研究者詳細

研究発表
分割表示 >>   全件表示

5 件中 1 - 5 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2012  多様な主体による「協働」「連携」の法学的考察   単独  2012/08 
日本福祉のまちづくり学会第15回全国大会  , 日本福祉のまちづくり学会   

概要(Abstract) 福祉のまちづくりにあたって多様な主体が何らかの事業を行う場合、キーワードとして上がってくるのが「連携」や「協働」といった言葉である。しかしながら、この連携や協働という言葉は、多様な主体のそれぞれの当事者において、温度差が生じやすい言葉でもある。そのため、多様な主体は協議を重ね、事業の目的やそれぞれの役割分担について、理解し、合意し、文書化するのが通常である。本報告では、その文書化の過程および、文書そのもの、あるいは文書とその後の活動を照合した上での事業自体の評価について考察した。 

備考(Remarks)  

2012  多様な主体による障がい者等支援の一事例ー平成22年度宮崎県委託事業Hello! Artist! Projectを終えて—  単独  2012/01 
第11回日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部佐賀大会  , 日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部  , 第11回日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部佐賀大会抄録集  , 第11回日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部   

概要(Abstract) 平成22年度に宮崎県委託事業「多様な主体との協働提案型事業」を受託し、発足したプロジェクトであ「Hello!Artist!Project(ハロー・アーティスト事業)」のコンセプト、事業展開について報告した。本事業は、「福祉商品にアートパワーを!」をコンセプトに、芸術家と広告クリエーターが福祉施設と買い手(消費者)の距離を縮めるため、福祉商品にアート・デザインを加えることによって、福祉施設に入所・通所している方々の生き甲斐や工賃や就労へのヒントを見出すことを目的として実施された。この事業によって、「こんなにおしゃれで、すてきなものを買ったら、実は障がいのある人を応援できていた」という社会的なインパクトを与えるべく行動し、7施設の商品開発を行った。 

備考(Remarks)  

2010  離島・中山間地域の情報化を考える-宮崎・大分のまちおこしを参考に  単独  2010/09 
日本社会情報学会(JASI & JSIS)  , 離島・中山間地域の情報化を考える   

概要(Abstract) 本報告では、宮崎県が実施している「いきいき集落」事業を参考として、その情報発信のあり方について検討した。本来、本事業においては、情報発信が一つの事業目的となっているが、発信する手段についても限られた手段で行われており、何のための情報化か、ということが不明確になっていた。その点、いきいき集落の一つである「中之又地区」における「中之又チャレンジ」というサイトに関しては、民間のコンサルティング会社が間に入り、積極的な情報発信を行っている。過疎化が進む地域における情報発信については、人を動かすような情報、集落の人の意思疎通を図るような情報、何よりも集落自身がどうしたいのか(明確な方向性)の3つが必要であると結論づけた。 

備考(Remarks)  

2009  持続可能な地域づくりに向けた情報環境と方向性ー医療福祉  未設定  2009/11 
日本社会情報学会(JASI)九州支部  , 日本社会情報学会(JASI)九州支部   

概要(Abstract) 本報告においては、医療・福祉の情報化において、必要な要素について報告した。とりわけ、本来の情報の受け手である高齢者や障害者、患者は、デジタルデバイドやそもそもの障がいの問題から情報に接する機会や能力に乏しいことが考えられる。それを補うのが、高齢者・障害者・患者にかかわる家族であり、また医療・看護、福祉専門職であることを指摘した。それらの専門職が容易に得られるような仕組みが重要であり、そのための支援を行政としても行っていく必要があることを指摘した。 

備考(Remarks)  

2008  英国における公正なケア市場の形成ーOFTにみる施設ケア契約の規制ー  未設定  2008/10 
日本社会保障法学会   

概要(Abstract)  

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [NEXT>>]