review of International Economics  , 22(3)  , 459-468  , 2014   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Effects of capital taxation on economies with different demographic changes: short term versus long term  単著   
Journal of Population Economics  , 27(1)  , 257-273  , 2014   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Fertility, intra-generational redistribution and social security sustainability  共著   
Canadian Journal of Economics   , 47(1)  , 98-114  , 2014   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2013  Elderly labor supply and fertility decisions in population-aging economies  共著   
Economics Letters  , 121(3)  , 395-399  , 2013   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  Different demographic changes and patterns of trade in a Heckscher-Ohlin setting  単著   
Journal of Population Economics  , 25(3)  , 853-870  , 2012   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2012  SOx reductions policy and economic development: A case of Yokkaichi  共著   
Modern Economy  , 3(1)  , 23-31  , 2012   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
その他研究業績
年度
Year
題名等
Titles
カテゴリ
Category
細目
Authorship
掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2004  『森嶋通夫著作集1 動学的経済理論』  翻訳  共訳 
岩波書店  , 2004   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
学術関係受賞
年度
Year
受賞学術賞名
Name of award
受賞対象となった研究/業績/活動等
Activity for which award given
受賞年月(日)
Date
授与機関
Award presenter
2012  日本応用経済学会賞    2012年11月18日 
日本応用経済学会 

備考(Remarks)  

2011  KUZNETS PRIZE for the best article published in the Journal of Population Economics in the years 2007 to 2009 (共同受賞)  Fertility, child care outside the home, and pay-as-you-go social security  2011年06月18日 
European Society for Population Economics 

備考(Remarks)  

2009  平成20年度 調査研究優秀研究賞 (共同受賞)  経済格差社会における年金制度と子育て支援政策の政治経済学的研究  2009年03月05日 
かんぽ財団 

備考(Remarks)  

詳細表示
研究発表
年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2017  Policy implications of bargaining family  未設定  2017/07/10 
PET17  , APET   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  A Note on bargaining family  未設定  2017/06/28 
WEAI2017  , WEAI   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2017  A Note on bargaining family  未設定  2017/06/18 
日本応用経済学会2017年度春季大会  , 日本応用経済学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Effects of child-care policy on family decisions in Nash-bargainng model  未設定  2016/11/27 
日本応用経済学会2016年度秋季大会  , 日本応用経済学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2016  Fertility and the intragenerationally efficient environment and tax policy in population aging  単独  2016/08/11 
IIPF  , IIPF   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  The environment and fertility in population aging  未設定  2016/01/08 
WEAI   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Fertility, gender wage gaps and effects of tax-subsidies for child-care services  未設定  2015/11/14 
日本応用経済学会2015年秋季大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2015  Public debt competition and policy coordination  未設定  2015/07/04 
PET15   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Gender wage gap and fertility: A note  未設定  2014/11/15 
日本応用経済学会2014年度秋季大会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

2014  Nash equilibrium and international cooperation in public debt policy  未設定  2014/06/12 
PET14   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

詳細表示
著書・学術論文に関する統計情報
年度
Academic Year
学術研究著書の件数
No. of Academic Books
学会誌・国際会議議事録等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles in Journals/Int'l Conference Papers
学内的な紀要等に掲載された学術論文の件数
No. of Academic Articles Pub'd in University Bulletins
学会受賞等の受賞件数
No. of Academic Awards Received
国際学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at Int'l Academic Conferences
国際学会での研究発表の件数
No. of Presentations of Papers at Int'l Academic Conferences
国内学会でのゲストスピーカーの件数
No. of Times as Guest Speaker at National Academic Conf.
国内学会での研究発表の件数
No. of Papers Presented at National Academic Conf.
2016 
詳細表示

2017/10/18 更新