研究者詳細

研究発表
分割表示   全件表示 >>

47 件中 21 - 30 件目

年度
Year
題目又はセッション名
Title or Name of Session
細目
Authorship
発表年月(日)
Date
発表学会等名称 Name, etc. of the conference at which the presentation is to be given, 主催者名称 Organizer, 掲載雑誌名等 Publishing Magazine,発行所 Publisher,巻/号 Vol./no.,頁数 Page nos.
2011  産業廃棄物ゲームによる環境教育効果の日中比較  共同  2011/09/18 
日本社会心理学会第52回大会  , 日本社会心理学会  , 日本社会心理学会第52回大会発表論文集  , 1   

概要(Abstract)  廃棄物の不法投棄問題をシミュレートした「産業廃棄物ゲーム」を日本と中国の大学生に実施し、その環境教育効果を検討した。ゲームの実施前後に、「廃棄物問題への情報接触の関心」、「問題解決への個人的貢献の有効性」、「産業廃棄物問題解決への全体的協力の必要性」、「問題解決への社会的対処の有効性」についての評価を質問紙により回答させた。その結果、廃棄物問題の情報への関心は、日本のみゲーム前より後の方が関心が高くなり、教育効果が見られたといえた。
問題解決の社会的対処の有効性の評価では、両国ともゲーム前より後の方が社会的対処を有効と考え、ゲームの教育効果が見られた。 

備考(Remarks)  

2010  仮想世界ゲームにおける原因帰属のバイアス  単独  2010/09/18 
日本社会心理学会第51回大会  , 日本社会心理学会  , 日本社会心理学会第51回大会発表論文集  , 1   

概要(Abstract)  南北地域間の葛藤と協調をシミュレートした「仮想世界ゲーム」におけるプレーヤーの原因帰属のバイアスとその修正に関して、ゲーム内での環境問題発生の前後の豊かな地域の住民・貧しい地域の住民・企業主・農園主などの行動の原因帰属の評価を測定することにより検討した。
 その結果、貧しい地域の住民による評価は、環境問題解決後は豊かな地域との葛藤状況の深刻さの評価を低減させていた。また、豊かな地域のプレーヤーの行動について、環境問題発生前は妥協しようとしなかったと評価したが、環境問題解決後には妥協しようとしていたと評価した。
 さらに、環境問題解決後では評価対象者の行動の原因帰属について、個人的特性の重要度の評価は下がるという結果も見られた。
 

備考(Remarks)  

2009  環境ボランティアによる国際海岸クリーンアップ活動とエンパワーメント  単独  2009/12/05 
第3回横幹連合コンファレンス  , 横幹連合  , 第3回横幹連合コンファレンス発表論文集(電子版)  , 3   

概要(Abstract)  国際海岸クリーンアップ(International Coastal Cleanup)についてその活動の特徴紹介と、参加者に対して調査を実施した参加による効果としてのエンパワーメントに関する結果を紹介した。 

備考(Remarks)  

2009  Comparison between participants and non-participants in a citizen participation program in terms of intention to participate and empowerment.  共同  2009/09/07 
8th Biennial Conference on Environmental Psychology  , 8th Biennial Conference on Environmental Psychology Program & Abstract  , 1   

概要(Abstract)  バイエルン州(ドイツ)で行なわれたプラーヌンクスツェレの参加者、および当該地域の非参加者に対して行った調査に関して、今後同様の市民参加による討議の機会があった場合の行動意図の規定因に関する分析結果を発表した。 

備考(Remarks)  

2008  日本の環境NGOにおける参加者のエンパワーメント(Empowerment of Participants in Japanese Environmental NGOs)  単独  2008/11/22 
東洋大学TIEPh国際シンポジウム「みんなで地球を救いたい~環境NGOのサステイナブル・マインド~」  , 東洋大学   

概要(Abstract)  海岸漂着ごみの解決を図るためにその種類や数を調査する国際的なボランティア活動(国際海岸クリーンアップ)について、活動概要を紹介した。その上で、参加者への調査結果を示しながら、活動参加の規定因について論じた。 

備考(Remarks)  予稿集などはなし。
 シンポジウムの講演者には外国人研究者もいたため、プレゼンテーションのパワーポイントは英語で作成した。 

2008  ハイブリッド型会議への参加と市民のエンパワーメント効果分析  単独  2008/11/09 
科学技術社会論学会第7回年次研究大会  , 科学技術社会論学会  , 科学技術社会論学会第7回年次研究大会予稿集  , 4   

概要(Abstract)  2006年から2007年にかけて循環型社会作りをテーマに名古屋で開催されたハイブリッド型の市民参加型会議「なごや循環型社会・しみん提案会議」について、会議概要の紹介と、市民会議の参加者への参加の効果に関する調査結果について報告した。 

備考(Remarks)  

2008  市民参加による熟慮型討議への参加意図の規定因―参加経験者と未経験者の比較―  共同  2008/11/03 
日本社会心理学会第49回大会  , 日本社会心理学会  , 日本社会心理学会第49回大会発表論文集  , 2   

概要(Abstract)  バイエルン州(ドイツ)で開催されたプラーヌンクスツェレの参加者と非参加者を対象に行った調査の内、今後同様の市民参加による討議の機会があった場合の参加意図の規定因についての分析結果を示した。 

備考(Remarks)  

2008  Empowerment as the determinants of citizen-participation for environmental management plan.  共同  2008/06/06 
the II International Conference on Community Psychology  , the II International Conference on Community Psychology Conference Program  , 2   

概要(Abstract) 津島市における一般廃棄物処理基本計画と環境基本計画を市民参加で策定した事例についての津島市民から無作為抽出した1500名への調査結果の一部を報告した。環境基本計画作りへの市民参加に対する期待が今後の参加機会への参加意図に影響するかどうか分析した結果を示した。 

備考(Remarks)  

2008  Citizen participation in environmental management and empowerment as its determinant.  共同  2008/06/04 
the II International Conference on Community Psychology  , the II International Conference on Community Psychology Coference Program  , 1   

概要(Abstract) 日進市において市民参加により一般廃棄物処理基本計画が策定された事例について、日進市でボランティア活動や地域活動を行なっている市民への調査結果の一部を報告した。 

備考(Remarks)  

2007  Comparison between participants and non-participants in a citizen participation program in terms of procedural fairness and its relevant factors: A case study in Bavaria, “Citizens’ report for health.”  共同  2007/9/11 
7th Biennial Conference on Environmental Psychology  , 7th Biennial Conference on Environmental Psychology Abstract Book  , 1   

概要(Abstract) ドイツのバイエルン州で開催された無作為抽出の市民を参加者とする参加型会議プランニングセルの参加市民400名と当該地域から無作為抽出した非参加者市民3500名を対象として調査を実施した結果の一部を示した。特に参加者の特性についての評価(自身との類似性や専門性)および、Webler(1995)が提唱した会議評価基準のうち、会議手続きの公正さの下位概念についての評価と、結果の社会的受容について、参加者と非参加者の評価を比較した。 

備考(Remarks)  

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [4] [5] [NEXT>>]