研究者詳細

学術論文
分割表示   全件表示 >>

16 件中 1 - 10 件目

年度
Year
論文題目名
Title of the articles
共著区分
Collaboration
   Classification
NeoCILIUS
   請求番号/資料ID
Request No
掲載誌名 Journal name,出版機関名 Publishing organization,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.,発行年月(日) Date
2019  繰り返しのある二元配置モデルにおけるすべての主効果の相違比較の閉検定手順(査読付)  共著   
日本統計学会和文誌  , 日本統計学会  , 48巻1号  , 1-21  , 2019/09   

概要(Abstract) 繰り返しのある二元配置モデルにおける主効果間の多重比較検定手順を考える。シングルステップ法とマルチステップ法が提案され、マルチステップ法がシングルステップ法を優越することを示した。次に、主効果間に順序制約がある場合の繰り返しのある二元配置モデルを考える。この下で2標本片側t検定統計量の最大値に基づく閉検定手順とBartholomew統計量に基づく閉検定手順を提案する。これらの手順も一段階手順より検出力が高い。 

備考(Remarks)  

2019  Nonparametric Closed Testing Procedures for All Pairwise Comparisons in a Randomized Block Design(査読付)  共著   
Japanese Journal of Biometrics  , 計量生物学  , Vol. 40/ No. 1  , 1-14  , 2019/08   

概要(Abstract) We consider multiple comparison test procedures among treatment effects in a randomized block design. We propose closed testing procedures based on signed rank statistics and Friedman test statistics for all pairwise comparisons of treatment effects.
Although anyone has been failed to discuss a distribution-free method except Bonferroni procedures as a multiple comparison test, the proposed procedures are exactly distribution-free.
Next we consider the randomized block design under simple ordered restrictions of treatment effects. We propose distribution-free closed testing procedures based on one-sided signed rank statistics and rank statistics of Chacko (1963) for all pairwise comparisons. Simulation studies are performed under the null hypothesis and some alternative hypotheses. In this studies, the proposed procedures show a good performance. We also illustrate an application to death rates by using proposed procedures.  

備考(Remarks)  

2017  Closed testing procedures for all pairwise comparisons in a randomized block design  共著   
Communications in Statistics: Theory and Method  , Taylor and Francis  , Published online: 23 Oct 2017   , 1-17  , 2018   

概要(Abstract) We consider multiple comparison test procedures among treatment effects in a randomized block design. We propose closed testing procedures based on maximum values of some two-sample t test statistics and based on F test statistics. It is shown that the proposed procedures are more powerful than single-step procedures and the REGW (Ryan/Einot-Gabriel/Welsch)-type tests. Next, we consider the randomized block design under simple ordered restrictions of treatment effects. We propose closed testing procedures based on maximum values of two-sample one-sided t test statistics and based on Batholomew's statistics for all pairwise comparisons of treatment effects. Although single-step multiple comparison procedures are utilized in general, the power of these procedures is low for a large number of groups. The closed testing procedures stated in the present article are more powerful than the single-step procedures. Simulation studies are performed under the null hypothesis and some alternative hypotheses. In this studies, the proposed procedures show a good performance. 

備考(Remarks)  

2016  Closed Testing Procedures Based on #Eχ(/)-#ER2-Statistics in Multi-Sample Models with Bernoulli Responses under Simple Ordered Restrictions(査読付)   共著   
Japanese Journal of Biometrics  , The Biometric Society of Japan  , Vol.37/No.2  , pp.67-87  , 2017/01   

概要(Abstract) Multiple comparison procedures provide differences among the groups that is of interest. The procedures are used in clinical trials and agricultural fields experiments. We consider multi-sample model with Bernoulli responses under simple ordered restrictions of proportions. Shiraishi (2014b) proposed closed testing procedures based on maximum values of two-sample test statistics for all pairwise comparisons. The equality of sample sizes is needed in the asymptotic theory of Shiraishi's procedures. We propose closed testing procedures based on statistics having asymptotically a #Eχ(/)-#ER2-
distribution which is appeared in Chernoff (1954). The proposed procedures are applicable for the models with unequal sample sizes. Although single-step multiple comparison procedures are utilized in general, the power of these procedures is low for a large number of groups. The closed testing procedures stated in the present paper are more powerful than the single-step procedures. Simulation studies are performed under the null hypothesis and some alternative hypotheses. In this studies, the proposed procedures show a good performance. We also illustrate applying to a dose-finding trial data with unequal sample sizes. 

備考(Remarks)  

2015  順序制約のある場合のすべての平均相違に対するBartholomewの検定に基づく閉検定手順  共著   
日本統計学会誌  , 日本統計学会  , 45巻2号  , pp.247-271  , 2016年3月   

概要(Abstract) 分散が同一で平均母数に傾向性のある多群の連続モデルを考える.このとき,正規分布モデルでのすべての平均相違に関するシングルステップの多重比較法がHayter (1990)によって提案されている.このシングルステップの多重比較法を優越するBartholomewの検定に基づく閉検定手順について論述した.ノンパラメトリックバージョンとして,順位に基づく閉検定手順も提案した.これまでは標本サイズが同じ場合の手法しかなかった.提案したこれらの手法は標本サイズが異なる場合も適用可能となっている. 

備考(Remarks)  

2015  順序制約のある場合の対照群との比較における#Eχ(/)-#ER2乗統計量に基づく多重比較検定法  共著   
計量生物学   , 日本計量生物学会   , 36巻2号   , 85-99  , 2016年1月    

概要(Abstract) 等分散k群正規モデルで母平均に傾向性の制約がある場合について、対照群を含む複数群の多重比較検定を考える。Williams (1971)は2標本のt検定に似た#Et(/)-#ER検定に基づく閉検定手順を提案した。本論文ではBrtholomew (1959)検定に基づく閉検定手順を提案する。提案した検定の検出力はWiiliams (1971)より優れている。また、順位に基づくノンパラメトリックな閉検定手順も提案する。本論文で提案するこれらの手順は標本サイズが等しくない状況にも適用可能である。 

備考(Remarks)  

2014  平均母数に傾向性がある正規多群モデルにおける分布の上側100アルファスターパーセント点  共著   
日本統計学会誌  , 日本統計学会  , 44/2  , pp.271-314  , 2015/3   

概要(Abstract) 分散が同一で平均に傾向性がある$k$群の正規分布モデルを平均母数に傾向性がある正規多群モデルにおける考える.白石(2014)は,Hayter (1990)とLee and Spurrier (1995)のシングルステップの多重比較検定を優越する閉検定手順の理論を構築した.2群間のt検定統計量の最大値$\max_{i<i'} (-t_{ii'})$の分布の上側$100\alpha^\star\%$点 $(\alpha^\star=1-(1-\alpha)^{\ell/M},\ 2\leqq \ell\leqq M \leqq k)$を使って優越性の証明をおこなうことができる.
これらの検定で用いる$\max_{i<i'} (-t_{ii'})$の分布の上側$100\alpha^\star\%$点を求める具体的な計算式を示す.また,Williams (1971)の逐次棄却型検定法で使われる分布の上側$100\alpha\%$点を求める計算式を示す.つぎに,これらの計算に現れる密度関数の性質を明らかにし,それらがLund and Bowers (1992)とStenger (1993)の$\mbox{sinc}$近似で効率的に近似できることを示す.最後にsinc近似法の例として,Hayter (1990)のシングルステップの多重比較検定を優越する閉検定手順を実行するための上側$100\alpha^\star\%$点を求める計算アルゴリズムを与える.また,その有効性を数値実験により示す. 

備考(Remarks)  

2014  母分散が一様でない多群モデルにおけるすべての母平均相違の閉検定手順  共著   
計量生物学  , 日本計量生物学会  , 35/2  , pp.55-68  , 2015/01/31   

概要(Abstract) 分散の異なる正規分布を仮定した多群モデルにおけるすべての平均相違の多重比較検定法について論じる.Welch (1949)の検定統計量を基にして,Games and Howell (1976)はシングルステップの多重比較検定法を提案した.現在ではゲイムス・ハウエル(Games-Howell)法とよばれている.マルチステップ法として閉検定手順を提案する.この閉検定手順がゲイムス・ハウエル法を優越することをシミュレーションによって論述する. 

備考(Remarks)  

2014  多群連続モデルにおける位置母数に順序制約のある場合の閉検定手順  単著   
日本統計学会和文誌  , 日本統計学会  , 43/2  , pp. 215-245  , 2014/3   

概要(Abstract) 分散の等しいk群正規モデルで,位置母数に傾向性の制約のある場合に,すべての平均相違の多重比較検定としてHayter (1990)は,max統計量を基にした手法を論じた.この順序制約の下で,隣接した平均の多重比較法をLee and Spurrier (1995a) は提案した.また,Lee and Spurrier (1995b)は順位に基づくノンパラメトリック 多重比較法を論じている.これらの多重比較法はシングルステップの方法である.

本論文では,Hayter (1990)やLee and Spurrier (1995a)で論じられた統計量を基に正規母集団でのマルチステップの多重比較法として閉検定手順を提案する.さらに 2標本順位統計量を基に分布に依らないノンパラメトリックバージョンも提案する.このとき,次の(i)から(v)を論述する.(i) (1.1)の制約と正規母集団の下で, すべての平均相違に対する提案した閉検定手順が Hayter (1990)のシングルステップの多重比較法を優越することを数学的に示す.(ii) 隣接した平均に対する提案した閉検定手順がLee and Spurrier (1995a)型のシングルステップの多重比較法を優越することを数学的に示す.(iii) (i) (ii)で述べた閉検定手順が平均母数に制約のない場合のすべての平均相違に対する白石(2011a)で述べた閉検定手順を優越することを, 計算機シミュレーションにより検証した.(iv) 順位に基づくノンパラメトリック多重比較検定法について,(i), (ii)と同様の結論をえる.(v) 付加的に分布に依存しないノンパラメトリック同時信頼区間も導く.
 

備考(Remarks)  

2014  順序制約のある場合の多群比率モデルにおける多重比較法  単著   
応用統計学  , 応用統計学会  , 43  , pp.1-21  , 2014/12/30   

概要(Abstract) 多群比率モデルにおいて,片側の順序制約がある場合での母比率の間の相違に関しての多重比較検定について論じる.分散が同一で平均に片側の順序制約がある場合に,多群正規モデルでの平均相違に関するシングルステップの多重比較法がHayter (1990)とLee and Spurrier (1995)によって提案されている.彼らの手法と類似の比率の相違に関するシングルステップの多重比較法を,逆正弦変換により提案することができる.さらに,このシングルステップの多重比較法を超える閉検定手順を論述する.
 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [NEXT>>]