研究者詳細

教育活動
分割表示   全件表示 >>

25 件中 21 - 25 件目

年度
Year
タイトル
Title
内容等
Content
活動期間
Period of Activities
2004  中部大学技術医療専門学校臨床工学技士科非常勤講師担当および担当科目のパワーポイント作成 

臨床工学技士科1年生の「社会病理学」を担当した。『不思議現象なぜ信じるのか 心の科学入門』(菊池 聡・宮元博章・谷口高士(著)、北大路書房)をテキストとして使用し、主に認知心理学・社会心理学に関わる内容から、人々の判断のバイアスや他者からの影響を取り上げて不思議現象を信じることをトピックとしては扱いながら、社会病理現象の発生の基礎となる人の心の仕組みについて講義した。
 担当初年度はテキストを中心に補足の配布資料を適宜配布して進行したが、その後は全ての回についてのパワーポイントを作成した。 

2004/10~2007/03 
2004  『心理学実験マニュアル』(椙山女学園大学人間関係学部心理学科「心理学実験」テキスト) 

『心理学実験マニュアル』(椙山女学園大学人間関係学部心理学科心理学実験テキスト)について、「職業適性検査」と、「社会的促進と社会的抑制」の執筆を担当した。 

2004/04~2011/03 
2004  国立東名古屋病院(現在は独立行政法人国立病院機構東名古屋病院)附属リハビリテーション学院非常勤講師担当及び担当科目のパワーポイント作成 

国立東名古屋病院(現在は独立行政法人国立病院機構東名古屋病院)附属リハビリテーション学院非常勤講師として作業療法学科および理学療法学科の1年生の科目「心理学」を担当した。主な内容としては「学習」・「記憶」・「動機づけ」を扱い、適宜、簡単な実験を体験させながら講義した。
 授業内容についてのパワーポイントを全ての回について作成した。 

2004/04~2011/03 
2004  名古屋文化学園医療福祉専門学校言語療法学科非常勤講師担当および担当科目のパワーポイント作成 

名古屋文化学園医療福祉専門学校言語療法学科非常勤講師として1年生の「心理測定法」を担当し、心理学における実験計画の考え方や、精神物理学的測定法の特徴、質問紙法の特徴・注意点について講義した。また統計についても、記述統計および推測統計(t検定など)について講義した。講義内容については全ての回についてパワーポイントを作成した。また、年度によっては3年生の国家試験対策の特別授業も心理測定など心理学に関する内容について担当した。 

2004/04~2007/03 
2003  名古屋大学文学部ティーチング・アシスタント 

名古屋大学文学部「心理学特殊演習」担当のティーチング・アシスタントとして、授業に出席して発表者へのコメントを行なうとともに、随時、4年生の卒業論文作成に対する助言を行なった。 

2003/06~2004/03 

Page: [<<PREV] [1] [2] [3] [NEXT>>]